奥様は、取り扱い注意

『奥様は、取り扱い注意』の9話のあらすじ(ネタバレ)と感想!

奥様は、取り扱い注意
LINEで送る
Pocket

今夜のドラマあらすじは?
コウノドリ
マチ工場のオンナ

『奥様は、取り扱い注意』の9話のあらすじ(ネタバレ)と感想と無料動画を紹介します。菜美(綾瀬はるか)の住む街で、一人の主婦が自ら命を絶ってしまいました。横溝(玉山鉄二)に弱みを握られ主婦売春を続ける日々に、耐えられなくなったんです。菜美は不吉な予感を抱くがその正体を掴むことはできず、真相は表沙汰にならないまま闇に葬られてしまいました。


スポンサードリンク


『奥様は、取り扱い注意』の9話のあらすじ

『奥様は、取り扱い注意』は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。⇒U-NEXT

ここから先はネタバレがふくまれます。これまでのストーリーはこちら⇒ストーリーへ

 

「なぜ、この人と結婚してしまったんだろう?」

優里(広末涼子)は家族で食事をしてるときに、啓輔(石黒賢)を見ながら思いました。啓輔にとって自分はただの家政婦、目覚まし時計だと思って、息苦しさを覚えていました。そのぶん、安西(小関裕太)と話をすると、安らぎを感じていました。その日も、安西から初めて会ったレストランで食事をしようとさそわれました。

優里が家に帰る途中、佐和子という近所に住む主婦とすれ違いました。暗い顔をしてることにきがついてなんとなく覚えていました。

 

数日後、優里と菜美、京子(本田翼)は佐和子のお葬式から帰って来ました。優里は、自宅で心筋梗塞で亡くなる前にすれ違ったあとだというと、京子が情報通の大野さんから、自分でクビをつってしまったと聞いたといいました。

佐和子の家の外には、横溝(玉山鉄二)たちが乗ってる車がありました。変なうわさが広がっていないことを確認していたようでした。横溝たちは主婦売春をさせてました。横溝を乗せた車が菜美たちの横を通り過ぎました。横溝と奈美はお互いをみつめあいました。

菜美が家に帰ると、夫の勇輝(西島秀俊)が帰ってきていました。勇輝はコーヒーを入れてくれたあと、ドイツに海外支社を作ることになって支社長として赴任をしてもらいたいと依頼されてると菜美に言いました。行くのはひと月後で、菜美とぜひいっしょに行きたいから良く考えてもらいたいといいました。

優里は、家に帰ると年賀状のリストを渡されますが、浮かない表情をしていました。啓輔が心配して話しかけると、佐和子のことを話しました。孤独だったのかな?とつぶやくと、家族がいるんだから努力して話し合えば解決するといいます。優里は、啓輔に努力をしてるの?と聞くと、

「君はいつまでたっても子供だな。求めるばかりで与えようとしない」

と言われてしまいます。あきれた優里は「本気で言ってるの?」というと、啓輔は部屋に逃げていきました。

京子が家に帰ってくると、義理の母親の良枝(銀粉蝶)に明日の晩は遅くなりますと伝えました。そこに渉(中尾明慶)がはいってきました。「明日の晩は残業でしょ?」というと、うれしそうに笑っていました。

 

翌日、菜美は昔の仲間の小雪(西尾まり)のところに行って、勇輝の身辺調査を頼みました。

夜になって、家を出た京子は、渉の会社に行ってビルから出てきた渉のあとをつけました。喫茶店にはいって座るのを確かめると、今何してるのかとメッセージを送りました。渉は残業だと返信してきました。しばらく待つとひとりの女性が現れて、渉といっしょに歩き始めてホテルに入っていきました。ショックを受けた京子はそのまま歩いて帰っていきました。

菜美の携帯に、小雪から電話がかかってきました。勇輝は普通の人間で、普通の主婦生活を送ることができると小雪は言いました。菜美は安心して電話をきりました。

ところが、電話を切った小雪の横には勇輝が座っていました。

家に帰ってきた京子が疲れた顔で居間に座ってると、渉が笑顔で帰ってきました。

菜美の家では、勇輝が帰ってくると、ドイツにいっしょに行こうと菜美が答えました。勇輝は心の中で、<本当に信じて良いんだろうか?>と考えていました。

 

