おんな城主直虎

おんな城主直虎の最終話「石を継ぐ者」のあらすじ(ネタバレ)!

「おんな城主直虎」の最終話「石を継ぐ者」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。

スポンサーリンク

「おんな城主直虎」は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。今、31日間月額料金無料キャンペーンをしています。

⇒ U-NEXT

「おんな城主直虎」最終話のあらすじ

ここから先はネタバレが含まれます。今までのストーリーは、次をクリックしてください。⇒ストーリーまでジャンプ!

 

最終話「石を継ぐ者」

本能寺の変によって信長(市川海老蔵)は討ち取られ、直虎(柴咲コウ)の手助けによって家康(阿部サダヲ)は無事、三河へと戻りました。そこに、羽柴秀吉より、京都に光秀討伐の兵を出せという要請にこたえて京都に向かうことになりました。

龍雲丸とともに船にいた直虎のところに、光秀が京都を追い出されたという知らせがきて井伊に帰ることを龍雲丸に告げました。すると、龍雲丸はこれから南蛮へ渡る船に乗るけどいっしょに行かないかと言われました。直虎は、餞別を渡して「道中気をつけて」と言って、船を後にしました。

 

家康が兵を率いて尾張につくと、光秀はうちとられたので帰ってよいといわれました。そこで、武田が治めていた甲斐、信濃に侵攻するという約束を取りつけました。

光秀が討たれたという知らせは万千代のところにも氏真から届きました。於大の方は、万千代を連れて直虎のところにきて、光秀の子の自然を差し出せといいました。直虎が渡せないと拒否してると、織田の兵があらわれました。要件は同じ自然を渡せということでした。於大の方はすぐに隠れました。直虎は、この子は織田信長の子供だと嘘をつきました。そして、和尚に頼んで、信長からもらった茶碗を見せて、子供を預けたという手紙も見せました。それを見た織田のものたちは帰っていきました。直虎は、於大のかたに向かって、家康には害が及ばぬようにすると約束しました。於大の方も信長の忘れ形見をよろしくといって帰っていきました。

しばらくして、自然の得度式が行われて坊主となりました。そのころから、直虎は咳が止まりませんでした。

あやめがたずね来てさくらの夫を家康に使えさせてくれといいに来ました。そこで、高瀬や新野のもの達を万千代に引き取ってもらうことにしたいと和尚に言いました。

直虎がそのことを近藤のところに行って話そうとすると、近藤は高瀬を養女にして万千代と夫婦にさせて近藤と井伊の結びつきを強くしたいといいました。高瀬が直親の娘だということはばれていました。それを聞いた直虎は、井伊を閉じようと思うといって、家康に天下をとらせようと思ってるといいました。そして頭を下げると、そのまま倒れてしまいました。

寺に運び込まれた直虎は、和尚から風邪をこじらせたようじゃと聞きました。それを聞いた直虎は、いまさらながらもっと生きて家康の天下統一を果たしてこの目で見たいといいました。

 

その頃、北条も上野、甲斐、信濃に侵攻していて、家康は北条と戦うことになりました。家康は、戦が続いてる兵たちのために、万千代に笛を吹けといわれました。ただ、ふえをさがしましたが、見当たりませんでした。

直虎がねてると、小さいときの亀之丞と鶴が夢の中にでてきました。気がつくと、直虎も小さいときのおとわになっていました。そこに、小さいころの龍雲丸もやってきて、4人で井戸の中に向かいました。

翌朝、昊天(小松和重)が、井戸の横で座りながら息絶えてる直虎を発見しました。遠い海岸では、龍雲丸の使っていた水飲みが打ち上げられていました。

龍潭寺では、直虎の葬儀が行われました。

 

家康のもとへも直虎が亡くなったことが知らされて、万千代たちにその手紙を見せました。誰も何も言わず、下を向くだけでした。六左衛門が号泣しました。

家康は会議をひらいて、とりあえず北条と和睦をすると配下の武将につたえました。気が抜けた万千代は、榊原康政から気が入らなければ下がれといわれました。自分の部屋に向かおうとして玄関にいくと、和尚がやってきました。和尚は、亡くなった直虎のすぐそばにおいてあった笛を手渡して、政次から直虎に渡った白の碁石を、

