陸王

ドラマ『陸王』のキャストと1話のあらすじと原作。★モデル企業は「きねや足袋」

陸王
LINEで送る
Pocket

今夜のドラマは?
アンナチュラル 2話

ドラマ『陸王』のキャストや1話のあらすじ、感想、視聴率、無料で見れる動画などを紹介します。『陸王』は池井戸潤さん原作の小説で、モデル企業は埼玉県行田市にある「きねや足袋」さんです。主演は役所広司さんで、多くの人の協力を得ながら、ランニングシューズをつくっていくドラマです。


スポンサードリンク


ドラマ『陸王』のキャスト

  • 宮沢紘一 役所広司、こはぜ屋の4代目社長
  • 宮沢大地 山﨑賢人、紘一の息子
  • 宮沢茜 上白石萌音、紘一の娘
  • 宮沢美枝子 壇ふみ、紘一の妻
  • 安田利充 内村遥、こはぜ屋の係長
  • 仲下美咲 吉谷彩子、こはぜ屋の縫製課従業員
  • 水原米子 春やすこ、こはぜ屋の縫製課従業員
  • 西井冨久子 正司照枝、こはぜ屋の縫製課従業員
  • 富島玄三 志賀廣太郎、こはぜ屋専務取締役
  • 有村融 光石研、スポーツショップ経営者
  • 江幡晃平 天野義久、椋鳩運輸セールスドライバー
  • 飯山晴之 寺尾聰、シルクレイの特許所持者
  • 飯山素子 キムラ緑子、晴之の妻
  • 茂木裕人 竹内涼真、ダイワ食品陸上部部員
  • 平瀬孝夫 和田正人、ダイワ食品陸上部部員
  • 小原賢治 ピエール瀧、アトランティス日本支社営業部長
  • 佐山淳司 小藪千豊、アトランティス日本支社営業
  • 村野尊彦 市川右團次、シューフィッター
  • 坂本太郎 風間俊介、さいたま中央銀行行田支店銀行マン
  • 家長亨 桂雀々、さいたま中央銀行行田支店支店長

ドラマ『陸王』の1話のあらすじ

ドラマ「陸王」は、有料ですがこちらで見ることができます。⇒U-NEXT

 

埼玉県行田市にある足袋製造会社「こはぜ屋」では、つま先を縫う専門のミシンが1台壊れてしまい、四代目社長・宮沢紘一(役所広司)は、取引先に待ってもらう電話をしましたが、お客さんが待ってるので、明日の朝までに作って持ってこなければキャンセルだと言われました。

宮沢社長は最近つぶれたメーカーにあるかもしれないと三重県にあったその会社に、安田利充(内村遥)と二人で向かいました。その会社に入って倉庫に入ると、ごみの中に埋もれたミシンを5台見つけることができました。急いで持ち帰って壊れたミシンを直すことができましたが、納品期限の深夜0時の出荷には間に合わず、300万円の損失を出してしまいました。

 

数日後、宮沢社長と富島玄三専務(志賀廣太郎)と二人でさいたま中央銀行行田支店に行って、担当の銀行マンの坂本太郎(風間俊介)に2000万円の融資をお願いしました。坂本は、融資はOKしてくれましたが、このままではこはぜ屋はつぶれるので新規事業をしてみてくださいと言われました。

そこに会社から検針もれがあったと連絡がはいりました。すぐに戻って返品になった足袋の再検針を頼みました。息子の大地(山﨑賢人)の仕事だと聞いて、

「就職が決まるまでの腰かけだと思ってるんじゃないのか。そんなことだから泣いてのひとつももらえないんじゃないのか」

とつい言ってしまいました。大地は、宮沢をにらみつけて歩いていってしまいました。

宮沢は検針漏れのあった大徳デパートに行って謝りますが、来月から仕入れを減らすことになったと言われます。売り場縮小のためでした。ショックを隠しきれない宮沢は、帰り道、ビールを飲んで帰りました。その途中、娘の茜(上白石萌音)からスニーカーを買ってきてとメッセージが入りました。

宮沢がスニーカーショップに行って、希望のサイズを待ってると、壁に5本指スニーカーの世界的メーカーVibramの「Five Fingers」のポスターがはってあり、実物も販売されていました。吸い寄せられるようにそのスニーカーを取ると、

<軽い。こんなもの、売れるのか?>

と心の中で思いました。そこに店員がスニーカーを持ってくると、Vibramもすごい人気のランニングシューズだと説明してくれました。レジに向かう途中、銀行の坂本の言葉が響いてきてあることを閃きました。

 

Vibram社のパンフレットを持って会社に戻って、銀行マンの坂本に相談してみると「良いアイデアだと思います」と言われました。そばで聞いていた富島専務は、昔からマラソン足袋というものがあって、ストックホルムオリンピックでもはいていたけど、結局、ランニングシューズに負けたんですと言って「私は反対です」と歩いていきました。

