リピート

ドラマ「リピート~運命を変える10か月~」のキャストと1話のあらすじと相関図。主演は貫地谷しほり

リピート~運命を変える10か月~
LINEで送る
Pocket

2018年1月11日(木)の夜11時59分から始まる新ドラマ「リピート~運命を変える10か月」のキャストや1話のあらすじ(ネタバレ)や原作などのキャストを紹介します。主演は貫地谷しほりさんで、六角精児さん演じる謎の男がガレッジセールのゴリさんや本郷奏多さんたちといっしょに10か月前にタイムリープするドラマです。大どんでん返しがありますので、とても楽しみです。


スポンサードリンク


「リピート~運命を変える10か月」は、Huluで配信されます。今なら2週間無料です。⇒Hulu

キャスト

篠崎鮎美 貫地谷しほり

リピートする8人の中の一人で主役です。

子供のころから人と関わることが苦手で、本音が言えない性格だったため、本の世界に安らぎを求めていた。ただ心の中では毒舌を吐いたり相手に仕返ししたり、妄想好きでお茶目な一面も。図書館で一流商社マンとの運命の出会いから1年半、そろそろプロポーズを期待していたタイミングでリピートの誘いを受ける。リピートには、当初は懐疑的で興味がなかったが…。最初は取っつきづらいと思っていた年下の圭介に、徐々に惹かれていく(出典:番組HP

貫地谷しほりさんは、1985年生まれの32歳の女優です。東京都荒川区出身。156cmで血液型はA型です。中学生のときに新宿駅のホームでスカウトされて芸能界にはいられました。2002年「修羅の群れ」で映画デビューして、映画「スウィングガールズ」「夜のピクニック」ドラマ「大奥」「風林火山」「ちりとてちん」などに出られています。最近では、「早子先生、結婚するって本当ですか?」「感情8号線」映画「氷菓」「望郷」などに出られています。

天童太郎 ゴリ(ガレッジセール)

リピートする8人の中の一人です。鮎美とともになぞを解いていきます。

スイーツを出すカフェのオーナー。フランクな性格で、誰に対しても遠慮せずに堂々と意見する。
鮎美や圭介を引っ張りながら、リピートに秘められた謎に迫っていく中心的な人物。(出典:番組HP

ガレッジセールのゴリさんは、1972年生まれの45歳の芸人、俳優、映画監督です。沖縄県那覇市出身。お笑いコンビガレッジセールのボケ担当です。ドラマは、2001年から出始められて、最近では、「エンジェル・ハート」映画「探偵はBARにいる2」「沖縄を変えた男」などに出られています。

毛利圭介 本郷奏多

リピートする8人の中の一人です。鮎美とともになぞを解いていきます。

キャバクラでバイトをして生活している。ぶっきらぼうで一見遊び人風に見えるが、根はまじめな青年。彼女がいるが、自己中心的な性格に振り回されるので別れたいと思っていた時、リピートの誘いを受ける。
夢を失ったことで、金さえ手に入ればいいと流されるまま生きていたが、夢を追い続けるべきだと鮎美に気づかされて…。(出典:番組HP

本郷奏多(かなた)さんは、1990年生まれの27歳の俳優で、宮城県仙台市出身です。日大芸術学部写真学科を卒業されています。幼稚園のときからキッズモデルとして活動されていて、2002年の映画「リターナー」で俳優デビューされています。14歳のときに映画「HINOKIO」で主演をされています。最近では、「ラブホの上野さん」「怪獣倶楽部」映画「鋼の錬金術師」「いぬやしき」「氷菓」などに出られています。

風間 六角精児

リピートをさせる謎の人物です。

リピートを主宰する謎の男。頭の回転が速く弁も立つが、感情を表に出さない。電話番号を適当に押してつながった人間をリピートに招待したと言っているが、 隠している本当の理由がある。(出典:番組HP

六角精児さんは、1962年生まれの55歳の俳優です。兵庫県出身。高校のときから演劇部に入られていたのですが、あまりやる気はなかったそうです。ただ、学習院大学在学中に高校の先輩の横内謙介さんに誘われて劇団に入ったということです。2006年の「電車男」のときにブレークして、「相棒」ではスピンオフの映画も作られました。最近では、「水族館ガール」「ごめん、愛してる」「伝七捕物帳2」などに出られています。

大森知恵 安達祐実

リピートする8人の中の一人で、食品化学の研究員をしています。特別出演です。

クールな理系女子。バイオ食品開発で会社から認められたいとリピートに参加。
非科学的なことは信じられないと、当初はリピートの可能性を否定していた。
鮎美・圭介・天童が、リピーターが巻き込まれていく数々の事件の謎に迫っていく中、その分析力と勘を使いながら、3人と協力して解決の方法を導き出していく。(出典:番組HP

