奥様は、取り扱い注意

『奥様は、取り扱い注意』の6話のあらすじ(ネタバレ)と感想!今度はフラワーアレンジメント教室

奥様は、取り扱い注意
LINEで送る
Pocket

今夜のドラマは?
anone 2話

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』の6話のあらすじ(ネタバレ)と感想と無料動画を紹介します。菜美たち3人は、今度はフラワーアレンジメント教室に行くようになります。そこで知り合った冴月(酒井美紀)から広報誌の取材を申し込まれて、事件に巻き込まれていきます。


スポンサードリンク


『奥様は、取り扱い注意』の6話のあらすじ

『奥様は、取り扱い注意』は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。⇒U-NEXT

ここから先はネタバレがふくまれます。これまでのストーリーはこちら⇒ストーリーへ

 

菜美(綾瀬はるか)は暴走族を壊滅させたあと、警察に捕まってしまいました。そのあと、鑑別所に行かずにある人の口利きで東京に行きました。

 

現代。

菜美と優里(広末涼子)は、抜群の生け花のセンスを持つ姑を見返したいという京子(本田翼)に付き合って、フラワーアレンジメント教室に通い始めた。花を相手に京子が悪戦苦闘する一方で、不器用ながら女性らしいセンスを発揮し始めて珍しく乗り気な菜美でした。すると、センスの良い優里は、いっしょに習ってる吉岡冴月(酒井美紀)や靖子(芦名星)、千尋(原田佳奈)たちと発表会をしようというと誘いました。菜美は冴月の顔になにか隠し事があるのに気がつきましたが何も言いませんでした。

フラワー教室が終わると、冴月から菜美は町の広報誌の取材を申し込まれました。街の新人さんということで引っ越してきてから1年目の人に受けてもらってると言われました。この街の決まりごとみたいなものだからと言われて、翌日の夜7時に冴月の家に来てくれということでした。

翌日、スーパーで買い物してると、ある男性がずっと妙な目で菜美のことをみていました。すると冴月がやってきました。冴月の夫のようで歯医者をやってるということでした。今晩行くからと挨拶して家に帰りました。

夜の7時なって冴月の家に行くと、靖子と千尋がいました。インターフォンを鳴らしても出てこないということでした。すると、靖子のスマホに冴月から電話が来て、渋滞に巻き込まれて30分遅れるので先に入っていてくれということでした。

3人で中に入ろうとすると、鍵がかかっていませんでした。菜美は鍵がかかっていない家に入るのは危ないと言いますが、二人は入っていってしまいました。

中に入ると、2階の部屋で夫の胸にナイフが突き刺さっていて倒れていました。菜美はすぐに警察に電話しました。

警察が来たあと、冴月が帰ってきました。実況見分のために冴月も家の中には入れませんでした。

2、3時間後、実況見分が終わって家を出てくると、勇輝(西島秀俊)と優里、京子がまっててくれました。4人で菜美の家に行くと、京子が興味深々で事件のことを聞いてきました。

菜美は、着衣の乱れがなかったから、知り合いが後ろから殴られて朦朧としているときにナイフを突き立てられたんだと思うと言いました。さらに、血がそれほど出ていないので、菜美たちが家に入る少し前にやられたのでは?と話してあげました。そして、もしかしたら菜美たちが入ったときに家の中にまだ犯人がいたかもといいました。

菜美は、冴月と夫の評判を優里たち聞くと、夫婦仲は良いし悪口も言われないような人気のある人だったといわれました。菜美は、日時を指定してたずねたときに遺体を発見するというのはすごい確率だなといいました。菜美はアリバイ作りのために利用されたかもしれないと話しました。

 

翌日、警察署では菜美が事情聴取を受けていました。菜美は、逆に事件の詳細を聞きました。家の中は荒らされた後はなくて、おそらく合鍵で入られたということでした。事情聴取が終わって出て行くと、勇輝がいませんでした。勇輝は離れたところで大学の同期だという刑事と話していました。

 

1週間後、ワイドショーのリポーターたちが現れ始めて、冴月が犯人扱いされて番組で報道されはじめました。菜美たち3人は菜美の家でそのニュースを見て話し合っていました。京子が情報通のママ友に聞いた話だと、冴月たちの夫婦仲は悪くなくて、冴月の犯行時刻のアリバイも車に乗っていたことが証明されて、警察は冴月に男の影がなかったかどうか聞き込みをしてるということでした。痴情のもつれではないかとはんだんしてるようでした。