「井伊の魂じゃ」

と言って渡しました。何じゃと思うと和尚が聞くと。

「井伊は井戸端の拾い碁が作った国。ゆえにか、殿はよそ者にあたたかったです。それに、民には、竜宮小僧のようにあれかしとし、泥にまみれることもいとわず、恐れず、戦わずして生きていける道を探る」

「殿は、小さな谷でそれをやった。そなたはそれを、この日ノ本を舞台にやるのじゃ。頼んだぞ」

そういうと、和尚は帰っていきました。万千代は、泣きながらその白い碁石を握り締めてあるきはじめました。再び家康の前に出て両手をつくと

「殿、方がた、井伊万千代。皆様に一生のお願いがございます。どうか私に、北条との和睦の使者をお任せくださいませ」

酒井忠次は、和睦に若造を出すと怒らせてしまうというと

「おそれながら、若造であるが故のよさもあるかと。徳川の下に入れば、たとえ敵でも若造でも、つぶれた家の子でも悪いようにはされぬ。それどころか、使者を任されるほど重きに扱ってもらえるかもしれぬ。何故というなら、目の前にそういう若者がいるからじゃ。そう思うていただけるのではないでしょうか」

家康は、ただの和睦ではないといいます。康政は、上野は北条に、甲斐と信濃は徳川のものにして、国衆たちにも火種が残らないようにしなければならないといいました。万千代は、

「できます!つぶれた家の前髪だから出来る和睦をごらんにみせます」

と言って両手を突きました。家康は万千代に任せました。

 

部屋に戻った万千代は、六左衛門や直之たちを集めて、和睦の話の前に甲斐と信濃の国衆たちから徳川に従うという証文をはじめにとってしまうと話しました。そこに方久がやってきて、直虎のすずりを持ってきました。

家康のところに、龍潭寺の和尚から手紙が届きました。

万千代たちは、徳川につくと現状を確約するという書状を書いて甲斐と信濃の国衆たちのところに回りました。それぞれが、マイナスの出自を根拠に大きく取り立ててくれてると話して、徳川に臣従するという書状をもらいました。

直虎はそれを持って、北条家家臣の小笠原康広のところに向い、それを見せて北条家との和睦を家康の言うとおりにまとめました。

そして、万千代は元服して井伊直政と名乗ることになりました。直親と政次の名前を合わせてもので、和尚から手紙でお願いされていたことでした。これより良い名前がないと思うという家康に、

「百尺竿頭進一歩。大死一番絶後再蘇」

(ひゃくしゃくかんとうに、いっぽをすすむ。だいしいちばん、ぜつごふたたびよみがえる)

と言って、

「なにごとも大死あってこその蘇えりにございましょう。このみにございましょう。新しき井伊はこの方々からはじまったと、井伊直政、この名と行いを通して伝えていく所存にございます」

と頭を下げました。

そして、康政は「此度の働きに命じて褒美を遣わす」といいました。すると、奥から、武将達が現れます。

「徳川家臣より松下、木俣、川手、織田方より参じた庵原、国衆より近藤、鈴木、菅沼、合わせて7家、さらに、武田より新たに臣従した赤備え組の者たち。これらを井伊直政に付し、侍大将としてとりたてることにする」

家康は、直虎が亡くなる前に家がつぶれることを憂れいていたといって、このことは井伊が引き受けるのにふさわしい役目ではないかといいました。直政は、

「恐悦至極に存じます」

と答えました。

和尚は、井戸の端で先祖達にほうこくしていました。高瀬は、川手のよめになり、直政は、井伊の赤鬼となりました。

武田の赤備え組とともに戦場に出た直政は、古参の武将達に、若造だから何も出来ないと笑われていました。それに怒った直政は、兜を取り替えて馬に乗り、

「本日これより、この陣中では、一番やりは大将が務める。続け!」

と大音声で呼ばわりました。そして、まさしく、先頭を駆け出して敵陣に突っ込んでいきました。

その後、井伊家は、260年続いた徳川幕府の屋台骨を支えることになりました。

(おわり)

