おんな城主直虎

おんな城主直虎の36話「井伊家最後の日」のあらすじ(ネタバレ)!

おんな城主直虎
LINEで送る
Pocket

今夜のドラマあらすじは?
明日の約束
監獄のお姫さま

「おんな城主直虎」の36話「井伊家最後の日」のあらすじ、感想です。


スポンサードリンク


「おんな城主直虎」36話のあらすじ

ここから先はネタバレが含まれます。今までのストーリーは、次をクリックしてください。⇒ストーリーまでジャンプ!

 

直虎(柴咲コウ)が龍潭寺で南渓和尚(小林薫)と話していると、昊天(小松和重)が近藤康用(やすもち、橋本じゅん)のところから帰ってきました。直虎は、次回は近藤のところにいっしょに連れて行ってくれとお願いしました。いつまでも隠し里にいるわけにもいかず、井伊谷に戻りたいと言う人もいるだろうから仲良くしておきたいと言うことでした。

一方、今川氏真(尾上松也)は、春(西原亜希)の実家の北条氏康(鶴田忍)のところにいました。徳川家康(阿部サダヲ)は、武田信玄(松平健)を北条と今川、越後の上杉謙信に挟まれて動けなくなったとよろこんでいました。そこに、瀬名(菜々緒)がやってきて、井伊家への仕打ちを責めたてます。困ってると、家康の生母の於大の方(栗原小巻)がやってきて、瀬名をたしなめました。

井伊では、直虎が近藤の手当てした甲斐があって、ふたたび自分の足で立てるようになりました。近藤は直虎の手当てに感動して井伊家に使えていた中野、奥山、新野を召抱えてもいいと提案してきました。寺に戻って和尚たちに相談すると、近藤の真意が計り知れないと言われました。昊天がお家の再興をどうかんがえてるのかきくと、方久(ムロツヨシ)が、松下常慶(和田正人)がやってきたと報告しました。

常慶は、今回の徳川家康のやり方を深くわびて、自分にできるのはこれくらいしかないといって、しのからの文を見せて、井伊家嫡男の虎松(寺田心)を松下家の養子として迎えたいと願い出ました。その真意は、虎松を差し出せといってるのではなく、子供がいない松下家の養子となって、ゆくゆくは、松下家を虎松に差し上げると言うことでした。突然の申し出に、直虎はびっくりして少し考えさせてくれと答えました。

龍雲丸(柳楽優弥)に相談すると、母親と暮らせて継ぐ家もできるから、虎松にとっては願ってもないことだといいました。直虎は、井伊家の再興をどうするか悩んでるといいました。家を再興することで家臣たちを再び戦に駆り出し、新たな悲劇を生んでしまうと考えていたのです。龍雲丸は、

「じゃ、やめちまってもいいんじゃねえですか?ここいらがしおどきじゃねえですかね」

「しかし、それでは、政次や直親がなんのために亡くなったのかわからぬではないか。大叔父様も。井伊のためになくなったものはやまのようにいるのじゃ」

「じゃあ、どっちでもいいってことじゃねえですか。尼小僧さまがやりたいならやる、やりたくないのならやらない」

「やりたいようにと、気軽にいわれてもな」

そういうと、なおとらはとぼとぼと歩いていってしまいました。

龍雲丸が和尚と酒を飲んでると、

「やりたいようにというのは、あいつにはむずかしかろうの~」

と言いました。小さいころ、直虎は人知れず人を助ける竜宮小僧になるといって、人の役に立つことを自分のやりたいことにしていたと話してくれました。和尚はそれをさせてしまったのは自分かもしれないとつぶやきました。

そのあと、和尚はいつもの井戸のところにいる直虎のところに行って、

「もうやめじゃ、次郎。井伊はここで終わらせよう。そなたはもうつかれきっておろう、さよう、疲れた心持ではお家の再興など、どだいむりだ」

「なれど、それでは・・・」

「そなたを次郎にしたのはわしじゃ。ならば、次郎からおろすのもわしじゃ。これはわしがきめたことじゃ。政次にも直親にも、のうなったみんなにはわしから謝っておくゆえ。もうじゅうぶんじゃ。そなたはようやった」

それを聞いた直虎は泣き出して

「まこと、役ただずでご期待に沿えず、申し訳ありませんでした」

泣き続ける直虎を、和尚は優しく抱きしめました。

 