安達祐実さんは、1981年生まれの36歳の女優です。2歳のときに、雑誌でモデルデビューされて子役としてCMなどで活躍されました。1994年の「家なき子」で、主人公の相沢すずを演じられて大ブレークして、セリフが社会現象にもなりました。2005年に芸人の井戸田潤さんと結婚されて娘さんを出産されましたが、2009年に離婚されて、2014年にカメラマンの桑島智輝さんと再婚されました。2016年に息子さんを出産されています。最近のドラマでは、「女囚セブン」「フリンジマン」「男の操」などに出られています。

滝沢佐知子 手塚理美

リピートする8人の中の一人で、専業主婦をしています。愛する夫との思い出づくりのためにリピートすることを決意しました。一樹と結婚をしたい鮎美の相談相手で、いろいろとアドバイスをしてくれます。

手塚理美さんは、1961年生まれの56歳の女優です。小学生のときからモデルをされていて、中学校のときに不二家のCMからマスコットガールに選ばれて芸能界にはいられました。1981年のときに女優業をはじめられて、朝ドラの「ハイカラさん」や「ふぞろいの林檎たち」など多くのドラマに出られています。1990年に真田広之さんと結婚されましたが、1997年に離婚されています。最近のドラマでは、「明日の約束」映画「君のまなざし」などに出られています。

郷原俊樹 清水圭

お金に困ってて、何とか今の人生家から抜け出したいと思い、お金目的でリピートする事を決意したサラリーマンです。見るからにさけない風貌で、ダメリーマンでした。

清水圭さんは、1961年生まれの56歳のお笑いタレントです。同志社大学を外業されて、アパレルメーカーのサラリーマンをされた後に大学の後輩と漫才コンビを結成されました。ドラマでは、浅見光彦シリーズや「本日は大安なり」などに出られています。

坪井要 猪野広樹

東大合格を目指してる予備校生で、二次試験に間に合うならとリピートに参加しました。

猪野広樹さんは、1992年生まれの25歳の俳優、タレントです。ドラマでは、「スター☆コンチェルト」「クズの本懐」「この世にたやすい仕事はない」などに出られています。

髙橋和彦 福田転球

競馬で儲けたいという理由のためにリピートに参加したトラック運転手です。

福田転球さんは、1968年生まれの49歳の俳優、演出家です。重荷舞台で活躍されてるひとで、ドラマでは「増山超能力師事務所」「グッドパートナー」「下町ロケット」などに出られています。

町田由子 島崎遙香、毛利圭介の彼女

毛利圭介の彼女で、リピートには参加していません。

東京・成城に住むお金持ちのお嬢様。見た目はキレイ系で甘え上手。圭介のことをとても愛しているが、独占欲が強く嫉妬深い。お金をちらつかせては圭介をがんじがらめにしたり、日常的に行動を監視するようになっていく。圭介に対するストーカ―的言動は、まさに狂気的でエキセントリック。(出典:番組HP

島崎遙香さんは、1994年生まれの23歳の女優です。アイドルグループAKB48の元メンバーです。2009年の125歳のときにオーディションに合格されてAKB48に入られました。2016年12月31日で卒業されてドラマにでられています。最近では、「ひよっこ」「ブランケット・キャッツ」「今からあなたを脅迫します」などに出られています。

久瀬一樹 松田悟志

篠崎鮎美の彼氏で、大手商社に勤めるサラリーマンです。リピートには参加しておらず、リピートした鮎美との間で・・・

松田悟志さんは、1978年生まれの39歳の俳優です。1998年のジュノン・スーパーボーイ・コンテスト出場をきっかけに芸能界にはいられました。2002年の「仮面ライダー龍騎」で秋山連・/仮面ライダーナイトを演じられました。最近のドラマでは、「女たちの特捜最前線」「ソースさんの恋」「先に生まれただけの僕」のバスケ部のコーチの熱川翔を演じられています。

見どころ

「あのとき、こうしていれば・・・」という失敗や後悔はだれにでもあるはずです。そんな時は、過去に戻って人生をやり直したくなりますが、もしもそれが可能なら、どういうことをしますか?

