奥様は、取り扱い注意

『奥様は、取り扱い注意』のキャストや1話のあらすじと感想と視聴率!綾瀬はるかと西島秀俊が夫婦?

奥様は、取り扱い注意
LINEで送る
Pocket

今夜のドラマあらすじは?
おんな城主直虎
陸王
今からあなたを脅迫します

10月4日(水)夜10時から始まる新ドラマ『奥様は、取り扱い注意』のキャストや1話のあらすじ、感想、相関図、スタッフなどを紹介します。綾瀬はるかさんが主演で、西島秀俊さんと新婚夫婦を演じられます。他にも個性的なキャストが登場します。


スポンサードリンク


『奥様は、取り扱い注意』のキャスト

『奥様は、取り扱い注意』は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。⇒U-NEXT

伊佐山菜美 綾瀬はるか

伊佐山菜美は、元特殊工作員の島田優子でした。そんな危険たっぷりの人生をやり直して、穏やかな幸せを手に入れたいと願ってました。ある任務のときに、偽装工作して日本に帰ってきて伊佐山菜美になりました。一流会社受付で働くことになりました。ある日、セレブが集まる合コンでIT企業の社長勇輝(西島秀俊)と出会って、一目ぼれをしてみごと新米主婦になり、望む人生を手に入れました。家事は超苦手ですが、お隣の主婦、優里と京子の3人で、近所の主婦たちの悩みを解決していきます。

綾瀬はるかさんは、1985年生まれの32歳の日本を代表する女優、歌手です。広島県出身。2000円ンのホリプロスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞されて芸能界にはいられました。2001年のドラマ「金田一少年の事件簿」で女優デビューされました。2004年のドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」でブレイクされました。レコード大賞、紅白歌合戦などの司会を務めたり、映画「海街diary」がカンヌに出品されるなど大活躍をされています。最近では、「わたしを離さないで」「精霊の守り人」映画「海賊とよばれた男」「本能寺ホテル」などに出られています。

伊佐山勇輝 西島秀俊

菜美の夫で、IT企業の経営者です。たまたま出た合コンで菜美に一目ぼれされて結婚しました。

西島秀俊さんは、1971年生まれの46歳の俳優です。横浜国立大学在学中に、俳優活動を開始されました。多くのドラマや映画に出演されていて、最近では「ダブルフェイス」「MOZU」「流星ワゴン」「無痛」「クライシス」「ブランケットキャッツ」などに出られています。2014年に結婚されて、「2014年ブレイク俳優ランキング」で2位にランクインされました。

大原優里 広末涼子

菜美の隣家の主婦です。一児の母親で、知識湖防府で行動力がある頼れる存在の主婦です。

広末涼子さんは、1980年生まれの37歳の女優です。夫は、キャンドルアーティストのCandle JUNEさんで、3人のお子さんがいます。1994年にクレアラシルのコンテストでグランプリをとられてCMデビューされました。その後、グリコ、P&G、ドコモ、明治製菓などのCMにでられてブレイクされました。1995年に「ハートにS」でドラマデビューされています。最近では、「ダメ父ちゃんヒーローになる」「貴族探偵」などに出られています。

大原啓輔 石黒賢

優里の夫で大学教授です。学生には人気がありますが、相手を思いやる気持ちに少し欠ける夫です。

石黒賢さんは、1966年生まれの51歳の俳優、タレント、児童文学翻訳家です。高校3年生のときに、父親のプロテニスプレイヤー石黒修さんの勧めでドラマ「青が散る」に出て芸能界にはいられました。NYでたまたま手にした絵本「Scary」の翻訳をきっかけに、イシグロケン名義で6冊の絵本を出されています。多くのドラマに出られていて、最近では、「クライシス」「アシガール」などに出られています。

