おんな城主直虎

おんな城主直虎の7話「検地がやってきた」のあらすじ(ネタバレ)と感想!

おんな城主直虎
LINEで送る
Pocket

「おんな城主直虎」の7話「検地がやってきた」のあらすじ、感想などをまとめます。次郎法師(柴咲コウ)との結婚をあきらめた直親(三浦春馬)は、奥山朝利(でんでん)の娘しの(貫地谷しほり)と夫婦になりました。


スポンサードリンク


7話以外のあらすじ

「おんな城主直虎」は、他のNHK大河も含めて有料ですがU-NEXTで見ることができます。⇒ U-NEXT

「おんな城主直虎」のキャスト

「おんな城主直虎」のキャストです。5話からは、柴咲コウさん、高橋一生さん、三浦春馬さんたちがメインになりました。

井伊家

  • 井伊直虎(次郎法師) 柴咲コウ
  • 井伊直平 前田吟、直虎の曽祖父
  • 井伊直盛 杉本哲太、直虎の父
  • 千賀   財前直美、直虎の母
  • 新野左馬之助 刈谷俊介、千賀の兄で今川家の家臣で目付として移り住む
  • 井伊直親 三浦春馬、直満の息子、直虎のまたいとこでいいなずけ

井伊家家臣

  • 小野但馬守政次 高橋一生、政直の息子
  • 小野玄播 井上芳雄、政次の弟
  • 中野直由 筧利夫、重臣
  • 奥山朝利 でんでん、重臣
  • しの   貫地谷しほり、奥山朝利の娘

龍潭寺(菩提寺)

  • 南渓和尚 小林薫、住職
  • 傑山   市原隼人、武闘派の僧
  • 昊天   小松和重、頭脳派の僧

今川家

  • 寿桂尼  朝丘ルリ子、今川家を大きくした人物
  • 今川義元 春風亭将太、井伊家の主人
  • 今川氏真 尾上松也、義元の息子
  • 佐名   花總まり、井伊直平の娘、今川家の家臣・関口氏に人質として嫁ぐ
  • 築山殿  菜々緒、佐名の娘、後の徳川家康の妻
  • 竹千代  阿部サダヲ、後の徳川家康
  • 太原雪斎 佐野史郎
  • 岩松   木村祐一、今川検地奉行

その他

  • あばら家の男 ムロツヨシ、後の瀬戸方久、豪商となって井伊家の財政に影響を与えます。

「おんな城主直虎」の今までのストーリー

遠江の国の井伊谷で、城主の娘のおとわ、分家の嫡男亀之丞、筆頭家老の嫡男鶴丸は、年も同じくらいでとても仲良く暮らしていました。遊びも、勉学もいつも一緒の三人でした。その三人がいる井伊谷というのは、浜名湖のチョット北、今の静岡県と愛知県のちょうど間にあって、織田家と今川家の境目に位置していました。1000年以上も前からその地を井伊氏が納めていましたが、1500年ころ、強大に菜てきた今川家に攻め込まれて今川家の家臣として使えることになります。なので、おとわと亀之丞の親の井伊直盛、直満などの井伊一族の心の中には、今川家に対する怒りがありました。そこに、筆頭家老の小野伊豆守の策略で、おとわと今川家の婚儀の話が持ち上がります。しかし、分家の今川直満としては、井伊氏自体が今川家に組み込まれてしまうと恐れて、自分の子供の亀之丞をおとわの婚儀させるように強引に決めてしまいます。そして、積年の恨みから今川家の北方にいて敵対している北条氏とつながろうと策略を立てますが、小野伊豆守が見破って証拠を押さえて直接今川義元にチクりました。

その結果、井伊直満は今川義元に呼びつけられて、井伊直満はとらえられ、謀反の疑いがあるとされて処分されてしまいました。嫡男である亀之丞にも、追手がせまってきます。おとわの機転で、おとわがおとりになって、亀之丞は無事信州まで逃がすことができました。一方、小野和泉守の策略で、今川家から、小野和泉守を目付にする事と、おとわと鶴丸の婚儀を命令されます。亀之丞を待つと決意したおとわは、出家することを決意して、今川家に本領安堵と引き換えに出家をしました。

