おんな城主直虎

おんな城主直虎の32話「復活の日」のあらすじ(ネタバレ)と感想!

「おんな城主直虎」の32話「復活の日」のあらすじ、感想です。今川氏真の命令で、徳政令を出すことを受け入れた井伊家はつぶれてしまい、隠れ里に避難しました。井伊の館は、政次のものになって、今川家に忠誠をつくすことを誓いました。

スポンサーリンク

「おんな城主直虎」32話のあらすじ

ここから先はネタバレが含まれます。今までのストーリーは、次をクリックしてください。⇒ストーリーまでジャンプ!

 

32話「復活の日」

信玄(松平健)と家康(阿部サダヲ)による今川攻めが避けられない状況になる中、直虎と政次は、あえて徳政令を受けることで一時、身を潜めました。そして徳川方へ寝返ることで復活を図ろうとしました。

直虎は、尼の服装で龍潭寺に身をおき、傑山(市原隼人)に家康への密紙を託しました。

家康のもとへは、信玄から書状が届き、あと10日後には戦をはじめると言ってきました。家康は急遽戦支度を命じて、攻め込む道を考え始めまいた。浜名、大沢は、強力な今川方武将なので、困っていたところ、井伊は取り潰されて、政次が井伊を乗っ取ったと言う連絡が入りました。

それを聞いて築山殿(菜々緒)は悔しがりますが、家康は、今川家目付けの菅沼忠久(阪田マサノブ)に調略をかけたと話しまいた。菅沼がほかの近藤康用(やすもち、橋本じゅん)、鈴木重時(菅原大吉)とうい二人の今川家目付をてなづけて、家康が攻め込んだときに、政次を討ち取るように計画してると話しました。築山殿はたいそう喜びました。

そこに、井伊からの書状が届きました。井伊は取り潰されておらず、跡継ぎの首も刺しさして折らず、すべて政次と図って今川に従ってるフリをしていると書かれいました。攻め込まれたときには、すぐに寝返るので家康の国衆に加えてほしいという手紙でした。それを読んだ家康は大喜びをしました。すぐに直虎のわかったと言う手紙を書きました。

 

一方、信玄にはあらたな今川家からの裏切り者が出たと知らせがありました。

政次が戦支度をしてると、関口の配下が駿府に引き上げたと知らせが入りました。夜になって、こっそりと龍潭寺にいる直虎に会いにきました。二人は囲碁を打ちながら話をしました。政次が、関口はおそらく武田に寝返ったと言います。直虎は家康からの書状を政次に見せて徳川に寝返れば国衆になれるといいます。そこで、直虎は、弱気になって、直虎には向いていない役目だから、政次にそのまま領主をやってもいいと言います。

「よその商人たちにぜひ打ちの領主にと望まれる。つぶされるとなれば、何一つ言わぬのに、百姓たちが体を張って刃向こうてくれる。盗賊たちまでもが、尼小僧のためだと言って、一肌脱いでくれる。かような領主はこの日ノ本、どこにおられますか。私には到底、そのような芸当はできませぬ。降りる道など、もはや許されませぬ。殿には」

「そうか」

「はい」

直虎の目からは涙があふれ出てきました。そして、政次は碁盤を縁側に持ち出して、月の光の中で二人で碁を打ち始めました。

 

政次は、家に帰ると、なつから徳川が攻めてくればすべて終わるので自分は用済みだと言われます。それを聞いた政次は、

「なつ、此度のことが終われば、俺と一緒にならぬか?もちろん、形ばかりの夫婦と言うことだが、どうだ?」

「ことがなれば、次郎様の還俗も叶うことになりますが、よろしいのでございますか?ずっと、それをお望みになっておられたのでは?」

「うまく伝わらぬかも知れぬが、わたしは幼きときより、のびのびと振舞うおとわさまにあこがれておったのかもしれん。それはいまもかわらん。身を挺してお助けしたいと思う。生涯きえることはあるまい。なれど、それとはまったく別な気持ちで、そなたにはそばにおってほしいと思う。そなたを手放したくないのだ」

なつは泣きながら、政次の胸の中に倒れこみました。

「かようなときには、殿のことは、なんとも思ってないと言うものですよ。でも、仕方ありませんね。私がおしたい申し上げてるのは、さような兄上様にございますゆえ。いたしかたございません」

政次も夏の体を抱きしめました。

 

直虎は、井戸の近くで、亡くなったものたちにお神酒をついで武運を願いました。

今川家の3人の目付けにも井伊が寝返った知らせが届きますが、近藤康用だけは納得がいかないようでした。

 

永禄十一年(1568年)十二月六日。武田信玄が動き出しました。

甲府を立った後、富士大宮、内房、を通って、あっという間に今川ののど下まで攻め込みました

氏真の陣では、なかなかこない北条からの援軍を待っていましたが、賤機山(しずはたやま)城にこもることになりました。関口はよろいを脱いでしまったため、氏真から寝返ったと疑いがかけられます。それを察した関口は、有力武将21名たちと武田に寝返りました。しかも、武田に賤機山もすでに押さえられていました。