「おんな城主直虎」は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。⇒ U-NEXT

他のNHK大河も含めて、最新のドラマや人気のドラマを一番多く見ることができます。

スポンサーリンク

 

「おんな城主直虎」の今までのストーリー

遠江の国の井伊谷で、城主の娘のおとわ、分家の嫡男亀之丞、筆頭家老の嫡男鶴丸は、年も同じくらいでとても仲良く暮らしていました。遊びも、勉学もいつも一緒の三人でした。その三人がいる井伊谷というのは、浜名湖のチョット北、今の静岡県と愛知県のちょうど間にあって、織田家と今川家の境目に位置していました。1000年以上も前からその地を井伊氏が納めていましたが、1500年ころ、強大にな今川家に攻め込まれて今川家の家臣として使えることになります。なので、井伊家にとってはかたきも同然なのが、井伊家でした。筆頭家老の小野家は、今川家の目付として井伊家を見張っていたために、周囲からは良く思われていませんでした。鶴丸の父親の小野政直は、亀之上の父親の直満の裏切りを今川家に密告します。直満は切腹させられ、亀之丞は信州の山の中に逃げ、おとわは出家をします。

ときは立ち、おとわが大人になると、亀之丞は信州から戻ってきて直親と名乗り今川家より帰参を許されますが、今川家の罠に引っ掛かって駿府に向かう途中に討たれてしまいます。さらに、戦が続いて井伊家には男の後継者がいなくなってしまいます。次郎法師と名乗っていたおとわは、直虎と名をあらためて井伊家を継ぐ決意をします。鶴丸は政次と名乗り、小野家を継いで家老となっています。政次は本心を隠して、周囲には悪者だと思われながらも井伊家を守ろうとしていました。直虎は、方久(ムロツヨシ)という商人を部下にして、井伊谷を豊かにしようと、綿をつくったり種子島をつくったりしようとしています。

そこに、直親の娘と名乗る少女、高瀬(髙橋ひかる)がやってきました。政次は武田の間者だと言いますが、少女が口ずさむ鼻歌を聞いて直親の娘だと確信した直虎は、姫として迎え入れます。綿の収穫から綿布が出来上がってきた事を聞いた直虎は、売るために、気賀という村にやってきました。中村与太夫(本田博太郎)という気賀を仕切ってる商人に綿布の卸先を聞いた後、スリに会って直虎はつかまってしまいます。政次と直之によって直虎は無事に帰ってきましたが、方久から材木を売ることを進言されて、その盗賊団を部下にすることを思いつきました。盗賊団の頭の龍雲丸(柳楽優弥)は直虎の言葉を受け入れて、材木を切る手伝いをすることになりました。

直虎たちは、龍雲丸を部下にしようとしますが、龍雲丸から断られてしまい、気賀に帰っていってしまいました。そこでは、部下たちとよろず請負屋をやり始めて町のために尽くしているようでした。

直虎は、龍雲丸たちが切った材木を売りさばくことができましたが、その材木が今川と敵対している徳川家康に行くことがわかり、氏真から申し開きに来いといわれてしまいます。直虎は龍雲丸たちの助けを得て、材木を取り返すことができました。取り返した材木は気賀に運び込まれました。そして、大沢氏の部下がやってきて、今川家の命令で城をつくれと命令しました。気賀の商人たち屋龍雲丸は反発して町を二分割して争い始めます。直虎のとりなしで商人たちは和解しましたが、龍雲丸は城をつくるのに反対で町から出て行こうとしました。

井伊に戻った直虎は、方久から気賀を治めては?と言われます。方久は、中村屋、大沢家、今川家の関口などを巻き込んで、舌先三寸で新しい城を手に入れました。方久は、堀川城の新しい城代になりました。

武田義信が自害をしたという連絡が駿府に入り、寿桂尼の働きで氏真の妹の鈴を取り戻すことができました。寿桂尼は、自分の命が少ないことから、自分がいなくなってもいいように、願える武将を面接で選んで粛清を始めます。直虎も、その対象になっていました。

