お母さん、娘をやめていいですか?

お母さん、娘をやめていいですか?最終回のあらすじや感想!

お母さん、娘やめていいですか?

 記事更新情報サービスを始めました。良かったら購読してみ下さい。(もう一度クリックすると解除できます)

ドラマ「お母さん、娘をやめていいですか?」の最終回「人形の家」のあらすじや感想です。顕子は、ウソを言って新築の引き渡しに呼び出した美月を部屋の中に閉じ込めてしまいました。そして、美月は、「お母さん、娘をやめていいですか」と言うセリフを口にだしてしまいました。


スポンサーリンク


最終回以外のあらすじ

「お母さん、娘をやめていいですか?」は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。他の番組もかなり見ることができます。⇒ U-NEXT 

「お母さん、娘をやめていいですか?」のキャスト

「お母さん、娘をやめていいですか?」のキャストは、

  • 早瀬顕子 斉藤由貴、母
  • 早瀬美月 波瑠、娘
  • 早瀬浩司 寺脇康文、父
  • 川端玲子 大空眞弓、顕子の母
  • 松島太一 柳楽優弥、住宅メーカーの営業マン
  • 立原真紀 壇蜜、松島の先輩、元カノ
  • 後藤礼美 石井杏奈、美月の生徒
  • 牧村文恵 麻生祐未、顕子の友人

「お母さん、娘をやめていいですか?」の今までのストーリー

早瀬顕子(あきこ、斉藤由貴)と美月(波瑠)はとても仲の良い母娘でした。顕子は50歳で、友人の牧村文恵(麻生祐未)が経営する趣味の人形作り教室のアシスタントをしています。美月は私立女子高の英語教師で25歳。顕子と美月は母娘というよりは仲の良い親友という感じで、洋服や食べ物の趣味なんかは、びったり一致していました。父親の浩司はそんな中のいい二人の中に入っていけず、家庭の中の事はすべて顕子にまかせていました。窓際族になってしまったことも、顕子には言えませんでした。

ある日、早瀬家が新築することになります。そのハウスメーカーの担当の松島(柳楽優弥)は、人当たりも良くイケメンだったので、顕子が気に入って美月と交際するように勧めました。最初はイヤイヤながらデートに行った美月でしたが、写真の反射に写った顕子の姿をみて、とっさに松島を外に連れ出した美月でしたが、交際を断ってしまいます。顕子は、あきらめきれずに美月に内緒でデートをセッティングしますが、美月は怒って帰ろうとしたところ、松島の提案で3人でデートをしました。一方、学校では、美月のクラスが礼美のために授業が出来なくなってしまい、保護者に文句をさんざん言われてしまいます。顕子には何も言わずに松島に相談すると、そこにも顕子が隠れてきていることを美月は知ってしまいます。家に帰って顕子から、「松島さんとはやめたほうがいい」と言われて、自分が顕子の操り人形だったことを実感した美月でした。

ちょっとずつ離れていく美月に対して、不安と恐れを抱いた顕子は、新築の家に赤いペンキをまき散らせたり、美月の公開授業に顔を出したり、あからさまな尾行を始めていきます。顕子の母親の言葉を聞いた顕子は頭の中のなにかがキレて病院から一人で帰ってしまいました。行った先は、友達の牧村文恵(麻生祐未)の所でした。母の川端玲子(大空眞弓)の危篤の知らせで病院に行きます。そのお通夜の席で、玲子に対する恨みをさけぶ顕子がいました。

一方、美月は松島に対して恋心が芽生えてきて、一人暮らしを始めようと決意しますが、顕子の顔色が変わったのを見て撤回しました。そのあと、顕子は松島の所に行き、松島の胸にもたれかかって泣いてしまいます。思わず抱きしめた松島を、遠くから見ている同僚の立原真紀(壇蜜)がいました。

立原真紀は美月にそのことを伝えますが、美月が顕子に聞くと逆のことを話しました。怖くなった美月は家を出る決意をします。顕子が人形展で忙しい時に黙って家を出て、松島の家に転がり込みました。怒り狂った顕子はニセの放火電話をして新築の家で二人を待ち伏せします。「裏切ったから。卑怯でしょ」と迫る顕子に、「そう、わたし、裏切った」と面と向かって顕子に言う美月でした。

