もみ消して冬

ドラマ「もみ消して冬」の7話のあらすじ(ネタバレ)。博文が善財を・・・?

ドラマ「もみ消して冬」の7話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。ライバルの善財(竹森千人)の結婚式にいった博文(小澤征悦)は、教会の中に善財が血まみれで倒れているのを発見しました。そのかたわらには博文がいつも練習に使っていたハンドベルが血まみれで落ちていました。博文は善財をだきかかえて叫びますが・・・


スポンサーリンク


7話のあらすじ

ライバルの善財(竹森千人)の結婚式に行った博文(小澤征悦)は、教会の中で善財が倒れているのを発見しました。ところが、院長が博文には犯行動機があると話してしまったことや凶器に使われたハンドベルに指紋がついていたことで博文が襲ったのではないかと警察に疑われてしまい、警察署の中で取調べを受けていました。

北沢家では、泰蔵(中村梅雀)も千晶(波瑠)も博文の犯行だと決め付けていて、秀作(山田涼介)だけがどうしようとおろおろしていました。

病院でも役員会議で博文が犯人で懲戒免職だときめつけていました。そこに、善財の意識がもどったと連絡がありました。院長が会いに行くと、犯人は、婚約者の水上ルイーザ(花乃まりあ)で、窃盗団「オレンジコアラ」のメンバーだったということがわかりました。すぐに全国に指名手配されました。博文はすぐに釈放されましたが、医者や患者からも疑いの目で見られていました。

秀作がしごとをしてると、池江里子(恒松祐里)から、夜に会って話をしたいとさそわれました。その日の夜にあって話をすると、里子は連絡を待っていたけども全然来ないといわれました。秀作は、もしかしたらうその番号を教えられたんじゃないのか、とかいろいろ考えていて何もいうことができなかったといいます。それを聞いた里子は、もっと男らしい人だと思っていたといわれて秀作は振られてしまいました。家に帰った秀作は、「何て情けない男なんだ」と思いながら酒を飲んで、庭で転がって叫んでいました。ふと横を見ると博文も同じことをしていました。

家に入って千晶にきくと、人望がないことが院長にばれてしまい、もう副院長になれないとわかって落ち込んでるといいました。博文は今まで挫折を味わったことがないので、よけいに落ち込んでるといいました。千晶と泰蔵は、博文を勇気付けろと秀作に命令しました。

ばかな秀作は、博文の隣にいって同じように芝生の上に寝て、今日、聡子から振られてしまったことを話しました。それを聞いた博文はいっしょに毛布をかぶって寝てくれました。

しばらくして、博文は自分の布団を持って秀作の部屋に行っていっしょに寝ました。秀作が聡子に振られたことをもう一度言うと、里子より良い女が現れたので秀作に押し付けたといいます。その良い女が善財の差し金だというと、それは自分の依頼だと秀作が告白しました。それを聞いた博文は、秀作と抱き合って涙をながしました。

翌朝、博文は病院にはいかないといって布団の中に閉じこもってしまいました。千晶がやってきて、秀作と二人で何とか、病院に行くように説得しました。

病院にいった博文は、難しい手術を見事に成功させました。院長室に呼ばれた博文は両手を握って感謝されました。院長室から出てくると、善財がやってきて「副院長はおれできまりだ」といわれました。家に帰った博文は、楠木たちから、クリーニング屋の手毛綱(小嶋一哉)から副院長になるチャンスはまだあると聞かされました。博文はすぐに手毛綱を読んでいっしょに夕食をとりながらそのチャンスの事を聞きました。浜野谷院長の査定システムは、あらゆることをポイント化して評価するということでした。善財があのまま結婚していたら200ポイント追加で副院長確定だったのですが、それがなくなったといいます。千晶はそれ以外にどのようなポイントがあるのかを聞くと、手術に対してポイントがつくということです。しかも、患者のランクに応じてポイントが違うと説明されました。そして、財善は越前ガニを贈ってポイントを稼いだと話してくれました。

泰蔵がプレゼントをすればいいといいますが、プレゼントには必然性が必要で、ただのおべっかはマイナスだということでした。

秀作が手毛綱を送っていって家に帰ってくると、博文が秀作の部屋にまだいて、二人でしりとりをしていました。千晶は雑誌に載ってる浜野谷院長夫婦の記事を読んでいました。

 