直虎は、政次と話をして、井伊家を残すために今川家を寝返る事を決意しました。

今川氏真は、各地の国衆を集め武田との戦ぞなえを命じました。方久と政次も駿府に行ってましたが、方久だけが氏真に呼ばれて、井伊家を寝返るように言われます。具体的には、徳政令を方久が出すことをしろと言うことでした。徳政令を出せば、方久は、井伊家から借金をとるしか方法がなく、井伊家はつぶれてしまうことを意味していました。寝返りの条件は、井伊家がつぶれた後も、方久には今までと同じ土地を安堵すると言うことでした。

方久は、直虎や政次に隠していましたが、政次によってすべてがばれてしまいましたが、直虎はいちど井伊家をつぶそうと考えます。その後、徳川家によって同じ土地の領主となればいいと考えて、徳政令を出すことにしました。

百姓たちが、今川家目付の関口に、徳政令を出すなと直訴している所に直虎が行くと、政次から刀を首に突きつけられてしまいます。そのまま、関口の家来の所に連れて行って、徳政令を出すことを認めさせました。これにより、井伊家はつぶれてしまい、直虎以下、政次を除いて配下のものは隠れ里にしのびます。虎松は、徳川を頼って逃げ延びました。

武田信玄が北から、徳川家康が西から今川を目指して攻めてきました。家康に書状を送って、政次はすぐに城を明け渡す手はずになっていました。家康は、今川家目付の3人衆にも調略の手を伸ばしていました。その中のひとり、近藤康用(橋本じゅん)は、井伊の土地を奪おうとわなを仕掛けます。徳川の先導役を引き受け、自ら矢を射かけて政次が徳川に弓を引いた形にしてしまいました。政次の命はどうなるのでしょうか?

政次は、いったん川名に逃げ込みますが、このままだと直虎に災いが降りかかると思って、近藤の寝所に押し入ってつかまってしまいます。近藤は政次をはりつけの刑にしましたが、直虎が政次の真意を読み取り、政次二恨みの言葉を吐きながら、苦しまぬように心臓を一突きに突き刺しました。

直虎は、政次がなくなったことを認められずに苦しみます。その頃、気賀に今川方の武士たちが入ってきて方久を追い出しました。方久は徳川家康に助けを求めます。家康は助けようとしましたが、酒井忠次の策略によって、気賀の民や龍雲丸たちの頭の上に矢が降りかかってきました。

龍雲丸が直虎の手厚い看病で生き残ることができました。徳川家康は、酒井忠次たちの容赦ない戦いを目の前にして、今川氏真と和睦を結びました。これ以降は、徳川家の武将として生き延びることになりました。それに怒ったのは武田信玄でした。

武田信玄は、徳川と織田に向けて兵を出しました。徳川と織田から応援に来た佐久間信盛は、三方が原で散々にやれてしまい、なんとか本陣に逃げ込むことができました。一方の近藤も直虎の策略で百姓がどこかに行ってしまい、城を焼き捨てて隠し里に向かいました。

近藤や直虎たち、付近の百姓は、川名の隠し里に逃げ込みました。誰もいなくなったことに気づいた武田信玄は、怒り来るって付近の村の家を全部燃やしつくしました。南渓和尚(小林薫)は単身、武田信玄の懐に飛び込んで、近藤の首と引き換えに井伊の安堵を願い出ました。その旨を直虎に告げると、直虎は近藤と話し合って、喧嘩してるように見せかけるという作戦を取りました。その結果、百姓たちは井伊に戻ることが許されました。

そうこうしていると、武田信玄が血を吐いてなくなってしまいました。勢いをなくした武田軍は徳川軍に押し戻されて、井伊は再び徳川領になりました。龍雲丸とともに堺に行こうとしていた直虎は、井伊のことが気になって仕方がないことを龍雲丸に見透かされます。直虎は龍雲丸と別れて再び井伊の戻りました。

しばらくして、直親の十三回忌を行うことになって、松下家に言っていた虎松(菅田将暉)たちがやってきました。

虎松は立派な武士なっていました。松下家から小姓として出仕したいという願いを出して家康に聞き届けられます。虎松は、和尚に頼んで、築山殿に家康から井伊の名をもらって出仕したいと書状を出しました。困った家康は、虎松に決めさせることにしました。それは、松下の名で出仕すると小姓に、井伊の名で出仕すると草履番に、というものでした。虎松は、万千代という名前をもらって、井伊万千代として草履番で家康に仕えることに決めました。