ただ、過去に戻った先には、予想を超えるでき事が待ち受けていました。

この先はドラマで楽しんでみてください。

こういったタイムリープ、タイムマシンの様のものは、映画、ドラマ小説、漫画と多くあります。最近では、「リテイク」という未来から現在にやってくるドラマがありました。筒井道隆さんと成海璃子さんが主演でした。映画だと「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が超有名です。小説だと、「夏への扉」がとても大好きな作品ですが、からだはそのままタイムリープすることが多いです。

この「リピート~運命を変える10か月」は、からだは移動しないで、頭の中の記憶だけが10か月前に戻るというタイムリープの様です。なので、見た目からは分からないのですが、これから先何が起きるのかを、ある日知ってしまうというようなイメージです。

何が起きるかを知ってると、いろんなことができてしまいます。ギャンブル系はギャンブルでなくて貯金を下ろす感覚になってしまいますし、人間関係も変えることができてしまいます。

そこで、二つの疑問が出てきます。タイムリープして記憶が過去に行ったあとの人はどうなるのかということと、10か月前に戻って出来事を変えてしまったらタイムリープしてきた人の未来はなくなるのですが、その時点で記憶がどう変わるのか、もしくは変わらないのか、ということです。少し考えだすとこんがらがってしまいますので、ドラマを見ながら確かめていきたいと思います。

 


スポンサーリンク

相関図

リピート

1話のあらすじ

篠崎鮎美(貫地谷しほり)は、どろだらけになってあるいていました。その先には、天童太郎(ゴリ)がおなかから血を流していました。先に行ってくれと天堂が言うので、鮎美は、毛利圭介(本郷奏多)に肩を貸しながらよろよろとあるいていました。そこに、強烈な光が射してきました。

 

2017年12月10日。

鮎美は、図書館で、子供たちに絵本の読みきかせをしていました。鮎美は、区立春日台図書館の司書でした。読み聞かせが終わると、子供たちからは結婚できないといわれてしまいました。事務所に戻ってくると、同僚達からも同じことを言われましたが、鮎美には付き合ってる彼氏がいました。ただ、いまはフランスに出張中で3ヶ月あっていないと答えました。そういいながら、鮎美は1年前のことをおもいだしていました。

2016年の春、人見知りの鮎美はある男性、一樹と出会いました。一樹は仕事で夏目漱石のことを調べてるので、教えてくれと鮎美に言いました。普段はほとんど男性と話せないのですが、本のことになると夢中になってしまう鮎美はぺらぺらと話し始めました。そんな鮎美のことを気に入った一樹と、いつの間にか付き合うようになって食事にもいっしょに行くようになりました。なぜ付き合い始めたのかこわくてきけないまま今日まで来てしまいました。

そのことを思い出しながら帰る途中に、帰国がいつになるのかを一樹にメッセージをおくりました。すると、非通知の電話がかかってきました。出てみると、

「今から1時間後、6時45分に地震が起きます。三宅島震度4、東京で震度2です。この電話のことは決して誰にも言わないでください」

それだけ行って、切れてしまいました。

鮎美が家に帰ってご飯を食べてると、一樹から

<24日に帰国するよ。そのときに話したいことがある>

とメッセージがきました。もしかしたらプロポーズ?と思ってると、地震が来ました。急いでTVをつけると、電話の通り、三宅島震度4、東京震度2と画面に出ていました。すると、再び日通知の電話がかかってきました。出てみると、

<先ほどの地震、お気づきになりましたか?先に名乗っておきましょう。わたしは風間と申します>

そして、自分のことを信じてもらうためにさっきの電話をしたといいます。そして、自分にはタイムスリップをしたことがあって、それをリピートと呼んでるといいました。風間は、次のリピートのゲストとして鮎美を招待したいといいました。鮎美が、なぜ自分なのかと聞くと、たまたま押した電話番号だったと風間は言いました。そして、次の土曜日に、説明会を行うので横浜まで来てくれと言って、切られました。

 

毛利圭介は、ホストで働くウェイターでした。家に帰ってくると、由子(島崎遥香)が待っていました。家の中に入ってくると、キスをして圭介に首輪をつけました。そして札束をなげて圭介をもてあそびました。

土曜日、鮎美が風間に指定された中華屋に行くと、玄関で圭介とぶつかりました。圭介の後を歩いていくと、同じ部屋に入りました。そこには、すでに6人の男女が座っていました。

しばらくすると、風間(六角精児)があらわれました。まずは自己紹介をしてくれといいました。集まったメンバーは、

  • 滝沢佐知子(手塚理美)専業主婦
  • 髙橋和彦(福田転球)トラック運転手
  • 大森知恵(安達祐実)食品化学の研究員
  • 郷原俊樹(清水圭)サラリーマン
  • 坪井要(猪野広樹)東大受験を目指す予備校
  • 毛利圭介
  • 篠崎鮎美
  • 天童太郎 ゴリ(ガレッジセール)カフェ経営者

