陸王

ドラマ『陸王』の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想!フェリックスと業務提携?

ドラマ『陸王』の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。


スポンサーリンク


ドラマ『陸王』最終話のあらすじ

フェリックスの御園社長(松岡修造)は、アトランティスの小原(ピエール瀧)と料亭で会食をしていました。御園は、宮沢(役所広司)から業務提携を提案されたといって、シルクレイは提供できなくなったと話しました。御園は、RⅡよりも陸王に可能性を感じていたといって、もしこはぜ屋を取り込めたとしてもRⅡには提供しないつもりだったといって席を立ちました。

宮沢たちは、シルクレイをもって興味のある会社を回って業務提携の話をして回っていました。が、1億ときくとどの会社も二の足を踏んでいました。ヘルメットの会社で決まりかかりますが、アトランティスがこはぜ屋の業務内容を知らせて先鋒から断ってきました。アトランティス傘下の会社がすべて敵になっていました。

その頃、大地は第一志望のメトロ電業の二次募集に応募して一次が受かっていました。大地はどうするか迷っていました。

翌日、飯山からその話をされて、メトロ電業に行けと後押しされました。その日、銀行の大橋がやってきて、支店長がシルクレイに興味のありそうな会社を教えてくれたといって、そのリストを持ってきました。支店長も宮沢のあきらめない心を少し動かしたようでした。ただ、支店長も大橋もフェリックスの傘下に入ることが一番だといいました。そこに、御園から電話がかかってきました。

坂本と二人で会いに行くと、業務提携をするという話でした。3億円を融資するけれども、5年で返却しろということでした。ただ、3年は発注をするので、それまでの間、経営基盤をしっかり作れば何とかなるといいました。返済仕切れない場合は傘下に入るというのが条件でした。

3年の間、発注するけどもそれが売れるかどうかの保障はないので、それがフェリックスにとってのリスクだといいます。だから、そのぶん宮沢にもリスクをとってもらいたいといいました。「リスクのないところにビジネスはない」と言い切りました。

会社に帰ってみんなに相談すると、いろいろな意見が出ました。宮沢はどうしたいのかと聞かれると、

「融資を受けたいと思ってる。リスクは確かにある。だけど挑戦しなければ負けもなければ勝ちもない。何も成長せずに生き延びたって意味がない。俺は勝負をしたい。このこはぜ屋を守るためには挑戦するしかないんだ。たとえ、ぜんぶうしなったとしてもしぬわけじゃない。この体ひとつ、こころひとつのこっていれば、かならずまた這い上がれる。そのことを俺は飯山さんと茂木選手からおそわった。あきらめずに挑み続ければ、かならず道は開ける。それを大地からおしえられた。ほんとの負けって言うのは、朝鮮をやめるときだ。いままでも苦しいときはたくさんあった。みんながいたからそれを乗り越えることができた、みんなには心から感謝してる。家族同然だと思ってる。だから、守りたいんだ。こはぜ屋の暖簾と陸王を。そのためなら俺は死に物狂いではたらく。だからどうか、みんなの力を貸してほしい」

とあたまをさげました。社員達はみんな、「あたりまえだろ」「わたしも」「大丈夫だよ」と言って全員が立ち上がりました。

 

大地はメトロ電業の二次面接に行きました。

こはぜ屋では、茂木選手の豊橋国際に応援しに行くことになりました。ただ、宮沢は、ずっとサポートできないサポートはサポートじゃないといって、陸王をはかない茂木選手を応援するとみんなに言いました。それを村野が聞いていました。

豊橋国際の二日前、茂木のところに小原たちがきていました。二人が帰った後、村野がやってきて陸王を茂木に渡しました。村野は5年後どうなってるのかわからないので、そんな状態で宮沢がもうサポートをする気持ちがないことと、ただ陸王を持っていてもらいたいという社員達の想いを知って、どうしても届けないわけには行かなかったと茂木に話しました。茂木は涙ぐんで「ありがとうございます」といいました。ただ、やはり今は履くことはできないといいました。村野はくいのない走りをしろと元気付けました。その話を監督がちょっとはなれたところから聞いていました。

こはぜ屋では、宮沢がミシンで足袋を縫っていました。大地がやってくると、5年後になくなってるかもしれないと思うと怖いといいました。大地は、豊橋国際の日はメトロ電気の最終面接になったからいけないと話しました。そのあと、二人で足袋をつくりました。