顕子は、松島の同僚の立原を上手く言いくるめて松島の住所を聞き出します。料理を作りに行ったり、掃除をしに行くと、「もう二度と来ないで」と美月に言われてしまいます。松島からも、来ないほうが良いと言われますが、学園祭に行ってしまい、美月のことを悪く行った礼美の母親にキレてケンカになってしまいます。学園祭から連れ出そうとして、礼美の母親は礼美ともみ合ってるうちに、階段から落ちてけがをしてしまいます。そのため、休職処分を受けてしまいますが、美月は松島の家から出て文恵の所に行きました。新築引き渡しの日、文恵の心配をよそに出かけていく美月でしたが、顕子は美月を部屋に閉じ込めて出ていかせないようにします。美月は、顕子の異常な愛情が分かって、「娘をやめていいですか」と顕子に聞きました。さて、このあとはどうなっていくのでしょうか。


スポンサーリンク

「お母さん、娘をやめていいですか?」最終回のあらすじ

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

 

最終回「人形の家」

「ママ、やめていい?あなたの娘をやめていいですか?」

美月(波瑠)がそういうと、目を見開いて何も言えない顕子(斉藤由貴)でした。そこに、松島(柳楽優弥)からLINEが入りました。

「だったら、ころして。みっちゃんの手で。みっちゃんにいらないっていわれるくらいならいなくなったほうがいい。おねがい」

と言って美月の手を自分の首に当てました。松島は何か異変を感じて浩司(寺脇康文)に連絡をして新居に向かいました。玄関の前についてふたりで窓ガラスを割って中に入りました。顕子は手を振り払って外へ逃げて行きました。残された3人はそれぞれ探しに行きました。道路の真ん中を歩いていて轢かれそうになった顕子を助けると、美月の胸で泣き叫びます。

「わかったよ。ママ」

肩を抱いて連れ帰った美月は、ベッドに顕子を寝かせた後、戻ってきてまた一緒に暮らすと浩司に話します。浩司は、「何言ってる?」と反対しますが、「もう、いいの。それでいい」とあきらめた表情でつぶやきました。

翌朝、浩司は割ったガラスの掃除をしている松島を訪ねます。美月が戻ることを告げると松島は怒りはじめます。

「無理にでも家から叩き出してくださいよ」

浩司は、顕子の友人の文恵(麻生祐未)の所にも行って同じ話をしますが、やはり怒りました。

「あーくやしい!ここまで来て、元の木阿弥って。人の家族に口出しって似合わないことをするんじゃないわね」

「はぁー、どうすればいいんだろう」

「今さら何言ってんのよ。浩司さん、覚悟決めたって言ってたんじゃないの?」

家では、顕子がいつものように野菜ジュースをつくって、何もなかったかのように笑顔で美月と会話をしていました。買い物にも一緒に行こうとうれしそうでした。そこに、松島からでんわがはいりました。

「話がしたい。今から会えない?迎えに行く」

「今日はムリです。母と食器を買いに行くので。それじゃ」

と言って、美月は切ってしまいました。美月は心の中で<これでいいんだ>と自分に言い聞かせました。美月は再び、顕子のお人形さんになってしまいました。美月と顕子が食器を見ていると、顕子に文恵から電話がかかってきました。

「美月ちゃんも白旗上げたってことね。母親と闘うのは一番しんどいもの。あなたクビよ。人形教室やめてもらいたいの。絶交よ。昔も一回したでしょ。さよなら」

と言って、きられてしまいました。その間に、松島がやってきました。

「ちょっと、美月さんをお借りしてもいいですか?すいません、ぼく、ホントは強引なんです。ぼくの母親の話全部うそです。ほんとは母親から何度も連絡が来ましたが、全て僕が無視したんです。今さら母に会いたいなんて思っていません。さみしいとも思ってません。全然。もう子供じゃないんで」

そう言われた顕子は頭が混乱して何を言ってるのかわからない感じでした。美月は松島を連れ出して「何言ってるの?」と問い詰めると、

「これからどうするの?そんなにママと離れるのが怖いの?」

「私がいないと、本当にしんじゃうかもしれない。そんな親、ほっとけないでしょ」

「ぼくとはどうしたいの?」

「えっ?」

「もう会いたくないなら、はっきりそう言ってよ。お母さんのそばにいるいかぎり、君は、自分の気持ちは後回しにするんだよ」

「お母さんを拒否したあなたの方が正しいの?ママを悲しませたくない私の方が間違ってるの?」

「どっちが正しいのかなんてわからないよ。ただ、僕は何ともなかったし、母だってきっと男と楽しく暮らしてるよ。そんなもんだよ。それでいいんだよ」

「私はそんな風に思えない。そんな簡単じゃない」

「じゃ確かめに行こう」

と言って、松島は美月の腕をとって歩き出しました。向かった先は、松島の母親が暮らしている場所でした。川で待ってると、配達から帰ってきた母親(増田恵子)が自転車で橋の上を通りかかりました。一目見てお互いに気が付いて、橋の上で話をしました。

