リピート

ドラマ「リピート~運命を変える10か月~」の2話のあらすじ(ネタバレ)。8人から7人に。

ドラマ「リピート~運命を変える10か月」の2話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。鮎美や圭介、天堂たちは、なぞの男、風間に連れられて過去にタイムスリップするリピートを成功させました。そして、鮎美と圭介は、過去に失敗したことを見事にやり直すことに成功しました。翌日、リピートした仲間が再び集まると、トラック運転手の高橋だけが来ていませんでした。現れた風間は、高橋は亡くなったと全員に告げました。

スポンサーリンク

2話のあらすじ

2017年2月26日

初めにであった中華料理屋の回龍亭で待ってると、風間(六角精児)が現れました。そして、来るはずだったトラック運転手の高橋(福田転球)が交通事故で亡くなったと話しました。亡くなったのは、2月24日の夜11時13分で、リピートした直後でした。

鮎美(貫地谷しほり)のとなりにいた圭介(本郷奏多)が「そういうことだったのか」とつぶやきました。リピートするとき、一瞬目の前が暗くなって落ちていく感覚で、気がついたら道路に転んでいたんです。それと同じように、高橋がリピートした先は、仕事中だったと風間はいいました。高橋は、車の運転中のちょうどカーブに差し掛かったところにリピートして、対向車線を走ってきた大型トラックと正面衝突してしまったと言うことでした。

すると、天童(ゴリ)は、「話が違うじゃねえか。いいことばかり起こといいやがって」と起こります。風間は立ち上がって。「申し訳ありません。想定していませんでした」と謝りました。ただ、残りの人は無事にここにこれたので、良いことが起きましたか?と聞きました。風間がひとりずつ聞いていくと、坪井(猪野広樹)は試験もうまくいったといいます。これから必ずいいことが起きるといって、絶対にリピートの秘密を漏らさないでくれと年を押されました。

2017年3月7日

鮎美が仕事をしてると、婚約した久瀬(松田悟志)から電話がきました。電話をしてるだけでも幸せでしたが、久瀬から日曜日に親に紹介したいといわれて約束しました。そこに、同僚達がやってきてうらやましがられます。そして、この後に行われる作家の講演会の準備をはじめようとしました。鮎美は、その作家がカフェインを嫌いなことと好きなケーキのことを話すと驚かれますが、うまくいきました。

圭介が仕事場のキャバクラに行くと、新しく入ったという美波というホステスを紹介されました。美波は写真の専門学校に通ってる学生だと自己紹介しました。

家に帰った圭介は、箱を開けて高級カメラを見ました。そして、かつて写真のアシスタントをしてるときに、カメラを盗んだとうたがわれたことをおもいだしていました。すると、玄関のチャイムが鳴りました。出てみると、彼女の由子(島崎遙香)でした。由子はこの間頭打ってからおかしくなったといいますが、圭介は、付き合うのをやめようと言い出します。由子は泣き出しますが、「嘘なきするなよ」と冷たくいいました。由子はすぐには無理だから1週間考えてくれといいました。そして、1週間後の3月14日に会うことにしました。

圭介は、リピートの前の3月14日に、圭介が働いてるクラブに写真のアシスタントをしていたときの上司達がやってきました。そして、圭介のことをねちねちと責めて着ました。頭にきた圭介は殴りかかってけんかになりました。そして、レンズをこわしてしまい、100万円払えといわれました。そこに由子がやってきて、100万円まで使っていいよと目の前にお金を出しました。そのかわり、犬のようにずっと言うことを聞いてくれと言われましたが、その100万円を借りてしまいました。

2017年3月12日

鮎美は久瀬の家に行って両親に挨拶をしました。これからはリピート前の記憶は通用しないと気合を入れて家の中に入りますが、母親は鮎美のことがきにいらないらしくて、ちくちく嫌味を言ってきました。

