奥様は、取り扱い注意

『奥様は、取り扱い注意』の4話のあらすじ(ネタバレ)と感想!ゲストは佐野ひなこ

奥様は、取り扱い注意

 記事更新情報サービスを始めました。良かったら購読してみ下さい。(もう一度クリックすると解除できます)

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』の4話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介します。菜美(綾瀬はるか)と優里(広末涼子)、京子(本田翼)が参加してる読書会の主催者、町内の豪邸に住む主婦・美佐子(星野真里)の息子・悠斗が誘拐されました。菜美はどうするのでしょうか。ゲストは佐野ひなこさんです。


スポンサーリンク


『奥様は、取り扱い注意』の4話のあらすじ

『奥様は、取り扱い注意』は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。⇒U-NEXT

ここから先はネタバレがふくまれます。これまでのストーリーはこちら⇒ストーリーへ

 

4話「読書会」

菜美(綾瀬はるか)は、中学校のときには、地元でも有名な不良になっていました。ただ、やってることは、グループ出よいわ者いじめをしてるやつを懲らしめたり、痴漢をやっつけたりしていました。仲間はみんな孤児で、誰かに必要とされる存在になりたかっただけでした。

 

今の菜美は、優里(広末涼子)、京子(本田翼)にさそわれて、町内の豪邸に住む主婦・美佐子(星野真里)が開いている「読書会」に参加することになりました。感想を順番に話してると美佐子の息子・悠斗が帰ってきて、菜美の隣に座ってケーキを食べました。帰ろうとすると、悠斗の家庭教師の先生、真純(佐野ひなこ)が現れました。

その日の晩、悠斗のかわいらしさを夫の勇輝(西島秀俊)にはなして、そろそろ子どもが欲しいと言いかけますが、はぐらかされてしまいました。京子の家でも渉(中尾明慶)は煮え切らない返事をしていました。優里はの家では逆でした。夫の啓輔(石黒賢)は優里を家に縛り付けたいようで、二人目を作ろうかと言い出しました。優里は啓輔の気持ちを見透かして反対しました。

美佐子の家では、夜遅く、真っ暗の家の中で夫の光雄(古屋隆太)がひそひそ声で電話をしていました。

翌朝、悠斗が誘拐されてしまいました。

菜美たちが美佐子のいえに読書会に行くと、体調崩しちゃったので中止にしてくれとインターフォン越しに言われました。美佐子の声に違和感を覚えた菜美は、もう一回インターフォンをおして、

「何か困ってるんですか?そうだったら私達が助けます」

と離しかけました。すると、普段どおりを装って中に入ってきてくれと美佐子が言いました。中に入ると、「悠斗が誘拐されたんです」と、美佐子が泣いていました。

買い物に出ようとしたら、ポストにスマホが入っていて、電源を入れたら、

<息子を誘拐した。明日の午後8時までに1億円を用意しろ。警察に通報したら息子はころす。身代金の受け渡し方法は後で連絡する>

とメモで書かれていました。そこに夫の光雄が帰ってきました。菜美が、美佐子の声が心配で無理やり入ったと説明しました。光雄は美佐子を怒ってると、再びメッセージがきました。そこには、悠斗の動画が添付されていました。

京子と美佐子が警察に頼もうというと、光雄は金を渡せば返してくれると思うと言って拒否しました。そして、金を借りる電話をするといって書斎に行きました。

 

その頃、悠斗を誘拐した大学生・秀人(柾木玲弥)は、地下室に閉じ込めてホットケーキを食べさせていました。居間にもどった大塚は仲間の二人に、親が帰ってくるあさってがタイムリミットだと告げました。

 

その日の夕方、美佐子の家では、光雄が菜美たちにいてもしょうがないから帰ってくれというと、美佐子は「心強いんです。いてくれると」と言いました。菜美達は、とりあえず1回帰るというと、そこに家庭教師の真純が来ました。真純も警察に・・と言いますが、光雄はかたくなにお金を渡せば返してくれると言いました。

そこに、犯人からメッセージが来て、<今、家の中に入っていった家庭教師の真純を身代金の受け渡し役にしろ>と書かれていました。真純はびっくりしましたが、そのまま翌日までいることになりました。犯人はどこからか見張ってると書かれていました。ただ、菜美達の出入りには一言も触れないことに、菜美は引っかかりました。

菜美は、家に帰ってご飯を食べてるときに、勇輝に「仕事って何?」と聞きました。勇輝は、「誰かに必要とされたいからかな?」と言いました。菜美は、だれかを喜ばせる才能があるのに使わないのは罪かな?と言って、その日の晩、お泊りにでることをお願いしました。

菜美が美佐子の家に着くと、美佐子に少し眠ってくれとお願いしましたが、寝れないといわれました。菜美は、トイレを借りるといって光雄に話をしに行きました。

警察に通報する気はまだないのかと聞くと、お金を払って穏便に済ましたほうが良いといいました。菜美は光雄の顔を見て、「まだほかに話したいことがあるんじゃないですか?」と聞きました。光雄は何もないというので居間に帰ろうすると、真純がスマホを操作していました。菜美が近づくと、明日の予定をキャンセルしたと言ってました。

