リバース

ドラマ「リバース」9話のあらすじ(ネタバレ)と感想!脅迫メールは誰?

ドラマ「リバース」の9話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。美穂子は警察に出頭しました。小笠原は何者かに刺されてしまいます。


スポンサーリンク


9話以外のあらすじ

ドラマ「リバース」のキャスト

  • 深瀬和久 藤原竜也
  • 越智美穂子 戸田恵梨香、深瀬和久の恋人
  • 乾佳介 バッファロー吾郎A、珈琲店「クローバーコーヒー」のマスター
  • 乾恭子 YOU、乾佳介の奥さん
  • 広沢由樹 小池徹平、山本ゼミの仲間、10年前の事故で遭難
  • 広沢忠司 志賀廣太郎、広沢由樹の父親
  • 広沢昌子 片平なぎさ、広沢由樹の母親
  • 谷原康生 市原隼人、山本ゼミの仲間
  • 谷原明日香 門脇麦、村井隆明の妹で、谷原康生の妻
  • 谷原七海 古田結凪、谷原康生と明日香の娘
  • 村井隆明 三浦貴大、山本ゼミの仲間、父親の村井明正の秘書
  • 村井香織 趣里、村井隆明の妻
  • 村井明正 村井國夫、神奈川県議会の議長で村井隆明と明日香の父親
  • 甲野伸之 山崎銀之丞、村井明正の第一秘書
  • 沼淵ことは 篠原ゆき子、神奈川県議会の女性議員、村井隆明の浮気相手
  • 浅見康介 玉森裕太、山本ゼミの仲間、高校教師
  • 森下泉 藤本泉、浅見康介の同僚
  • 藤崎莉子 山口まゆ、浅見康介の教え子
  • 相良了平 鈴木仁、浅見康介の教え子
  • 小笠原俊雄 武田鉄矢、フリージャーナリスト

原作との相違点

原作との相違点を載せておきます。参考にしてみてください。

  • 主人公たちが25歳、つまり広沢の事件から3年後のこと
  • 小説の事件は夏で、原因は台風
  • 深瀬和久が一人で捜査をする
  • 捜査というよりも、広沢の過去の調査

などですね。犯人を見つけるというよりも、自分を見つめ直す旅に出るという感じです。

ドラマ「リバース」のストーリー

深瀬和久(藤原竜也)は、事務機器のセールスマンでした。あるひ、行きつけのコーヒー店のママのおかげで、恋人ができます。近所のパン屋に勤める越智美穂子(戸田恵梨香)でした。今までの人生にないくらい、幸せで、順風満帆に進むかと思っていましたが、ある日、ドアの前に「ひとごろし」と言う紙が貼られて、美穂子の所にも「深瀬和久はひとごろし」という告発文が届けられます。

ごまかしきれないと思った深瀬はそれまでの人生で、唯一犯してしまった罪を美穂子に話しだしました。

深瀬は、大学時代に、同じゼミ仲間で、広沢由樹(小池撤兵)という人生の中で初めての大親友がいました。ある日、卒業旅行で、ゼミ仲間と長野県の斑岡高原にスノボ旅行に行きました。メンバーは、谷原康生(市原隼人)、村井隆明(三浦貴大)、浅見康介(玉森裕太)と広沢と深瀬の5人でした。村井は前日に交通事故を起こしてしまい、チョット遅れるということで、浅見と広沢の運転で長野県までやってきました。途中、おそば屋さんによりますが、広沢だけは大好きなカツカレーを食べに行きます。そのあと、道の駅によって、はちみつなどの食材を仕入れて斑岡高原にある村井の別荘に着くことができました。

別荘に着いた4人は、食事の準備を始めます。お酒を飲みながらの焼肉でした。食べ終わったころ、村井が駅に着いたという連絡が入ります。雪が降っていたので迎えに来いということでしたが、ワインを飲んでしまった浅見は、「ムリ」と言って広沢に行かせようとします。ビール2本飲んだ広沢は、3人の空気から自ら行くことを告げます。そんな広沢に、眠気覚ましのコーヒーをポットの入れて深沢が持たせました。途中で買ったハチミツもコーヒーに入れました。広沢は、途中の崖から車ごと落ちて亡くなってしまいます。ビールを飲んでる広沢に、迎えに行かせたことに罪の意識を感じた4人は、お酒のことは警察に黙っていて、そのまま事故として扱われました。

