脳にスマホが埋められた!

『脳にスマホが埋められた!』の3話のあらすじと感想!ゲストは秋元才加!

脳にスマホが埋められた!
LINEで送る
Pocket

今夜のドラマあらすじは?
アシガール
先に生まれただけの僕
さくらの親子丼

ドラマ『脳にスマホが埋められた』の3話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。脳内スマホ人間になった圭太は、黒部社長の周りを探りますが、黒部社長はガラケーをつかってることがわかりました。黒部社長の恋人だと思った女性も、関係ありませんでした。さてどうなるのでしょうか?ゲストは秋元才加さんです!


スポンサードリンク


3話以外のあらすじ

ドラマ『脳にスマホが埋められた!』のキャスト

  • 折茂圭太 伊藤淳史、総務課社員
  • 愛花 髙嶋琴羽、圭太の娘
  • 石野柳子 新川優愛、契約パタンナー
  • 安田部々香 安藤なつ(メイプル超合金)、契約パタンナー
  • 小堀守 戸田昌宏、総務課課長
  • 竹ノ塚史郎 池田鉄洋、元総務課係長
  • 臼田定子 ぼくもとさきこ、総務課社員、竹ノ塚の恋人
  • 蟹江小夜 結城モエ、総務課社員
  • 栗山五月 篠田麻里子、総務課社員
  • 蜂谷薫 野村麻純、総務課社員
  • 楓 中川知香、受付
  • 栞 新田祐里子、受付
  • 黒部仁 岸谷五郎、社長
  • 藤木友里 西丸優子、社長秘書
  • 田西譲司 岡田龍太郎、圭太のシェアハウスの住人
  • 林家ペー、パー子

ドラマ『脳にスマホが埋められた』のストーリー

アパレル会社「エグザルトン」に勤める折茂圭太(伊藤淳史)は、ある日、小堀守課長(戸田昌宏)からリストラを宣告されてしまいます。ショックを受けた圭太は、夜にジョギングで気を紛らわせていると、流れ星が圭太に向かってやってきました。ぶつかる瞬間、圭太の意識が飛んでしまい、3日後の朝、気が付きました。慌てて会社に行こうとすると、すれ違う人たちのスマホの中身が見えてしまいました。

戸惑いながら会社に行くと、今まで親切に接してくれたと思ってた総務課の人達の本心がメッセージを見ることとで判ってしまいました。落ち込んだ圭太が屋上にいると、契約パタンナーの石野柳子(新川優愛)がやってきて、圭太は「スマホ人間」になってしまったと説明します。そして、圭太の失敗をあることないこと人事課にチクって、圭太をリストラ候補にした竹ノ塚史郎係長(池田鉄洋)を逆にやっつけようと手助けをしてくれます。

柳子の作戦通り、晶子はそろいましたが、まじめで優しい圭太は正直に竹ノ塚に話をします。自分が恥ずかしくなった竹ノ塚は、自ら会社を辞めてラーメン店を開くべく修行に出ました。sの日の夜、圭太のシェアハウスに柳子が引っ越してきました。柳子には、エグザルトンの黒部仁社長(岸谷五郎)に復讐したいと圭太に話しました。柳子は、大学時代に友達とブランドを作ったんですが、黒部社長につぶされて、デザインも盗まれたんです。そのために、圭太の脳内スマホを使って黒部社長の情報を集めるように指示しました。

圭太が探ってると、大阪時代の部下の美羽(相楽樹)が社長の愛人らしいとわかりますが、聞いてみると、逆に社長に恨みを持つ一人でした。家に帰る途中、圭太の脳内スマホが損傷しているというメッセージが出てきました。ピンチ!

 


スポンサーリンク

ドラマ『脳にスマホが埋められた!』3話のあらすじ

「脳にスマホが埋められた!」は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。U-NEXTはドラマ数が一番多いです。⇒ U-NEXT

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

 

ある日の夜、折茂圭太(伊藤淳史)は「バケモンGO」をやっていました。そこに、柳子(新川優愛)がやってきます。圭太は、脳内スマホを使いこなし始めていていろんなアプリを使っていました。柳子は、スマホを使うのはいいけど、ほかの人にばれるのはやめといてねと釘を刺しました。

家に帰ってくると、部々香(安藤なつ)がいて、早速、圭太がスマホ人間だということがばれてしまいました。口止め料は、本吉佳蓮(秋元才加)のサインでした。マラソンでメダル確実と言われてる選手で、エグザルトンの実業団チームに入っていました。所属は圭太と同じ総務課でした。いつもは海外でトレーニングしてるのですが、3週間後の大会に出るために帰国するので、そのときにサインをもらっていたいと言ってました。実は、部々香は高校のときに棒高跳びの選手で、佳蓮のファンでした。ちなみに、圭太は「土手の神」と呼ばれていたマラソン選手でした。