 

翌朝の10時、光雄が犯人に「7000万円しか用意できない」とメッセージを送りました。それをみた大塚は、払いたくなるようにちょっくらいじめてくると言って悠斗のところに行きました。寝ていた悠斗を起こすと、目隠しが外れていて、一瞬大塚の顔を見られてしまいました。すぐに目隠しを直して居間に帰ってきて、仲間に相談しました。

美佐子の家では、犯人に送ったメッセージの返信がなかなかないので心配してると、真純の携帯がなりました。外に出て真純は話をしました。相手は、なんと大塚でした。「よっぽどのことがない限り、電話してこないでって言ったでしょ」と真純が言うと、大塚が顔を見られたと言いました。真純は、子供の記憶はあてにならないから大丈夫だと大塚をしかりました。

「私の言うこと聞いてれば間違いはない。時間がきたら身代金を受け取ってあんた達に届ける。子供を解放する。お金は全部あんた達のもの。わかった?」

「で、身代金はどうする?」

「7000万円で手を打って。それが限界みたい。子供に手を出しちゃ駄目よ。絶対」

電話を切って家に入ると、玄関に菜美がいました。どうだったかを聞くと、母が足の指を骨折しただけでたいしたことがないと言いました。菜美は、

<犯人が見張ってるかもしれないのに、外に出て平然と電話ができるのはどうしてだろう?>

と思いました。

さらに、真純が昨晩来てから、光雄が一回も美佐子のことをみみなくなったことと、「穏便に済ませたほうが良い」と、まるで恥を覆い隠したいといってるかのように聞こえたことを思い出しました。そして、真純が美佐子を見るときに、優越感と敵意が入り混じってることに感じ取って、おそらく、真純が光雄の愛人で誘拐犯だと断定しました。別れ話のもつれで誘拐をしたのですが、光雄はうすうす感ずいてることも気がつきました。

ただ、真純がさっきの電話の後から、顔に緊張が走ってきたのをみて、何かトラブルが発生したんだろうと感じました。悠斗に危険が迫ってると菜美は推測しました。そのとき、犯人から7000万円で良いという返事がきました。それを聞いて、菜美は一度家に帰ると言って家をでました。

菜美は、中学のときの友人の小雪のクリーニング屋にいきました。二人は奥の隠し部屋に行きました。菜美は、犯行現場の近くの家の防犯カメラをハッキングして、前日の映像を抜き出してくれとお願いしました。すると、悠斗を誘拐した車がしっかり写っていました。ナンバーを確認して、サングラスと帽子を借りて大塚の家に行きました。

大塚が悠斗に手をかけようと地下室に行ってる間に、菜美が家の中に入ってきました。居間にいた二人を簡単に倒しました。そして、地下室に行った大塚を簡単にやっつけたあと、悠斗の安否を確認しました。そして、居間に戻って3人を縛り上げて、近所の公衆電話から警察に通報しました。

その4時間後、無事に悠斗は帰ってきました。美佐子が悠斗を抱きしめてると光雄もやってきてだきしめました。家の玄関から真純がみていました。

家に入った菜美は、涙を流してる真純を見ましたが、何も言いませんでした。後日、真純は子供をおろしたのがきっかけでやってしまったと警察で自白しました。美佐子は光雄と別れました。

しばらくして読書会が再びはじまりました。菜美たちがケーキを食べながら読書会をしてると、学校から悠斗が帰ってきました。悠斗は菜美の隣に座って何も言わずにずーっと菜美の顔を見ていました。

その日の夜、菜美は勇輝の肩に頭をもたれて、本を読んでもらいました。

(⇒5話のあらすじ

『奥様は、取り扱い注意』4話の感想

面白かったですね。1話ではDV、2話は昔の知り合いの嫌がらせ、3話はママ友たちの嫌がらせと嫌な事件ばかりでしたが、今回は、精神的なマイナスの部分が少なかったので見やすかったです。ただ、不倫、愛人からの誘拐というはちょっとやりすぎだと思いました。単純にばらすからと脅せばお金は手にはいるし、相手の家庭はめちゃくちゃに成ったように感じました。犯人の主役の佐野ひなこさん演じる真純の糸がちょっと不透明でした。なにをしたいのか判りませんでしたね。

もしも、菜美がいなかったら、7000万円をはらって子供がかえって来るだけだったのですが、男の子3人組はお金が手にはいりますが、真純には何も残らないようなきがします。困ってる顔を身近で見ていたかっただけなのでしょうか。

それにしても、一番悪いのは父親だと思いますが、離婚されただけで終わったのは疑問でした。おそらく、慰謝料もがっぽりとられてるのでしょうが、あそこまでひとの心を傷つけたのに、何も復讐のようなことがなかったのが残念です。

とはいえ、ひとつ教訓になったのは、付き合うときは興奮してるので勢いとか、その場のノリで何とかなってしまうのですが、別れるときはいろいろ考えて、計算していかないと痛い目に合うということがよくわかりました。この父親は、家とお金をとられただけですが、それでも、人生の大半を書けけて積み上げてきたものがなくなってしまったんです。それだけのものがわずかな期間、ちょっとした言葉でなくなってしまうので、気を付けることがたいせつだと改めて思いました。