 

豊橋国際の日。

こはぜ屋のみんなと村野がスタート地点にいました。

大地は、最終面接を受けていました。大地は面接官に陸王を見せて、どうやって開発したかを延々と説明しました。面接官はそのことで何を学んだのかと聞くと、

「仕事の厳しさとそこに逃げずに挑戦する楽しさです。それが仕事の本当の面白さだと気づかされました」

すると、面接官から、

「きみはこの仕事を続けたいんじゃないのかい?」

と言われてしまいました。

 

茂木がシューズをはいてると毛塚がやってきて、「ちゃんと完走しろよ。このあいだのようなぶざまなすがたはゆるさねえ」といわれました。

茂木が体育館でレース前の練習してると、宮沢と村野がやってきて「あの日の茂木選手がいて背中を押してくれた」と言って感謝をしました。そして、社員達が作った手編みの紐を渡して、願掛け代わりに持っていてくれといいました。そこに、アトランティスの小原たちが来て「なにやってんだ」と文句を言いました。宮沢たちが行こうとすると、茂木が、小原に向かって

「小原さん。すみません。やはりおれは、このRⅡを履くことはできません」

「なに言ってるんだ。何を履くって言うんだ」

すると、茂木は袋の中から陸王を取り出しました。

「俺はこの陸王を履きます」

「ふざけるんじゃない。われわれがどれだけの時間と資金を費やしたかわかってるのか?」

「スポンサー契約を破ってしまったことは謝罪します。本当に申し訳ありません」

「誤ってすむ問題か。今君がすべきことはRⅡを履いてアトランティスのために走ることだ。それ以外にない」

「もうたくさんです。怪我をしてからこの2年間。都合よくはなれてく連中を何人も見てきました。いいときは擦り寄ってくるのに、悪くなるとあっという間にいなくなる。そしてレースに復帰すると、手のひらを返したかのように近寄ってくる」

「たしかに。それはわたしからも謝罪しよう。だが、だからと言って、そんな靴を履く理由がどこにある?」

「今のこはぜ屋さんは2年前の俺なんです。こはぜ屋さんは今生きるか死ぬかの厳しい譲許の中で必死で這い上がろうともがいてる。もし俺がこの陸王をはかなかったら、それは俺が苦しいときに、背を向けていった連中と同じですよ、おれは、自分が信じたものを、信じて田人たちをずっと信じて痛いんです。このシューズをはかないと、そういう自分を裏切ることになる。だから」

「わたしを失望させないでくれ。優秀なランナーなら、冷静に客観的にシューズで判断するんじゃないのか」

「確かに、いいシューズです。でも技術の差はわずかでも、こめられた思いは雲泥の差なんです。こはぜ屋さんは俺といっしょに走ってくれますよ。俺がこのRⅡを履いてたときも、気づけば隣で走ってくれてました。俺はこれからも、こはぜ屋さんといっしょに走りたいんです」

「本当にそれで後悔しないのか?これは君にとって人生の岐路だ。情に流されて大きな目標を見失ってもらいたくない。われわれならそれが出来る。これが最後の忠告だ。RⅡをはきなさい。君なら正しい判断をしてくれると信じてる」

そういうと、小原は歩いていきました。それを聞いていた宮沢は涙を流して聞いていました。おもわず駆け寄ろうとすると、係員から外に出て行ってくれといわれました。

 

いよいよスタートの時刻になりました。茂木が出てくると、その足元には陸王が履かれていました。それを見た瞬間、宮沢は涙が止まりませんでした。社員達の目にも涙があふれました。家で見ていた茜や美枝子もないていました。茂木は宮沢たちの前に来ると頭を下げてスタート地点に向かいました。佐山が茂木のところに行こうとすると、監督達が立ちふさがりました。

茂木は最初は第二集団にまぎれていましたが、25km地点でトップ集団に混ざりました。ところが毛塚はさらにトップにくっついていって、茂木との距離が離れていきました。

茂木は途中の上り坂で勝負をかけました。毛塚が2位、茂木が3位になりました。35kmの給水地点で毛塚はミスをしてドリンクを取れませんでした。すると、横に並んだ茂木が自分が飲んだ後、毛塚にドリンクを渡しました。38km地点から二人のデッドヒートが始まりました。