「ゴメン、一度もちゃんと返事しなくて」

というと、松島に相手にされなくてよかったと言います。自分のやったことを思い知って、こんなんじゃいけないと逆に思って強く生きてこれたと話しました。そして、「なんとかやってるから、もう会いに来なくていい。あんたに甘えたくないから」と言われます。そして、「ありがとう、元気でね」と言って自転車をこいで行ってしまいました。

駅まで戻った松島は

「おれ、ホントは怖かったのかな?」

とつぶやきます。美月は松島の手を何も言わずに握り締めました。二人は無言で見つめあいました。

家に帰ってきた美月は、顕子には何も言えずに部屋に入りました。翌朝、まだ早いと言う顕子を「大丈夫」と言い残して、美月は学校に出勤しました。浩司は、動揺している顕子に「座ってくれ」と話をはじめました。

「突然だが、インドネシアに行こうと思ってる」

と、先輩から誘われた話をします。そして、一緒に行ってくれとあたまをさげました。

美月が学校に行くと、後藤礼美(石井杏奈)から母親と離れて暮らすことにしたと打ち明けられます。しかも、自分から言いだしたと言います。

「先生さ、もっと適当にやれば?母親の期待なんて、わたし裏切ったことしかないよ」

 

美月はウィンドウショッピングしながら、松島に電話をします。

「一人でぶらぶらかいものしてるだけ。でも、こういうの初めてかもしれない。何買っていいのかわからないけど」

「好きなもの買えよ。きみがほんとうにすきなもの」

と言われて、生まれて初めて自分のきもちを確かめながら並べてあるティーカップを手に取り始めました。

家に帰ると、顕子は浩司と別れると言いだします。新居で美月とおそろいのティーカップでお茶するのが夢だからと話します。美月は、

「わかった。じゃあ、一緒に引っ越そう。でも、そのティーカップはつかわない」

といって、自分で選んできたカップを取り出します。驚いてる顕子に、カーテンや照明も一緒に選んだものよりほかのほうが良いと言います。そして、今まで顕子が思っていた美月のイメージをすべて壊し始めました。たえられなくなった顕子は逃げて行こうとしますが。腕をとって、さらに言い続けました。

「私はママじゃない。ママは私じゃない。じぶんをごまかしてた」

と美月が叫ぶと、お互いを平手で殴ってつかみあいになります。床に座り込むと、

「ママね。ほんとはスムージー、そんなに好きじゃないの」

と言って、泣きながら笑い始めました。やっと、顕子の頭の中の呪縛が外れました。

 

浩司がインドネシアに行く日、署名された離婚届と、銀行の通帳を顕子の目の前に置きました。

「父親としても、夫としても、失格だったな。でも、おれはずっと、きみを必要としていた」

と言うと、美月と二人でタクシーに乗って行ってしまいました。残った顕子は人形を持って、文恵の所に行き、預かってもらいたいと話しました。

空港についた浩司は、送ってきてくれた美月に「これでお別れだな」と言って行こうとすると、遠くから走ってくる顕子に気が付きました。浩司の前まで来ると、一緒にインドネシアに連れて行ってくれと頼みました。

「わたしも、一から始めてみたい」

ありがとうと言い残して浩司は行きました。

美月と顕子は新居に行きます。

「大事に育ててきたのに、離れた方が喜ばれる。母親なんて、ばかばかしいものね。もう、やーめた。みっちゃんが娘をやめる前に、ママがママをやめるわ」

「ママ、ずるい」

と言って、二人で笑いあいました。

数日後、顕子は飛び立ちました。

 

(おわり)

「お母さん、娘をやめていいですか?」最終回の感想

おもしろかったですね。心理学的にかなり参考になる部分が多くて、とてもためになりました。顕子の場合、ある意味洗脳に近いものがあったと思いますが、それを解き放つためのヒントがかくされていました。それは、信じている考えやものの例外的なものを教えてあげることで、洗脳を解き放つことができるのではないかと思いました。思い込みを壊すっていうイメージですね。

例えば、良くある話ですが、今まで食べれなかったものが、あることがきっかけで好きになってしまったり、イメージが悪かった人の好い部分を見つけて好きになってしまった事と同じような感じではないかと思います。ただ、そのギャップは、かなり大きくないと、イメージを壊すまでにはいかないので、おおきなギャップが必要だと思います。

私自身も、納豆一切食べなかったのですが、ある時、餃子の皮に包まれて上げてあるものを食べて大好きになってしまったことがあります。

このドラマのように深刻なものは、ある程度覚悟を決めてやらないといけないですし、自分がそうなってて気づいていないときもあるので、良く考えていくことが必要な気がします。このテクニックの手軽な使い方としては、恋愛に関することだと思います。つまり、初めは悪いイメージを与えておいて、後からさりげなく良いイメージをだしていくことで、好きにさせることができるかもしれません。ツンデレ、ドSと同じですね。試すターゲットがいれば、やってみてください。どうなったかも、良ければ教えてください。