直虎は、常慶とともに、家康のところに行き謝りますが、家康は、わざと井伊の名を名乗ることを許したと言いました。井伊と名乗れば、風当たりが強くなるので、それが成長の肥やしになると言いました。直虎と家康は話が会って盛り上がりました。松下源太郎も、親として、虎松のやりたいようにさせてやろうとしのを説得しました。その頃、武田勝頼が動き始めていました。

万千代たちの後継者として、以前家康の鷹狩りにあった鷹匠ノブ(六角精児)がやってきました。さえない男でしたが、実は、本多忠勝の身内のもので、以前家康に敵対した三河一向一揆衆の残党でした。なぜか、家康に許されて仕えていたんです。あるとき、家康が信長から材木の調達を命じられたと言うことを聞いて、井伊を利用することを考えて直虎たちに頼みます。しかし、井伊の領地はすでに近藤のものですので、直虎は直接家康に書状を書いて、近藤に命じるようにお願いしました。いったんは材木の件を万千代は任されますが、直虎の手紙でその件は白紙になりました。近藤の家来になった六左衛門も一生懸命、材木の切り出しを行いました。万千代は直虎が動いたことを知って怒り出しました。

家康から日の本一の留守居になれと命じられた万千代は武具の手入れをことさらしっかり行いました。長篠の戦いに大勝利した家康・織田軍はそのまま武田方の城に攻め入るために武具を持ってこさせます。しかし、万千代が手入れした武具の手柄は酒井忠次の小姓にとられてしまいました。

がっかりしてるところを本多正信に元気づけられた万千代は草履棚をパワーアップさせました。城に帰って来た家康は、寝所に万千代を呼び寄せて、武具の手入れをしたのは万千代だと判ってるといいました。表向きは色小姓として、万千代を小姓に家康は取りたてました。

小姓になった万千代は、家康の命令で岡崎城に行き信康と会って、見事に長篠の戦からの恩賞の話をまとめてきました。

万千代が初陣に出ましたが、家康の寝所の圭吾を命じられました。そこで、家康を狙う間者を捕まえることができ、家康の家臣団の末席に加わることができました。その間者は、息子の信康の配下のものだと判明して、家康からの罰が岡崎衆に降ります。

織田信長は、次第に大きくなっていく徳川家康に危惧を抱いて徳川信康を取り込もうとしますが失敗します。そこで、信康が武田と結んで謀反を起こそうとしてるので、信康の首を差し出せと家康圧力をかけてきました。

家康は、万千代たちに命じて信康をあちこちの城を移動させて、時間を稼いでいました。その間に、北条と結ぶことで武田への圧力をかけて織田信長に信康の助命をお願いする作戦でした。それを知らない瀬名は、武田と通じてるのは自分だという嘘の証拠を残して信康に会いに出かけました。それを知った家康は、瀬名を捕まえて首を切れとしか言えませんでした。一方で、万千代に命じて瀬名を安全なところに隠せと命じました。

万千代は瀬名にあって家康の作戦を伝えますが、上手くいく保証がないといって自らの命を信康のために差し出しました。

家康は瀬名の首を持って信長に会いに行きますが、信康を許すことはせず、信康は自刃してしまいました。

落ち込んでる家康に、万千代はこのことを教訓にして徳川が天下を取って戦のない世の中を作っていこうと進言しました。家康は悲しみの淵から立ち上がりました。

家康は岡崎城に行って、配下のもの達に心の中にある言葉を素直に出して、一致団結させました。そして、高天神城にせめていき、落とすことができました。その戦いで万千代は2万石に加増されて、直之、六左衛門を配下に加えました。1年後、武田勝頼が自刃して武田家は滅亡しました。家康はやっと駿河を手に入れることができました。その宴の席で、万千代は織田の首をとって天下をとろうといいました。