宮沢は40km地点に行きました。そこは、茂木が前回倒れた場所でした。大地も面接が終わってその場所にやってきました。茂木がその地点にかかると、1位を走っていた外国人の選手が足を抑えて倒れてしまいました。村野は「まずい、あのことをおもいだしてしまう。耐えろ、茂木」と叫びました。茂木の頭の中にもそのことが思い出してペースがおそくなってしまいました。

すると、沿道から

「茂木ー、あきらめるな!陸王を信じて走れ!」

という大声が聞こえてきました。宮沢と大地でした。茂木は陸王を見て再びペースを取り戻して毛塚を追いかけました。

最終コーナーを回るとき、毛塚が1位で茂木が2位でした。茂木はゴールの直前で毛塚を抜き去って優勝しました。

こはぜ屋の人たちも、銀行の大橋も御園も多くの人が喜んで幸せになりました。

インタビューに向かう茂木のところに毛塚がやってきて

「つええな。次は俺が勝つ」

と言って握手をしました。

 

優勝インタビューが始まりました。茂木は陸王を脱いでこの陸王に支えられたといってくれました。そして、

「こんな僕をずっと応援し、この陸王を作ってくれたこはぜ屋さんのみなさんに、今日の優勝をささげたいと思います。ありがとうございます」

と言って涙をこぼしました。

こはぜ屋では、電話が鳴り響いていました。

 

数日後、陸王の注文が殺到していました。すると、大地がやってきて宮沢を呼び出して話をしました。それは、メトロ電業がうかったという知らせでした。ところが、こはぜ屋の仕事を続けたい、陸王を開発する以上におもしろい仕事はないと宮沢に伝えました。

それを聞いた宮沢は、ありがとうと言ってメトロ電業に行けといいます。そして、こはぜ屋に足りないところがわかるから、こはぜ屋では得られないものを吸収して帰ってきてくれと言いました。大地は涙を流しながら「わかった。でも、いったん出たからには戻るつもりでは働かない」といいました。そして、「今までお世話になりました」と頭を下げました。

 

1年後、アトランティスでは、40人のサポートが切られた責任をとらされて左遷されました。佐山はシューフィッターの勉強をしてくるといって出て行きました。

こはぜ屋に銀行の支店長がやってきました。第二工場も出来て、うりあげは30億、社員も20名から60名に増えていました。支店長はその繁盛ぶりにおどろいて「これからもよろしくお願いします」と言って帰っていきました。すでにメインバンクは大手に代わっていました。ダイワ食品の陸上部はフェリックスが支援していました。

(おわり)

 

(おわり)


スポンサーリンク

ドラマ『陸王』のストーリー

宮沢紘一は、埼玉県行田市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長として日々奮闘していたが、年々先細る足袋の需要から、資金繰りに悩む月日を過ごしていました。そんな折、銀行担当者の坂本とのやり取りを通じて、新規事業への参入を考え始める。スポーツショップで見かけた5本指のシューズから、“裸足感覚”を追求したランニングシューズの開発を思いつきました。
従業員20名余りの地方零細企業にとって、それは苦難の道のりでした。新製品の開発には5000万円は最低かかるし、大手のブランドは1億円以上投資して、新しいモデルを作っています。ただ、宮沢は、マラソンで見た茂木選手の痛々しい姿、普通のランニングシューズでは、膝への負担が大きくてけがが多いので、それを改善したいという想いだけで突っ走り始めました。

やっと試作品の第2号ができて茂木選手に届けるも、シューズブランドのアトランティスがスポンサーとしてしっかりついてるので、見てももらえずにゴミ箱に行ってしまいました。

そんな折、協力してくれたスポーツショップのオーナーから学校で履くための1800足のシューズのコンペがあると聞きました。勇んでコンペに向かいますが、相手はアトランティスでした。金額は買っていたのですが使用例がないということで負けてしまいました。さらに、開発当初から一緒にやってきた銀行マンの坂本が支店長に逆らって転勤になってしまいました。

その坂本が、転勤の間際に宮沢に渡したものはシルクレイというインソールの素材でした。

シルクレイの特許を持ってるのは飯山という人物で、すでに会社は倒産していました。何とか探し出しますが、アメリカの企業がすでに契約しようとして今いた。それでもあきらめずに宮沢は飯山をこはぜ屋に見に来てもらって昔のことを思い出させました。ところが、契約寸前だったアメリカの会社が撤退したため、シルクレイをつかうことができるようになりました。その条件として飯山が言い出したのは、自分も陸王の開発チームに加えるということでした。