翌朝、菜美が外に出ると、京子が話しかけてきました。奈美は京子の顔を見て家の中に入れて優里を呼びました。すると京子は渉が浮気をしていたことがわかったと話し始めました。

奈美はこれからどうするのかと聞くと、京子は旧姓が「浮気(ふけ)」で、子供のころは暗い女の子だったといいました。そして、早く家を出たくて、高校のときに告白されて付き合ったのが渉だといいます。そして渉が大学を卒業すると同時に強引に結婚をしてもらったと話してくれました。なので、1回や2回の浮気だったら許そうと思ってたけど、昨晩の笑顔を見て、誰にも渡したくないから渉と真正面から話をしてみると言いました。

その日の夜、渉が「明日は残業だから」というと、

「残業はやめて。この家とあなたが大事だから残業はやめて」

と京子は言いました。渉は「仕事だよ。意味がわからない」と言って部屋に行こうとすると、母親の良枝がドアの前に立っていて、「座りなさい」と命じました。良枝は京子の横に座って、昔、渉の父親も1ヶ月くらい出張でいなかったことがあるでしょといいました。そして、その出張は、実は父親の残業が過ぎてこの家から出て行ってもらったのと話しました。驚いてる渉に

「この家からいますぐ出て行きなさい。この家の主として、一人の男としてこの子の思いに答える覚悟がでできたら帰ってらっしゃい。わかったの?」

「はい」

「じゃ、さっさと支度しなさい」

渉が部屋の外に出て行くと、京子は「すごい貫禄でした」というと、早く子供を生んで、貫禄をつけろといわれました。

 

翌日、優里は、安西と初めに会ったレストランにいきました。そこで、安西がキスをしようとすると、優里は

「今日はもう会えないって伝えにきたの」

といいました。安西は「好きです」とせまりキスをして、そのままおおいかぶさりました。

そのころ、京子が買い物をしてると、佳子が声をかけてきました。そして、また今度いっしょにランチを食べようとさそわれました。

勇輝は、会社から菜美に昼食は何を食べたのか電話をしました。食べてないと聞いて電話を切っていすに座ると、勇輝の机の上においてあるパソコンには、家にいる菜美が映っていました。なぜか、勇輝は菜美を監視してるようでした。

 

その日の夜、優里が啓輔とゴハンを食べてると、顔色が悪いといわれてしまいました。さらに、たまには旅行をしようと啓輔からさそわれました。昨日の会話で,努力をしてほしいといったことが伝わったようでした。優里は昼間のレストランでやってしまったことに深く罪悪感を持ちました。

京子の家では、母親の良枝と二人でご飯を食べていました。このまま帰ってこなかったらどうするのと京子が聞くと、「そのときはそのときよ」とかなりポジティブに良枝は答えてくれました。

 

翌日、菜美の家でいつものようにランチ会がおこなわれていました。

菜美が理想の夫婦ってなんだろうというと、「どんなことが起きても離れられなくなっちゃった人を言うんじゃないですかね」と京子が言いました。優里も菜美もうなずきました。それぞれの悩みはだれも出さずに、みんな笑顔で笑いながら話をしていました。

それが、最後のランチ会になりました。

菜美は理想の夫婦になることを決心しました。

優里も決心して安西に電話をして喫茶店で会いました。優里は席に着くと「昨日のことは忘れて。それと、もう・・」というと、横溝たちがやってきました。安西は、席を立ち上がって、横溝に代わりました。横溝は、昨日のレストランにはカメラが仕掛けてあって、全部映してあったといいます。そして、横溝は、今の生活をなくしたくなければ、3日待ってやるから覚悟を決めろといって出て行きました。

小雪のところに、菜美から呼び出しがかかりました。小雪は尾行されないように変装して、スーパーのトイレまでやってきました。個室から菜美が出てきて、すべてを話してくれといいました。

(⇒最終話のあらすじ

『奥様は、取り扱い注意』9話の感想

おもしろくなってきました。菜美と横溝は知り合いなのでしょうか。もしかしたら、同じ児童施設にいたのか、元工作員なのかどちらかなのかもしれません。もしかしたら、勇輝ともつながってるような気がします。

