おんな城主直虎

おんな城主直虎の23話「盗賊は二度仏を盗む」のあらすじ(ネタバレ)と感想!

「おんな城主直虎」の23話「盗賊は二度仏を盗む」のあらすじ、感想です。直虎たち武士と百姓と龍雲丸たちは一緒に食事をすることで、誤解が解けて仲良くなりました。

スポンサーリンク

「おんな城主直虎」は、他のNHK大河も含めて、有料ですがU-NEXTで見ることができます。⇒ U-NEXT

「おんな城主直虎」23話のあらすじ

23話「盗賊は二度仏を盗む」

龍雲丸(柳楽優弥)たちとの宴をしているあいだ、政次(高橋一生)のところに近藤康用(橋本じゅん)がやって来ました。近藤の菩提寺から本尊が盗まれたというのでした。近藤は、かつて木を盗んだ者たちを雇い入れて木を切っているので、その者達が本尊を盗んだと言ってきたんです。すぐに賊を引き渡すと政次は返事をしました。

宴の朝、後片付けをしている直虎のところに政次と近藤がやってきました。近藤は、盗賊団を雇い入れて仕事をさせてて、その者達が本尊を盗んだと文句を言うと、

「以前のような盗みはせぬ」

とポロリと言ってしまいました。近藤は怒り狂って帰ろうとすると、政次がそれをせいして、その者達をさしだすか、かくまうかどちらにするかと直虎に詰め寄りました。

直虎は、

「わかった。ひきわたそう。連れて行かれるがよい」

と答えました。近藤と政次が席を立った後、直虎は、直之に命じて先回りして逃がすように指示をしました。

直之がつくと、すでに近藤たちがいましたが、龍雲丸たちももぬけの殻でした。近藤たちが来る前に察して逃げたようでした。

数日たっても龍雲丸たちは戻ってきませんでした。直虎は和尚に呼ばれて寺に行くと、近藤の菩提寺に寄進をした方がいいと言われます。近藤の土地の木を盗んだ者たちを何も言わずに雇い入れたのは直虎が悪いのでは?と言われて、しぶしぶ従いました。

和尚と直虎は、近藤の菩提寺に行って、近藤に手をついて謝りました。その後、寄進するために本尊を見にいくと、なぜか、すでに本尊は戻っていました。近藤はびっくりして何も言えませんでした。帰り道、和尚が顛末を話してくれました。和尚が寝てる時に龍雲丸が訪ねてきたんです。もちろん盗んではおらず、濡れ衣を着せて龍雲丸たちを捕まえる算段だと気が付きます。そして、龍雲丸がわなを仕掛けたんです。

そのわなは、和尚が近藤の所に行くというと、きっと本尊を隠すから、その隠しているところを龍雲丸がみて、和尚が近藤と話をしているすきに、元に戻酢という作戦でした。

しばらくすると、龍雲丸たちは全員無事に戻ってきました。直之や六左衛門たちにきくと、みんな部下にしたいと言いました。直虎が政次はどうだろう?といくと、六左衛門が、龍雲丸たちを逃がしたのは政次なのでは?と言います。初めに近藤が政次の所に来たときに、なつに言って龍雲丸たちまで知らせに走ったんです。

直虎は、政次に会いに行きます。本音で話そうと言って、

「あの者たちを家来にという話が出ておる。そなたもそれでよいか」

「お好きなように。その件につきましては、口を出せぬ風向きにございますゆえ」

「本音で話せ。あの者たちを救ってくれたのはそなたであろう。こたびのことは、政次の考えに従う。政次がだれよりも井伊のことを考えてるのは明らかじゃ」

「反対は致しませぬ。ただし、あの者たちにいたされませぬよう。あの者たちのために井伊を使わぬよう、お願いします」

「わかった」

直虎は、龍雲丸に会いに行きます。

「そなた、井伊に仕える気はないか?もちろん全員だ。考えてみてはくれぬか」

そういうと、龍雲丸は、「まあ」と答えました。返事は、今までの銭の受け渡しの日にすることになりました。

 