次の日、直虎は和尚たちとともに川名の隠し里に行って、そのことをみなに告げました。近藤、北条、松下など、行きたいところに行ってくれというと、直之(矢本悠馬)は、

「それは、井伊の御再興をあきらめるということですか?」

「うむ。われはもう、井伊を再興するつもりはない。もう、無理じゃと思う」

子供たちが何のために多くの人が命をかけて守ってきたのかと問うと、もう、そういうことはもう見たくもないし、尽くされても自信がないといいます。直之は、

「自身がのうても石にかじりついてもなしとげる。それが殿ということではないのか!しょせん女子じゃな、おれは、その女子に一生ついていくつもりだったんじゃ」

「ふがいない主ですまなかった」

直之は立ち上がって出て行きました。

 

直虎は、三河の鳳来寺に行って、六左衛門(田中美央)と虎松に井伊家再興をあきらめると話しました。虎松は泣き叫んで猛反対をしますが、和尚が寺に残って虎松の説得をすることになりました。

隠し里では、直之が高瀬(高橋ひかる)や祐椿尼(財前直美)に、これからも心の中にずっと井伊家が残ると諭されて決心していました。

祐椿尼が寺にやってきて、直之と高瀬は井伊と小野の郎党をまとめて近藤に仕えることになったと報告しました。あやめ(光浦靖子)はどこかに輿入れをしたいといってると話すと和尚が帰ってきて、虎松が松下に行くことを承知して、六左衛門も守役としてそのまま向かうと話しました。それを聞いた直虎は急に悲しくなって、涙をこぼしました。

しばらくして、虎松と六左衛門、なつは、しのの嫁ぎ先の松下源太郎(古館寛治)のもとに行き、こころよく迎え入れられました。

 

直虎が、あやめ以外が落ち着くところに落ち着いたと井戸のところで拝んでると、龍雲丸がやってきました。直虎が、「かしらはどうしたい?」と聞くと、

「じゃ、おれはいっしょになりてえ女がいるんですが、どうしたもんですかね」

それを聞いた直虎は、「その手のことは、よほどかしらのほうが詳しいのではないか」とおどおどしてしまいます。

「おれ、はじめてなんですよ。誰かのそばにいたいっておもうのは」

「なんというおなごじゃ、名は」

「それがしらねえんですよ。教えてくれくれますかね、名を」

「村の名と、どんな娘かを教えてくれれば、調べてみることはできるぞ」

「かわされてるんですかね」

「すまぬな。さような筋にはどうにもうとく、まとはずれのことをいうておるかの?」

「ずいぶんな」

「なにやら、あまり力になれそうもないな」

「そんなことはねえですよ。おらあ、あんたのそばにいたいんですから。いいって言ってくれればそれでいいんですよ」

「われのそばにおると、ろくなことにならぬかもしれぬぞ。われは縁起の悪い女子であると思う」

「しにそびれるのは俺の得意の手なんで。あんたよりさきにしにませんよ。あんたをおいてったりしませんよ」

「とわじゃ。われはとわという」

龍雲丸は、直虎の頭巾をはずしてやさしくくちづけをしました。

その後、直虎は還俗して農婦となって生きる道を選びました。

 

北条氏康が元亀二年十月(1571年)に亡くなりました。武田信玄は大喜びして踊りだしました。徳川家康は浜松上に居城を移していましたが、そこに今川氏真がやってきました。氏康がなくなったことで、北条は武田信玄と組んで、追い出されてしまったんです。今川氏真は徳川家康を頼って落ちのびてきたのですが、武田信玄が攻めてくると考えた家康は、受け入れたふりをして武田に差し出せば何とかなると、考えました。

ただ、部下の酒井忠次(みのすけ)が、織田信長にお伺いを立てる事が大事だといわれて恐れおののきました。

元亀三年、武田信玄の西への侵攻が始まりました。

(⇒37話のあらすじ

「おんな城主直虎」は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。⇒ U-NEXT

他のNHK大河も含めて、最新のドラマや人気のドラマを一番多く見ることができます。

 


スポンサーリンク

「おんな城主直虎」の今までのストーリー

遠江の国の井伊谷で、城主の娘のおとわ、分家の嫡男亀之丞、筆頭家老の嫡男鶴丸は、年も同じくらいでとても仲良く暮らしていました。遊びも、勉学もいつも一緒の三人でした。その三人がいる井伊谷というのは、浜名湖のチョット北、今の静岡県と愛知県のちょうど間にあって、織田家と今川家の境目に位置していました。1000年以上も前からその地を井伊氏が納めていましたが、1500年ころ、強大にな今川家に攻め込まれて今川家の家臣として使えることになります。なので、井伊家にとってはかたきも同然なのが、井伊家でした。筆頭家老の小野家は、今川家の目付として井伊家を見張っていたために、周囲からは良く思われていませんでした。鶴丸の父親の小野政直は、亀之上の父親の直満の裏切りを今川家に密告します。直満は切腹させられ、亀之丞は信州の山の中に逃げ、おとわは出家をします。

