腰みがき

認知症は老人ホームに入所拒否?専用の老人ホームの探し方と費用!

声優で認知症の大山のぶ代さんが、老人ホームに入所されました。

夫の砂川啓介さんの尿管がん、老老介護、認知症と、いろいろ重なってしまったのが理由です。

認知症の人の老人ホームへの入所拒否という話や、認知症の人のための老人ホームの費用、探し方を調べてみました。

▶▶中高年のためのプログラミング教室


認知症と老人ホーム

老人ホームと言っても、いろいろ種類があります。

初めから認知症がダメな施設とか、認知症専門の施設もあります。

まず、老人ホームを分類してみます。

民間運営

◎ 有料老人ホーム

  • 介護付き有料老人ホーム
  • 住宅型有料老人ホーム
  • 健康型有料老人ホーム

一番上から重度、中度、軽度の順番で、認知症OKの所は、一番上の介護付き有料老人ホームに多いです。

費用は、3件とも高いです。

健康型有料老人ホームは、文字通り、健康な方のための老人ホームと言ってもイイかもしれません。

◎ 高齢者住宅

  • サービス付き高齢者住宅
  • 高齢者専用賃貸住宅
  • シニア向け分譲マンション

上の3つは、自立している方向けです。認知症の人はムリです。

自由度が高いのがメリットで、行ってみれば、介護付きのホテルと言ったものです。

グループホーム

グループホームは、認知症の方のためのものです。

認知症の高齢者が、数人で共同生活を送るもので、介護、訓練、レクレーションなどが受けれます。

ただ、状態が悪化すると、退去しなくてはいけません。

医療処置ができる所と、無理なところがあります。

費用は、やはり高いです。

公的施設

◎ 介護保険施設

  • 特別養護老人ホーム
  • 介護老人保健施設
  • 介護療養型医療施設

上から、重度、中度、軽度の順番になってる感じです。

認知症はOKという所が多いです。

公的施設の為、費用は安いですが、その分待機されている方が多いです。

◎ 福祉施設

  • ケアハウス
  • 養護老人ホーム

食事や洗濯などの介護サービスが受けられる施設。

低所得者の費用負担が比較的軽い施設。

認知症がOKというところもあります。

やはり、待機している人が多いので入りにくいです。

 

以上が、大まかに分けた老人ホームです。

認知症の受け入れが基本的にOKなのが、

  • 介護付き有料老人ホーム(民間)
  • グループホーム(民間)
  • 特別養護老人ホーム(公的)

になってくると思います。

認知症と入所拒否

認知症の入所拒否には、入所する側と入所される側があります。

まずは、入所される側の入所拒否から。

入所される側の入所拒否

一定の基準があって、医療行為ができないとか、食事の世話ができないとか、いろいろな基準があって、それを満たしていないと入所できません。

医療施設や医療行為をしていない老人ホームでは、点滴や、注射などもできませんから、たとえば、毎日糖尿病の注射をしなければいけない人は、入ることはできません。

そういう方は、医療施設のある老人ホームを探していく必要があります。

ただ、多くの方が、そういう老人ホームんの方が安心なので、そちらに殺到するので、中々空きが見つかりません。

入所する側の入所拒否

本人が行きたがらないということです。

ただ、それも困ってしまう場合が多いので、いろいろ考えることになります。

その時に、一番大事に考えることは、あなたの人生です。

なんといっても、あなたが幸せで、健康でなければ、周りの人も幸せでなくなってしまいます。

ウソをついてでも、あなたにとって、入れられる人にとってもしあわせな選択をしてあげてください。

老人ホームの費用、探し方

老人ホームの費用は、

  • 公的機関   大体20万円弱(月)
  • 民間     大体15万円~40万円(月)

この費用は、月額で、食費、水光熱費などの1ヵ月に実際にかかる費用です。

さらに、敷金、礼金などが施設によってかかってくるところがありますから、よく調べてみることが大事です。

では、どうやって調べるのかというと、やはり、ネットで

「老人ホーム お住まいの地域 認知症」

などで調べてみてください。

スポンサーリンク

まとめます。

認知症のかたの老老介護は、きびしいです。

老老介護でなくとも、家庭の中に一人の認知症の人がいるだけで、生活がくるってきます。

その人の行動にあわさなくてはならない、というか、その人が中心になってしまいます。

 

そうなると、家族の事は後回しになってしまったり、自分の生活、人生は振り回されてしまいます。

ニュースでは、老老介護の末に、無理心中ということも報道されています。

 

ですから、今回の砂川啓介さんの判断はとてもよかったと思います。

二人とも倒れてしまったら、なんのためにここまで頑張ってきたのかわからなくなりますから。

 

その為にも、こういった老人ホームの情報は、あらかじめ理解しておいて、いざという時に焦ったり、間違った判断をしないように心がけたいです。

最近、お金で解決できることなら、解決してしまった方が良いと思うようになりました。

そのお金で、本人、周りの人、施設の人、関連する業者など、多くの人が幸せになれると思ったからです。

あとは、自分の気持ちだけです。

 

行く前はあれほど嫌がっていたのに、1ヵ月たったら、れしそうな顔をして暮らしていることもありましたから。

まずは、情報を集めることが大事です。

費用とか、手続きとか、空いていることとか。やれる事からやり始めていきましょう。

 

以上、認知症と老人ホーム、入所拒否についての記事でした。

40代からの健康について

40代になると、どこかしら痛くなったり、わるくなったりします。「若いころにはこんなはずではなかった」と思ったりもしてるはずです。

それは誰もが同じことで仕方がないのですが、すこしでも体に良いことをすることが、若さにとってとてもたいせつなことです。

そこで、健康に関するよく読まれてる記事をまとめました。

気になったタイトルをクリックしてください。