龍雲丸が月を見て考えてると、モグラ(マキタスポーツ)が横に座りました。

「お家が再興できるかもしれませんぜ。悪い話じゃないんじゃないですか」

「皆は喜ぶか。侍になれると聞けば。頭はやっぱり引っかかりますか」

「武士は盗人だと言ってきた手前」

「それは皆同じでさ。それに、あの尼小僧さまは一味違うってことは、みなもう、うすうすきたわかってます」

翌日、龍雲丸が侍になるか皆に聞くと、大喜びしました。

銭の受け渡しの日、直虎はじめ、政次や直之たちは正装をして龍運丸たちを待っていました。

銭を受けった後、皆が注目している中、直虎が話しだします。

「龍雲丸、前にはなした、当家への奉公の話じゃが、返事は?」

「断りまさ~」

侍になるんじゃなかったのかと、

「てめえらが鳴る分には構わないが、おれはやっぱ、武家勤めはできないわ」

直虎が理由を聞くと、龍雲丸は空を見ながら

「そりゃ、空に雲があったからでさ」

 

(24話に続く)

「おんな城主直虎」23話の感想

ドラマを見た後に、感想を書いていきます。

23話以外のあらすじ

「おんな城主直虎」のキャスト

井伊家

  • 井伊直虎 柴咲コウ
  • 祐椿尼(千賀) 財前直美、直虎の母
  • 虎松   寺田心、井伊直親(三浦春馬)の忘れ形見
  • しの   貫地谷しほり、奥山朝利の娘、虎松の母
  • 高瀬   高橋ひかる、直親の娘

井伊家家臣

  • 小野但馬守政次 高橋一生
  • なつ   山口紗弥加、政次の弟の故玄播の妻、奥山朝利の娘
  • 中野直之 矢本悠馬、中野直由(筧利夫)の息子
  • 奥山六左衛門 田中美央、奥山朝利(でんでん)の息子
  • 近藤康用(やすもち) 橋本じゅん、今川家目付
  • 鈴木重時 菅原大吉、今川家目付
  • 菅沼忠久 阪田マサノブ、今川家目付
  • あやめ  光浦靖子、新野左馬之助の娘
  • 瀬戸方久 ムロツヨシ、豪商
  • 弥吉   蔵本康文、方久の部下
  • 龍雲丸  柳楽優弥、元盗賊団の頭

龍潭寺(菩提寺)

  • 南渓和尚 小林薫、住職
  • 傑山   市原隼人、武闘派の僧
  • 昊天   小松和重、頭脳派の僧

今川家

  • 寿桂尼  朝丘ルリ子、今川家を大きくした人物
  • 今川氏真 尾上松也、義元の息子

松平家

  • 松平元康 阿部サダヲ、後の徳川家康
  • 築山殿(瀬名)  菜々緒、佐名の娘、後の徳川家康の妻

その他

  • 中村与太夫 本田博太郎、気賀の商人

以上、NHK大河「おんな城主直虎」のキャストや22話のあらすじや感想でした。他にも面白いドラマがあります。

⇒ リバース
⇒ 貴族探偵

⇒ ドラマ一覧に戻る

あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 人生の転機は40代
  2. コック警部
  3. 結婚




疲れたときにおススメ

  1. シグナル
  2. WITH LOVE
  3. 家族の旅路
  4. 5時から9時まで
  5. 顔
  6. ライアーゲーム
  7. ラブホの上野さん
  8. メイちゃんの執事
  9. 未解決の女
  10. Age35恋しくて

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 雲が描いた月明り
  2. 愛人がいます
  3. キスして幽霊
  4. 愛の迷宮~トンネル~
  5. 六龍が飛ぶ
  6. 空港に行く道
  7. 輝くか、狂うか
  8. タイプライター
  9. 白詰草
  10. 太陽を抱く月
スポンサーリンク

最新情報

  1. NBA2017-2018
  2. 黄昏流星群
  3. 獣になれない私たち
  4. 獣になれない私たち
ホリデイラブ
  1. 曇天に笑う
  2. FINAL CUT
  3. 刑事ゆがみ
  4. 西郷どん
  5. アイスブリュードコーヒー
  6. コック警部
  7. 逆賊ホンギルドン
  8. 宣言
  9. 小さな巨人

多くの人に読まれている情報

  1. エクリプス/トワイライト・サーガ
  2. フランス
  3. フランケンシュタインの恋
  4. リオ五輪女子バスケ
  5. 焼成冷凍パン
  6. ボス・ベイビー
  7. 花
  8. 絶対零度
  9. シンデレラと4人の騎士
  10. another sky
電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結
PAGE TOP