ときは立ち、おとわが大人になると、亀之丞は信州から戻ってきて直親と名乗り今川家より帰参を許されますが、今川家の罠に引っ掛かって駿府に向かう途中に討たれてしまいます。さらに、戦が続いて井伊家には男の後継者がいなくなってしまいます。次郎法師と名乗っていたおとわは、直虎と名をあらためて井伊家を継ぐ決意をします。鶴丸は政次と名乗り、小野家を継いで家老となっています。政次は本心を隠して、周囲には悪者だと思われながらも井伊家を守ろうとしていました。直虎は、方久(ムロツヨシ)という商人を部下にして、井伊谷を豊かにしようと、綿をつくったり種子島をつくったりしようとしています。

そこに、直親の娘と名乗る少女、高瀬(髙橋ひかる)がやってきました。政次は武田の間者だと言いますが、少女が口ずさむ鼻歌を聞いて直親の娘だと確信した直虎は、姫として迎え入れます。綿の収穫から綿布が出来上がってきた事を聞いた直虎は、売るために、気賀という村にやってきました。中村与太夫(本田博太郎)という気賀を仕切ってる商人に綿布の卸先を聞いた後、スリに会って直虎はつかまってしまいます。政次と直之によって直虎は無事に帰ってきましたが、方久から材木を売ることを進言されて、その盗賊団を部下にすることを思いつきました。盗賊団の頭の龍雲丸(柳楽優弥)は直虎の言葉を受け入れて、材木を切る手伝いをすることになりました。

直虎たちは、龍雲丸を部下にしようとしますが、龍雲丸から断られてしまい、気賀に帰っていってしまいました。そこでは、部下たちとよろず請負屋をやり始めて町のために尽くしているようでした。

直虎は、龍雲丸たちが切った材木を売りさばくことができましたが、その材木が今川と敵対している徳川家康に行くことがわかり、氏真から申し開きに来いといわれてしまいます。直虎は龍雲丸たちの助けを得て、材木を取り返すことができました。取り返した材木は気賀に運び込まれました。そして、大沢氏の部下がやってきて、今川家の命令で城をつくれと命令しました。気賀の商人たち屋龍雲丸は反発して町を二分割して争い始めます。直虎のとりなしで商人たちは和解しましたが、龍雲丸は城をつくるのに反対で町から出て行こうとしました。

井伊に戻った直虎は、方久から気賀を治めては?と言われます。方久は、中村屋、大沢家、今川家の関口などを巻き込んで、舌先三寸で新しい城を手に入れました。方久は、堀川城の新しい城代になりました。

武田義信が自害をしたという連絡が駿府に入り、寿桂尼の働きで氏真の妹の鈴を取り戻すことができました。寿桂尼は、自分の命が少ないことから、自分がいなくなってもいいように、願える武将を面接で選んで粛清を始めます。直虎も、その対象になっていました。

直虎は、政次と話をして、井伊家を残すために今川家を寝返る事を決意しました。

今川氏真は、各地の国衆を集め武田との戦ぞなえを命じました。方久と政次も駿府に行ってましたが、方久だけが氏真に呼ばれて、井伊家を寝返るように言われます。具体的には、徳政令を方久が出すことをしろと言うことでした。徳政令を出せば、方久は、井伊家から借金をとるしか方法がなく、井伊家はつぶれてしまうことを意味していました。寝返りの条件は、井伊家がつぶれた後も、方久には今までと同じ土地を安堵すると言うことでした。

方久は、直虎や政次に隠していましたが、政次によってすべてがばれてしまいましたが、直虎はいちど井伊家をつぶそうと考えます。その後、徳川家によって同じ土地の領主となればいいと考えて、徳政令を出すことにしました。

百姓たちが、今川家目付の関口に、徳政令を出すなと直訴している所に直虎が行くと、政次から刀を首に突きつけられてしまいます。そのまま、関口の家来の所に連れて行って、徳政令を出すことを認めさせました。これにより、井伊家はつぶれてしまい、直虎以下、政次を除いて配下のものは隠れ里にしのびます。虎松は、徳川を頼って逃げ延びました。

武田信玄が北から、徳川家康が西から今川を目指して攻めてきました。家康に書状を送って、政次はすぐに城を明け渡す手はずになっていました。家康は、今川家目付の3人衆にも調略の手を伸ばしていました。その中のひとり、近藤康用(橋本じゅん)は、井伊の土地を奪おうとわなを仕掛けます。徳川の先導役を引き受け、自ら矢を射かけて政次が徳川に弓を引いた形にしてしまいました。政次の命はどうなるのでしょうか?