小笠原という元警察官のフリージャーナリストが現れて、周囲を嗅ぎまわりました。同時に、深瀬以外の所にも、おなじような告発文が書かれたビラが大量に配られました。一度、4人で集まりますが、解決策が出ないまま別れてしまいます。村井は、谷原と浅見が怪しいと思っていて、深瀬は谷原が怪しいと思っています。そんな中、深瀬と浅見が見つけたサッカー部の飲酒が大問題になってしまい、PTAから深瀬に接触があります。望むものは何でも提供するので、偽証してくれということでした。深瀬が悩んでいると、谷原が、駅のホームから何者かによって突き落とされたと、連絡が入ります。

谷原は、入院しますが、意識が戻らないままでした。深瀬は、浅見の高校のPTAから偽証を依頼されますが、勇気をだして本当のことを会議で話しました。会社では受注がなくなって責められますが、浅見からは「俺はいい友達を持ったよ」と言われました。そして、浅見は、広沢の事故のとき、現場から村井が逃げ出したところを見たと深瀬に伝えました。

村井は、ことはとのことがスクープされて深瀬の所に逃げてきました。美穂子は、知らない男に付け狙われて襲われますが、寸前のところで深瀬が助けに入ることができました。村井は秘書の甲野に言われて、ことはと別れますが、そのあと行方不明になります。その直前、広沢の事件のときに、車が落ちた道路で浅見と谷原が何かを隠ぺいしていたようだと深瀬に告げました。深瀬の所には、「これ以上、事件のことは嗅ぎまわるな」という脅迫のメールが届いていました。

深瀬の所に小笠原がやってきて、二人で美穂子を襲った男をつかまえることができました。ただ、深瀬のところに貼った告発文ともう一通にしか関係していませんでした。小笠原に相談して、広沢のことを良く知ってる人を探すことにして、浅見と二人で事故現場の長野と広沢の実家の愛媛に行きました。広沢の高校時代の友人たちに会いますが、いまでも恨まれていました。東京に帰ったあと、広沢の彼女だった河部という女性が載ってる卒業アルバムを送ってきてくれました。4人集まってみてみると、広沢の彼女は美穂子でした。谷原の野球チームにも良く来ていて、ホームから落とされたときも、谷原と一緒にいましたた。村井の選挙事務所にもボランティアとして参加していました。告発文を送ったのは、美穂子だと分かりました。

深瀬は、大阪から帰って来た美穂子からすべてのことを聞きました。美穂子は、今までのことはすべてウソだと言って警察に出頭しました。落ち込んでる深瀬に小笠原から電話が来ますが、小笠原が話している途中にヘルメットをかぶった男に刺されてしまいます。

ドラマ「リバース」9話のあらすじ

美穂子(戸田恵梨香)は警察に出頭すると言って出て行き、電話をしていた小笠原(武田鉄矢)は何者かに刺されてしまいました。

深瀬(藤原竜也)が歩いていると、再び、

「10年前の事件を追いかけるな。無視すれば次の犠牲者が出る」

とメールが来ました。

谷原(市原隼人)は、明日香(門脇麦)に告発文の犯人が分かったと言います。その犯人から聞いたことを深瀬が皆に言うので、集まることになりました。その日の夜、谷原や明日香、村井(三浦貴大)と浅見(玉森裕太)が待ってるところに、深瀬がやってきます。

深瀬は告発文の犯人が美穂子だったことと、小笠原が刺されたこと、2回目の脅迫メールが来たことをみんなに話します。すると、病院を抜け出した小笠原がやってきました。村井がなぜ付け回すのかと聞くと、小笠原は、ある週刊誌から頼まれて、ある議員の不正献金を取材していたと話しだします。その議員の息子が村井でした。運命だと思った小笠原は、付きまとうようになったんです。

小笠原は、

「広沢(小池徹平)くんの車が爆発した時、きみはどこにいた?」

と、ストレートに聞きました。村井は、事故現場に行ったときに、父親に火をつけろと言われたけど、絶対にやっていないと小笠原に言いました。小笠原は、深瀬に来た脅迫メールを見ます。小笠原は、

「あのとき、見たことを話してれば、こんなことにはならなかったんだぜ。操作が打ち切りになることもなかった。事実から目をそらして、ごまかしても、必ずつけは回ってくる。きみたちは、ここからの人生の方が長いんだ。もうごまかすのはやめよう。ここでけりをつけよう」

とみんなに言います。

 