菜美が冴月の家に行くと、冴月が家から出てきました。家にもいれないのでホテルにいこうと思ってるというと、菜美は話を聞きたいんですけどと言いました。

家に入った菜美は冴月に話を聞きました。冴月が絶対に私ではないというと、菜美は目的は強盗じゃないから、思い当たる人はいないかと聞きましたが、わからないと言いました。そして、靖子と千尋の連絡先を聞いて喫茶店に呼び出しました。

やってきた靖子と千尋に、冴月の旦那のことを知ってるかと聞くと、あまり知らないといいました。そして、スーパーで会ったときに、菜美のことをいやらしい目で見ていたというと、気のせいだといわれました。そして、あの日、家の前で待ってるときに裏の窓が開くような音が聞こえたといって、おそらく、強盗は人が着たと思って何も取らずに出て行ったのではないかと靖子が話しました。

「実際に、窓から逃げた人がいたとして、どうして強盗だと決め付けるんですか?ほかの動機があって、旦那さんの命を奪った人間かもしれないですよね」

「確かにそうかもしれない、でも、強盗だったら、冴月さんの名誉が傷つかなくてすむでしょ。友達の私達がそう考えるのはおかしい?」

そういうと、二人は帰っていきました。

 

京子は、家で渉(中尾明慶)にご飯を食べながら事件のことを話してると、半分くらいしか聞いていませんでした。そこに渉のスマホに電話がかかってきましたが出ませんでした。何かおかしいと気づいた京子は「感情の爆発からくる犯罪、気をつけてね」とにらみつけました。

優里の家でも、優里が夕食の支度をしてると、啓輔(石黒賢)がネットの話を鵜呑みにして冴月の愛人がやったと話をしていました。優里の携帯にママ友から合コン賀延期になったとメッセージが入りました。それを圭吾が見ていました。

翌日、別な事件でリポーター達がやってきていました。冴月の夫の愛人じゃないかと疑われた妻がけんかをして夫を階段から突き落として重症を負わせたというものでした。ワイドショーの格好の餌食になりました。菜美はその場面を見て、この街に平穏を取り戻そうと考えました。そのためにまず、家に行って掃除をしました。

掃除をしながら菜美は推理をしました。犯人は、冴月、靖子、千尋の3人で、実行犯は靖子と千尋で、菜美が来る前に二人で夫の命を奪っておいて、門の前で菜美が来るのを待っていたと推理しました。そして、冴月は何らかの理由があって二人を手引きをしたんだと思いました。ただ、3人とも、命を奪ったことに対して後悔はしていないようなので、何かの理由があるけども、人の命を奪ったことには変わりないので、掃除が終わったら、解決しにいくことにしました。

 

千尋が家にいると、どこからかボールが飛んできて窓ガラスを割りました。千尋はそのボールを拾って外に出て行きました。その隙を突いて菜美が家に侵入して犯行に使われたバッグを回収しました。

家に帰ってると、冴月と靖子、千尋がやってきました。3人を家の中に入れて居間に座らせてから、千尋の家から持ってきたバッグを見せて、冴月の夫の血液やDNAがついてるというと、千尋が

「一応洗ったんだけど」

とつぶやきました。

靖子が脅迫でもするつもり?と聞くと、

「自首して。町の人も同情すると思うけど。深い理由があったんでしょ。お金でも痴情でもなく、認めざるを得ない理由が。あなた達からは覚悟を感じた。その覚悟を美しく閉じたかったら、自首するべきよ。結論出す前に、良かったら教えてくれる?アリバイ作りに利用されたんだから、私には聞く権利があると思うんだけど」

そういうと、靖子が話し始めました。3人は半年前にフラワーアレンジ教室でであって仲良くなったと言います。そして冴月の家にゴハンに呼ばれたときに、冴月の夫に出会ったと言いました。その夫は15年前に靖子をレイプをした男だったと告白しました。大学のときに、初めてのデートで酔わされて自分の家に連れ込まれたということでした。15年後に会ったときに、「はじめまして」とさわやかな笑顔で挨拶されてまったく覚えてなかったと言って涙ぐみました。そして、隣の千尋を見ると、同じように震えていたと言います千尋も同じ目に合わされて、顔を忘れられていたんです。