大地が就活で疲れて公園で友人と座ってると、ダイワ食品陸上部の部員たちが練習していました。その中に、憧れの茂木裕人(竹内涼真)の姿を見かけて大地は立ち上がりました。

茂木が競技場まで戻ってくると、アトランティスのシューフィッター、村野尊彦(市川右團次)が茂木のシューズの調子を見てくれました。足の様子を見て、次のレースは休んだほうが良いといいました。そこにアトランティスの営業部長小原賢治(ピエール瀧)と営業の佐山淳司(小藪千豊)がやってきて、ライバルのアジア工業の毛塚(佐野岳)にも同じシューズをはいてもらうようになったので、次のレースはぜひがんばって結果を出してくれと言われてしまいました。村野がとめようとしますが、茂木は出ることになりました。

銀行では、坂本が、こはぜ屋にはもう融資はできないと課長から言われていました。

翌日、坂本は宮沢を連れて、スポーツショップをしてる有村融(光石研)のところに行きました。ランニングシューズを作るにはまず走ることを知らないといけないと言うことでした。有村は、ランニングがブームになってるけれども、怪我が多くなってきてると言います。その原因は、最近のシューズはかかとが厚いのでヒール着地になってるためにひざによくないせいだと言いました。本来なら、ミッドフット着地が良いといいます。そのミッドフット着地は、足袋のような底の薄い靴で習得できると言うことでした。それが完成すれば、人類本来の走りを可能にするとまで言いました。

宮沢はそれを聞いて、感動しました。そして、有村にさそわれて豊橋国際マラソンを見に行く約束をしました。

会社に帰って大地にその話をすると、いっしょに見に行くことになりました。

 

マラソン当日。茂木も毛塚も出てきました。二人は大学の箱根駅伝のライバルで、社会人になってはじめての勝負でした。茂木は毛塚に1回しか勝っていないので、かなり思い入れがあると有村は説明してくれました。

マラソンが始まって、30km地点でケニア人選手と茂木と毛塚の3人がトップ集団を作りました。ケニア人選手はミッドフット着地で、日本人の二人はヒール着地でした。茂木は残り数キロのところでトップに踊り出ました。が、あと少しということろで、突然足を押さえて倒れてしまいました。シューズフィッターの村野が心配していたとおりに、太ももが故障してしまいました。

太ももを押さえた茂木が抱えて連れて行かれる後姿を見て、宮沢は心に決めました。

「ドンだけ努力したって、できないことってあんだよな~」

「大地、とうさん、ランニングシューズ作ってみようと思う」

「何言ってるんだよ。そんなこと簡単にできるわけないじゃん」

「わかってる。でも、やってみようと思う」

 

宮沢は会社に戻って、専務と縫製課のリーダー正岡あけみ(阿川佐和子)と安田、銀行マンの坂本に、マラソン足袋を作ると告げました。すると、専務から先代も作ったことがあって失敗したことがあるといって反対しました。宮沢は、足袋だけじゃ面白くないと言って、専務に許しを乞いました。

コンセプトは、「怪我をしにくい靴で、軽さとフィット感があるはだし感覚の靴」でした。

そして、2週間後、試作品第一号が完成しました。早速宮沢がはいてランニングに行きました。が、あちこち擦り傷ができてしまいました。その日の夜、大地が帰ってきたので、開発に加わってみないかと聞いてみましたが、内定がもらえないことでいらいらしているようで、怒鳴って部屋に行ってしまいました。

銀行では、融資を出せないと支店長に言われて、坂本が食い下がって融資の継続をお願いしてました。

宮沢は、昔長距離をやっていたという椋鳩運輸の江幡晃平(天野義久)にも見せて改善点を聞いてみました。その後、通常の業務の後、試作品を作り続けて、江幡の知り合いの陸上部員にも試してもらって作り続けました。

 


スポンサーリンク

2ヵ月後、試作品の2号ができて、スポーツショップの有村にはいてもらって試してもらいました。履き心地などは良かったのですが、耐久性が低いのではないかと言われてしまいます。ソールはシューズの命なので、ソールを開発してくれと言います。

ただ、矯正用のシューズなら何とかなるといわれます。そして実績を作るために、怪我をした選手や悩んでる選手にはいてもらってフォームを変えてもらえば良いといいました。それを聞いて、茂木のことを宮沢は思い出しました。