深瀬が家に帰ってくると、警察から電話がかかってきました。告発文について事情を聴きたいと言うことでした。深瀬たちが事情を聞かれた後、美穂子は釈放されます。

深瀬が警察から帰るときに、美穂子を見かけました。慌てて声をかけると

「もう会いたくないの。連絡もしてこないで」

とニコリともせずに歩いて行ってしまいました。

ある日、深瀬が家に帰ってくると、村井が立っていました。家の中に入れると、事故以来ずっと逃げてきたと言います。そして、脅迫メールに心当たりがあると言いました。詳しいことが分かったらすぐに教えると言って帰っていきました。

浅見が学校に復帰すると、サッカー部の何人かがやってきて謝りました。深瀬が言った言葉、

「みないふりしても、消えてなくなることはないんです。後で必ずつらくなる。周りの人を傷つけてしまうこともある」

が、ずっと心に突き刺さっていて、苦しかったようです。サッカー部は、やはりビールを飲んでいました。浅見はその夜、喫茶店で、深瀬にそのことを話しにやってきました。ママから、美穂子が大阪に帰ってしまうことを教えてもらい、「どうするの?」と聞かれました。浅見は、警察の場面を見ていて、美穂子が玄関を出たときに苦しい表情をしていたのを見ていました。浅見は、美穂子に連絡を取ることを勧めましたが、深瀬は断りました。

そのとき、小笠原から電話がかかってきました。刺した犯人が分かったということでした。金で雇われていたようです。

打ち合わせはできているという小笠原に深瀬がついて行くと、それは村井の父親でした。秘書の甲野(山崎銀之丞)が小笠原に何の用かと尋ねると、

「深瀬君に脅迫メールを送ったのは、あんただね」

と秘書の甲野を指さしました。秘書は、周りにいた人たちを下に行かせると、小笠原は説明を始めます。

広沢の事故があったとき、酒を飲んでいたことがばれると困るので、村井の父親が、村井の妻の香織(趣里)の父親に頼んで捜査を打ち切らせたんです。その結果、村井は香織と結婚することになりました。最近、深瀬と小笠原が嗅ぎまわっているので、ばれるとまずいと思った甲野が金を雇って小笠原を襲わせたんです。甲野は、村井の父親の後釜を狙っていました。

すべてばれた甲野は、村井に、政治家としての資質がないと言います。父親には、25年間、ずっと尻拭いをしてきたと言って、暴れだしましたが、警察がやってきて連れていかれました。

村井は、一人会場に戻ってくと、屋上に上がっていきます。深瀬がその後を追いかけると、屋上から下を見ていました。

「まて、はやまるな!」

弔いに言うと、「ただ、見ていただけだよ。そんなわけない」と笑いながら言いました。

 

深瀬と小笠原が歩いていくと、「残る謎は一つだ」と小笠原が言います。

車ががけから落ちたら、道路に血痕が残るはずはない、誰かほかに人がいたはずだといいます。そして、テントウムシのキーホルダーの持ち主のリストが分かったと言って、見せてくれました。そして、美穂子の処分が厳重注意と決まったことを言います。谷原が、自分で落ちたと言い張ったようです。良かったという深瀬に、逆に辛いかもと言います。罪を償いたいのに、償わせてもらえないので、それはそれでつらいと言います。

村井も谷原も浅見も、ちょっとずつ自分の人生と向き合い始めました。

浅見は、クローバーコーヒーに行って、大阪に帰ろうとしていた美穂子を呼び出してもらいました。

「おせっかいかも知れないんですが、深瀬とは会わないんですか?」

「わたしは彼をだましてたんですよ。わたしには、彼に会う資格はないんです」

「でも、ウソをついたまま別れるのって、つらくないですか?

 

ある日、谷原は、娘と浅見を連れて深瀬を呼びに来ました。嫁感謝デーと言って、遊園地に連れ出しました。その帰り道、美穂子の家の近くに行くと、ちょうど、引越しのトラックが出る所でした。

「おまえどうしたいの?」

「このまま別れて後悔しないの?」

と二人に言われた深瀬は、

「見送れてよかったよ。ありがとう」

と言います。「深瀬」と二人に言われますが、下を向いたままでした。谷原は、「羊飼いのままでいろよ」と言って車をだしました。チョット走ると、深瀬が「止めて!」と叫んで、車を降りました。

深瀬が追いついて、道路の反対側から声をかけました。

「おれ、美穂ちゃんといるときが一番たのしくて、一番幸せで、だから騙されてても、憎まれてても、おれ、美穂ちゃんの事好きだから、だから・・」

 