そのあと、みんなで中華料理を食べながら風間は「人生をやりなおせたらいいとおもいませんか?」と切り出しました。ただ、戻るのは、10ヶ月前の2017年の2月24日でした。風間は、ある地点に出現する時空の裂け目をみつけて何度かリピートするようになったといいます。そして、独り占めにするのは申し訳ないので、8名だけ、1回だけのリピートに招待しようと思ったと話しました。

ただし、条件があるといいます。それは、人に話すのは禁止というのと、なるべく同じような人生を送ってもらいたいといいます。圭介がすぐには信じられないというと、来週のクリスマスイブの夜7時45分に再び地震があるといいます。参加するかしないかはそのときでいいといって、それぞれ100万円をくばりました。ただそのお金は過去には持っていけないといいます。過去に戻るのは、意識だけだからです。なので、必要な記憶は記憶するしかないといってその部屋を出て行きました。

風間が出て行った後。、その店をでると、鮎美は天堂と圭介と話しました。鮎美はずるくない?と思いますが、圭介からきれいごというなよといわれました。圭介と天堂は地震があったらいくといいました。鮎美は、もしかしたらプロポーズされるかもしれない一樹のこともあるので過去には戻らないといいきりました。

海外から帰ってきた一樹と12月24日のクリスマスイブの日の夜に食事をしました。鮎美は食事をしながら一樹のプロポーズを待ってると、一樹の口から出た言葉は

「別れよう」

でした。理由は、2月の鮎美の誕生日が原因だったと思うといいました。その日、一樹はデートのときに鮎美にプロポーズしようと思ってたのですが、子供のせいで携帯が水没して、その子が怪我をして病院にいってしまい、鮎美がデートに遅れてしまったからでした。鮎美が遅れていくと、すでに店は閉まっていて一樹からもう帰ろうと言われてしまいました。

一樹はそのことを話した後、すでに好きな女性もいるといってその席をたちました。そのとき、地震がおきました。すると、鮎美の携帯に風間から電話がかかってきて、出発は年明けの1月11日で、もしリピートするなら、午後1時までに横浜港シンボルタワーに来てくれといわれました。鮎美はその電話で、リピートしたいと風間に言いました。

 

2018年1月11日。

鮎美が横浜港シンボルタワーに行くと、すでに圭介や天堂たちが来ていました。このあいだ呼ばれた全員でした。しばらくして風間が車できました。みんなその車に乗って、トンネルを通ってある場所に着きました。そこから車から降りて歩き出しました。天堂は道すがら目印のタバコを置いていきますが、風間にばれてしまいます。

しばらくすると、開けた場所に風間が止まります。過去に戻ったら電話をしてくれと言って番号を渡しておぼえさせました。すると、明るい光が徐々に向かってやってきて、8人を包み込みました。

自分の部屋のベッドの上で気がついた鮎美が目を覚ますと、2017年2月24日になっていました。鮎美は、すぐに風間に連絡すると、この間の回龍亭に二日後の正午に来てくれといわれました。そのすぐ後に、一樹からメッセージが来て、いつもの店を予約したから誕生日をお祝いしようと書かれていました。

圭介は、道路の上にいました。横には由子がいました。初デートの帰りでした。そして、病院にいくので今日は帰ってくれといってひとりであるきだしました。

 

鮎美の誕生日のクリスマスの日。

運命を変えてみせると心に決めた鮎美は、子供がぶつかった本棚を移動して、携帯をしっかり持って走らないように言い聞かせて送り出しました。それでも不安で後をついていくと、子供が同僚とぶつかりそうになりました。何とか大声を上げてぶつかるのを阻止すると、定時であがると伝えました。

鮎美は、時間通りにデート場所のレストランに行くことができました。食事が終わると、店内の照明が暗くなってケーキが運ばれてピアノの演奏が始まりました。一樹は「誕生日おめでとう」と笑顔で言いました。

鮎美は、婚約指輪がケーキに入っていないかと恐る恐る食べましたが、そのままおわりました。レストランの外に出た一樹は、「これからもずっと誕生日をお祝いさせてほしい。僕と結婚してほしい」とプロポーズしました。そのとき、雨が降ってきました。鮎美はすぐに傘をさし出しました。一樹は鮎美の指に婚約指輪をつけながら、「きっと運命だよ」といいながらキスをしました。

 

2017年26日。

回龍亭の前に来ると、天堂と圭介があらわれました。3人で店の中に入っていくと、すでにトラック運転手の高橋以外、全員集まっていました。みんな、このあいだより笑顔になっていました。そこに、風間がやってきました。すると、高橋が亡くなったといきなりいいました。