冴月の夫は成功した男として暮らしていたのを見て、運命を感じたと千尋は話しました。その日に秘密を打ち明けあって、心に決めたと言います。それから、二人の様子がおかしくなって冴月を避けるようになったそうです。冴月は二人にわけを聞くと、妻という立場よりも女として許せないので、二人に協力することにしたと告白しました。

それを聞いた菜美は、

「自首するかどうかはあなた達に任せる。ただし、自首しないなら、この街から出て行って。罪を犯した人間をあなた達が耐えられなかったように私も耐えられないから。このフラワーバッグは私が預かっておく。あなた達の決断のあとにきちんと処分する」

「夫は、私をはじめて抱いたときに、こういったの。一生忘れられない経験にしてあげるって。それは私と夫だけのコトバだったのに」

そういうと、冴月は泣き出しました。

 

3人は自首をしませんでした。この街から出て行きました。

(⇒7話のあらすじ

『奥様は、取り扱い注意』6話の感想

面白かったですね。今回の綾瀬はるかさんのアクションは、家に忍び込むところだけでしたが、すごかったですね。身のこなしが猫みたいで映画のような感じでした。西島秀俊さん演じる勇輝も警察官の友人がいるということもわかって、もしかしたら公安とか、そちら方面の潜入捜査官かも知れません。最終回がたのしみです。

今回のお話は、過去に一度だけ犯した過ちによって命を奪われてしまっただんせいのはなしでした。もちろん、とんでもない男性なのですが、女性の怖さを改めて感じました。ただ、デートからの流れだったので、こういったケースはありがちかも知れません。基本的に男性はスイッチが入ると相手の顔色なんてあまりわからなくなりますから、相手から誘われたと思ってしまうひともいると思います。最近では草食系男子が増えているのでそういうことは少なくなってきてはいると思うのですが、ちょっと気を付けた方が良いかもしれません。

とは言え、かなり強引な脚本でした。過去の裏の顔を知らなかった妻が、犯罪に協力するのも納得できませんでしたし、警察に自首しないというのもあまりスカッとするラストではなかったです。過去の出来事には同情しかないのですが、ひとの命をカンタンに奪って自首しないというのは、ちょっといかがなモノかなと感じました。どうせなら、お金をもらうとか、歯科医としての人気も名誉もぶち壊して町から追い出すとか、そっち系にしたらよかったような気がします。

また、前回の最後に出てきた玉山鉄二さんがまるっきり出てきませんでしたが、どうなってるのでしょうか?なんとなく、別な脚本家が変わり万古に書いてるような気がします。とりあえず、来週は、またちょっと違った人探しをするようですし、優里も合コンに行くようなので、ちょっと進展するかも知れません。

 


スポンサーリンク

『奥様は、取り扱い注意』のストーリー

綾瀬はるかさん演じる島田優子は、わけありの人生をやり直し、穏やかな幸せを手に入れたいと願っていました。実は、優子は腕利きの特殊工作員だったのです。

ある任務に就いた優子は、わざと手加減して相手から追ってくるように仕向けました。追いつめられた優子は、橋から身を投げて自ら命を絶ったと見せかけました。優子は川の中を泳いでその場を逃げ出し、日本に帰ってきました。

日本では、島田優子の名前を捨てて、伊佐山菜美となりました。工作員時代に手に入れた英語のスキルを応用して、一流会社の受付嬢となりました。

ある日、菜美が合コンに行くと、一人の男性に一目ぼれをしてしまいます。3か月後、その男性、IT企業社長の伊佐山勇輝(西島秀俊)と結婚しました。

穏やかな人生、暖かな家庭を手に入れて、閑静な高級住宅地に引っ越してきて暮らし始めます。

しかし、半年後、菜美は主婦業に飽きてしまいます。料理は超がつくほどのヘタで、勇輝は外食が増えてきますし、夜も、背中を向けられて寝てしまうことが多くなってきました。

そんなとき、お隣さんの優里(広末涼子)と京子(本田翼)と3人で料理教室に行くと、DVにあってる主婦の知花(倉科カナ)と出会います。3人で何とかDV夫から助けようとしますが、上手くいかずに、最後は特殊工作員の技をつかってDV夫を懲らしめることができました。知花は無事に離婚ができて引っ越していきました。

