おんな城主直虎

おんな城主直虎の13話「城主はつらいよ」のあらすじ(ネタバレ)と感想と相関図!

「おんな城主直虎」の13話「城主はつらいよ」のあらすじ、感想などをまとめます。井伊家の男性がほとんどいなくなってしまい、そこに今川家にとらえられていた小野但馬守政次(高橋一生)が帰ってきました。裏切りと決め付けた次郎法師は、還俗して井伊直虎となって、虎松の後見となりました。さて、どうなるのでしょうか?

スポンサーリンク

13話以外のあらすじ

「おんな城主直虎」は、他のNHK大河も含めて有料ですがU-NEXTで見ることができます。⇒ U-NEXT

「おんな城主直虎」のキャスト

井伊家

  • 井伊直虎 柴咲コウ
  • 祐椿尼(千賀) 財前直美、直虎の母
  • 虎松   寺田心、井伊直親(三浦春馬)の忘れ形見
  • しの   貫地谷しほり、奥山朝利の娘、虎松の母

井伊家家臣

  • 小野但馬守政次 高橋一生
  • なつ   山口紗弥加、政次の弟の故玄播の妻、奥山朝利の娘
  • 中野直之 矢本悠馬、中野直由(筧利夫)の息子
  • 奥山六左衛門 田中美央、奥山朝利(でんでん)の息子
  • 近藤康用(やすもち) 橋本じゅん、今川家目付
  • 鈴木重時 菅原大吉、今川家目付
  • 菅沼忠久 阪田マサノブ、今川家目付

龍潭寺(菩提寺)

  • 南渓和尚 小林薫、住職
  • 傑山   市原隼人、武闘派の僧
  • 昊天   小松和重、頭脳派の僧

今川家

  • 寿桂尼  朝丘ルリ子、今川家を大きくした人物
  • 今川氏真 尾上松也、義元の息子

松平家

  • 松平元康 阿部サダヲ、後の徳川家康
  • 築山殿(瀬名)  菜々緒、佐名の娘、後の徳川家康の妻

その他

  • 瀬戸方久 ムロツヨシ、豪商

「おんな城主直虎」の今までのストーリー

遠江の国の井伊谷で、城主の娘のおとわ、分家の嫡男亀之丞、筆頭家老の嫡男鶴丸は、年も同じくらいでとても仲良く暮らしていました。遊びも、勉学もいつも一緒の三人でした。その三人がいる井伊谷というのは、浜名湖のチョット北、今の静岡県と愛知県のちょうど間にあって、織田家と今川家の境目に位置していました。1000年以上も前からその地を井伊氏が納めていましたが、1500年ころ、強大に菜てきた今川家に攻め込まれて今川家の家臣として使えることになります。なので、おとわと亀之丞の親の井伊直盛、直満などの井伊一族の心の中には、今川家に対する怒りがありました。そこに、筆頭家老の小野伊豆守の策略で、おとわと今川家の婚儀の話が持ち上がります。しかし、分家の今川直満としては、井伊氏自体が今川家に組み込まれてしまうと恐れて、自分の子供の亀之丞をおとわの婚儀させるように強引に決めてしまいます。そして、積年の恨みから今川家の北方にいて敵対している北条氏とつながろうと策略を立てますが、小野伊豆守が見破って証拠を押さえて直接今川義元にチクりました。

その結果、井伊直満は今川義元に呼びつけられて、井伊直満はとらえられ、謀反の疑いがあるとされて処分されてしまいました。嫡男である亀之丞にも、追手がせまってきます。おとわの機転で、おとわがおとりになって、亀之丞は無事信州まで逃がすことができました。一方、小野和泉守の策略で、今川家から、小野和泉守を目付にする事と、おとわと鶴丸の婚儀を命令されます。亀之丞を待つと決意したおとわは、出家することを決意して、今川家に本領安堵と引き換えに出家をしました。