宮沢は、アトランティスに行って陸上部の監督にお願いしますが、「実験台にするのか?」と言われてしまいます。宮沢はとりあえず渡してくれと言って帰りました。監督はシューフィッターの村野と営業マンの佐山淳司にその話をして足袋を見せました。茂木はまだ治りきっていなくて、フォームを改造中で、シューズも変えないといけないと村野と監督が言うと、佐山は足袋をゴミ箱に入れて行ってしまいました。佐山が、茂木の怪我のことを部長に話すと、シューズや走法を変えることは、できないとにらまれました。

宮沢が会社で電話を待ってても全然きませんでした。そこに、縫製部リーダーのあけみがやってきて、社員がそろそろ限界に来てるといいました。宮沢は融資をお願いに行きましたが、坂本は出張中で支店長と課長が出てきて、融資はできないと断られました。融資をしてもらうためには、リストラなどの再建案を示してくれと言われました。

宮沢は会社に帰って専務に相談すると、銀行の言うことはもっともだから、自分を真っ先にリストラしてくれと言われてしまいます。大きな声で話してる所を社員に聞かれてしまいます。

銀行では、坂本が出張から帰ってきて、融資をお願いしましたが、転勤を言い渡されました。

 

会社では、社員にリストラの話が伝わりましたが、宮沢が一同を集めてリストラはしないという話をしました。専務に怒られながら部屋に帰ってくると、有村から電話がかかってきました。東京の学校で体育シューズの見直しがあって、1800足くらいの需要があると言う話でした。ただ、もう一社とのコンペだと言うことでしたが、その日の夜、坂本がやってきてその話をしました。

コンペの日、体育館に集まった何百人の前でコンぺが始まりました。

一通り話して終わって体育館からでると、アトランティスの社員とすれ違いました。コンペの相手はアトランティスでした。

宮沢が居酒屋で専務やあけみたちとコンペの結果を待ってると、「見送り」の連絡が入りました。理由は使用例がないということでした。アトランティスの金額は2倍以上の高いものでしたが、実績で負けました。

坂本を待っていましたがきませんでした。江幡から転勤の話を聞いてすぐに宮沢が電話しますが、坂本は力が足らずに転勤になってしまったと言いました。そして、翌日、引継ぎの挨拶に行くので、そのときまでに銀行のいうとおりリストラして融資をうけるのかどうかを決めておいてくれと言われました。ただ、そのあと、坂本は泣きながら、マラソン足袋を作ってくことが、こはぜ屋の生き残る道だから、宮沢の考えてるとおりにマラソン足袋を作り続けてくれと言いました。

翌日の朝、あけみから、坂本の転勤はこはぜ屋のせいだと聞かされます。

しばらくすると、坂本が課長を連れてやってきました。課長は、開口一番、宮沢の前で坂本を叱責しました。そして、リストラをすすめてきました。ただ、宮沢は、「マラソン足袋の製作をつづけます」と言い切りました。そして、「坂本さんは同志だ。その同志をばかにしないでもらいたい」と課長をしかりました。そして、先代が作ったマラソン足袋を見せて、これはたすきだと力説しました。外で聞いていた社員たちは喜んで、マラソン足袋作りに向かいました。

宮沢は銀行の課長に、忙しいから失礼するといって部屋を出て行って、社員の前に行きました。そして、マラソン足袋の名前を決めたと発表しました。それは「陸王」でした。

坂本は帰り際、ソールの素材になればと言って、シルクレイと言う素材を置いて帰りました。

 

ダイワ食品陸上部では、掃除のおばさんがゴミ箱から茂木の名前が書いてあった陸王を拾い出して茂木に届けてくれました。

(⇒2話のあらすじ

出演者のコメント

役所広司さんのコメントです。

原作の中で “私は『陸王』というシューズを企画して、試行錯誤しながらここまで来た。その過程で色んなことを学ばせてもらったけど、中でも特に、教えられたのは人の結びつきだ”と言った宮沢社長は、決して経営者として才能ある人物ではないけれど、彼には、人を惹きつける不思議な魅力があります。
その魅力を試行錯誤しながら、見つけていこうと思います。
たくさんのユニークで魅力的な登場人物たちとドラマの中で会える日を楽しみにしています。(出典:番組HP

やはり、人と人の結びつきはたいせつだと思います。

山﨑賢人さんのコメントです。

宮沢大地と同じ23歳になる年に、この役に巡り会えてとてもうれしいです。熱意もなく、自分が本当にやりたいことも分からず悶々としている中で、こはぜ屋の人たちが持つ情熱や義理人情に触れて、大地がどう変わっていくのか。その様がこれから社会に出ていく皆様の力になることを願っています。足袋作り百年ののれんを掲げるこはぜ屋。その伝統を背負いながら挑戦をやめない親父の背中から、いろんなものを感じて、大地として生きていきたいと思います。(出典:番組HP