菜美の周りは平和に戻ったかのようでしたが、実は、優里にも、京子にもそれぞれの家庭に問題があるようでした。

ある日、3人が通う着付け教室で、色っぽい受講者の夏希(高岡早紀)と知り合います。元AV女優だった過去を隠して生活をしていたのですが、昔の悪いやつらに見つかって脅迫されます。菜美は、その男たちの住所を突き止め、コテンパンに叩きのめした後、警察に突き出して逮捕させました。4人で落書きされた塀をペンキで塗ってると、夏希の夫が帰ってきました。夏希と夫は仲直りすることができました。

菜美と優里と京子は読書会に入りました。すると、そこの子供が誘拐されてしまいます。ちょうど家庭教師が現れて、身代金の受け渡しを城といわれました。そのときから怪しいと気がついた菜美は、昔の友人の助けを得て誘拐の実行犯を懲らしめることができました。家庭教師は司令塔で、その家の夫の愛人で、子供をおろしたり別れ話を切り出されたことがきっかけでした。

菜美達3人とも、夫への怒りがたまって3人そろって家出をしてしまいます。ラーメン食べてクラブに言って踊りまくりますが、京子が連れ去られそうになったり、優里がイケメンの若者に言い寄られたりしますが、無事に3人で朝日を見ることができました。一人ずつ秘密を話そうとなって、優里が乳がんかもしれないと告白しました。夫にも言っていなくてかなり心細かったと話しました。翌朝、それぞれの家に帰って夫達を送り出したあと、3人で病院にいきましたが、優里の乳がんは陰性でした。家族のように喜んだ3人でした。

家に帰ってきた優里は、夫にすべてを話して、働きに出たいといいますが、却下されました。そこに、合コンの誘いが来た優里はつい、話に乗ってしまいました。

『奥様は、取り扱い注意』のキャスト

  • 伊佐山菜美 綾瀬はるか、新米主婦
  • 伊佐山勇輝 西島秀俊、菜美の夫
  • 大原優里 広末涼子、菜美の隣家の主婦
  • 大原啓輔 石黒賢、優里の夫、大学教授
  • 大原啓吾 川口和空、優里と啓輔の子供
  • 佐藤京子 本田翼、菜美の隣家の主婦
  • 佐藤渉 中尾明慶、京子の夫、電機メーカーに勤めるサラリーマン
  • 佐藤良枝 銀粉蝶、渉の母親、同居中

6話以外のあらすじ

以上、ドラマ『奥様は、取り扱い注意』の6話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。

今までのドラマを見るならHuluがお得です。
今なら、2週間無料でドラマも映画も見放題です!

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. 「トドメの接吻(キス)」のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)と相関図。山崎賢人x門脇麦x菅田将暉 トドメの接吻(キス)
  2. HuluやFODを無料で映画やドラマを見る方法。安室奈美恵さんの動画やチケットも! 映画
  3. ドラマ「anone(あのね)」のキャストや1話のあらすじと相関図。広瀬すずと田中裕子が! anone
  4. ぜいたくレッドスムージーの口コミ!道端アンジェリカを目指す飲み方とは? ぜいたくレッドスムージー
  5. バレンタイン2018のおすすめのチョコはアンリ・ルルー!通販で人気の16ブランドを厳選。 バレンタイン
  6. ドラマ「リピート~運命を変える10か月~」のキャストと1話のあらすじと相関図。主演は貫地谷しほり リピート~運命を変える10か月~
  7. プレミアムスリムビオは痩せない?効果的な飲み方と最安値で通販で買うには? プレミアムスリムビオ
スポンサーリンク

最新情報

  1. anone
  2. きみが心に棲みついた
  3. きみが心に棲みついた
  4. FINAL CUT
  5. 梅干し
花
  1. 地味にスゴイ!
  2. コード・ブルー3
  3. 奥様は、取り扱い注意
  4. レンタル救世主
  5. リオパラリンピック車いすテニス
  6. 大貧乏
  7. アシガール
  8. CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班
  9. 大貧乏

多くの人に読まれている情報

  1. 釣りバカ日誌2
  2. 花
  3. 餃子
  4. 2016夏ドラマ 一覧
  5. ウルヴァリンサムライ
  6. ブランケットキャッツ
  7. 奥様は、取り扱い注意
  8. 待機児童問題
PAGE TOP