やりたいことがないまま就活をしていた大地もシルクレイのソール開発に加わり、飯山と二人で朝からソールの生地の開発に取り組み始めました。ところが、カンタンにはいかずになかなか良い固さのものができず、宮沢は銀行の定期預金を切り崩しながら、陸王の開発を続けていました。

ある日、宮沢が飯山にコーヒーを届けたことがヒントとなって、やっと求めてる固さのシルクレイが出来上がりました。

アトランティスでは、シューフィッターの村野が会社の方針や上司の言動についていけずに退社してしまいました。その村野をスポーツショップの有村が宮沢と引き合わせて、陸王の開発チームに村野が加わりました。

村野は、まずは茂木にはいてもらうのがイチバンだと話して、持っていた茂木の足形をもとに茂木専用の陸王を試作しました。それを持った宮沢と村野は茂木の所に行って、ダイワ食品陸上部のトライアルに履いてくれと渡します。それを履いて走った茂木は、途中で足がつってしまい倒れてしまいますが、「走っていてこんなに気持ちの良いシューズは初めてです」と言ってくれました。さらに、茂木からサポートしてくれと宮沢が依頼され、二人は熱い握手を交わしました。

茂木は、そのトライアルのときに、アッパー(靴の上の部分)が不安定だと感じました。それを聞いた宮沢と村野はアッパーの生地を探すことになりました。ただ、簡単には見つかりませんでした。

開発費が足袋の売上を圧迫してると専務から口酸っぱく言われてると、宮沢の頭に、ひとつのことがひらめきました。それは、開発した軽くて丈夫なシルクレイのソールを足袋に使うということでした。そのソールをつかった新しい旅「足軽大将」は大ヒットして、再び開発に取り組むことができました。そのことを銀行に伝えるて融資を頼みこむと、課長の大橋が会社に来て仕事ぶりを見にきました。イキイキと働いてる社員に感動した大橋は、満額の融資はムリだといって、代わりにアッパーに向いてる生地の会社「タチバナラッセル」を紹介してくれて、陸王にぴったりの生地を手に入れることができました。

新しいアッパーをつけた陸王を、宮沢と村野、大地が茂木の所に持っていきました。早速履いて走ってみると、その完成度や走りやすさに感動しますが、再びスポンサーになると言ってきたアトランティスのどちらと契約するか考えがまとまっていないといわれてしまいます。宮沢と大地は、スポンサーになる以前に、茂木のためにシューズを作りたい、もう自分たちの仲間だと思ってると言って、その場を去りました。

ニューイヤー駅伝のとき、バスから降りた茂木はアトランティスの靴を履いていましたが、レースの前になると、陸王に履き替えました。それを見て感動した宮沢は、「わたし達こはぜ屋は、あなたをみすてることはしない。思いは、いっしょに走ってるから」と茂木に伝え、こはぜ屋の社員たちも笑顔で手を振っていました。

茂木は、8位でたすきを受け取って、ライバルの毛塚も抜いて、2位でアンカーに渡すことができました。区間賞もとりますが、新聞には毛塚のことしか乗っていませんでした。1ヶ月後、陸王が市販されますが、認知度場まだないので、売り上げは上がってきませんでした。

すると、アトランティスの小原は、陸王のアッパーに使ってるタチバナラッセルと契約を取り付けて、こはぜ屋は窮地に立たされました。

大地は、アッパー素材をさがそうと、日本全国の織物会社をリストアップして1軒ずつ電話をかけ始めました。ところが、シルクレイの機械が爆発してしまい、シルクレイが作れなくなってしまいました。修理は不可能で、新しく作るには1億円が必要だということでした。

宮沢は、銀行に融資を頼みに行きますが断られてしまいました。そこに、坂本がやってきて銀行をやめて投資会社に転職したと聞きました。弱気になってた宮沢に、本当はどうしたいのかを良く考えてくださいと坂本から言われた宮沢は、坂本の会社に投資を頼みに行きました。

審査の結果、投資は断られますが、世界的な会社のフェリックスが買収したいという話を坂本が持ってきました。

資金繰りが悪化して赤字になった宮沢たちは、設備投資のお金もめどがつかないまま、市民駅伝に出ることにしました。その大会で、坂本から飯山がまだ陸王をあきらめていないことや、みんなで陸王をつくる意味を思い出した宮沢は、坂本に頼んでフェリックスの御園社長と会いました。熱い御園社長のコトバに心を動かされた宮沢は、御園社長と固い握手をしました。

