もみ消して冬

ドラマ「もみ消して冬」の6話のあらすじ(ネタバレ)。泰蔵が狙われた?

ドラマ「もみ消して冬」の6話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。泰蔵(中村梅雀)が何者かに睡眠薬を飲まされ病院に運ばれた。 睡眠薬はチョコレートの中に入っていたらしい。その夜 泰蔵は大学時代の社交ダンス部の同窓会に行っていたことから、犯人は同級生の中にいると北沢家では断定。


スポンサーリンク


6話のあらすじ

千晶(波瑠)が食堂で小岩井(浅野和之)と話してると、玄関で泰蔵(中村梅雀)が倒れてるのを楠木松也(千葉雄大)が見つけて病院に連れて行きました。バレンタインにもらったチョコに睡眠薬が入っていたようでした。

翌朝、小岩井に泰蔵が昨晩どこに行ったのかを聞くと、大学のときの社交ダンス部の同窓会に行っていたと聞きました。もらったチョコを見ると、ひとつだけ封があいていました。社交ダンス部の同窓会の誰かが何かの理由で入れたんだとわかりました。千晶は専門の機関に調べさせるといいました。

泰蔵の病室では、同窓会のメンバーのこずえ(山村紅葉)たちが集まっていました。

泰蔵が家に帰ってきました。チョコの中に睡眠薬が入っていたというと、自分で睡眠薬を飲んだとかばいました。千晶や博文(小澤征悦)は家にその同窓会のメンバーを呼んで聞き出すといっていました。池江里子(恒松祐里)とのデートを邪魔された秀作(山田涼介)は特に気合を入れて絶対に犯人を捜すといきまいていました。

翌日、泰蔵がゴルフに出かけて言ったあと、同窓会のメンバーを家に呼びました。秀作は、見た瞬間、こずえが犯人だと直感して必ず口を割らせると決意しました。

さっそく、秀作が質問をはじめようとしました。すると、「チョコのなかに睡眠薬を入れた件?」と一人の女性が言い出すと、もう一人の女性が、「わたしが入れた!」と笑顔で言いました。「最近眠れないといっていたので」というのが、理由のようでした。その睡眠薬は秀作がにらんでいたこずえ殻もらったものだと話しました。秀作が、その女性とこずえの共犯だと言うと、女性達は逆に、泰蔵に昔ひどいことをされたと、こずえをのぞく全員怒り出しました。さらに、学生のときに泰蔵と付き合っていてごみのように全員捨てられたといいました。ただ、こずえだけは付き合ってないということでした。

女性達は、このくらいはしゃれだとおもってるといってると、千晶がやってきて、別なチョコには降圧剤がふくまれていて最悪亡くなってしまう可能性があるといいました。こずえ以外の4人は騒ぎ始めますが、こずえだけは静かにケーキを食べていました。それをみた秀作はかならずこずえを捕まえて見せると決意しました。

 

その日の夜、泰蔵に降圧剤のことをはなすと、「お前たちには関係ない」といいます。さらに、ひどいことの何十倍もやさしくしてあげるのでもてるんだといいました。そして、二度とこの話はするなと起こって部屋に入ってしまいました。

翌日の夜、千晶が帰ってくると、調査機関からの分析書が泰蔵によって燃やされてしまったことを告げられました。ちあきと博文は秀作の部屋に集まって作戦を練りました。ちあきと博文は、潮音があやしいといいました。それを聞いた秀作は笑いながらこずえだと自慢げに言いました。博文とちあきは絶対にないといって、勝負をしようといいました。博文が審判になりました。千晶は、もしも勝ったら土下座して靴をなめろといいました。

翌日、ちあきはパン屋ではたらいてる晶江に会いにいって、一番初めに付き合ったとわかりました。

秀作は、泰蔵の昔のアルバムなどを調べ始めました。こずえは秀作の母親の前のダンスのパートナーで、母親の葬儀の時には来ていなかったことがわかりました。

秀作はこずえの家に行って話を聞きました。秀作が泰蔵と秀作の母親が賞をとったときの写真と大会のパンフレットをだして、泰蔵にパートナーを変えられたことをうらんで薬を入れたんだといいましたが、まったく違うといいました。実は、その大会の時には、こずえが飛行機に乗り遅れて会場にいけなかったので、たまたま会場にいたほかの大学の秀作の母親にお願いしてダンス大会に出たということでした。そして、いちばんかわいそうだったのが、潮音だといいます。そのときに泰蔵と付き合っていて、卒業したら結婚するつもりだったのが、その大会がきっかけで振られてしまったということでした。