その夜、クローバーコーヒーで二人で話しました。

「本当は、わたしもちゃんと話したいと思ってた。この間、会いたくないって言ったのはウソ。ヒドイこと言ってごめんなさい。わたし、また、同じ間違い繰り返すところだった。広沢くんにも、ひどいこと言ったんだよね。就職しないで別れるなんて。あとで取り消したくても謝りたくても、もう二度と会えないのに」

「広沢には、ちゃんと伝わっていたんじゃないのかな?美穂ちゃんのホントの気持ち。」

「どうだろ。想像しても分からないんだよね。あのとき、広沢くんが何を考えていたのか。わたし、ほんとは何も知らないのかもしれない」

そう言われると、深瀬は、広沢のことで気が付いて書きとめたノートを見せて、このノートをいっぱいにしたいと言います。美穂子もそのノートに書いていきたいと言って、書き始めました。それを見ながら、深瀬は思いました。

<もう逃げない。これからは過去にきちんと向き合いながら、少しでも前に進みたい。一歩ずつでも、ゆっくりでも。人は変われると信じたい。でも、真実はいつだって容赦ない>

美穂子は、広沢について覚えてること一つずつ書いていくと、

「広沢は、そばが食べられない」

と書きます。広沢はそばアレルギーだったと美穂子がはなします。深瀬は、斑丘高原に行ったときに、広沢だけがそば屋でなくカレー屋さんに行った理由が分かりました。カレー好きだったということではなくて、アナフィラキシーショックを起こすので、ぜったに食べてはいけないものだったんです。

「しらなかった。そんな大事な事」

と深瀬はつぶやきます。そこに、ママがコーヒーを持ってきました。一緒に持ってきたのは、高原ハチミツでした。そのはちみつをなめてみた深瀬はあることに気が付きます。それは斑丘高原で買ったものと同じもので、広沢が車で迎えに行くときに、広沢に持たせたポットのコーヒーの中に入れたハチミツでした。そのはちみつは、そばの花のハチミツでした。深瀬は気が付きました。

「・・・広沢をころしたのは、おれだった」

(⇒ 最終回のあらすじ

ドラマ「リバース」9話の感想

ついに、本当の犯人がわかってしまいまいした。のちほど感想を載せて行きます。

湊かなえさんの著書

湊かなえさんは、「イヤミスの女王」と呼ばれています。その意味は、「読んでいやな気分になるミステリー」だと言うことです。つまり、読んだ後の後味が悪いということのようです。この「リバース」でも、最後の1行でそれまでの雰囲気を壊してくれていやな気分にさせてくれます。ただ、ドラマでは、その後の話も描かれるようで、小説とは違う結末になってるようですので楽しみです。

湊かなえさんのおすすめの著書は、

などですね。やはり、告白が映画化もされていますし、一番面白いのではないかと思います。

以上、ドラマ「リバース」の8話のあらすじや感想、湊かなえさんの著書についてでした。

あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

40歳で人生を見直す

  1. 幸せ
  2. 人生の転機は40代
  3. 結婚

疲れたときにおススメ

  1. オーファンブラック
  2. いつまでも白い羽根
  3. 北の国から
  4. 大奥
  5. ゴーストライター
  6. 残念な夫
  7. ミスデビル
  8. あぶない刑事
  9. 探偵物語

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 1%の奇跡
  2. ミッシングナイン-1
  3. 応答せよ1997
  4. 青い海の伝説
  5. 君を守りたい
  6. じれったいロマンス
  7. 推理の女王
  8. シンデレラと4人の騎士
  9. 星から来たあなた
  10. メロホリック
スポンサーリンク

最新情報

  1. おくら
  2. アンフェア
  3. グッドモーニングコール
  4. ウォーターボーイズ
BG~身辺警護人~
  1. ロンドン
  2. リバース
  3. 靴
  4. いつまでも白い羽根
  5. 99.9-刑事専門弁護士シーズン2
  6. 夏のひんやりグッズ
  7. 結婚式

多くの人に読まれている情報

  1. 母になる
  2. 99.9-刑事専門弁護士シーズン2
  3. 僕のいた時間
  4. 麗
  5. Bリーグアーリーカップ2017
  6. 家売るオンナ
  7. J1昇格プレーオフ
  8. 99.9-刑事専門弁護士シーズン2
電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結
PAGE TOP