あと、もう一つ大事なことがありました。浩司がインドネシアに行き、顕子も後から追いかけて行って、美月だけ日本に残って家は売りに出されました。この部分を見ると、家族がバラバラになってしまったように思えます。ですが、本当の家族にはじめてなれたように感じます。最終回で、美月と顕子がお互いに殴りましたが、それまでは仮面家族になっていて、お互いに言いたいことも言えず、本音を隠してずっと生活していたと思います。殴り合うことで、おたがいの本音と本音がぶつかり合って、本当の家族になったのではないでしょうか。できれば、浩司もあの場所にいて本音をさらけ出せばもっといい家族になったと思います。ココで大事なのは、お互いのことを想いながら本音で向き合うと言うことだと思います。

もしも、好きな人に、あなたの心の中で遠慮している部分があれば、出してみたらどうでしょうか。あなたが出すことで、相手も出してくれます。そして、いやな気持になるかもしれませんが、その後には、本当の結びつきが待ってるのではないかと私は考えています。

以上、「お母さん、娘やめてもいいですか?」の最終回のあらすじや感想でした。


スポンサーリンク


 

LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

    • やめた
    • 2017年 3月 02日

    過干渉、神経質な親、私も母に娘辞めていいですか?と感情移入してみてました。親に依存して離れることができない。不安な気持ち、、両親を拒絶したい気持ち、私は両親を亡くして、心の傷だけ残って、いなくなりました。このテレビを見ながら、自分と、てらし合わさったり、母になって母の気持ちになったり、俯瞰的、現実的に見ました。少しでも気持ちの整理ができたらと思って結末がどのようになるのか不思議な気持ちで見ます。

    • 米山 慎吾
      • 米山 慎吾
      • 2017年 3月 03日

      コメントありがとうございます。

    • 阪井彦文
    • 2017年 4月 26日

    見ていないドラマでしたが、わかりやすく見た気分になれました。感想のところに好きな人に心の中で遠慮している部分があれば、出してみたらとありましたが、昔の自分に言いたい。本当にそう思います
    私自身は母でなく祖母に同じように依存されて 未だに母親と意思疎通が難しいです。祖母が亡くなった今でも呪縛は続くのです
    何か共感できる作品でした。私は子供に同じことをしないように産むことは諦めましたけどね

    • 米山 慎吾
      • 米山 慎吾
      • 2017年 4月 26日

      コメントありがとうございます。
      呪縛があると気づかれたときに、少しずつ前進されていると思います。
      ありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. ドラマ「anone(あのね)」のキャストや1話のあらすじと相関図。広瀬すずと田中裕子が! anone
  2. プレミアムスリムビオは痩せない?効果的な飲み方と最安値で通販で買うには? プレミアムスリムビオ
  3. 「トドメの接吻(キス)」のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)と相関図。山崎賢人x門脇麦x菅田将暉 トドメの接吻(キス)
  4. バレンタイン2018のおすすめのチョコはアンリ・ルルー!通販で人気の16ブランドを厳選。 valentines-day
  5. ぜいたくレッドスムージーの口コミ!道端アンジェリカを目指す飲み方とは? ぜいたくレッドスムージー
  6. ドラマ「リピート~運命を変える10か月~」のキャストと1話のあらすじと相関図。主演は貫地谷しほり リピート~運命を変える10か月~
  7. HuluやFODを無料で映画やドラマを見る方法。安室奈美恵さんの動画やチケットも! 映画
  8. コストコの店舗の一覧と予定は?時給の高さと出店計画の土地条件が凄い
  9. NBAオールスター2018出場選手と日程と放送予定。無料で見るには? NBAオールスターゲーム2018
スポンサーリンク

最新情報

  1. ドラマ「海月姫」
  2. ドラマ「海月姫」
  3. 本屋大賞
隣の家族は青く見える
  1. ドクターX
  2. 99.9-刑事専門弁護士シーズン2
  3. 開業届
  4. 愛してたって、秘密はある
  5. あなたのことはそれほど
  6. お菓子
  7. リピート~運命を変える10か月~
  8. もみ消して冬
  9. 陸王

多くの人に読まれている情報

  1. 4号警備
  2. カルテット
  3. ツバキ文具店
  4. 脳にスマホが埋められた!
  5. デザイン
  6. 2016天皇杯全日本サッカー
  7. 就活家族
  8. FINAL CUT
  9. 山の日
  10. 40代のファッション
PAGE TOP