今の若者たちの多くが、大地のように悶々としているのではないでしょうか。そういう人達にゼヒ見てもらって、何かを感じてもらいたいとわたしも思います。

竹内涼真さんのコメントです。

茂木裕人にすごく運命的なものを感じています。怪我で一線を退いてしまうスポーツ選手はたくさんいると思います。僕もその1人でした。その中で怪我から気持ちを切らさず這い上がる茂木裕人を、僕自身の経験と照らし合わせながら自分にしか出来ない茂木を繊細に表現していきたいと思います。また、テレビ中継や ニュースなどではあまり描かれない選手をサポートする企業、スタッフ、シューズ等、人と人との繋がりや支え合う姿にも注目していただければと思います。茂木裕人という魅力的なこの役を1話1話ストイックに全力で演じ、皆様に愛される作品になるよう頑張ります。(出典:番組HP

竹内涼真さんは最近、人気急上昇中の若手俳優です。「過保護のカホコ」のときも、いい演技をされていました。このドラマで、また一皮むけるような気がします。

原作は、池井戸潤さんの「陸王」ですが、実際に、埼玉県行田市にモデルにされた企業があるということです。それは、「きねや足袋」さんという会社で、今でも足袋やシューズをつくられています。ランニング足袋はこちらから見ることができます。

他のメーカーでも同じようなものがありました。

世界的にはビブラムが有名です。

ドラマ『陸王』のスタッフ

ドラマ『陸王』のスタッフは、

  • 脚本 八津弘幸
  • 演出 福澤克雄
  • 原作 池井戸潤「陸王」

脚本の八津弘幸さんは、1971年生まれの46歳の漫画原作者、小説家、脚本家です。日本大学芸術学部卒業後、フジテレビのAPを経て、1999年まで契約して、劇団方南組に参加されました。その後、2007年くらいから脚本を書かれていて、「半沢直樹」「ルーズヴェルト・ゲーム」「流星ワゴン」「下町ロケット」「小さな巨人」などを書かれています。

演出の福澤克雄さんは、1964年生まれの53歳の演出家、映画監督です。福澤諭吉の玄孫です。「3年B組金八先生」「理想の結婚」など多くのドラマを演出されています。また、「半沢直樹」「ルーズヴェルト・ゲーム」「流星ワゴン」「下町ロケット」「小さな巨人」を演出されています。

原作の池井戸潤さんは、1963年生まれの54歳の小説家です。1988年、三菱銀行に入行されて32歳のときに退行されて、コンサルをしながらビジネス書などを書かれていました。同時に子供のころからの夢だった江戸川乱歩賞を目指して、小説を書き始めて、1998年に江戸川乱歩賞を受賞されました。2011年には「下町ロケット」で江戸川乱歩賞を受賞されています。多くの著作がドラマ化されています。

また、小説の「陸王」は、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

各話のあらすじと視聴率

(関東ビデオリサーチ調べ)

以上、ドラマ『陸王』のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。

今までのドラマを見るならHuluがお得です。
今なら、2週間無料でドラマも映画も見放題です!

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. プレミアムスリムビオは痩せない?効果的な飲み方と最安値で通販で買うには? プレミアムスリムビオ
  2. ドラマ「リピート~運命を変える10か月~」のキャストと1話のあらすじと相関図。主演は貫地谷しほり リピート~運命を変える10か月~
  3. ドラマ「anone(あのね)」のキャストや1話のあらすじと相関図。広瀬すずと田中裕子が! anone
  4. HuluやFODを無料で映画やドラマを見る方法。安室奈美恵さんの動画やチケットも! 映画
  5. バレンタイン2018のおすすめのチョコはアンリ・ルルー!通販で人気の16ブランドを厳選。 valentines-day
  6. ぜいたくレッドスムージーの口コミ!道端アンジェリカを目指す飲み方とは? ぜいたくレッドスムージー
  7. 「トドメの接吻(キス)」のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)と相関図。山崎賢人x門脇麦x菅田将暉 トドメの接吻(キス)
スポンサーリンク

最新情報

  1. NBA2017-2018
  2. valentines-day
  3. プレミアムスリムビオ
  4. ぜいたくレッドスムージー
  5. クロスフィットトレーニング
sunset
  1. 逃げるは恥だが役に立つ
  2. castle
  3. 突然ですが、明日結婚します
  4. ごめん、愛してる
  5. しあわせの記憶
  6. 恋がヘタでも生きてます
  7. 40代のファッション
  8. 花
  9. 視覚探偵日暮旅人

多くの人に読まれている情報

  1. 小さな巨人
  2. 余呉湖
  3. 警視庁いきもの係
  4. ドクターX
  5. ボードゲーム
  6. アメージングスパイダーマン
  7. IQ246~華麗なる事件簿~
  8. カインとアベル
  9. CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班
PAGE TOP