大原啓吾 川口和空

優里と啓輔の子供です。

川口和空くんは、サンミュージック所属の子役で、エバラ食品の「プチッと鍋」、花王の「ビオレ」などのCMに出ています。

佐藤京子 本田翼

菜美の隣家の主婦です。高校時代の彼氏と結婚していて、人懐っこくて表情が豊かな主婦です。

本田翼さんは、1992年生まれの25歳の女優、モデルです。2006年にスカウトされて雑誌「SEVENTEEN」の専属モデルとしてデビューされました。2012年に「恋愛ニート」で初レギュラー、映画「FASHION STORY」で初主演をされました。最近では、「地味にスゴイ!」「スーパーサラリーマン左江内氏」「わにとかげぎす」などに出られています。

佐藤渉 中尾明慶

京子の夫で電気メーカーに勤めるサラリーマンです。押しに弱くてとても優しい性格の夫です。

中尾明慶(あきよし)さんは、1988年生まれの29歳の俳優です。奥さんは、仲里依紗さんです。小学校のときに、「オールスター感謝祭」を見たのが芸能界に入るきっかけだったそうです。ホリプロのスクールに通って、2000年にドラマ「ママまっしぐら」で子役デビューされました。「3年B組金八先生」「GOOD LUCK!!」「WATER BOYS2」などに出て、注目を浴びました。2016年には、長編小説「陽性」を出して小説家デビューされました。最近では、「ヤッさん」「忠臣蔵の恋」などに出られています。

佐藤良枝 銀粉蝶

渉の母親で渉と京子の家で同居中です。孫を早く欲しいと思っていますが、渉にはものすごく甘くて、京子には厳しく接しています。

銀粉蝶(ぎんぷんちょう)さんは、1952年生まれの65歳の女優、シンガーソングライターです。青山学院女子短期大学卒業後、劇団に入られます。1981年、夫の劇作家生田萬さんとと共に劇団を立ち上げて、最後のアングラ女優といわれました。最近では、「花燃ゆ」「遺産相続弁護士」やミステリードラマに数多く出られています。

 


スポンサーリンク

『奥様は、取り扱い注意』の見どころ

綾瀬はるかさん演じる伊佐山菜美は、わけありの人生をやり直し、穏やかな幸せを手に入れたいと願っていました。そんなある日、合コンで知り合った西島秀俊さん演じるIT企業社長のセレブ、伊佐山勇輝と結婚しました。

願いが叶った菜美は、閑静な高級住宅地に引っ越してきて暮らし始めますが、まわりにいる幸せそうな主婦たちにも、様々なトラブルがあることに気が付いていきます。

菜美は、じつは、見かけによらす料理も掃除も超苦手でしたが、正義感が超強くて、怒らせたら超凶暴な女性でした。そんな女性になってしまったのは、菜美の過去にありました。天涯孤独に育った菜美は、ちいさいころからスリルあふれる生活を送り、愛情も知らずにタフに生きて生きた女性でした。

そんな菜美が、隣に住む主婦たちとの友情や、温かく受け入れてくれる夫の勇輝の愛情で、本当の優しさと温かさを知っていきます。

見どころは、綾瀬はるかさんのアクションと天然の笑いのセンスです。愛と勇気のエールを、世の中で一生懸命生きてるすべての女性に贈る、笑って泣けるエンタメドラマです。

『奥様は、取り扱い注意』の相関図

相関図です。

「奥様は、取り扱い注意」相関図

『奥様は、取り扱い注意』の1話のあらすじ

『奥様は、取り扱い注意』は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。⇒U-NEXT

これから先はネタバレが含まれます。

 

島田優子(綾瀬はるか)は特殊工作員でした。

今回は、中国である人物と情報を中国の外に連れ出す仕事をしていました。ただ、優子は穏やかな生活、温かな家庭にあこがれていました。そこで、わざと手加減をして、相手を追ってこさせて、自ら橋から身を投げて亡くなったと見せかけました。そして、日本にひそかに帰ってきて、日本国籍をとり、片山菜美という名前と住所を手にして、普通にくらしはじめました。

