陸王

ドラマ『陸王』の6話のあらすじ(ネタバレ)と感想!茂木が陸王で駅伝を!

ドラマ『陸王』の6話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。いよいよ始まったニューイヤー駅伝。怪我から復帰し、メンバーに選考された茂木(竹内涼真)が選んだシューズは、アトランティス社の「RⅡ」ではなく、こはぜ屋の「陸王」でした。さて、結果はどうなりますでしょうか?


スポンサーリンク


ドラマ『陸王』6話のあらすじ

2018年元旦、ニューイヤー駅伝が始まりました。

茂木(竹内涼真)がはしる第6区に、宮沢(役所広司)たちこはぜ屋のメンバーが集まっていました。そこに飯山(寺尾聰)やスポーツショップの有村(光石研)もやってきました。

3区までは順調で先頭に並びかけていたのですが、4区のエースが連戦の疲れで足の故障を歌えて8位まで下がってしまいました。5区では、ライバルの毛塚がいるアジア工業が3位でたすきを受け取りました。スタートラインに並んだ茂木は、宮沢たちの声援に笑顔でうなずきました。茂木は8位でたすきを受け取りました。

すぐにひとり抜いて7位になり、すぐに6位、5位になりました。有村は6区を任された期待にこたえようとしてると言いました。6区は高低差がある難しいコースで、アンカーに渡す前にここを堂乗り切るかで勝負を決めかねないだいじな場所で、「6区で勝負が決まる」とも言われてると説明してくれました。

さらに、4位になって3位の毛塚に迫りつつありました。そのときに、向かい風が強くなってきました。村野は、向かい風は茂木に有利だといいました。トップランナーは秒単位でコースメイキングをしてるけども、それを狂わせるのは自然環境だといいました。そのときに勝負を分けるのは選手が持ってる対応力で、茂木はその対応力がずば抜けているといいました。

テレビの画面に、毛塚の後ろにいる茂木が見えてきました。ほどなく、毛塚の横に並びました。

本部にいるアトランティスの小原(ピエール瀧)は厳しい顔をしていました。

残り1kmになる前、茂木は毛塚の真後ろに入りました。スリップストリーム(風除け)でした。残り1kmになると、スパートをかけた茂木は簡単に毛塚を抜き差ってあとにおいてけぼりにしました。

アンカーは、今日で引退する平瀬(和田正人)でした。始まる前、円陣を組んでみんなに

「おれがしぬとき、今日のことを必ず思い出す。そんな走りを約束する。みんな、くいのない走りをしよう!」

と雄たけびをあげました。

茂木はその平瀬に2位でたすきを渡しました。

本部にいるアトランティスの小原は、その場面を見ていて、かならず足袋屋をつぶせと佐山(小藪千豊)に命じました。

ダイワ食品陸上部員達はゴールにやってきて平瀬を応援し始めました。平瀬はトップでゴールしました。

 

大会が終わった後、茂木は宮沢たちにあって、

「おれ、陸王はいてどんどん勝ちますから。今度は俺がこはぜ屋さんの力になりますから」

といって、熱い握手をしました。

その日の夜、居酒屋に集まったみんなの前で陸王を商品化すると発表しました。

翌日、新聞には茂木が勝ったことよりも、毛塚がまけたことが1面に載っていました。飯山は、勝ち続けて本物と認めさせるしかないといいました。

 

1ヵ月後、陸王一般モデルが店頭にならびました。ところが、実績がない陸王は並べられない店もありました。そのころ、陸王を分析した結果がアトランティスの小原に届けられました。すべてにおいてRⅡを上回ってると聞くと、すぐにそれよりうえのものを作ってくれと命じました。ただ、素材やデザインは上回ることができるけども、縫製技術は、アトランティスの技術では無理だといわれてしまいました。

陸王が発売されてから、あまり売り上げが上がっていませんでした。宮沢は会議をすると、売り方を考えるかやめろと専務から言われます。それを聞いた村野は、二人の有名なランナーからサポート契約を結びたいと言われてるといいました。また、さらに5、6人は増えるはずだといいます。ただ、サポート契約はひとり80万円くらいかかるのでコストを考えないといけないといいます。宮沢は渋い顔をしますが、大地や飯山から何のためにここまで来たのかといわれて、サポート契約をする決意をしました。

そのころ、アトランティスの小原と佐山はタチバナラッセルの橘社長と会っていました。小原はこはぜ屋におろすよりも10倍以上の売り上げが望めるので、うちと取引をしてくれと持ちかけていました。

翌日、銀行の大橋から、その話を宮沢が聞きました。すぐに、宮沢は大地といっしょにタチバナラッセルに向かいました。橘に会って、まず御礼を言ってこれからの生産予定を聞くと、こはぜ屋との取引を3月までにしてくれないかとお願いされました。宮沢は

「アトランティスにうちをきれといわれましたか?」

と直球で話しました。そして、タチバナラッセルが提供してくれないと陸王は作れないといいます。涙ながらに訴えると、橘も創業して3年で売り上げが悪くて、アトランティスの話はのどから手が出るくらいにほしいものだといいます。そして、陸王を作ってきた苦労はわかるけども、うちも助けてくださいと言いました。大地も必死になって頼みますが、宮沢は「わかりました」といいます。社長としての決断はわかるけども