その頃、千晶は潮音にあっていて、潮音が白状していました。千晶はよければ泰蔵と会ってくれと言って二人を合わせました。そして、泰蔵は「ほんとうにもうしわけなかった」といって頭を下げて謝りました。

秀作が帰ろうとすると、はじめからはんにんだとうたがっていたでしょ~とこずえがおこりだします。そして、誠意を見せてくれと言って、一晩付き合ってくれといわれました。秀作は、「よろこんで」と受けました。

 

秀作がいつものラーメン屋さんで尾関(小瀧望)を呼んで、こずえにさそわれたけどどうしたらいいのかとたとえ話で聞きました。尾関は相手の言いなりになって帰ってくれば言いといいました。

家に帰ると、玄関に千晶が待っていました。約束どおり、靴をなめてくれと言って、いすに座っていました。秀作は、言われるとおりにしました。

数日後、秀作はこずえとデートをしました。こずえから、泰蔵がなんどもあきらめずにアプローチして泰蔵から積極的に付き合うことになったことを聞きました。食事の後、ホテルのキーを渡されました。ホテルの部屋の中でダンスをしたいということで、はじめに行ってまっていてくれということでした。マスコミにバラスと脅されて、秀作はホテルの部屋にいきました。

やがてやってきたこずえはすぐにシャワーをあびにいきました。秀作はシャワーに入るふりをしました。じつは、こずえのバッグの中に入ってる睡眠薬を盗んで、こずえの飲み物の中に入れておいたんです。こずえが寝たのを確認して、置手紙を書いてホテルの部屋を出て行きました。

ところが、エレベーターに乗った秀作は、人生最大の色気をまとってると勘違いして、池江里子の家に行って上が牢としました。すると、口頭で連絡先を教えてくれただけで、家の中にはあげてくれませんでした。ショックを受けてとぼとぼと歩きながらその連絡先にメッセージを送りましたが、番号がまちがってるようでした。

 

数日後、博文が善財の結婚式に行って、教会の中に入っていくと、善財が血だらけに菜って倒れていました。そこには、血まみれになった博文が練習してきたハンドベルがおちていました。

(⇒7話のあらすじ

今なら、「もみ消して冬」の全話を無料で見ることができます!ドラマ「もみ消して冬」は「Hulu」で配信中で、今なら2週間無料で楽しめるキャンペーンをやってます!!

≫無料で見る方法はこちらをクリック!

各話のあらすじ

キャスト

  • 北沢秀作 山田涼介、25歳の次男、刑事
  • 北沢千晶 波瑠、27歳の長女、弁護士
  • 北沢博文 小澤征悦、38歳の長男、医者
  • 北沢泰蔵 中村梅雀、当主、カリスマ教育者
  • 尾関光希 小瀧望(ジャニーズWEST)
  • 池江里子 恒松祐里、警察官
  • 手毛綱美鎖夫 小嶋一哉(アンジャッシュ)
  • 楠木松也 千葉雄大、執事見習い
  • 小岩井凜治 浅野和之、執事

以上、ドラマ「もみ消して冬」の6話のあらすじ(ネタバレ)でした。

あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

40歳で人生を見直す

  1. 人生の転機
  2. 人生の転機は40代
  3. プロ野球
  4. 結婚
  5. コック警部

疲れたときにおススメ

  1. サキ
  2. ホタルノヒカリ
  3. 結婚しない-1
  4. ナースのお仕事
  5. ファイナルカット
  6. 世界で一番君が好き!
  7. ウォーターボーイズ
  8. 時効警察

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 恋のゴールドメダル
  2. アンダンテ~恋する速度~
  3. 逆賊ホンギルドン
  4. 愛人がいます
  5. 太陽の末裔
  6. 恋のドキドキシェアハウス
  7. 七日の王妃
  8. 結婚契約
  9. 輝くか、狂うか
  10. その女の海
スポンサーリンク

最新情報

  1. ゼロ~一獲千金ゲーム
  2. この世界の片隅に
  3. この世界の片隅に
  4. 西郷どん
  5. 西郷どん
花のち晴れ
  1. 逃げるは恥だが役に立つ
  2. 警視庁いきもの係
  3. トドメの接吻(キス)
  4. ボクシング
  5. CDTV年越しライブ2017-18
  6. サバイバルウェディング
  7. さくらの親子丼
  8. すべてがFになる
  9. 本屋大賞

多くの人に読まれている情報

  1. わにとかげぎす
  2. 旅行
  3. ニトリ
  4. 恋のゴールドメダル
  5. 花のち晴れ
  6. モンテクリスト伯
  7. ホリデイラブ
  8. スニッファー嗅覚捜査官
  9. IQ246~華麗なる事件簿~
ビットフライヤー
PAGE TOP