救急車

熱中症で入院すると費用が5万円?入院期間が3日なら金額が!

7月になって猛暑日が増えると、熱中症で病院に搬送される人が増えてきます。熱中症で入院すると、費用が5万円を超えるとか、入院期間が3日になるとさらに金額が増えると言われています。そこで、熱中症で入院した時の費用と期間、熱中症の対処方法などを説明します。

▶▶中高年のためのプログラミング教室


熱中症で入院するときにかかる費用の詳細

一般的に、入院した時の費用は、

  • 入院基本料(室料、寝具利用料、看護費など)
  • 初診料、診察料、検査料
  • 手術料
  • 処置料、投薬料
  • 食事
  • 差額ベッド代

などが、必ずかかってきます。

結論として、熱中症になって搬送されて、2日間入院したとして、病院や症状によって変わってきますが、自己負担額の総額は、

5~8万円

になると思っていた方がいいです。緊急入院になりますので、通常より高いといわれています。以前、わたしが普通に入院したときの1週間分もこのくらいでした。

3日入院となると、

10万円以上

には、なると考えた方がいいんじゃないでしょうか。

さらに、脅すわけではありませんが、ひどい熱中症の場合、手術しなければいけない場合があります。体内にこもった熱などによって、臓器不全になってしまい、腎臓などがダメになってしまう方もいらっしゃるということです。その場合、手術して取り出さないと命にかかわってきます。そうなると、上の金額では収まりません。

生命保険の入院特約の見直しをしておいた方が・・・

ただ安心してもらいたいのは、保険に入られていて入院特約が付いている場合、お金は戻ってきます。全額なのか、決められた額なのかは、保険会社や契約条件によって断ります。実際に病院に支払った以上にお金が戻る時もあります。なので、まだ生命保険に入っていなかったり、入院した初日から支払われる入院特約を付けてない場合は見直しをしておいた方がいいかもしれません。コチラからオリックス生命の資料を請求できますのでご覧になってみてください。

【資料請求】オリックス生命資料請求サイト

ただ、実際に病院に支払う以外にも、お金が必要になります。

入院する時は、救急車で運ばれますので無料ですが、退院の時は、お迎えだったりタクシーだったりするわけです。家族もタクシーで来たり、入院に必要なものを買ったり、食事もいつも以上にかかることが多いです。入院して会社を休んでしまえばお給料も変わってくるかもしれません。他にも、意外に分からないうちに、結構出ていってしまうものです。

実際の入院費用は3割負担でも7~10万円!

では、入院すると、実際にいくらくらいかかっているのか、ネットから集めてみました。

3番目のツイッターでは、70,752円の請求になっています。

ただ、これらは、自分で歩けなくなったり、意識が無くなってしまった時などの重篤な場合の熱中症だと思います。くらくらする、寒気がするなどの、初期段階では、点滴などしてもらうだけだと5,000円はかかりません。

なので、お金がもったいないと言うのもありますがあなたの健康のためにも、ちょっと変だな?と感じたくらいで、早めに行くことをお勧めします。

スポンサーリンク

 

具体的な熱中症の症状は?

2018年の夏は今までにない猛暑が続きました。10年ぶりに40度を超えたという所が各地で頻発していて、残念ですが亡くなってるかたも出てしまいました。

2019年は、梅雨が明けた途端にいきなり各地で35度以上になってしまいました。地域によっては36度、37度と言った感じで体温をオーバーしてる気温が続いています。かなり注意する必要があります。

もちろん、お金の問題ではありません。命の危機、健康をがいすることが一番の問題ですが、ちょっとした気遣いで最悪の事態を回避することができます。

昨年の亡くなってる方の状況をTVなどでみてると、外にいた時間はわずか1時間30分という方もいました。その間に何度も水を飲んだり日陰に行って休んだりすれば・・・とつい考えてしまいます。特に、お子さん、高齢者には注意が必要です。私の80歳を超える母親も昨年入院しました。家の中にいたのですが、暑さを感じなかったようでエアコンもつけていませんでした。

