レキットベンキーザーのオキシ―サクサクで使用のPHMGの毒性は?

韓国でとんでもない事件が起きました。

イギリスの大手トイレタリーメーカー、レキットベンキーザーの韓国法人が販売してた液体の加湿器用消毒剤「オキシ―サクサク」(PHMGを使用)を使用して、100人以上もの人が亡くなってしまいました。レキットベンキーザーは日本にも支社をおいていますが、「オキシ―サクサク」は販売していないそうです。事件の原因は、含まれているPHMGと言われていますが、確認してみました。

▶▶中高年のためのプログラミング教室


まずは、事件の経緯から見ていきましょう。

韓国の事件の経緯

5月2日のAFPで発表された記事はこちらです。

韓国で英家庭用品メーカーの現地子会社が販売していた加湿器用の消毒剤が原因で子どもら100人以上が死亡したとされる問題をめぐり、この会社の代表が2日、記者会見を開き、自社の責任を認めて謝罪した。被害者の家族が代表に平手打ちを食らわせたり怒声を浴びせたりするなど、会場は一時騒然となった。

 問題が明るみに出たのは2011年、妊婦4人が原因不明の肺疾患で死亡したことだった。その後の政府による調査で、肺疾患と家庭用加湿器の消毒に用いられていた製品との間に「著しい関連性」が認められた。

 被害者の大半が、英国に本社を置く多国籍企業レキットベンキーザー(Reckitt Benckiser)の韓国法人、オキシー・レキットベンキーザー(Oxy Reckitt Benckiser)が国内で2001年から販売していた液体の加湿器消毒剤「オキシー・サクサク」を使用していた。この製品が原因とみられる死者は103人に上り、大半が女性や子供となっている。

(出展:AFP BB NEWS

加湿器の水の中に入れて使うタイプのものですね。

細菌、インフルエンザとかノロウイルスが流行していたので、日本でも流行ってきていましたが、この「オキシ―サクサク」は、日本では販売はされていなかったようです。

 

ただ、お土産とか、ネットなどで取り寄せた方が居れば、すぐに廃棄した方が良いと思います。

 

驚きなのは、この事件、実は2011年に4人の妊婦の方が亡くなり、良く調べてみると100名以上の方が亡くなられていたことです。

それから5年後の今になって、調査の結果「オキシ―サクサク」に問題があったことを認めて、やっと謝罪会見が開かれたことです。

 

しかも、販売は2001年から行われていました。

 

日本では、このニュースはほとんど聞こえてこなかったですが、ㇾキッドベンキーザー・ジャパンという支社も、日本には存在しているんです。

日本は大丈夫でしょうか?

韓国では、2011年には販売中止されて原因調査をしていたようです。

ちなみに、2001年から2011年までに販売された個数は、約450万個にも上ると言われています。

 

そして、今回、韓国企業の「オキシー・レキットベンキーザー」のアタル・サフダール代表が、ソウル市内のホテルで謝罪会見をして、数百万ドルの補償を行うことを明らかにしました。

 

遺族らは、平手打ち、小突いたりなどして詰め寄ったそうです。

 

では、「オキシ―サクサク」に使われている、何がいけなかったのでしょうか?

スポンサーリンク

 

オキシ―サクサクの原因物質

消毒剤として「オキシ―サクサク」に使われていた物質は、

PHMG(ポリヘキサメチレングアニジン塩酸塩)

という物質です。

 

この物質は、デンマークで、建築用や家畜用の殺菌剤としてのみ用途が制限されていたものです。

また、工業用や、プールの掃除に使われています。

 

PHMGと似た名前のもので、PHMBというのものがありますが、PHMGには強い毒性があり、PHMBは、アルコールや次亜塩素酸ナトリウムに変わる消毒剤としてこれから広がていくものです。この二つは全く違うものです。

(一番初めの記事では、PHMGとPHMBを混同してしまいましたので、訂正させて頂きました。ありがとうございました。)

PHMGは、お二人の方からコメント頂きました通り、毒性が強い物質で、人間が吸い込むことで、肺が膨らんで呼吸困難になり、致命的な障害をもたらすとされています。

 

では、どうして、毒性が強いと判っていても消毒剤として使ってしまったのでしょうか?

そこには、オキシという会社に問題があったと言われています。

 

現在は、オキシ・レキットベンキーザーという会社ですが、2001年3月に、イギリスのレキットベンキーザーという会社が韓国のオキシという会社を買収して、オキシ・レキットベンキーザーという会社になったんです。

 

「オキシ―サクサク」を発売したのが、2000年の10月です。つまり、買収前のオキシという会社の時です。

その時点では、PHMGの製造元であるSKケミカルはその毒性を通達していたそうです。

 

なので、

買収される前のオキシという会社が、毒性を知っていながら、製品にしてしまったと考えられます。

 

そして、買収したレキットベンキーザーの英国本社は、そのまま販売を続けたということです。

ただ、被害の苦情が相次いで寄せられ居ても、今までは黄砂の影響だとか、言い逃れをしていたので、英国の本社でもそのことを知っていたかもしれません。

現在、これまでに明らかになったオキシーの証拠隠滅と、隠ぺい工作について、韓国検察が調べているようです。

 

とりあえず、分かった範囲でお伝えしました。

さらに、詳しいことが分かったら、追記します。

 

ありがとうございました。

 

<追記> カビキラーには、この成分は含まれていませんでした。お詫び申し上げます。日本では、霧状に噴射させることは禁止されています。

NEWS記事一覧に戻る