翌日、圭太が荷物を運んでると、女子トイレから

「もう、生きている意味ないな K、M」「いますぐしにたい K、M」

というメッセージが見えましたが、だれが打ってるのかはわかりませんでした。

総務課室に帰ってくると、課長から佳蓮が今日から出社することが決まったと告げられます。そこに、黒部社長(岸谷五郎)が佳蓮を連れてきました。黒部社長が帰ると、総務課の女性たちが佳蓮に近づこうとしましたが、人を寄せ付けない感じでした。それを見て、圭太は部々香に頼まれたサインのことは何も言えませんでした。部々香たちの部屋に行ってその話しをすると、翌日の一人で練習するときにサインをもらおうと言うことになりました。

翌日、練習場所に行くと、

「何のために走ってるんだろう K、M」

前日に見たメッセージと同じものが見えて、佳蓮が何かを悩んでることに圭太は気づきました。

佳蓮が走り出すと、圭太も一緒に走り出して話かけて「サインをほしい」と頼むと、最後までついてこれたらあげると言われました。圭太はスマホのマラソンアプリを起動させて追いかけますが、途中で力つき、倒れてしまいました。

家に帰って、柳子に佳蓮のメッセージの話をしました。選手として絶好調なのに?と柳子もふしぎがりました。

次の日、圭太は「つまらない、なにもかも K、M」とSNSに打ってる佳蓮に、ひそひそ声で、「右ひざの件で」と言って屋上に呼び出しました。

屋上に来ると、圭太は、一緒に走ったときに佳蓮のタイムと息の使い方から、変形性膝関節症じゃないかと佳蓮に話しました。高校のときに後輩が同じ病気になって、その走り方が似てると言うと、佳蓮は認めました。前回のレースの後に、誰にも言わずに病院にいってわかったと言います。医者にもすぐにレースをやめろと言われたようですが、マラソンは続けると佳蓮は言いました。

そのわけは、2年前にマラソンをやめた選手が、黒部社長によってすぐにエグザルトンからやめさせられたからでした。

「私もおんなじなんです。マラソンを取ったら何も残らないんです。会社にはぜったいに話さないでください」

と言って、下に降りて生きました。

その日の夜、会社から帰るときに、そのことを柳子に話しました。柳子は、

「また人の人生に首を突っ込んで。本吉選手が助けを求めてきたわけじゃないんですよね」

「でも、」

「しょうがないな。黒部の情報は後でいいです。折茂さんて、そういうスイッチが入ったら止まらない人だって、よーくわかったんで」

「すみません」

「ま、本吉選手には、同じ黒部の被害者として同情する部分もありますしね。でも、なんで、よりによってエグザルトンなんて選んじゃったんでしょうね」

「たしかに、何でだろう?」

次の日、部々香にそのわけを聞くと、部々香もわからず、佳蓮に関するファイルを10冊くらい貸してくれました。圭太が総務課室でそれを読んでると、佳蓮の壮行会の企画を考えるミーティングを午後一にすることになりました。圭太はひとつの記事を読んであることに気がついて、屋上にいる佳蓮に会いに行きました。圭太は、「本吉さんはマラソンだけじゃない」とみんなに教えてあげようと話しました。

圭太は、佳蓮を連れて、総務でやってる壮行会のミーティングに参加しました。圭太に促されて、佳蓮はランニングウェアのデザインを発表したいとおそるおそる言います。「経験はないけど、挑戦したい」と言うと、みんな乗り気になりますが、壮行会まで1週間しかないからだめじゃない?と誰かがいいました。圭太は、ほかの部署に回すと駄目だけど、総務課でやると間に合うと断言しました。圭太の一言で総務課がまとまって、佳蓮のウェアを作ることになりました。総務課全員で作戦会議を行い、パタンナーへの依頼や素材あつめ、縫製など、ウェアづくりが始まりました。

 

圭太が部屋を出ると、佳蓮がやってきて「さっきはありがとうございました」と話しました。

実は、屋上で、圭太が「本吉さんはマラソンだけじゃない」と言ったのにはわけがありました。部々香が貸してくれたインタビュー記事の中に、佳蓮が座ってる後ろにデザインが張ってあったり、いつもとてもおしゃれだったことに圭太は気が付いたんです。佳蓮は、元々デザインが好きで、将来はデザインをしたいと思ってでエグザルトンの実業団チームにしたのではと圭太は考えたんです。そのことを佳蓮にいうと、