おとわが次郎法師となって出家して9年後、武田信玄が南信州に侵入してきたことから、亀之丞が井伊谷に帰ってきました。亀之丞は次郎法師と結婚する気満々でしたが、次郎法師は、出家したまま亀之丞を助けて井伊家を守っていきたいと言いだしました。亀之丞は、元服して井伊肥後守直親と名を改めました。直親は次郎法師を亡くなったことにして結婚しようとしましたが、次郎法師は南渓和尚からさずかった知恵で、今までどおり次郎法師として生きることを決めました。そして、奥山朝利(でんでん)の娘しの(貫地谷しほり)と夫婦になりました。さて、小野但馬守政次と次郎法師はどうなるのでしょうか。

「おんな城主直虎」7話のあらすじ

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

7話「検地がやってきた」

新野左馬之助(刈谷俊介)と小野但馬守政次が駿府に赴き、直親の帰参と家督相続を願い出ます。「井伊の娘と添わせるのか?」と問われると、政次が奥山の娘と添わせると言って、帰参と家督相続が認められました。しかし、その代り、検地をしろと命令されました。井伊にその命令を持って帰ると、直平(前田吟)は怒って出て行ってしまいました。直平の領地には、隠し里があるので見地に反対していると、直盛(杉本哲太)から直親が聞きました。つまり、脱税という事です。直親は、直平の隠し里に行くことを決めました。

検地とは、田畑がどのくらいあるのか調べることです。龍潭寺も、「差出(さしだし)」、つまり、檀家の人数、田畑の面積が書かれたものを差し出すことになります。

直親は、直平と共に隠し里に着きました。直平は、「ごまかしてるのではなくて、もしもの時に、井伊の民が隠れ住むところだ。最後の砦なのじゃ」と直親に説明します。戻った直親は、「隠し通す」と直盛に提案しました。直親は、次郎法師に会いに行って、検地にやってくる役人の好きなモノ、弱点、素性などを調べてくれと頼みます。言ってみれば、賄賂でごまかすということの様です。さらに、直親は、直平の所に行って隠し里を隠し始めました。

夜、直親は直平の川名の「差出」を持って、政次の所に行きました。川名の「差出」は、2種離ありました。通常のものと、隠し里のものです。そして、「もし、鶴が隠したくなければ両方出してくれ。もし、ひとはだ脱ぐ気持ちがあれば、隠し里のものは捨ててくれ。おれは鶴が決めたほうに従う」と言って、帰りました。弟の小野玄播(井上芳雄)は感激しますが、政次は、怒りながら「先回りしよって。最後は、俺に決めよと言い放ち追った。なぜかわからぬが、無性に腹が立つのだ」と叫びました。玄播は、「直親さまは、兄上を信じておられてるのだと思います。最後は、井伊のためを想ってくれると。でなければ、かようなことなさらんでしょう。竹馬の友とは、良きものにございますな」となだめました。なにか、気が付いた雅靴でした。

翌日、政次はまとめた差出を持って直親に会いに行きました。「隠し里のぶんは破り捨て申した」というと、「但馬、恩に着る」と笑顔で感謝しました。

検地の日の朝、政次は次郎法師に会います。「俺の思った通りに進めば良いな」と言って行ってしまった政次に、一抹の不安がよぎりました。今川検地奉行の岩松(木村祐一)がやってきました。さっそく領地の田畑に行って、紐を使って図り始めます。その夜も、酒を飲まず、翌日、川名へ行く為早く寝ました。かなり、頑固で融通の利かない相手の様です。次郎法師は、不安になって政次に会いに行きました。「鶴、このとおりじゃ、こたびの検地、亀の味方をしてやってくれ。亀は、鶴のことを信じておる。その気持ちを裏切らないでほしいのじゃ」と、頭を下げました。「では、還俗して俺と夫婦になるか?おれは、あいつのせいで二度も今季を逃がしておる。なんの覚悟もないのなら、寺で経でもよんでおれ」と言って出て行ってしまいました。次郎法師は、一晩中、その場に座っていました。