おとわが次郎法師となって出家して9年後、武田信玄が南信州に侵入してきたことから、亀之丞が井伊谷に帰ってきました。亀之丞は次郎法師と結婚する気満々でしたが、次郎法師は、出家したまま亀之丞を助けて井伊家を守っていきたいと言いだしました。亀之丞は、元服して井伊肥後守直親と名を改めました。直親は次郎法師を亡くなったことにして結婚しようとしましたが、次郎法師は南渓和尚からさずかった知恵で、今までどおり次郎法師として生きることを決めました。そして、奥山朝利(でんでん)の娘しの(貫地谷しほり)と夫婦になりました。

直親の帰参と家督相続の願いを今川家に出すと、検地を命令されます。かなり堅物の検地奉行が来ましたが、何とか、隠し里を守り通すことができました。そして、直親は、小作りの為近くの村に引越しをします。政次の弟の玄播と奥山の娘の夏との婚儀、後の徳川家康となる竹千代と瀬名の婚儀が執り行われました。4年後、竹千代は松平元康となり、二人の子供ができていましたが、直親としのの間には、子供ができませんでした。しのは思い余って自害しようとしましたが、次郎法師のおかげで、直親と二人三脚でがんばっていくことになりました。

桶狭間の戦いが始まりました。油断した今川義元のすきをついて、織田信長勢が襲い掛かりました。直盛も小野玄播も無くなってしまいました。孫一郎が直盛の遺言を持ち帰って、家督は中野直由(筧利夫)が次ぐことになりました。大けがで戻った奥山朝利は、傷のために政次(高橋一生)が家を乗っ取ろうと錯覚して、背後から襲いかかりました。なんとか、防戦しますが、奥山を切ってしまった政次は龍潭寺に逃げ込みました。次郎法師は、故小野玄播の妻で、奥山朝利の次女、なつ(山口紗弥加)に、事情を説明しに行くように依頼します。なつの話と井伊直親の説得で、政次はお構いなしになりました。その年の冬、直親に子供が生まれます。虎松と名付けられた後の井伊直政です。政次は直満の所領を直親に帰して、幼馴染の頃の関係に戻りました。

一方、松平元康は、今川家から離反して、西三河の有力大名になりあがります。同時に、駿府に残した瀬名と子供の命が危なくなります。次郎法師は命乞いのために寿桂尼(朝丘ルリ子)に会いに行きましたが、瀬名の自害が決定しました。館から駕篭に乗せられるときに、一頭の馬に乗った侍がやってきました。その侍は、松平元康の使いの石川数正で、寿桂尼の孫と瀬名を交換しろと言う使者でした。瀬名は、次郎法師のおかげで命を取り留めます。が、調子に乗った井伊直親は、ニセの松平元康と会って、今川氏真のわなにはまり命を落としてしまいます。小野但馬守政次も寿桂尼に詰め寄られて井伊家を裏切って陰で氏真を操りだしました。今川家の命令で井伊家の男たちは各地の戦に出かけて行って命を落としてしまい、井伊家の男性がほとんどいなくなってしまいます。そこに今川家にとらえられていた小野但馬守政次(高橋一生)が帰ってきました。裏切りと決め付けた次郎法師は、還俗して井伊直虎となって、虎松の後見だと宣言しました。さて、どうなるのでしょうか?

「おんな城主直虎」の相関図

13話から、次郎法師が井伊直虎となり、周りの人物もだいぶ変わってきます。新しく相関図を作りました。

おんな城主直虎相関図2

スポンサーリンク

 

「おんな城主直虎」13話のあらすじ

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

 