一方、家康は、遠遠江の国境、陣座峠までやってきました。そこに、今川家目付け3名がやってきました。家康が安堵する土地を示しましたが、近藤康用だけが、異を唱えました。井伊はともかく、政次は油断のならない男なので、まずは3人で確かめてみると言い出しました。

 

政次の陣では、家康がやってきたと知らせが入りました。政次は、刀を抜き、関口の部下を縛るように命令しました。そして、大音声で、

「これより小野は、徳川に城を明け渡す。徳川につき、その元で井伊家を再興する。そなたらのなかで、共に参りたいと思うものあれば、口ぞえしてやる」

関口の配下のものはすべて、政次に従うと口にしました。

「にわかに信じられぬであろうが、井伊と小野は二つでひとつである。井伊を抑えるために小野があり、小野を犬にするため、井伊がなくてはならなかった。ゆえに、憎みあわねばならなかった。そして、生き延びるほかなかったのだ。だが、それも今日で終わりだ。みな、今日まで良く耐え忍んできてくれた」

政次はみなに向かって頭を下げました。すると、

「とうに、存じておりましたよ。殿。われらはわれらで殿を欺いておったのです」

「さようであったか。それでこそ、小野じゃ」

 

直虎が井伊谷城にやってきて、家康を待ってると、近藤康用ら3人と酒井忠次がやってきました。家康が来ずに近藤たちが来たことに何かしら怪しげな雰囲気を感じてると、酒井忠次が開門を要求しました。

すると、近藤康用たちは、じりじりを下がっていきました。

政次が門を開けると、周囲の山から矢がいかけられました。直虎は、「政次、わなじゃ、門を閉めよ」と叫びました。

(⇒33話のあらすじ

「おんな城主直虎」は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。⇒ U-NEXT

他のNHK大河も含めて、最新のドラマや人気のドラマを一番多く見ることができます。

スポンサーリンク

 

「おんな城主直虎」の今までのストーリー

遠江の国の井伊谷で、城主の娘のおとわ、分家の嫡男亀之丞、筆頭家老の嫡男鶴丸は、年も同じくらいでとても仲良く暮らしていました。遊びも、勉学もいつも一緒の三人でした。その三人がいる井伊谷というのは、浜名湖のチョット北、今の静岡県と愛知県のちょうど間にあって、織田家と今川家の境目に位置していました。1000年以上も前からその地を井伊氏が納めていましたが、1500年ころ、強大にな今川家に攻め込まれて今川家の家臣として使えることになります。なので、井伊家にとってはかたきも同然なのが、井伊家でした。筆頭家老の小野家は、今川家の目付として井伊家を見張っていたために、周囲からは良く思われていませんでした。鶴丸の父親の小野政直は、亀之上の父親の直満の裏切りを今川家に密告します。直満は切腹させられ、亀之丞は信州の山の中に逃げ、おとわは出家をします。

ときは立ち、おとわが大人になると、亀之丞は信州から戻ってきて直親と名乗り今川家より帰参を許されますが、今川家の罠に引っ掛かって駿府に向かう途中に討たれてしまいます。さらに、戦が続いて井伊家には男の後継者がいなくなってしまいます。次郎法師と名乗っていたおとわは、直虎と名をあらためて井伊家を継ぐ決意をします。鶴丸は政次と名乗り、小野家を継いで家老となっています。政次は本心を隠して、周囲には悪者だと思われながらも井伊家を守ろうとしていました。直虎は、方久(ムロツヨシ)という商人を部下にして、井伊谷を豊かにしようと、綿をつくったり種子島をつくったりしようとしています。

そこに、直親の娘と名乗る少女、高瀬(髙橋ひかる)がやってきました。政次は武田の間者だと言いますが、少女が口ずさむ鼻歌を聞いて直親の娘だと確信した直虎は、姫として迎え入れます。綿の収穫から綿布が出来上がってきた事を聞いた直虎は、売るために、気賀という村にやってきました。中村与太夫(本田博太郎)という気賀を仕切ってる商人に綿布の卸先を聞いた後、スリに会って直虎はつかまってしまいます。政次と直之によって直虎は無事に帰ってきましたが、方久から材木を売ることを進言されて、その盗賊団を部下にすることを思いつきました。盗賊団の頭の龍雲丸(柳楽優弥)は直虎の言葉を受け入れて、材木を切る手伝いをすることになりました。

直虎たちは、龍雲丸を部下にしようとしますが、龍雲丸から断られてしまい、気賀に帰っていってしまいました。そこでは、部下たちとよろず請負屋をやり始めて町のために尽くしているようでした。

直虎は、龍雲丸たちが切った材木を売りさばくことができましたが、その材木が今川と敵対している徳川家康に行くことがわかり、氏真から申し開きに来いといわれてしまいます。直虎は龍雲丸たちの助けを得て、材木を取り返すことができました。取り返した材木は気賀に運び込まれました。そして、大沢氏の部下がやってきて、今川家の命令で城をつくれと命令しました。気賀の商人たち屋龍雲丸は反発して町を二分割して争い始めます。直虎のとりなしで商人たちは和解しましたが、龍雲丸は城をつくるのに反対で町から出て行こうとしました。