「たしかに、服は好きです。デザイナーにも憧れはあります。でも、これはただの趣味で、才能なんてないと思います」

「試したんですか?マラソンと言う競技の中で、何度も限界と戦ってきたあなたが、自分の限界を決めていいんですか?」

そういわれて、佳蓮は目が覚めました。そして、圭太に向かって

「限界を決めるな。さすが神ですね」

と佳蓮はいいました。それを聞いて圭太はびっくりします。実は、圭太と同じ地元でTV中継も見ていたと話しました。そして、

「私もあきらめません。今の信じた道を走りきって見せます」

と圭太に宣言しました。そして、総務課で行われてたミーティングに行ったんです。

 

壮行会前日の夜、無事、ウェアが完成しました。

壮行会が始まって、社長の挨拶が終わると、余興で林家ペー・パー子さんが出てきました。すると、下で見ていた圭太とステージ上の林家ペーさんの左目が光って圭太の脳内スマホが反応しました。横にいた柳子に、流れ星が落ちたときに一緒にぺーさんがいたことを圭太が話しました。そして、壮行会は進んでいき、ウェアの紹介も行われました。黒部社長も「なかなかいいな」と小声で秘書に言って大好評でした。

ところが、最後に、佳蓮は次の大会で引退するといきなり宣言しました。びっくりした黒部社長は、「投資した金額を回収できないから引退を撤回させろ、せめて東京オリンピックまでは!」と秘書に言います。そして、自ら佳蓮に言おうと歩き出すと、圭太が出てきて止めました。

「待ってください。体のことは本吉選手が一番良くわかってるはずです」

「だれなんだ、お前は?」

「総務課の折茂と申します」

「彼女がどうしても引退を撤回しないと言うのなら、契約を打ち切るまでだ」

「それは、得策ではないと思います。生配信の反応をご覧になってみてください」

すると横にいた秘書が、

「先ほど発表した本吉選手のウェアが、ネットでものすごい反響が」

「なんだと?」

「トレンドワードでもトップで、ウェア購入の問い合わせが殺到しているようで」

「どうせ本人はデザインには何もかかわってないんだろ?」

「いえ、あちらは本当に、本吉選手がイチから作り上げたデザインです。マラソンだけじゃないんです。本吉選手の才能は」

黒部社長はちょっと考えると言って引き下がりました。

 

最後の大会の日、圭太たちはTVの前で応援していました。佳蓮は大会後も、イメージキャラクターとして会社に残って、新しく立ち上げるスポーツブランドのデザイナーになるということでした。

夕食後、圭太と柳子が、林家ペーさんのことを話していました。最近おかしな言動をしてるので、今度会いにいってみようという相談してると、TVに、「林家ぺーさん、行方不明」と言う緊急ニュースがテロップで流れてきました。それを見た柳子は、

「もしかして、消された?」

(⇒ 4話のあらすじ

ドラマ『脳にスマホが埋められた!』3話の感想

面白かったですね。今回のお話は、プロと呼ばれているスポーツ選手や、社会人のアマチュアとしてスポーツを頑張ってる人たちの大きな問題だと思います。最近でも、天才と呼ばれるサッカー選手の話題や、かなり活躍されたプロ野球の選手が50歳になって部屋を間借りしてその日暮らしをしているという話題や、犯罪に手を染めるっていう人もいると言うことを聞きます。とても素晴らしい方たちなのですが、紺ドラマの中で佳蓮が話していたように、「わたしにはマラソンをとったら何もない」という感じで、引退後は何もできなくなってしまってるのかもしれません。

ただ、以前に見たのですが、スポーツ選手だった方をコーチとして雇い入れて青少年の育成に力を入れている会社もあります。

⇒ リーフラス

中学校や小学校の部活のコーチとして派遣されて、忙しくてあまりスキルのない先生の代わりに指導するようです。例えば、ゴンさん、城さんなどの一流選手に学校の部活で教わったら、毎日が楽しくなりますよね。そんな形の会社も増えて行くと、プロのスポーツ選手の引退後の受け皿として、とてもいい方向に向かっていくと思います。