菜美は、工作員のときに身につけた英語で一流会社の受付嬢になり、穏やかな生活を手に入れることができました。

ある日の合コンで、IT企業経営者の伊佐山勇輝(西島秀俊)と出会い、一目ぼれをしました。二人はすぐに外のテラスに出ておしゃべりを始めました。二人とも、両親はなく、境遇がにてるところからすぐに恋に落ちて、3ヵ月後、結婚しました。結婚式は行わず、菜美は会社を辞めて、閑静な高級住宅街に暮らしはじめました。

菜美は、穏やかな生活、温かな家庭を手に入れたかと思いましたが・・・半年後、菜美は、主婦業に飽きてしまいました。

 

ある日、お隣の優里(広末涼子)と京子(本田翼)がやってきて、いっしょに昼食をたべることになりました。ところが、菜美は料理が超ヘタで食べれるものではありませんでした。そこで、3人で料理教室に通うことになりました。

勇輝に許しを得て、料理教室に行くと、おなかを押さえてるひとりの主婦、水上知花(倉科カナ)のことが気になりました。教室が終わると、みんなでお茶をすることになって、知花もいっしょに行くことになりました。お茶を飲んでるときに、途中で知花がトイレに行きました。菜美は後からトイレに行って、「誰かに殴られてるの?旦那さん?」と直接聞きましたが、「殴られていません」と怒って出て行ってしまいました。

数日後、スーパーで会うと、知花はサングラスをしていました。菜美がサングラスをあげると、目の回りにあざができていました。

「私が助けてあげようか」

「余計な想像しないで」

と歩いていってしまいました。

菜美は知花のあとをつけていくと、豪邸に住んでいました。

 

その日の夜、勇輝が帰ってくると、菜美の様子がおかしいことに気がついて話を聞きました。菜美から知花がDVを受けているのを聞くと、知花が自分から認めるのは難しいといいます。勇輝は優里と京子に相談してみたら問いいました。

翌日、その二人に話すと、優里は、友達になって手を差し伸べてあげればいいといいます。そのためには、真心を伝えればいいといいました。そして、菜美は、知花に手紙を書いてポストに入れました。

知花が帰ってきて手紙を読むと、そこには、「まずは友達になりましょう。3日後に4人で昼食を食べましょう」とかかれていました。

3日後、菜美たちが昼食の用意をしてると、知花がやってきて仲良く食べました。しばらくすると、「そろそろ時間が」と言って、知花はかえって行きました。3人は笑顔で「またいつでも来てね」と言って送り出しました。菜美が「いつになったらはなしてくれるのかな」というと、優里は、「ほんとのともだちになったら、あせらないで」といいました。

その日の夜も、シャンプーのことで、知花は夫の水上喬史(近藤公園)からDVを受けました。

 

次の日、菜美が帰ってくると、家の前に知花がたっていました。声をかけると、知花が振り返りました。知花の目はあざがあって、右手は包帯で肩から吊られていました。

すぐに、両隣を呼んで菜美の家の中で知花の話を聞きました。

付き合い始めた頃から、「キミには僕がいないと駄目なんだ」といい始めて、束縛が始まったようです。そして、いつのまにか、この人がいないと生きていけないと思い込んでしまったと知花は話しました。高校卒業してすぐに結婚しましたが、3年してからDVが始まりまったということでした。

喬史はDVをしたあとに、必ずやさしくしてくれてたので、警察には行かずに我慢していたといいます。そして、昨晩も「君のためにしたことだから許してくれ」といいながら包帯を巻いてくれたということでした。

そして、上着を脱ぐと、体中にあざがありました。知花は、「助けてください」と3人にあたまをさげました。

その日の夜、知花の家で4人で喬史のことをまっていました。そこに、赤いバラをもって喬史がかえってきました。菜美たちは、DVをやめないと警察に通報すると穏やかに話をしましたが、喬史は笑いながら知花には虚言癖があるとウソをつきました。体中のあざは階段から落ちたものだし、人の同情をひこうとして嘘を言うといいました。そして、自分が忙しくて愛情を充分に与えてないからだと言い訳しました。

そして、知花に「そうだろ、知花」というと、知花は、

「ご迷惑をおかけしました。これからは気をつけますので許してください」

と3人にあたまをさげました。

3人は仕方なく帰ることにしました。帰り道、優里は、高校からずっと喬史といっしょにいるので、すぐには抜け出すことができないといいます。優里と京子はDVのことを勉強してみるといってかえっていきました。