翌日の夜、ふたたび手毛綱がやってきました。善財の結婚式に院長が送った100万円する絵がまだ返って来ていないといいます。その絵は100ポイントでした。博文と千晶はその絵を取り戻せと秀作に命じました。秀作は尾関(小瀧望)を呼んで何とかしてくれとお願いしました。尾関にアジトに乗り込んだときにその絵をひそかに取り戻してほしいということでした。秀作が頼んでも無理でしたが、千晶が頼むと、二つ返事で引き受けました。

翌日、秀作が帰ってくると、博文が廊下で寝ていました。じつは、善財が院長の奥さんの誕生日ディナーを軽井沢で明日やることを手毛綱から今日聞いたようでした。周作たちが肝心な情報が遅かったことに怒ってると、起死回生の一手があるといってたとl楠木がいいました。すぐに手毛綱を読んで話を聞くと、軽井沢では別荘にとまらずにホテルに泊まるということでした。奥さんに都合が悪いもの、つまり浮気の証拠が別荘にあるんじゃないかということでした。手毛綱は、院長の弱みを握ると獲得していた査定ポイントが2倍になるということでした。秀作は、別荘のカギをとってくるように手毛綱に頼みました。そのことを博文に伝えました。

 

翌日、カギが届けられて秀作と博文は軽井沢に行きました。秀作は浮気の写真を見つけましたが、そこにはニューハーフといっしょに写ってる博文も写っていました。秀作が院長達のレストランに行くと、外で博文がハンドベルを演奏していました。ただ、レストランの中ではクラッシックが演奏されていて聞こえず、善財があらわれて窓のカーテンを閉められてしまいました。

博文は秀作と二人で温泉に入りに行きました。

その頃、尾関は犯人逮捕を優先して絵は警視庁に運び込まれてしまいました。尾関はその足で千晶のところに行って、規律を破ることができませんでしたといいました。そして、いきなり2回キスをしてかえって行きました。

軽井沢から帰ってきた博文は里子のマンションの前に止まって、会いにいってこいといいました。秀作が「いきなりきたけど、部屋に上げてください」とお願いすると、マンションのカギを開けてくれました。

秀作が中に入ると、部屋の中は真っ暗でした。中に入っていくとなぜか里子は布団に寝ていました。

(⇒8話のあらすじ

今なら、「もみ消して冬」の全話を無料で見ることができます!ドラマ「もみ消して冬」は「Hulu」で配信中で、今なら2週間無料で楽しめるキャンペーンをやってます!!

≫無料で見る方法はこちらをクリック!


スポンサーリンク

キャスト

  • 北沢秀作 山田涼介、25歳の次男、刑事
  • 北沢千晶 波瑠、27歳の長女、弁護士
  • 北沢博文 小澤征悦、38歳の長男、医者
  • 北沢泰蔵 中村梅雀、当主、カリスマ教育者
  • 尾関光希 小瀧望(ジャニーズWEST)
  • 池江里子 恒松祐里、警察官
  • 手毛綱美鎖夫 小嶋一哉(アンジャッシュ)
  • 楠木松也 千葉雄大、執事見習い
  • 小岩井凜治 浅野和之、執事

各話のあらすじ

以上、ドラマ「もみ消して冬」の7話のあらすじ(ネタバレ)でした。

あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

40歳で人生を見直す

  1. 人生は楽しい!
  2. 人生の転機
  3. モチベーション
  4. 待機児童問題
  5. 旅

疲れたときにおススメ

  1. 絶対零度
  2. 探偵物語
  3. 救命病棟24時
  4. 二千年の恋
  5. いつかまた逢える
  6. 刑事ゆがみ
  7. FOD
  8. 民衆の敵
  9. いつまでも白い羽根
  10. 鹿男あをによし

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 六龍が飛ぶ
  2. 韓国ドラマ
  3. ミッシングナイン-1
  4. 愛人がいます
  5. 吹けよ、ミプン
  6. Wー君と僕の世界ー
  7. 恋する泥棒
  8. 花より男子
  9. 内省的なボス
スポンサーリンク

最新情報

  1. ロシアワールドカップ2018
  2. 花のち晴れ
  3. 西郷どん
  4. ブラックペアン
  5. J2リーグ2017
  1. 未解決の女
  2. 犯罪症候群
  3. 血管年齢?
  4. いつまでも白い羽根
  5. 監獄のお姫さま
  6. 4号警備
  7. 隣の家族は青く見える

多くの人に読まれている情報

  1. 逃げるは恥だが役に立つ
  2. みをつくし料理帖
  3. oil
  4. 監獄のお姫さま
  5. 花にけだもの
  6. 脳にスマホが埋められた!
  7. yoga
  8. ホリデイラブ
  9. ベーコン
  10. FINAL CUT
auひかりバナー
PAGE TOP