(⇒2話のあらすじ

スタッフ

「リピート~運命を変える10か月~」のスタッフは、

  • 脚本 泉澤陽子、森山あけみ
  • 監督 蔵方政俊
  • 原作 乾くるみ「リピート」

脚本のひとり、泉澤陽子さんは、シナリオ作家協会主催のシナリオ講座第39期修了されて、第1回TBS連ドラ・シナリオ大賞で最終選考に残り、2009年、「恋うたドラマスペシャル『三日月』」で脚本家デビューされました。最近では、「牙狼」「オトナ女子」「IQ246」などを書かれています。

もう一人の森山あけみさんは、2005年に「サザエさん」で脚本家デビューされた方で、ドラマ「アゲイン!」「五つ星ツーリスト」「はぶらし/女友だち」などのドラマの脚本を書かれています。書籍も「みつばち高校生 富士見高校養蜂部物語」「元町クリーニング屋 横浜サンドリヨン~洗濯ときどき謎解き」などを書かれています。

監督の蔵方政俊さんは、映画「ねこあつめの家」「土佐の一本釣り」などをとられた映画監督です。ドラマも、アマゾンプライムのオリジナルドラマ「ファイナルライフ」をとられています。

原作の乾くるみさんは、1963年生まれの54歳の小説家、推理作家です。静岡県出身で静岡大学理学部数学科を卒業されています。そのご、IT企業に就職されてソフトの開発をされていました。1998年に「Jの神話」でメフィスト賞を受賞されて34歳で作家デビューされました。2004年に発表した「イニシエーション・ラブ」はベストセラーになって映画化もされています。代表作としては、

出身が数学科ですので、数学的な小説だという評判もありますが、とても面白い作品ばかりです。「リピート」は、タロットシリーズと呼ばれるシリーズの中のひとつで、2004年に刊行されています。副題は、「10番・運命の輪」です。タロットシリーズは、タロットをモチーフにしていて、天童太郎という人物がきゅつうして登場します。ベストセラーのイニシエーションラブもこのシリーズで、「リピート」のすぐ前にかかれたものです。

原作の「リピート」は、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。ぜひ、ご覧になってみてください。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

各話のあらすじ

以上、ドラマ「リピート~運命を変える10か月」のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)と原作などのスタッフの情報でした。

今までのドラマを見るならHuluがお得です。月額933円(税抜)で、Huluだけはすべての動画が見放題です。いつでも、どこでも、パソコンはもちろんタブレットやスマホで手軽にみることができます。最新ドラマから過去の名作ドラマ、韓国ドラマ、海外ドラマ、アニメ、映画など他の配信サイトにないものもバッチリ見ることができます。仕事中でもひとりでそっと・・・恋人と二人だけで・・・あなたの部屋が映画館になります。申し込みはわずか5分で完了!
今なら、2週間無料で見放題です!

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. 「トドメの接吻(キス)」のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)と相関図。山崎賢人x門脇麦x菅田将暉 トドメの接吻(キス)
  2. ぜいたくレッドスムージーの口コミ!道端アンジェリカを目指す飲み方とは? ぜいたくレッドスムージー
  3. ドラマ「anone(あのね)」のキャストや1話のあらすじと相関図。広瀬すずと田中裕子が! anone
  4. プレミアムスリムビオは痩せない?効果的な飲み方と最安値で通販で買うには? プレミアムスリムビオ
  5. ドラマ「リピート~運命を変える10か月~」のキャストと1話のあらすじと相関図。主演は貫地谷しほり リピート~運命を変える10か月~
  6. バレンタイン2018のおすすめのチョコはアンリ・ルルー!通販で人気の16ブランドを厳選。 valentines-day
  7. HuluやFODを無料で映画やドラマを見る方法。安室奈美恵さんの動画やチケットも! 映画
スポンサーリンク

最新情報

  1. ドラマ「海月姫」
  2. 水族館
  3. ドラマ「海月姫」
  4. トドメの接吻(キス)
  5. 99.9-刑事専門弁護士シーズン2
Bリーグアーリーカップ2017
  1. コード・ブルー3
  2. リオ五輪女子バスケ
  3. ツバキ文具店
  4. セシルのもくろみ
  5. 天ぷら
  6. ボク、運命の人です
  7. アシガール

多くの人に読まれている情報

  1. みをつくし料理帖
  2. 悦ちゃん
  3. oil
  4. 僕たちがやりました
  5. 人は見た目が100%
  6. 黒革の手帖
  7. この声をきみに
  8. 嘘の戦争
  9. モチベーション
PAGE TOP