社員に買収の話が漏れてしまい、全員が買収に反対しました。行き場のなくなった宮沢は、飯山に相談すると、「もっと悪あがきを」とアドバイスされて、買収ではなくて業務提携させてくれとフェリックスの御園社長に提案しました。買収できると思っていた御園は、「後悔させてやるぞ」と怒って白紙に戻して出ていきました。宮沢は、「そっちこそ後悔させてやる」と叫びました。

足袋型ランニングシューズ

陸王のモデルになったのは、きねや足袋さんのMUTEKIです。

他のメーカーでも同じようなものがありました。

世界的には、5本指のランニングシューズのビブラムが有名です。

ドラマ『陸王』の原作

原作の池井戸潤さんは、1963年生まれの54歳の小説家です。1988年、三菱銀行に入行されて32歳のときに退行されて、コンサルをしながらビジネス書などを書かれていました。同時に子供のころからの夢だった江戸川乱歩賞を目指して、小説を書き始めて、1998年に江戸川乱歩賞を受賞されました。2011年には「下町ロケット」で江戸川乱歩賞を受賞されています。多くの著作がドラマ化されています。

また、小説の「陸王」は、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

ドラマ『陸王』のキャスト

  • 宮沢紘一 役所広司、こはぜ屋の4代目社長
  • 宮沢大地 山﨑賢人、紘一の息子
  • 宮沢茜 上白石萌音、紘一の娘
  • 宮沢美枝子 壇ふみ、紘一の妻
  • 安田利充 内村遥、こはぜ屋の係長
  • 仲下美咲 吉谷彩子、こはぜ屋の縫製課従業員
  • 水原米子 春やすこ、こはぜ屋の縫製課従業員
  • 西井冨久子 正司照枝、こはぜ屋の縫製課従業員
  • 富島玄三 志賀廣太郎、こはぜ屋専務取締役
  • 有村融 光石研、スポーツショップ経営者
  • 江幡晃平 天野義久、椋鳩運輸セールスドライバー
  • 飯山晴之 寺尾聰、シルクレイの特許所持者
  • 飯山素子 キムラ緑子、晴之の妻
  • 茂木裕人 竹内涼真、ダイワ食品陸上部部員
  • 平瀬孝夫 和田正人、ダイワ食品陸上部部員
  • 小原賢治 ピエール瀧、アトランティス日本支社営業部長
  • 佐山淳司 小藪千豊、アトランティス日本支社営業
  • 村野尊彦 市川右團次、シューフィッター
  • 坂本太郎 風間俊介、さいたま中央銀行行田支店銀行マン
  • 家長亨 桂雀々、さいたま中央銀行行田支店支店長

最終話以外のあらすじ

以上、ドラマ『陸王』のキャストと最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。

他にも、あなたに見てもらいたい面白いドラマがFODプレミアムにあります。今なら、31日間無料で見ることができます。  

おすすめの記事

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

本日のおすすめ情報

  1. プレミアムスリムビオは痩せない?効果的な飲み方と最安値で通販で買うには?
  2. コストコの店舗の一覧と予定は?時給の高さと出店計画の土地条件が凄い
  3. ぜいたくレッドスムージーの口コミ!道端アンジェリカを目指す飲み方とは? ぜいたくレッドスムージー
  4. リッチマンプアウーマンの動画(1話~最終話)を今すぐ無料視聴する方法。
  5. HuluやFODを無料で映画やドラマを見る方法。安室奈美恵さんの動画やチケットも! 映画
スポンサーリンク

最新情報

  1. ラブリラン
  2. モンテクリスト伯
  3. 未解決の女
  4. アフリカの夜
  5. 感情8号線
この声をきみに
  1. あなたには帰る家がある
  2. PSVR
  3. BG~身辺警護人~
  4. 明日の約束
  5. アトピー性皮膚炎
  6. 99.9-刑事専門弁護士シーズン2
  7. ごめん、愛してる
  8. マチ工場のオンナ
  9. フランケンシュタインの恋

多くの人に読まれている情報

  1. 嘘の戦争
  2. 西郷どん
  3. 蛍
  4. Bリーグオールスターゲーム
  5. ドラマ「海月姫」
  6. キャリア
  7. ドラマ「海月姫」
  8. 小さな巨人
  9. レンタル救世主
  10. バドミントン
電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結
PAGE TOP