数日後、鮎美が図書館で働いてると、リピート仲間の滝沢佐知子(手塚理美)が近所だからと言ってたまたまやってきました。久瀬の両親に会ってつかれてしまったことを話すと、結婚って我慢の連続だといいます。ただ、今までやってこれたのは、旦那がよかったからだといいます。そして、もうじきその旦那のがんがわかって入院してそれっきりになってしまうといいます。なので、今度の人生では、旦那の夢だった社交ダンスの発表会にいっしょに出るつもりだと話してくれました。そして、お互いがんばりましょうといって帰って行きました。

すると、天堂から電話がかかってきました。

天堂のカフェに、圭介がいました。圭介は、リピート前にはいなかった女性がクラブに入ってきたのはなんでだろうと相談していました。天堂は、リピートしたことで小さな変化がおきてそうなったんじゃないかといいました。それを相談したくてここに来たのか?というと、今日、お店ではトラブルが起きるのでそれを避けるためにきたと圭介は言いました。その話を聞きたいといってるところに、鮎美がやってきました。

天堂は笑顔で鮎美を迎えますが、圭介は憎まれ口をたたいて鮎美とけんかになってしまいます。すると、圭介に電話がかかってきました。出てみると、キャバクラの店長からでした。美波が腹痛で病院にいかないといけないので、店に出てきてくれといわれました。すぐに行くと答えました。

天堂が「そうかんたんに運命から逃れられないんだな」というと、「行ったうえで回避してみせる」と圭介は言ってカフェを出て行きました。その後姿を風間が見ていました。

圭介が店で仕事をいてると、リピート前のようにアシスタントの上司たちがやってきました。圭介は笑顔で迎えました。同じように、嫌味を言われますが、気持ちを抑えて返事をしました。すると、上司の一人が女の子にからみはじめました。そういう遊びは他でしてくれと圭介が丁寧に話しはじめました。

そのころ、天堂と鮎美はキャバクラの入り口にいました。鮎美が圭介のことが着になるということでやってきたんです。

鮎美が店の中に入ると、圭介が丁寧ですが出て行ってくれと言ってるところでした。圭介がその場を離れようとすると、その男がさらに絡んできました。ちょっと振り払うとその男が倒れてカメラのレンズが割れてしまいました。「どうしてくれんだよ。弁償しろよ」と男が言うと、圭介はお知りのポケットから100万円を出してその男に渡して店を出て行きました。

外に出ると、やはり由子が現れました。家に連れて行くと、ホワイトデーだといって100万円を出します。圭介はそれを断って、1週間かけて考えたけど別れようと言いました。由子は出て行きました。

スポンサーリンク

2017年3月15日

鮎美が仕事をしてると、とじてくれと夕刊を渡されます。そこには、リピート前になかった放火件がかかれていました。そこに、佐知子がやってきました。その放火事件でダンスの会場が燃えてしまったので、2週間延期になったといいました。そして、旦那さんの結果が3日後に出るのでもう踊れないと悲しそうにつぶやきました。鮎美は、図書館のイベントホールが明日あいてるので、踊ってくれといいました。

2017年3月16日

図書館のイベントホールで、鮎美と天堂、圭介が待ってると、佐知子と夫の正明(酒井敏也)がやってきました。そして、二人で楽しそうにダンスを踊りました。鮎美は、

<二人のラストダンスが、永遠に終わらなければいいのに>

と心の中で思っていました。

途中から佐知子は泣き出してしまい、ダンスが止まってしまいました。正明がいぶかしむと、「うれしいの。あなたと最高のダンスが踊れて」といいました。正明は、「2週間後はもっと良いダンス踊るぞ」と笑顔で言って飲み物を取りに行きました。鮎美はハンカチを佐知子に渡しました。佐知子は「ありがとう。篠崎さんもがんばってね。結婚はダンスと似てるから。足を踏んでも踏まれても、最後まで相手とつながって生きていく。結婚ってそんな感じかな」と鮎美にいいました。

久瀬と知らない女が!