井伊に戻った直虎は、方久から気賀を治めては?と言われます。方久は、中村屋、大沢家、今川家の関口などを巻き込んで、舌先三寸で新しい城を手に入れました。方久は、堀川城の新しい城代になりました。

武田義信が自害をしたという連絡が駿府に入り、寿桂尼の働きで氏真の妹の鈴を取り戻すことができました。寿桂尼は、自分の命が少ないことから、自分がいなくなってもいいように、願える武将を面接で選んで粛清を始めます。直虎も、その対象になっていました。

直虎は、政次と話をして、井伊家を残すために今川家を寝返る事を決意しました。

今川氏真は、各地の国衆を集め武田との戦ぞなえを命じました。方久と政次も駿府に行ってましたが、方久だけが氏真に呼ばれて、井伊家を寝返るように言われます。具体的には、徳政令を方久が出すことをしろと言うことでした。徳政令を出せば、方久は、井伊家から借金をとるしか方法がなく、井伊家はつぶれてしまうことを意味していました。寝返りの条件は、井伊家がつぶれた後も、方久には今までと同じ土地を安堵すると言うことでした。

方久は、直虎や政次に隠していましたが、政次によってすべてがばれてしまいましたが、直虎はいちど井伊家をつぶそうと考えます。その後、徳川家によって同じ土地の領主となればいいと考えて、徳政令を出すことにしました。

百姓たちが、今川家目付の関口に、徳政令を出すなと直訴している所に直虎が行くと、政次から刀を首に突きつけられてしまいます。そのまま、関口の家来の所に連れて行って、徳政令を出すことを認めさせました。これにより、井伊家はつぶれてしまい、直虎以下、政次を除いて配下のものは隠れ里にしのびます。虎松は、徳川を頼って逃げ延びました。

「おんな城主直虎」32話以外のあらすじ

「おんな城主直虎」のキャスト

井伊家

  • 井伊直虎 柴咲コウ
  • 祐椿尼(千賀) 財前直美、直虎の母
  • 虎松   寺田心、井伊直親(三浦春馬)の忘れ形見
  • しの   貫地谷しほり、奥山朝利の娘、虎松の母
  • 高瀬   高橋ひかる、直親の娘

井伊家家臣

  • 小野但馬守政次 高橋一生
  • なつ   山口紗弥加、政次の弟の故玄播の妻、奥山朝利の娘
  • 中野直之 矢本悠馬、中野直由(筧利夫)の息子
  • 奥山六左衛門 田中美央、奥山朝利(でんでん)の息子
  • 近藤康用(やすもち) 橋本じゅん、今川家目付
  • 鈴木重時 菅原大吉、今川家目付
  • 菅沼忠久 阪田マサノブ、今川家目付
  • あやめ  光浦靖子、新野左馬之助の娘
  • 瀬戸方久 ムロツヨシ、豪商
  • 弥吉   蔵本康文、方久の部下
  • 龍雲丸  柳楽優弥、元盗賊団の頭

龍潭寺(菩提寺)

  • 南渓和尚 小林薫、住職
  • 傑山   市原隼人、武闘派の僧
  • 昊天   小松和重、頭脳派の僧

今川家

  • 寿桂尼  朝丘ルリ子、今川家を大きくした人物
  • 今川氏真 尾上松也、義元の息子

徳川家

  • 徳川家康 阿部サダヲ
  • 築山殿(瀬名)  菜々緒、佐名の娘、徳川家康の妻

その他

  • 中村与太夫 本田博太郎、気賀の商人
  • 織田信長 市川海老蔵
  • 武田信玄 松平健

以上、NHK大河「おんな城主直虎」の32話のあらすじや感想でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. モチベーション
  2. ジョジョ
  3. 人生をやり直す簡単な方法
  4. 椅子




疲れたときにおススメ

  1. ゆとりですがなにか
  2. 正義のセ
  3. 結婚しない-1
  4. ナサケの女
  5. ラブソング
  6. パパ活
  7. ひよっこ
  8. ディアシスター

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 君を守りたい
  2. 韓流ドラマをできるだけたくさん見たい!
  3. 時間が止まるその時
  4. 町の弁護士 チョ・ドゥルホ
  5. 完璧な妻
  6. ソロモンの偽証
  7. じれったいロマンス
  8. 愛の迷宮~トンネル~
  9. 六龍が飛ぶ
  10. 最高です!スンシンちゃん
スポンサーリンク

最新情報

  1. 凪のお暇
  2. ルパンの娘
  3. 旅行
ボディビルダー
  1. ヒーラー
  2. ハリウッド
  3. 西郷どん
  4. バナナ
  5. 花
  6. スーパーサラリーマン左江内氏
  7. リピート~運命を変える10か月~
  8. 君といた夏
  9. 夢

多くの人に読まれている情報

  1. チアダン
  2. カルテット
  3. アシガール
  4. 恋は雨上がりのように
  5. TWO WEEKS
  6. ごめん、愛してる
  7. コミュニケーションスキル
  8. キャリア
  9. 貴族探偵
  10. 貴族探偵
電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結
PAGE TOP