政次は、いったん川名に逃げ込みますが、このままだと直虎に災いが降りかかると思って、近藤の寝所に押し入ってつかまってしまいます。近藤は政次をはりつけの刑にしましたが、直虎が政次の真意を読み取り、政次二恨みの言葉を吐きながら、苦しまぬように心臓を一突きに突き刺しました。

直虎は、政次がなくなったことを認められずに苦しみます。その頃、気賀に今川方の武士たちが入ってきて方久を追い出しました。方久は徳川家康に助けを求めます。家康は助けようとしましたが、酒井忠次の策略によって、気賀の民や龍雲丸たちの頭の上に矢が降りかかってきました。

龍雲丸が直虎の手厚い看病で生き残ることができました。徳川家康は、酒井忠次たちの容赦ない戦いを目の前にして、今川氏真と和睦を結びました。これ以降は、徳川家の武将として生き延びることになりました。それに怒ったのは武田信玄でした。

「おんな城主直虎」36話以外のあらすじ

「おんな城主直虎」のキャスト

井伊家

  • 井伊直虎 柴咲コウ
  • 祐椿尼 財前直美、直虎の母
  • 虎松   寺田心、井伊直親(三浦春馬)の忘れ形見
  • しの   貫地谷しほり、奥山朝利の娘、虎松の母
  • 高瀬   高橋ひかる、直親の娘

井伊家家臣

  • 小野但馬守政次 高橋一生
  • なつ   山口紗弥加、政次の弟の故玄播の妻、奥山朝利の娘
  • 中野直之 矢本悠馬、中野直由(筧利夫)の息子
  • 奥山六左衛門 田中美央、奥山朝利(でんでん)の息子
  • 近藤康用(やすもち) 橋本じゅん、今川家目付
  • 鈴木重時 菅原大吉、今川家目付
  • 菅沼忠久 阪田マサノブ、今川家目付
  • あやめ  光浦靖子、新野左馬之助の娘
  • 瀬戸方久 ムロツヨシ、豪商
  • 弥吉   蔵本康文、方久の部下
  • 龍雲丸  柳楽優弥、元盗賊団の頭

龍潭寺(菩提寺)

  • 南渓和尚 小林薫、住職
  • 傑山   市原隼人、武闘派の僧
  • 昊天   小松和重、頭脳派の僧

今川家

  • 寿桂尼  朝丘ルリ子、今川家を大きくした人物
  • 今川氏真 尾上松也、義元の息子

徳川家

  • 徳川家康 阿部サダヲ
  • 築山殿(瀬名)  菜々緒、佐名の娘、徳川家康の妻

その他

  • 中村与太夫 本田博太郎、気賀の商人
  • 織田信長 市川海老蔵
  • 武田信玄 松平健

以上、NHK大河「おんな城主直虎」の36話のあらすじや感想でした。

他にも面白いドラマがあります。

先に生まれただけの僕
民衆の敵

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. 「ユニバーサル広告社」のキャストや1話のあらすじ★和久井映見がヒロイン! ユニバーサル広告社
  2. 「ドクターX 2017」のキャストや1話のあらすじと相関図。大地真央が新院長! ドクターX
  3. プレミアムスリムビオは痩せない?効果的な飲み方と最安値で通販で買うには?
  4. 『この声をきみに』のキャストやあらすじ!見どころは【人生を変えられるか?】 この声をきみに
  5. 「刑事ゆがみ」のキャストと1話のあらすじと感想!浅野忠信と神木隆之介が! 刑事ゆがみ
  6. 日本レコード大賞2017を観覧するには?出演者とタイムテーブル! MUSIC
  7. J2リーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は?松本山雅は? J2リーグ2017
  8. 「さくらの親子丼」のキャストや1話のあらすじと感想。真矢ミキさんと吉本実憂さん! さくらの親子丼
  9. ぜいたくレッドスムージーの口コミ!道端アンジェリカを目指す飲み方とは? ぜいたくレッドスムージー
  10. 「先に生まれただけの僕」のキャストと1話のあらすじと感想!櫻井翔が校長先生? 先に生まれただけの僕
スポンサーリンク

最新情報

  1. 民衆の敵
  2. NBA2017-2018
  3. 先に生まれただけの僕
  4. ヒグマ
  5. 民衆の敵
下剋上受験
  1. 4号警備
  2. フランケンシュタインの恋
  3. Bリーグチャンピオンシップ2016-17
  4. バレンタイン
  5. 嫌われる勇気
  6. 人生は楽しい!
  7. 流星群
  8. コウノドリ2
  9. 宣言

多くの人に読まれている情報

  1. MUSIC
  2. フランケンシュタインの恋
  3. 釣り
  4. 黒革の手帖
  5. 家売るオンナ
  6. 東京都知事選
  7. 黒革の手帖
  8. お母さん、娘やめていいですか?
PAGE TOP