モンテクリスト伯

モンテクリスト伯の5話のあらすじ(ネタバレ)。

見逃した「モンテクリスト伯」を無料で見るなら⇒≫FODプレミアム公式サイトへ!

モンテクリスト伯

(引用:公式サイト

ドラマ「モンテクリスト伯ー華麗なる復讐」の5話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。


スポンサーリンク


5話のあらすじ

「安藤 完治(葉山 奨之)と留美(稲森 いずみ)は間違いなく親子だ。二人はいずれいびつな関係に気づくことになる」

モンテ・クリスト・真海こと暖(ディーン・フジオカ)はにやりと笑いました。

翌朝、留美は何事もなかったように家に戻って、神楽(新井浩文)の朝食をつくってだしました。そして、

「きのうはごめんなさい。これからもよろしくおねがいします」

と笑顔で言いました。神楽も政治家の木島義国議員(嶋田久作)の紹介じゃ別れられないなとつぶやきました。

 

すみれ(山本美月)は、マネージャーの愛梨(桜井ユキ)に、娘の明日花がプレゼントしたいといってるので暖と連絡をとってくれとお願いしました。

その頃、暖は外務省勤務でマレーシアに駐在していた出口文矢(尾上寛之)を日本に呼び戻して屋敷に招待しました。暖は冗談交じりに、婚約者の未蘭(岸井ゆきの)の祖父の入間貞吉(伊武雅刀)の命を奪ってくれといいました。驚いてる出口に、未蘭は貞吉のせいで相続を放棄するかもしれないから現実になるかもと笑いました。

未蘭は、市場に行って、信一朗(高杉真宙)から頼んでいたダボハゼをもらいました。それは残念ながらメスでしたので、信一朗はオスを必ず釣っておくからと約束しました。

未蘭が家に帰ると出口がいました。入間公平(高橋克典)もいて、出口に貞吉の遺言が書き換えられたと話をしていました。ただ、貞吉から遺産か未蘭の結婚かどちらかを選べといわれたけれども、未蘭と結婚をしてもらいたいと出口に頭を下げました。

出口は、遺産がほしかったわけじゃないから何も変わらないと返事をしました。未蘭は仕方なくうなずきました。

出口は暖のところに来て、未蘭との結婚を選んだと報告しました。すると、暖は、結婚する前に貞吉の命を奪ってしまえばいいといいます。遺産を手に入れた後に結婚すればどちらも手に入るとたきつけました。さらに、貞吉は未蘭の母親に毒を盛って命を奪ってるので気にすることはないといいます。

そして、今度出口が入間の家に行ったときに、暖が家人を外に連れ出すので、その間にぬれたハンカチで貞吉の口と鼻を1分間押さえればすむと笑顔で言いました。

その頃、公平は未蘭との結婚を選んだと貞吉に報告していました。居間に戻ってくると、妻の瑛理奈(山口紗弥加)が、出口が来る日に食事にさそわれたと相談していました。

すみれの家では、マネージャーから暖とは時間が合わないと連絡がありました。すみれは、夫の南城(大倉忠義)に、この間のパーティーは誰が来たのか聞いていました。南条と神楽と入間だというと不思議な顔をしました。

翌日、すみれは暖の屋敷にいってチャイムを鳴らしますが、誰も出てきませんでした。車で待っていた愛梨に、「二度とすみれを近づけるな」と暖からメッセージがはいりました。

その日の夜、神楽は木島と会食をしていました。ライバルの五蓉に勝たせてくれとお金を出しますが、はした金と笑われてしまいます。頭を使って自分で切り開けと怒られました。

神楽が会社に帰ってくると、すみれがいました。すみれは真海(暖)のことを教えてくれといいます。この間のパーティーに集まったひとは、居なくなった暖に関係してる人ばかりだといいます。ですが、逆にいつまで亡くなった男を気にしてるとからかわれました。すみれは神楽をひっぱたいて出て行きました。

暖は、愛梨に命じてある人に手紙を出しました。

 

日曜日、出口は入間の家に行きました。瑛理奈は、出口と未蘭を残して公平といっしょに暖の家に行きました。

暖の屋敷で入間夫妻と暖が乾杯しようとすると、すみれが一人でやってきました。愛梨が招待したと言うことでした。4人で楽しく会食がはじまりました。暖は途中で、酔ってしまったようだといって外に出て行きました。

 

入間の家では、信一朗がダボはぜを持ってきてくれました。未蘭が玄関に出て行って話しをしてる間に、出口は席を立ちました。出口は酒の酔いにまかせてハンカチを水にぬらして奥の部屋に向かって歩いていきました。

玄関では、信一朗は、俺と付き合ってくれといいますが、勝手なことは出来ないと断って未蘭は家の中に入りました。

居間に出口の姿がみえなかったので奥の部屋に入っていくと、出口が口から泡を吹いて倒れていました。未蘭が悲鳴を上げると、信一朗が中にきてくれました。貞吉は目だけ動かして二人をみていました。

 

暖がバルコニーで夜風に当たってると、すみれがやってきて明日花が書いたものだと言ってプレゼントをくれました。すみれが結婚してるの?と聞くと、一度だけ結婚をかんがえたことがあるけれども、長い旅に出てる間に他の男と結婚してしまったといいました。

「真海さんは、その女性をうらんでいますか?」

「こう思うことにしています。その女性はもうしんでしまったのだと。もどりましょう。ご主人以外の人といっしょに居るところをみられたらまずいでしょ。あなたには迷惑をかけたくない」

そういって部屋の中に戻ろうとすると、すみれは暖の腕をつかんで、

「真海さん、真海さんはいましあわせですか?」

「ええ、とっても」

「よかったです。真海さんがしあわせにいきていてよかったです。お邪魔しました。かえります。お元気で」

 