それにしても、優里はカンタンにおちてしまいました。夫に対して失望しかなかったからとは言っても、いきなりあんなレストランで・・・ってありえないような気がしますが、それだけ安西のトークと表情がうまかったのかもしれません。安西のトークの中で気になったのは、自己開示の法則です。

自己開示の法則とは、自分が思ってることをストレートに相手に伝えるということですが、それがうまかったんじゃないかと思います。安西は、優里がどう思ってるかは一切聞いていません。優里がどう思ってるのかお構いなく自分の気持ちを伝えています。それは演技だったからだと思うのですが、あくまでもソフトに、やさしく自分の気持ちを伝えています。普通ならごり押しに聞こえるものですが、悲しげで優しげな笑顔で淡々と自分の気持ちを伝えることで、優里にどうするかをかんがえさせていました。

これは、デートのときに使えるテクニックだと思います。コツは、自分の感情を出すのではなくて相手を冷静に観察することです。そして、沈黙も必要です。自分の気持ちばかり、ずっと話し続けてるとうざがられるだけですので、安西のように自分の気持ちを少しずつ話しながら、沈黙しながら相手の表情を読み取っていくことで、うまくいくと思います。観察がキーワードです。

来週は勇輝と菜美が対決するようですが、勇輝は菜美を見張るために結婚したのかもしれません。それが、少しずつ好きになって行ってしまったという感じになりそうです。そう考えると、かなりおもしろいと思いますが、もっとはやくその方向性を出してくれたらヒット作になったんじゃないかと思います。例えば、菜美だけがいろいろ解決したきたのですが、1話ずつ交代に菜美と勇輝が活躍していくような感じで、勇輝の裏側をもっと書いてくれたらよかったような気がします。いきなり最終話で、「実は監視していました」となっても切なさが全く出てこないような気がします。

とりあえず、最終回がどんな形になるのか、とてもたのしみです。

『奥様は、取り扱い注意』のストーリー

綾瀬はるかさん演じる島田優子は、わけありの人生をやり直し、穏やかな幸せを手に入れたいと願っていました。実は、優子は腕利きの特殊工作員だったのです。

ある任務に就いた優子は、わざと手加減して相手から追ってくるように仕向けました。追いつめられた優子は、橋から身を投げて自ら命を絶ったと見せかけました。優子は川の中を泳いでその場を逃げ出し、日本に帰ってきました。

日本では、島田優子の名前を捨てて、伊佐山菜美となりました。工作員時代に手に入れた英語のスキルを応用して、一流会社の受付嬢となりました。

ある日、菜美が合コンに行くと、一人の男性に一目ぼれをしてしまいます。3か月後、その男性、IT企業社長の伊佐山勇輝(西島秀俊)と結婚しました。

穏やかな人生、暖かな家庭を手に入れて、閑静な高級住宅地に引っ越してきて暮らし始めます。

しかし、半年後、菜美は主婦業に飽きてしまいます。料理は超がつくほどのヘタで、勇輝は外食が増えてきますし、夜も、背中を向けられて寝てしまうことが多くなってきました。

そんなとき、お隣さんの優里(広末涼子)と京子(本田翼)と3人で料理教室に行くと、DVにあってる主婦の知花(倉科カナ)と出会います。3人で何とかDV夫から助けようとしますが、上手くいかずに、最後は特殊工作員の技をつかってDV夫を懲らしめることができました。知花は無事に離婚ができて引っ越していきました。

菜美の周りは平和に戻ったかのようでしたが、実は、優里にも、京子にもそれぞれの家庭に問題があるようでした。

ある日、3人が通う着付け教室で、色っぽい受講者の夏希(高岡早紀)と知り合います。元AV女優だった過去を隠して生活をしていたのですが、昔の悪いやつらに見つかって脅迫されます。菜美は、その男たちの住所を突き止め、コテンパンに叩きのめした後、警察に突き出して逮捕させました。4人で落書きされた塀をペンキで塗ってると、夏希の夫が帰ってきました。夏希と夫は仲直りすることができました。

菜美と優里と京子は読書会に入りました。すると、そこの子供が誘拐されてしまいます。ちょうど家庭教師が現れて、身代金の受け渡しを城といわれました。そのときから怪しいと気がついた菜美は、昔の友人の助けを得て誘拐の実行犯を懲らしめることができました。家庭教師は司令塔で、その家の夫の愛人で、子供をおろしたり別れ話を切り出されたことがきっかけでした。