愛は裏切られると憎しみに変わります。いままでの思いや考え方が180度変わります。逆もあり得ます。愛の始まりは、言ってみればパラダイムの転換なので、そのあたりを考えることで、行動も変わってくると思います。


スポンサーリンク

『奥様は、取り扱い注意』のストーリー

綾瀬はるかさん演じる島田優子は、わけありの人生をやり直し、穏やかな幸せを手に入れたいと願っていました。実は、優子は腕利きの特殊工作員だったのです。

ある任務に就いた優子は、わざと手加減して相手から追ってくるように仕向けました。追いつめられた優子は、橋から身を投げて自ら命を絶ったと見せかけました。優子は川の中を泳いでその場を逃げ出し、日本に帰ってきました。

日本では、島田優子の名前を捨てて、伊佐山菜美となりました。工作員時代に手に入れた英語のスキルを応用して、一流会社の受付嬢となりました。

ある日、菜美が合コンに行くと、一人の男性に一目ぼれをしてしまいます。3か月後、その男性、IT企業社長の伊佐山勇輝(西島秀俊)と結婚しました。

穏やかな人生、暖かな家庭を手に入れて、閑静な高級住宅地に引っ越してきて暮らし始めます。

しかし、半年後、菜美は主婦業に飽きてしまいます。料理は超がつくほどのヘタで、勇輝は外食が増えてきますし、夜も、背中を向けられて寝てしまうことが多くなってきました。

そんなとき、お隣さんの優里(広末涼子)と京子(本田翼)と3人で料理教室に行くと、DVにあってる主婦の知花(倉科カナ)と出会います。3人で何とかDV夫から助けようとしますが、上手くいかずに、最後は特殊工作員の技をつかってDV夫を懲らしめることができました。知花は無事に離婚ができて引っ越していきました。

菜美の周りは平和に戻ったかのようでしたが、実は、優里にも、京子にもそれぞれの家庭に問題があるようでした。

ある日、3人が通う着付け教室で、色っぽい受講者の夏希(高岡早紀)と知り合います。元AV女優だった過去を隠して生活をしていたのですが、昔の悪いやつらに見つかって脅迫されます。菜美は、その男たちの住所を突き止め、コテンパンに叩きのめした後、警察に突き出して逮捕させました。4人で落書きされた塀をペンキで塗ってると、夏希の夫が帰ってきました。夏希と夫は仲直りする子ができました。

『奥様は、取り扱い注意』のキャスト

  • 伊佐山菜美 綾瀬はるか、新米主婦
  • 伊佐山勇輝 西島秀俊、菜美の夫
  • 大原優里 広末涼子、菜美の隣家の主婦
  • 大原啓輔 石黒賢、優里の夫、大学教授
  • 大原啓吾 川口和空、優里と啓輔の子供
  • 佐藤京子 本田翼、菜美の隣家の主婦
  • 佐藤渉 中尾明慶、京子の夫、電機メーカーに勤めるサラリーマン
  • 佐藤良枝 銀粉蝶、渉の母親、同居中

4話以外のあらすじ

以上、ドラマ『奥様は、取り扱い注意』の4話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。


スポンサーリンク


 

LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. 「トドメの接吻(キス)」のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)と相関図。山崎賢人x門脇麦x菅田将暉 トドメの接吻(キス)
  2. ドラマ「anone(あのね)」のキャストや1話のあらすじと相関図。広瀬すずと田中裕子が! anone
  3. HuluやFODを無料で映画やドラマを見る方法。安室奈美恵さんの動画やチケットも! 映画
  4. NBAオールスター2018出場選手と日程と放送予定。無料で見るには? NBAオールスターゲーム2018
  5. コストコの店舗の一覧と予定は?時給の高さと出店計画の土地条件が凄い
  6. バレンタイン2018のおすすめのチョコはアンリ・ルルー!通販で人気の16ブランドを厳選。 valentines-day
  7. ドラマ「リピート~運命を変える10か月~」のキャストと1話のあらすじと相関図。主演は貫地谷しほり リピート~運命を変える10か月~
  8. プレミアムスリムビオは痩せない?効果的な飲み方と最安値で通販で買うには? プレミアムスリムビオ
  9. ぜいたくレッドスムージーの口コミ!道端アンジェリカを目指す飲み方とは? ぜいたくレッドスムージー
スポンサーリンク

最新情報

  1. もみ消して冬
  2. NBAオールスターゲーム2018
  3. ホリデイラブ
  4. アンナチュラル
  5. NBA2017-2018
映画
  1. ルーブル美術館
  2. IQ246~華麗なる事件簿~
  3. レンタル救世主
  4. 今からあなたを脅迫します
  5. 恋がヘタでも生きてます
  6. きみが心に棲みついた

多くの人に読まれている情報

  1. 幻想振動症候群
  2. オキシトシン
  3. 家政婦のミタゾノ
  4. ツバキ文具店
  5. 陸王
  6. anone
  7. 海の日
  8. お迎えデス。
  9. 地味にスゴイ!
PAGE TOP