そのあと、鮎美が式場の打ち合わせに駅に向かって歩いてると、その後を圭介がついていきました。鮎美がついてくるなというと、圭介も駅に向かってるだけだといいます。すると、道の脇に止まった車の中で、婚約者の久瀬と知らない女性が楽しそうに話していて、キスまでしていました。

それを見た鮎美は固まってしまいました。キスの後、女が車から降りて久瀬は車を出しました。

鮎美が、

「今のなに?妄想?きっと妄想」

と言ってると、圭介は「俺も見たけど」といいます。鮎美は「行かなきゃ」と言って歩き出すと転んでしまいます。そして、「いたい、いたいよ」と泣き出しました。

そのあと、鮎美は圭介と歩きながら、「あんな理想的な人がわたしとけっこんしたいなんて、わたし夢見ちゃったんだ」といいます。圭介は、「夢ぐらい見たっていいだろ。誰にも止める権利はない」と慰めます。

鮎美は圭介にも夢があったといって、この間のキャバクラで見たと話します。あのお金でほしいものがあったんじゃないかというと、圭介は

「金さえあれば、人生もっと楽しいと思ったんだがな。どれもぴんとこなくて」

といいます。鮎美は、

「あなたのほしいものはきっとお金じゃ買えないのかもね」

「でも、それはもう手に入らない」

「リピートすれば幸せになれると思ったけど、そうでもないね」

と鮎美がいいました。そこに久瀬から駅前で待ってるとメッセージがきました。圭介は「本当はどうなのか確かめろよ、まあ、うじうじしていてもどっちでもいいけど」といって歩いていきました。

翌朝、朝食を食べてると、朝のニュースで連続放火事件でついに亡くなった人が出たとはなしていました。その亡くなった人とは、佐知子でした。さらに、夫の正明も亡くなっているということでした。鮎美はそのニュースを見て愕然としました。

(⇒3話のあらすじ

ドラマ「リピート」は「Hulu」で配信中です。2週間無料で楽しめるキャンペーンをやってるので全話を無料で見ることができます!こちらをクリックして申し込ましょう。

≫Huluの公式サイトはコチラ!

詳しい申し込み方法はコチラに書いてあります

感想

おもしろかったですね。トラック運転手の高橋に次いで、専業主婦の佐知子も亡くなってしまいました。高橋の場合はリピートした瞬間でしたが、佐知子はリピートした目的が半分くらい叶えることができました。ある意味、リピートしてよかったという感じですが、自分の人生も終わってしまったので、どちらかというとマイナスのような気がします。それは鮎美にも言えることです。リピートしてきたことで状況はもっと悪くなってしまった感じです。圭介の場合、なんとか運命に抗おうとしていますが、どこまでにげることができるのか疑問です。

やはり、運命は変えられないのでしょうか?鮎美にも圭介にもリピート前と同じようなことが起きています。ただ、よく考えてみると、その起こったことは原因ではなくて結果です。鮎美のばあい、久瀬が他の女性とキスをしたのは、鮎美がどうこうすれば阻止できるものではなくて、久瀬とその相手の女性が出会わないようにしないと結果的にキスをしてしまうんじゃないかとおもいました。

圭介の場合も、彼女の由子がまとわりつくのを止めないかぎり同じように家にやってくるし、圭介を何とかものにしようと思う訳です。圭介はそこがわかったので、「別れよう」と言って運命を止めようとしたと思います。上司にもお金を払って断ち切ろうとしました。ただ、それがこれからどんなふうに展開していくのか、おそらくもっとひどいことになっていきそうな気がしました。

今までは単純に過去に戻ってやり直せばいいと思っていましたが、そう簡単ではないことに気が付きました。ひとは一人で生きてるわけではないので、いろいろなところを変えていかないと人生も変わらないんじゃないかと感じました。その上で、人生や日本を変えた偉大な人たちは、どれだけすごいパワーを持っていたのかと改めて思いました。

スポンサーリンク

 