「われが井伊直虎である。これより、井伊はわが治める所になる」

そう宣言した直虎(柴崎コウ)に向かって、中野直之(矢本悠馬)は、席を立って叫びました。

「おなごに何ができる。おなごに井伊をまかせるなどと、お気は確かか?しかも、10歳の頃から寺暮らしのおなご、まつりごとなど出来るとも思えませぬ」

奥山六左衛門(田中美央)も

「いっそ、南渓和尚が還俗をなされては?」

と反対しました。いきり立つ二人に向かって南渓和尚が訪ねます。

「駿府からは、但馬を後見にと言う話が来ておるが、おぬしら、その方が良いとお考えか?」

そして、次郎法師は還俗するのではなくて、領主が直虎となって、虎松が成人するまでの後見だけだと説明します。和尚が小野但馬守政次にこのことをどう思うか聞くと、

「国を治めるには生半可な事ではございませぬ。次郎法師様にはどこまでのかくごがおありか、それがいささか」

「われは、先代の意思を継ぎ、井伊を守っていきたいと思っておる。皆が日々を安んじておくれる国にしたい」

「なればそれがしごときに、何か申し上げる筋合いはございませぬ。誠心誠意、直虎様にお仕え申し上げます」

その一言で、会議は終わりました。そして、南渓和尚から「仮名目録」というものをもらいました。今川家の先々代の氏親が、子どもに代を譲る際に書き起こした国のおきてでした。「まあ、読んでみるがよい」と言われました。

家に帰った奥山左衛門は、一緒に住むようになったしのや虎松、なつなどにこのことを告げると、やはり反対されました。政次も家に3人の今川家の目付と話をしますが、「今の井伊をもらっても、苦労するばかりじゃ」と言って、直虎の出方を見ることにしました。この目付は、後に、井伊谷三人衆と呼ばれて、徳川家康に見方をしています。

一方、直虎は「仮名目録」で勉強を始めました。初めて聞くことばかりで、わからないことばかりでしたが、そこに政次が、検地の書類や多くの書類を持ち込み、見てもらったほうが良いと話しました。そこに瀬戸村の百姓がやってきて、現状を訴えて村に来てくれと言われます。村に出向くと、荒れ放題になってる田畑を目にします。その訳を聞くと、戦が続いて人手が足りず銭主からお金を借りているので、どうにもならずに逃げ出してしまうからだと言われます。そこで、村の人々から徳政令を出してくれとお願いされます。選手からの借金をチャラにしてもらう法律が徳政令です。何も知らない直虎は、笑顔でOKを出してしまいます。

屋敷に帰ると、いっしょについてきた中野直之にメチャクチャ怒られますが、そこに、六左衛門がやってきて、井伊家も瀬戸村の百姓たちと同じ銭主の瀬戸方久に多額の借金があることを伝えられます。3人で困ってると、瀬戸方久がやってきます。実は、直虎が小さい時に誘拐されますが、屋敷に連れ戻した時に、直盛から報奨金をもらったあばら家の男(ムロツヨシ)が瀬戸方久でした。

瀬戸方久は、直盛からもらったお金で海産物の商売を初めて、戦場での商売に広げて大商人となりました。気が付いた直虎は、さっそく瀬戸村の借金棒引きのお願いをしましたが、「井伊家の借金を全額払ってくれたら」と条件を出します。つまり、「徳政令を出すと、井伊家はつぶれてしまうんです」ということでした。

その夜、井伊家の借金を計算すると、30年以上もの期間が返済に必要だと分かります。中野直之は、「徳政令など、ほっとけば、そのうち忘れるだろう」と言います。が、翌朝、瀬戸村の百姓たちと一緒に、祝田村(ほうだむら)の百姓が同じようにやってきて、徳政令を出すように求めます。事情が分かった直虎は、「徳政令はだせぬのじゃ。井伊家がつぶれてしまう」と答えると、百姓たちが騒ぎ始めます。その姿をみてた政次が「これでもまだ御領主になられますか」と聞きます。「われが降りたら、そなたが後見になるではないか。それだけはごめんじゃ」と言って歩み去りました。

政次は、駿府に出向いて現状を告げて、ある作戦を寿桂尼に話しました。

直虎は、百姓や方久に会いに行き、あることを閃きました。それを南渓和尚に相談しました。

「それをできる力があるではないか。かようなことに正解などないしの~。結果が良ければ正解とされ、そうでなければ間違いとされ、うまく行くか行かないかは、だれも請け負うてはくれぬ。己が信じたことをあかりとして、進んでいくしかないの。自灯明は、人の上に立つ喜びでもあり、つらさでもあるの。」