幸い、3日ほど点滴をして元気に帰ってきましたが、そのまま家で寝ていたらどうなったかと想像すると、とても怖いです。

まずは、熱中症にならないことを考えておかないといけないですが、もしも、なってしまったら、おかしいなと感じたら早めにお医者さんへ行きましょう。たぶん良くなるだろうとか、もうちょっと・・・って我慢し続けていると、いつのまにか倒れてしまいます。その結果、入院ということになると、5万円は覚悟した方が良いと言うことになります。

熱中症の初期症状は、

  • めまい
  • 失神
  • 全身の倦怠感(だるさ)
  • 吐き気・嘔吐
  • 頭痛

などです。直射日光に長い間さらされたあとに、こんな症状が出て立っていられなくなったら、すぐに119番に電話をすることです。119番に電話することをちゅうちょしてはいけません。隣にいる人の時でもおなじです。目の焦点があわないな~と感じたくらいでもすぐに行動を起こすべきです。

年をとればとるだけ、「俺は大丈夫」って思いがちですが、少しでも早く行って治療してもらいましょう。

万が一、亡くなってしまったら、お金も何百万円もかかりますし、人に迷惑もかけてしまいます。一番いけないのは、あなたの家族とか、あなたを愛してる人に、悲しい思いをさせてしまいます。

たったの5000円やたったの半日をけちって、我慢した結果が、そうなってしまいます。

ただ、お子さんや高齢者は、体がどういう状態になってるか、じぶんではわからなかったり周りの人に上手く伝えられません。知らないうちに脱水症状になってることもあるようです。まわりにそういうかたがいらっしゃる場合は、今年は特に気を付けて見てもらいたいと思います。

私の母親の場合は、

  • 顔色がおかしかった
  • 会話がおかしくなった
  • 目がとろんとしていた

などです。話しかけてもいつものような感じでなかったので、熱を測ったら38度以上あったのですぐに連れて行ったんです。

そうならないためには、気をつけるとともに、事前の対策をしっかりしておくことです。毎年のことですが、暑さ対策グッズをしっかり用意しておきましょう。楽天市場ではいろいろなものが売ってますので参考にしてみてください。

毎年のことで、すでに売り切れが続出しています。おそらく2019年はいつも以上に早くなくなりそうです。特にエアコンは早い者勝ちの状況です。とりあえず楽天市場で買っておいて、お近くの販売店や電気工事会社に取り付けをお願いすれば少しは早く取り付けられると思います。

万が一熱中症になってしまった時の対処法

もしも熱中症になってしまったり、おかしいなと感じたときの対処法が、環境省から発表されていました。カンタンにまとめると、

  1. 重症の場合はすぐに救急車を呼ぶ
  2. 涼しい環境への避難
  3. 脱衣と冷却(首の付け根、わきの下、太ももの付け根など)
  4. 水分・塩分の補給
  5. 医療機関へ運ぶ

(出典:環境省熱中症予防サイト

重症の場合とは、呼びかけに応じない時です。環境省の熱中症予防サイトには、暑さ指数や暑さ対策、熱中症に関することがたくさん載っていますので参考にしてみてください。同サイトに、応急処置をどうすればいいのかわかりやすい図が載っていましたので転記させて頂きます。

熱中症の応急処置

(出典:環境省熱中症予防サイト

ぜひ参考にしてもらって危険な熱中症に対処してもらえたら嬉しいです。

以上、熱中症で入院したときの入院費用や熱中症の対策方法でした。他にも、熱中症に関する記事がありますので、ぜひご覧ください。

関連記事

夏になると熱中症になってしまって、救急車で搬送される人が増えてきました。そこで、熱中症の対策として、おすすめの食事や、水分の摂り方、熱中症対策のグッズなどを集めてみました。具合が悪くなる前に、しっかりした対策をとってみることをお勧め[…]

IMG

40代からの健康について

40代になると、どこかしら痛くなったり、わるくなったりします。「若いころにはこんなはずではなかった」と思ったりもしてるはずです。

それは誰もが同じことで仕方がないのですが、すこしでも体に良いことをすることが、若さにとってとてもたいせつなことです。

そこで、健康に関するよく読まれてる記事をまとめました。

気になったタイトルをクリックしてください。