翌朝、馬の響きが聞こえて、政次や直親たちが川名に行ったことが分かると、直親の家に急いでかけていきました。そこに、瀬名からの手紙を預かった和尚がやってきました。それを呼んだ次郎法師は、馬を借りて、直親たちを追いました。瀬名の手紙には、「岩松の好きなものは、数、算術、亡くなられた奥方様」と書かれていました。

川名についた岩松と直親たちは、検地を始めます。馬を下りた岩松は、隠し里に向かって一気に歩いていきました。隠し里につくと、「これは、井伊の里ではないのか」と言うと、直親は、「この里は井伊のものではない」と答えます。そして政次に問いただすと、「ここは、南朝の御子様が隠れてお住まいになった場所です。なので、井伊の領地であって、井伊の領地ではない」と岩松に答えました。岩松は、「心得申した」と言って歩いていきました。そこに、次郎法師がやってきました。その日は、岩松の亡くなった奥さんの命日でした。瀬名から聞いたと言って、経を読んであげるととても岩松に感謝されました。

井伊に戻ってくると、いつもの井戸の周りで政次は直親に隠し里の差出を渡しました。「怒っておるだろうな」というと、「いえ、信じているふりをされるのは、気分が良いのものではありませぬ」と言って政次は帰っていこうとしました。直親は、「井伊を守るのは、おとわの為だと思ってはもらえぬか」と後ろから声を掛けました。井伊のためにすべてを捨てたおとわのために、守ってくれぬかと言うと、「お前のそういうところが好かぬ」と笑って去っていきました。

直親が館に帰ると、ちょっと離れた村に移り住むことを告げられます。妻のしのが次郎法師と直親の間のことでジェラシーを感じているようで、次郎法師と距離をおかさせるようにきめたんです。

その後、小野玄播と奥山朝利の娘のなつ(山口紗弥加)の婚儀と、竹千代(阿部サダヲ)と瀬名の婚儀が行われました。

(⇒ 8話のあらすじ

「おんな城主直虎」7話の感想

おもしろかったですね。歴史がちょっとずつ動いていくのが分かります。

以上、NHK大河「おんな城主直虎」のキャストや7話のあらすじや感想でした。

他にも面白いドラマがあります。

⇒ リバース
⇒ 貴族探偵

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. Jリーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は? 2017Jリーグ順位
  2. ドラマ「今からあなたを脅迫します」のキャストや1話のあらすじと感想!ディーン・フジオカと武井咲のW主演! 今からあなたを脅迫します
  3. 「ユニバーサル広告社」のキャストや1話のあらすじ★和久井映見がヒロイン! ユニバーサル広告社
  4. 「さくらの親子丼」のキャストや1話のあらすじと感想。真矢ミキさんと吉本実憂さん! さくらの親子丼
  5. 『この声をきみに』のキャストやあらすじ!見どころは【人生を変えられるか?】 この声をきみに
  6. 「先に生まれただけの僕」のキャストと1話のあらすじと感想!櫻井翔が校長先生? 先に生まれただけの僕
  7. J2リーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は?松本山雅は? J2リーグ2017
  8. 『奥様は、取り扱い注意』のキャストや1話のあらすじと感想と視聴率!綾瀬はるかと西島秀俊が夫婦? 奥様は、取り扱い注意
  9. ドラマ『陸王』のキャストと1話のあらすじと原作。★モデル企業は「きねや足袋」 陸王
  10. ドラマ『ぼくは麻理のなか』のキャストと1話のあらすじ!池田エライザの中に吉沢亮が! ぼくは麻理のなか
スポンサーリンク

最新情報

  1. FIFAクラブワールドカップ2017
  2. 監獄のお姫さま
  3. 監獄のお姫さま
  4. 明日の約束
  5. NBA2017-2018
  1. おんな城主直虎
  2. お迎えデス。
  3. ウチの夫は仕事ができない
  4. IQ246~華麗なる事件簿~
  5. yoga
  6. 水族館
  7. 陸王
  8. 警視庁いきもの係

多くの人に読まれている情報

  1. おんな城主直虎
  2. 弁護士
  3. ジョジョ
  4. 宣言
  5. 2016夏ドラマ 一覧
  6. コウノドリ2
  7. Bリーグアーリーカップ2017
  8. 恋がヘタでも生きてます
PAGE TOP