 

翌朝、知花が家から出てくところに、菜美が現れて熊のぬいぐるみのプレゼントを渡しました。それからしばらくは平穏に過ぎていきました。勇輝の外食は増えていき、ベッドでは相変わらず反対方向を見て寝ていました。知花からも何も連絡がなく、何かが劇的に変わることはありませんでした。

そして、1ヵ月後のある夜、知花から電話が来ましたが、菜美はちょうどおなべがふきこぼれていて気づきませんでした。

知花の家では、喬史が帰ってくると、「別れてください」と知花が切り出しました。喬史が穏やかに反論しましたが知花は「別れてください」とおしとおしました。喬史は「そうか、わかったよ」と言って別の部屋に行きました。喬史は、涙を流してうずくまってる知花のところに戻ってくると、後ろ手に持った包丁を知花のおなかにつきたてました。

「しにたくないだろ。僕が助けてあげようか。だから言ったろ。君は僕がいないと生きていけないんだ。助けてほしかったら、ちゃんと言うんだ。助けてくださいって」

知花は、切れ切れな声で、

「助けて・・ください」

 

菜美の家では、料理を作っていた菜美が、知花から着信と留守番メッセージがあったことにやっと気がつきました。

「知花です。戦ってみます。また、電話します」

それを聞いた菜美は、急いで駆け出しました。菜美が知花の家に来ると、救急車が止まっていて、知花が運びだされるところでした。

 

10日後、知花の病室に菜美は行って話をききました。

「わたし、あのひとからにげられません。にげたら命が・・」

菜美が喬史をどうしたいのか聞くと、「喬史から離れられるだけで充分です」と知花がいいました。 菜美は

「わかった。私が何とかする。あ、みんなには内緒ね」

と言って、病室をでていきました。菜美は、

<主婦として問題を解決しようとしたらうまくいかなかった。だから、晩御飯の用意が終わったら、少しの間、主婦という役柄を捨てようと思う>

とかんがえました。

そして、喬史が帰ってくるところを待ち構えていて、話があるといって喬史の家にあがりました。そして、

「知花さんに暴力を振るってきたことを認めて離婚しませんか。知花さんを自由にしてあげて」

「ばかばかしい。何を言うかと思ったら。帰ってくれ」

「せっかく穏便に済まそうと思ったのに」

そういうと、菜美は、以前に知花に渡した熊のぬいぐるみを持ってきました。実は、HDD内臓の監視カメラが入っていたんです。喬史が知花を刺したところがばっちり映ってると喬史に言いました。すると

「おとなしくそれを渡したら、無事に家に戻してやる」

「安っぽいせりふ・・」

そういうと、菜美は立ち上がって窓際に行きました。喬史も歩いていって菜美の前に立ちますが、何もできずにコテンパンにのされてしまいました。

「動画をインターネットにさらされて、すべてを失いたくなかったら離婚しろ。わかったな。慰謝料として、知花さんにこの家を渡せ。3日以内にこの町から出て行け。そして、二度とこの指輪をしようと思うな。どこに行っても見張ってるから」

喬史の指輪を抜きながら、そういいました。

菜美は、喬史の家を出て、「気持ちよかった!」と満面の笑顔でとびはねました。

数日後、菜美と優里たちは、知花の家に行きました。菜美が「がんばってね、強くなってね」というと、知花は涙を流しながら抱きつきました。知花は引越しをしていきました。

 

その日の晩、勇輝が帰ってくると、玄関からずっとろうそくが部屋まで続いていました。おそるおそる勇輝が部屋に入ると、菜美がネグリジェを来て待っていました。

(⇒2話のあらすじ

『奥様は、取り扱い注意』の感想

おもしろかったですね。綾瀬はるかさんと西島秀俊さんの夫婦ってすごいにあっていました。綾瀬はるかさんのアクションもすごかったし、内容もすごく面白かったです。単純にDV夫を懲らしめるんじゃなくて、知花の意思をしっかり持たせることで解決することに意味があるんだと思いました。