翌日、政次、中野直之、六左衛門、瀬戸方久を屋敷に呼びます。そこで、瀬戸方久を家臣に加えて、瀬戸村と祝田村を方久の所領にすることを皆に告げました。借金を待たせる代わりに、方久を家臣にして、年貢を得る権利を与えると言うことでした。さらに、百姓たちを自立させる意図がありました。

それを聞いた中野直之と六左衛門は怒って席を立って行ってしまいます。瀬戸は新野の娘の所領、祝田はしのとなつの所領でした。政次も席を立って行ってしまいました。方久は、

「銭さえ持ってれば人は寄ってくる。銭は千騎の武者に値する。銭は力じゃ。あの石頭どもの鼻をあかしてみせましょう」

と直虎を励まします。そこに、方久の使者がやってきて、瀬戸村と祝田村の百姓が今川家に直接、徳政令を出すように頼みに行ったと伝えます。方久と直虎は、なぜ井伊家を飛び越えて今川家に行ってしまったのか?と驚きます。が、裏で、政次が動いているようでした。

(14話に続く)

「おんな城主直虎」13話の感想

おもしろかったですね。今回もいろんな気づきがありました。直虎のダメダメ社長っぷりが浮き彫りになりました。よくある2代目社長のダメっぷりと似ていますね。典型的なポイントは、

  • 自分の力で何とかなると思ってる
  • 家(会社)の状態が判ってない
  • 古くからいる部下(社員)に気を配らない
  • 自分と気が合う人を連れてくる、目をかける。
  • ゴールを言わない

などですね。こういう人は、良くなるか、ダメになってしまうかのどちらかです。良くなる場合は、昔からいる人たちをすべてクビにして自分自身の思った通りの人だけをえこひいきする場合です。織田信長とかがこのパターンではないでしょうか。ダメなのは、武田勝頼とかの場合ですね。本当に単純に見ると、先代から引き継いだ部下のために、悪くなってしまったかんじです。殆どの場合、ダメになってしまう人がおおいと思います。

ただ、直虎の場合、ちょっと違うかなと思いました。余りにも、直虎が「民の為」「百姓の為」に良いことをしている的なストーリーにしてしまってる為に、わざと、ダメな展開に持ち込んでいるような気がします。本来なら、もう少し古くからいる中野直之や六左衛門たちを頼るのではないでしょうか。もしくは、もっと相談してから動き出すような気がします。もしかしたら、そんなことがわからないほど、井伊家には武士がいなくなっていたのかもしれませんね。

以上、NHK大河「おんな城主直虎」のキャストや12話のあらすじや感想でした。

他にも面白いドラマがあります。

⇒ リバース
⇒ 貴族探偵

⇒ ドラマ一覧に戻る

あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 未来を変える
  2. 人生をやり直す簡単な方法
  3. 旅
  4. communication




疲れたときにおススメ

  1. グッドモーニングコール
  2. 刑事ゆがみ
  3. 赤い糸
  4. ボーダー
  5. スイッチガール
  6. いつまでも白い羽根
  7. 隣の家族は青く見える
  8. ファイティングガール

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 結婚契約
  2. ショッピング王ルイ
  3. シンイ~信義~
  4. 江南ロマンストリート
  5. コーヒープリンス1号店
  6. アイム・ソーリー・カン・ナムグ
  7. 空港に行く道
  8. オーマイビーナス
  9. サークル
  10. 最高です!スンシンちゃん
スポンサーリンク

最新情報

  1. NBA2017-2018
  2. Bリーグ
  3. 響
  4. 寝ても覚めても
スミカスミレ
  1. グッドドクター
  2. 婚活
  3. バリー・シール
  4. 火花
  5. 義母と娘のブルース
  6. ロボットじゃない
  7. ゼロ~一獲千金ゲーム
  8. リバース
  9. リピート~運命を変える10か月~

多くの人に読まれている情報

  1. ブレンダー
  2. ギャンブル
  3. 愛してたって、秘密はある。
  4. 3月のライオン
  5. ごめん、愛してる
  6. 西郷どん
  7. セレブと貧乏太郎-1
  8. 宣言
  9. おんな城主直虎
auひかりバナー
PAGE TOP