原作

原作の乾くるみさんは、1963年生まれの54歳の小説家、推理作家です。静岡県出身で静岡大学理学部数学科を卒業されています。そのご、IT企業に就職されてソフトの開発をされていました。1998年に「Jの神話」でメフィスト賞を受賞されて34歳で作家デビューされました。2004年に発表した「イニシエーション・ラブ」はベストセラーになって映画化もされています。代表作としては、

出身が数学科ですので、数学的な小説だという評判もありますが、とても面白い作品ばかりです。「リピート」は、タロットシリーズと呼ばれるシリーズの中のひとつで、2004年に刊行されています。副題は、「10番・運命の輪」です。タロットシリーズは、タロットをモチーフにしていて、天童太郎という人物がきゅつうして登場します。ベストセラーのイニシエーションラブもこのシリーズで、「リピート」のすぐ前にかかれたものです。

原作の「リピート」は「楽天ブックス」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、電子書籍でスマホやパソコンでもアプリで読むことができます。一度購入するといつでも読めますので、スキマ時間をつかって、ドラマと比べながら読むととってもおもしろいです。雑誌やビジネス本、マンガにかぎらず、音楽、ゲームも買うことができます。⇒楽天ブックスは品揃え200万点以上!

楽天マスターカード限定のキャンペーンで、5000ポイント(2000p+3000p)を獲得できます。ただ、新規に申し込むひとにかぎります。「リピート」の電子書籍は800ポイントで読めますので、無料で読むことができます。楽天カードは入会金、年会費無料ですので、こちらから楽天カードを申し込んでみてください。はじめの2000ポイントは、カードが来てからになります。注意することは、VIZAやJCBではなくてマスターカードで申し込むことです。

≫楽天カードの申し込みはコチラ!

キャスト

  • 篠崎鮎美 貫地谷しほり
  • 天童太郎 ゴリ(ガレッジセール)
  • 毛利圭介 本郷奏多
  • 風間 六角精児
  • 大森知恵 安達祐実、食品化学の研究員
  • 滝沢佐知子 手塚理美、専業主婦
  • 郷原俊樹 清水圭、サラリーマン
  • 坪井要 猪野広樹、東大受験を目指す予備校生
  • 髙橋和彦 福田転球、トラック運転手
  • 町田由子 島崎遙香、毛利圭介の彼女
  • 久瀬一樹 松田悟志、篠崎鮎美の彼氏

各話のあらすじ

以上、ドラマ「リピート~運命を変える10か月」の2話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. ケツメイシ
  2. お見合い
  3. 人生の転機




疲れたときにおススメ

  1. 私を旅館に連れてって
  2. GTO
  3. お義父さんと呼ばせて
  4. カエルの王女さま
  5. TOKYOエアポート
  6. プロポーズ大作戦
  7. 鹿男あをによし
  8. 海月姫
  9. 王様のレストラン
  10. ヒガンバナ

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 番人!
  2. ウチに住むオトコ
  3. オーマイビーナス
  4. 輝け、ウンス!
  5. 魔女の法廷
  6. 総理と私
  7. 逆賊ホンギルドン
  8. キャリアを引く女
  9. 雪の女王
  10. ヒーラー
スポンサーリンク

最新情報

  1. J1昇格プレーオフ
  2. J2リーグ2017
  3. NBA2017-2018
  4. 僕とシッポと神楽坂
  5. 大恋愛
未解決の女
  1. ドクターX
  2. コード・ブルー
  3. 家売るオンナ
  4. 脳にスマホが埋められた!
  5. IQ246~華麗なる事件簿~
  6. おんな城主直虎
  7. チーズ
  8. 椅子
  9. 下町ロケット2

多くの人に読まれている情報

  1. ジャラジャラの実マッド・トレジャー
  2. 嫌われる勇気
  3. 相続者たち
  4. CRISIS公安機動捜査隊特捜班
  5. WITH LOVE
  6. 突然ですが、明日結婚します
  7. 奥様は、取り扱い注意
  8. 絶対零度
  9. 逃げるは恥だが役に立つ
電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結
PAGE TOP