もっと雑なコメディドラマだと、綾瀬はるかさんが乗り込んでいって、思いっきりぶちのめして終わりっていう感じなのにそうしなかったことがとても良かったと思います。

とは言え、できれば、知花が自分の力でDVを解決してもらいたかったですね。これだと、現在被害を受けてるひとも、「誰か助けてくれないかな~」の感じになってしまうのではないでしょうか。知花が自分で解決したかのように、影で菜美が動いてるような感じの方がすっきりしたような気がします。

そして、西島秀俊さんがあまりにもあやしすぎましたね。両親がいなくて、結婚式もやらないっていうのは、西島さんも特殊工作員だったという前振りかも知れません。アメリカの映画によくあるパターンですが、そのオチだけはやめてもらいたいですね。

これからどんどん面白くなっていくと思いますので、来週が楽しみです。

『奥様は、取り扱い注意』のスタッフ

スタッフは、

  • 原案・脚本 金城一紀
  • 演出 猪股隆一

原案・脚本の金城一紀さんは、1968年生まれの49歳の小説家、脚本家です。1998年「レヴォリューションNO.3」で小説現代新人賞を受賞されて、2000年には、「GO」で直木賞を受賞されました。「GO」は映画化もされました。他にもTVドラマや漫画、映画化されたものが多いです。最近では、ドラマ「CRISIS」の脚本を手掛けています。

演出の猪股隆一さんは、「悪夢ちゃん」「デスノート」「怪盗山猫」「家売るオンナ」「ボク、運命の人です」などを演出されてる方です。

各話のあらすじと視聴率

(関東ビデオリサーチ調べ)

以上、ドラマ『奥様は、取り扱い注意』のキャストや1話のあらすじ、相関図、スタッフなどの情報でした。

他にも面白いドラマがあります。

ドクターX 2017
ブラックリベンジ

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. 「先に生まれただけの僕」のキャストと1話のあらすじと感想!櫻井翔が校長先生? 先に生まれただけの僕
  2. 楽天テレビの申し込み方法と解約方法!話題の動画を見る方法と料金は?[Rakuten TV] 動画
  3. 『この声をきみに』のキャストやあらすじ!見どころは【人生を変えられるか?】 この声をきみに
  4. 日本レコード大賞2017を観覧するには?出演者とタイムテーブル! MUSIC
  5. 「刑事ゆがみ」のキャストと1話のあらすじと感想!浅野忠信と神木隆之介が! 刑事ゆがみ
  6. ドラマ『ぼくは麻理のなか』のキャストと1話のあらすじ!池田エライザの中に吉沢亮が! ぼくは麻理のなか
  7. 『コウノドリ2』のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)。綾野剛と星野源が再び! コウノドリ2
  8. 『ブラックリベンジ』のキャストと1話のあらすじと感想★木村多江が復讐の鬼に! ブラックリベンジ
  9. 「ユニバーサル広告社」のキャストや1話のあらすじ★和久井映見がヒロイン! ユニバーサル広告社
  10. 『監獄のお姫さま』のキャストと1話のあらすじと視聴率。小泉今日子が宮藤官九郎の脚本で! 監獄のお姫さま
スポンサーリンク

最新情報

  1. 今からあなたを脅迫します
  2. 陸王
  3. 陸王
  4. おんな城主直虎
  5. ACL(AFCチャンピオンズリーグ)
ウチの夫は仕事ができない
  1. oil
  2. 黒革の手帖
  3. 愛してたって、秘密はある
  4. 和太鼓
  5. バウムクーヘン
  6. トムヤムクン
  7. 逃げるは恥だが役に立つ
  8. 嫌われる勇気
  9. こて

多くの人に読まれている情報

  1. ドクターX
  2. 愛してたって、秘密はある
  3. 明日の約束
  4. 刑事ゆがみ
  5. 城
  6. コウノドリ2
  7. 火花
  8. わにとかげぎす
PAGE TOP