暖が居間にもどると、公平ひとりでした。暖は、出口に関する報告書だと言って、公平に渡しました。そこには、出口が横領しているとかかれていました。そのとき、公平に電話がかかってきました。未蘭からで、出口が倒れたということでした。すぐに、病院を指定して搬送させました。

公平たちが病院に着いたときには出口のはすでに亡くなっていました。医者は、未蘭の母親が亡くなったときと同じ状態だから事件かもしれないといいますが、そんなことは断じてないと公平は言い切りました。

家に戻った公平は、貞吉の部屋に直行しました。

「あなたですか?出口君の命を奪ったのは?そこまでして息子の言いなりになるのはいやなのか?」

 

暖の家では、愛梨がやってきて出口が亡くなったと報告しにきました。そして、すみれをいきなり招待したのは、暖が復讐したいのか、すみれをとりもどしたいのか確かめたかったからだとあやまりました。

暖は愛梨の首を絞めますが、「あなたにだったら、出口のようにいのちをうばわれてもいい。だけど、かならず南条の命を奪って下さい」と愛梨はお願いしました。暖は手を緩めてひざのうえにのせました。そして、わたしは出口の命は奪ってない。ただ、あののろわれた家に居る悪魔を目覚めさせただけだといいました。

 

入間家では、鼻歌交じりに洗い物をしてる瑛理奈のすがたがありました。洗い物がおわるとエプロンのポケットから手紙を取り出しました。そこには、

「13年前、前の奥様に毒を盛ったように入間貞吉の命を奪ってください。遺産をいただければ、他言はいたしません。出口」

とかかれていました。そしてその手紙をごみの中にいれました。そして、赤いビンをみながら、「だいぶ減っちゃった」とつぶやきました。

 

暖は、ひざの上の愛梨を抱きしめながら、

「これで、入間家は崩れ去る。最愛の息子にすべての遺産を残すために、悪魔は必ず壊すはずだ。公平の一番の宝物を。次は南条幸男の番だ。彼が抱え込んでしまった悪魔はもちろん君だよ、愛梨」

「いいんですね?あの男の一番の宝物を壊しても」

「ああ。すみれはもうしんだんだ」

(⇒6話のあらすじ

ドラマ「モンテクリスト伯」を見逃してしまったら、FODプレミアムで見ることができます。FODプレミアムは月額会費959円(税込)と個別課金で見ることができますが、ドラマ「モンテクリスト伯」は見放題作品です。こちらをクリックして「モンテクリスト伯」をお試しください。

≫FODプレミアム公式サイトへ!

ドラマ「モンテクリスト伯」の原作

原作の「モンテクリスト伯」を書いてるA・デュマは、1802年に生まれたフランスの作家です。「椿姫」を書いた息子のデュマと区別をつけるために、大デュマとも呼ばれます。三銃士で有名な「ダルタニャン物語」や「黒いチューリップ」などの小説を書かれています。アマゾンなどで翻訳された小説を購入できます。

キャスト

  • 柴門暖 ディーン・フジオカ、モンテクリスト・真海
  • 柴門恵 風吹ジュン、暖の母親
  • 南城幸男 大倉忠義、柴門暖の後輩
  • 南条すみれ 山本美月、柴門暖の元婚約者、南条幸男の妻
  • 神楽清 新井浩文、柴門暖の先輩
  • 神楽留美 稲森いずみ、神楽清の妻
  • 安堂完治 葉山奨之
  • 土屋慈 三浦誠己、暖の秘書
  • 江田愛梨 桜井ユキ、南条幸男のマネージャー
  • 守尾信一朗 高杉真宙、英一朗の息子
  • 寺角類 渋川清彦、地上げ屋
  • ファリア真海 田中泯
  • 入間貞吉 伊武雅刀
  • 入間公平 高橋克典、刑事
  • 入間瑛理奈 山口紗弥加、公平の妻
  • 入間未蘭 岸井ゆきの、公平の娘

各話のあらすじ

以上、ドラマ「モンテクリスト伯ー華麗なる復讐」の4話のあらすじ(ネタバレ)でした。

あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

40歳で人生を見直す

  1. 旅
  2. 耳をすませば
  3. 人生は楽しい!
  4. 椅子

疲れたときにおススメ

  1. 非婚家族
  2. 鹿男あをによし
  3. ブザービート
  4. 結婚しない-1
  5. 名前をなくした女神
  6. ビター・ブラッド
  7. GTO
  8. 崖っぷちホテル
  9. チームバチスタの栄光
  10. ラブホの上野さん

40代におススメの韓流ドラマ

  1. グッドワイフ
  2. 輝け、ウンス!
  3. 応答せよ1997
  4. 吹けよ、ミプン
  5. オー・マイ・クムビ
  6. 1%の奇跡
  7. メロホリック
  8. 花郎
  9. 町の弁護士 チョ・ドゥルホ
  10. サークル
スポンサーリンク

最新情報

  1. チアダン
  2. エターナル
  3. ブラックパンサー
  4. チアダン
もみ消して冬
  1. 花
  2. 結婚式
  3. ドクターX
  4. WITH LOVE
  5. お迎えデス。
  6. リテイク
  7. ぼくは麻理のなか
  8. アシガール

多くの人に読まれている情報

  1. ブラックリベンジ
  2. スニッファー嗅覚捜査官
  3. ラストシンデレラ-1
  4. ぼくは麻理のなか
  5. 大圃研
  6. ルーブル美術館
  7. おんな城主直虎
  8. 血管のばし
  9. あなたのことはそれほど
  10. サクラ
電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結
PAGE TOP