菜美達3人とも、夫への怒りがたまって3人そろって家出をしてしまいます。ラーメン食べてクラブに言って踊りまくりますが、京子が連れ去られそうになったり、優里がイケメンの若者に言い寄られたりしますが、無事に3人で朝日を見ることができました。一人ずつ秘密を話そうとなって、優里が乳がんかもしれないと告白しました。夫にも言っていなくてかなり心細かったと話しました。翌朝、それぞれの家に帰って夫達を送り出したあと、3人で病院にいきましたが、優里の乳がんは陰性でした。家族のように喜んだ3人でした。

家に帰ってきた優里は、夫にすべてを話して、働きに出たいといいますが、却下されました。そこに、合コンの誘いが来た優里はつい、話に乗ってしまいました。

菜美は、フラワーアレンジ教室にいって友達になった女性の家で事件に巻き込まれてしまいました。取材陣が町にやってきて騒がしくなってきたところで、菜美が持ち前の推理力と行動力で真相を解き明かすことができました。

菜美たち3人は、友達の主婦に呼ばれてチェロの演奏付きのお茶会に出ていました。チェロを演奏していた主婦から、人探しを頼まれます。じつは、医師から余命を宣告されてしまい、今までで一番好きだった男性を探してもらいたいということでした、菜美は無事に探してあげますが、その主婦は離婚して、その男性と暮らすことになりました。

合コンに行った優里は、安西という若いイケメンと知り合って、夫にはない癒しを感じはじめました。

盗聴器を仕掛けて憂さを晴らしていた主婦が、議員の汚職事件のことをしってしまいます。議員もそれを取り戻そうとしてプロの仕事人を頼みます。怖くなったその主婦は、その事に気づいた菜美に助けを求めました。菜美はプロの仕事人をやっつけて、その議員の汚職事件の証拠もメディアに提供して議員は逮捕されました。

 


スポンサーリンク

『奥様は、取り扱い注意』のキャスト

  • 伊佐山菜美 綾瀬はるか、新米主婦
  • 伊佐山勇輝 西島秀俊、菜美の夫
  • 大原優里 広末涼子、菜美の隣家の主婦
  • 大原啓輔 石黒賢、優里の夫、大学教授
  • 大原啓吾 川口和空、優里と啓輔の子供
  • 佐藤京子 本田翼、菜美の隣家の主婦
  • 佐藤渉 中尾明慶、京子の夫、電機メーカーに勤めるサラリーマン
  • 佐藤良枝 銀粉蝶、渉の母親、同居中

9話以外のあらすじ

以上、ドラマ『奥様は、取り扱い注意』の9話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。

他にも面白いドラマがあります。

ドクターX 2017
ブラックリベンジ

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. ふたご座流星群は2017年12月14日!見頃の時間や方角と上手に見る方法は? 流星群
  2. 「刑事ゆがみ」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想!弓神が犯人? 刑事ゆがみ
  3. CDTVクリスマス音楽祭2017の観覧方法と出演者のタイムスケジュール。アンケートでリクエスト! CDTVスペシャル!クリスマス音楽祭2017
  4. 日本レコード大賞2017を観覧するには?出演者とタイムテーブル! MUSIC
  5. プレミアムスリムビオは痩せない?効果的な飲み方と最安値で通販で買うには?
  6. 「ドクターX 2017」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想。 ドクターX
  7. ぜいたくレッドスムージーの口コミ!道端アンジェリカを目指す飲み方とは? ぜいたくレッドスムージー
スポンサーリンク

最新情報

  1. 眠れぬ真珠
  2. ドクターX
  3. コウノドリ2
  4. 刑事ゆがみ
  5. ドクターX
宣言
  1. ANA
  2. 耳をすませば
  3. 家政婦のミタゾノ
  4. 嫌われる勇気
  5. 重要参考人探偵
  6. バレンタイン
  7. かぐや姫
  8. 水族館
  9. IQ246~華麗なる事件簿~

多くの人に読まれている情報

  1. こて
  2. セシルのもくろみ
  3. 貴族探偵
  4. 睡眠時間
  5. アシガール
  6. スニッファー嗅覚捜査官
  7. 結婚式
  8. マラソン
PAGE TOP