織田信長が甲斐からの帰り道、駿河に寄ることになりました。万千代は接待で大活躍しますが、じつは、これは徳川を亡き者にする信長の策略でした。明智光秀がその役目を仰せつかったのですが、今川氏真にばらして、いっしょに信長を討とうと計画を持ちかけられます。氏真は家康にもそのことを伝えると、万千代たちの助言もあって、光秀の案にのって配下のもの一同と安土城へ向かいました。

[sp-mieru]

[/sp-mieru]

「おんな城主直虎」49話以外のあらすじ

「おんな城主直虎」のキャスト

井伊家

  • 井伊直虎 柴咲コウ
  • 井伊万千代 菅田将暉、井伊直親(三浦春馬)の忘れ形見
  • しの  貫地谷しほり、奥山朝利の娘、虎松の母
  • 高瀬  朝倉あき、直親の娘
  • なつ  山口紗弥加、しのの妹
  • 小野万福 井之脇海、なつの息子
  • 瀬戸方久 ムロツヨシ、豪商
  • あやめ  光浦靖子、新野左馬之助の娘、方久の妻
  • 辰 山本佳祐、方久の家人
  • 梅 梅沢昌代、たけの姪

近藤家

  • 近藤康用(やすもち) 橋本じゅん
  • 中野直之 矢本悠馬、中野直由(筧利夫)の息子
  • 奥山六左衛門 田中美央、奥山朝利(でんでん)の息子

龍潭寺(菩提寺)

  • 南渓和尚 小林薫、住職
  • 傑山   市原隼人、武闘派の僧
  • 昊天   小松和重、頭脳派の僧

徳川家

  • 徳川家康 阿部サダヲ
  • 築山殿 菜々緒、佐名の娘、徳川家康の正室
  • 於大の方 栗原小巻、家康の生母
  • 徳川信康 平埜生成、家康の嫡男
  • 明智光秀 光石研
  • 酒井忠次 みのすけ
  • 榊原康政 尾美としのり
  • 本多忠勝 髙嶋政宏
  • 石川数正 中村織央
  • 本多正信(ノブ) 六角精児
  • 松下源太郎 古館寛治、松下家当主
  • 松下常慶 和田正人、源太郎の弟
  • 中野直久 冨田佳輔、源太郎の養子

その他

  • 織田信長 市川海老蔵
  • 今川氏真 尾上松也
  • 春 西原亜希、氏真の正室

以上、NHK大河「おんな城主直虎」の50話のあらすじや感想でした。

他にもあなたに見てもらいたい面白い韓国ドラマがあります。

スポンサーリンク



あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 未来を変える
  2. 待機児童問題
  3. ケツメイシ
  4. 人生の扉
  5. ジョジョ




疲れたときにおススメ

  1. 隣の家族は青く見える
  2. ナースのお仕事
  3. OURHOUSE
  4. あぶない刑事
  5. ラブリラン
  6. 最高の離婚
  7. 西郷どん
  8. ミスデビル
  9. ビーチボーイズ
  10. すべてがFになる

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 君を守りたい
  2. 善徳女王
  3. 月桂樹洋服店の紳士たち
  4. 太陽を抱く月
  5. じれったいロマンス
  6. 恋する泥棒
  7. 彼女はキレイだった
  8. シンデレラと4人の騎士
  9. モンスター
  10. 応答せよ1997
スポンサーリンク

最新情報

  1. 娼年
  2. 曇天に笑う
  3. ランペイジ
  4. 人生の時間
  5. 未来を変える
  1. 花のち晴れ
  2. 釣りバカ日誌2
  3. フランケンシュタインの恋
  4. 脳にスマホが埋められた!
  5. サクラ
  6. きみが心に棲みついた
  7. 視覚探偵日暮旅人
  8. 青い海の伝説
  9. 空港に行く道

多くの人に読まれている情報

  1. おっさんずラブ
  2. oil
  3. あなたには帰る家がある
  4. デュエル~愛しき者たち~
  5. ハゲタカ
  6. エンジェルハート
  7. 健康で文化的な最低限度の生活
  8. セシルのもくろみ
  9. 重要参考人探偵
エステ・タイム
PAGE TOP