今回のお話の中でかんどうしたせりふがありました。圭太が佳蓮に言うセリフです。

「試したんですか?マラソンと言う競技の中で、何度も限界と戦ってきたあなたが、自分の限界を決めていいんですか?」

圭太の言うとおりに、まだ何も試していないうちから佳蓮は将来をあきらめていたと思います。もしも、圭太にこの言葉を言われなければ、未来は変わらずに現在のままだと思います。おそらく、次の大会で故障して引退して退社です。そして、アルバイトをしながら昔を懐かしく思い出すだけの生活になったはずです。そんな生活は嫌だと佳蓮は思っていたので、膝のことは誰にも言わなかったんです。つまり、嫌だと言いながら自分で未来を決めてしまっていたんです。

もっと言えば、自分で引退して退社するはずだと考えていたので、その通りになる予定でした。

ところが、圭太の「自分の限界を決めていいんですか?」の一言で、もしかしたら別な未来があるのではと考え始めたんです。その時の佳蓮の頭の中では、おそらくデザイナーとして活躍している自分のことを想像したはずです。その瞬間、自分で作った壁をこわして全く別な未来を手に入れる位事が出来たんです。

これって、ものすごいことだとわたしは感じました。わずか一言で未来は変えることができると思いました。想像することで未来を変えることが出来れば、お金もかかりませんし、一瞬で変えることができるので、わたしも試してみようと思います。

ただ、一人ではなかなか難しいのではないでしょうか。圭太のような人が周りにいればいいのですが、そう簡単には見つかりません。そのために、便利なことをお話しします。それは、

  • でも
  • どうせ
  • なんて

という言葉は使わないと言うことです。これらの言葉は、自分で自分を否定しています。何かを考えていて、この言葉が浮かんだら、別な言葉に言い換えてみてください。

「ちょっとまてよ」

です。「おれなんて、どうせなにもできない」と思ったら、「ちょっとまてよ・・・何かできることがあるんじゃないか?」と言い換えて、かんがえてみるんです。すると、今まで不可能だと思ったことが、徐々に崩れていくはずです。「でも」「どうせ」「なんて」という言葉が出てきたら、あまり真剣に考えすぎずに、謎解きのような感じで考えてみることをお勧めします。

このドラマは、かなりおもしろい設定ですし、伊藤淳史さんの演技がぴったりはまっていて、さらに、新川優愛さんがとんでもなく良いですのでこれからも楽しみです。メイプル超合金の安藤なつさんもいい味出しています。わたしの中では、今シーズンで一番おもしろいドラマです。

このドラマの企画をされた鈴木おさむさんは、本も出されています。

どれも面白いですし、1冊目は鈴木おさむさんの考え方もわかってとてもいいと思います。

以上、ドラマ『脳にスマホが埋められた!』の3話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。

他にも面白いドラマがあります。

今からあなたを脅迫します
監獄のお姫さま

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. ドラマ『陸王』のキャストと1話のあらすじと原作。★モデル企業は「きねや足袋」 陸王
  2. 『ブラックリベンジ』のキャストと1話のあらすじと感想★木村多江が復讐の鬼に! ブラックリベンジ
  3. ドラマ『アシガール』のキャストや1話のあらすじと感想!黒島結菜と健太郎が戦国時代に! アシガール
  4. 「ユニバーサル広告社」のキャストや1話のあらすじ★和久井映見がヒロイン! ユニバーサル広告社
  5. Jリーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は? 2017Jリーグ順位
  6. 「先に生まれただけの僕」のキャストと1話のあらすじと感想!櫻井翔が校長先生? 先に生まれただけの僕
  7. 「ドクターX 2017」のキャストや1話のあらすじと相関図。大地真央が新院長! ドクターX
  8. 『コウノドリ2』のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)。綾野剛と星野源が再び! コウノドリ2
  9. ドラマ『ぼくは麻理のなか』のキャストと1話のあらすじ!池田エライザの中に吉沢亮が! ぼくは麻理のなか
  10. ドラマ「今からあなたを脅迫します」のキャストや1話のあらすじと感想!ディーン・フジオカと武井咲のW主演! 今からあなたを脅迫します
スポンサーリンク

最新情報

  1. 先に生まれただけの僕
  2. 先に生まれただけの僕
  3. Bリーグ
  4. マラソン
  5. アシガール
逃げるは恥だが役に立つ
  1. コード・ブルー3
  2. 火星
  3. 炭火焼
  4. ごめん、愛してる
  5. お風呂
  6. 演歌歌手
  7. 旅行

多くの人に読まれている情報

  1. スミカスミレ
  2. デザイン
  3. 先に生まれただけの僕
  4. お風呂
  5. さくらの親子丼
  6. 小さな巨人
  7. 内臓脂肪の減らし方
  8. イケア
  9. 貴族探偵
PAGE TOP