「うちにとっては大迷惑だ。許しがたい裏切り行為だ。3月以降は、どんなことがあっても御社とは取引しません。金輪際だ」

そういうと、席を立って歩いていきました。そこに、アトランティスの小原と佐山がやってきました。そして、RⅡのアッパーに使用することが決まって、タチバナラッセルの素材はすばらしいと小原がほめると、宮沢は

「それはよかった。タチバナさんの素材の良さがちゃんとわかってらっしゃるということですね。もしもわたし達をつぶすためだけに、今回の契約を結ばれたというならわたしはあなたを心のそこから軽蔑するところでした」

「軽蔑だと。図に乗るな。いや、失礼した。われわれは世界に市場を持つアトランティスですよ。こういっては何だが、あなたがた、地方の零細企業をつぶすことはしない。必要もない」

「そうですよね、ですが、その零細企業だからこそ、わかることがあるんです。あのダブルラッセルという特許を得るために、橘さんは血のにじむような努力をしてきたんだということを。その技術を大企業の身勝手な都合で利用するようなことだけはどうかしないでもらいたい。立花さんのすばらしい技術を生かしてあげてください。わたし達にはその力がまだなかった。でも、アトランティスさんなら可能ですよね、それこそが大企業の役目ですよね」

「大企業の何たるかをあなたにどうこう言われる筋合いはない。うちと契約することで儲かるんだ。それでいいじゃないか」

「いや、それはちがいますよ、同じ仕事をするにも、ただ金のためにする仕事と、同じゴールを目指してする仕事は全然違う。そこには絆が生まれる。その絆が次のビジネスチャンスを生むんです。やっとそのことに気づいたんです。だからまだあきらめませんよ。世界一のシューズを作りますから」

そういうと、歩いていきました。

小原は橘が立ってることに気がつきました。橘は、RⅡを良くするために誠心誠意取り組むといいます。「そうじゃなければ、彼らにあまりにも失礼だ」と泣きながら、去っていく宮沢たちに頭を下げました。

 

大地は、帰り際、絶対に自分がアッパーを見つけると宮沢に言いました。

(⇒7話のあらすじ

ドラマ『陸王』6話の感想

おもしろかったですね。茂木の走りはドラマといえ、今までの苦労を知ってるのでとてもスカッとしました。そして、最後の平瀬が入ってくるシーンも本物のレースをつかってるだけあって、臨場感がたっぷりで良かったです。

せっかく完成した陸王のアッパー部分の生地が手にはいらなくなってしまいました。悔しさをかみしめながら、アトランティスの小原たちに、橘の生地をしっかり使ってくれという部分は感動しました。おなじ職人上がりの社長の苦しさを良く知っていて、技術も尊敬してるので、あの話をすることができたんだと思います。

とはいえ、これをピンチととらえるか、チャンスととらえるか、考え方によって結果がちがってくると思います。ピンチと考えると、新しい生地も見つからずにそのままダメになってしまうような気がします。逆に、これはもっといいものがあるということを教えてくれたチャンスだと考えると、ワクワクしてきますし、必ず答えは見つかるような気がしてきます。

これはドラマなので、おそらく良いものが完成するはずですが、実際の生活に同じようなことがおきたら、大変ですが、チャンスだと思って考えてみることをお勧めします。きっと、神さまがあなたを試しているんだと考えたり、ステップアップするための試練だと考えることで成長できると思います。

そんな風に考えるのは難しいなと思うかもしれません。そのときは、あなたは物語の中の主人公だと思えばいいんです。ハッピーエンドの映画を想像してみてください。その中の主人公は大変な事やつらいことがおきても必ず成功します。そんな物語が、あなたには用意されてると考えれば面白くなってきませんか?考え方次第で結果が変わってきますので、ためしてみてください。


スポンサーリンク

ドラマ『陸王』のストーリー

宮沢紘一は、埼玉県行田市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長として日々奮闘していたが、年々先細る足袋の需要から、資金繰りに悩む月日を過ごしていました。そんな折、銀行担当者の坂本とのやり取りを通じて、新規事業への参入を考え始める。スポーツショップで見かけた5本指のシューズから、“裸足感覚”を追求したランニングシューズの開発を思いつきました。
従業員20名余りの地方零細企業にとって、それは苦難の道のりでした。新製品の開発には5000万円は最低かかるし、大手のブランドは1億円以上投資して、新しいモデルを作っています。ただ、宮沢は、マラソンで見た茂木選手の痛々しい姿、普通のランニングシューズでは、膝への負担が大きくてけがが多いので、それを改善したいという想いだけで突っ走り始めました。

やっと試作品の第2号ができて茂木選手に届けるも、シューズブランドのアトランティスがスポンサーとしてしっかりついてるので、見てももらえずにゴミ箱に行ってしまいました。

そんな折、協力してくれたスポーツショップのオーナーから学校で履くための1800足のシューズのコンペがあると聞きました。勇んでコンペに向かいますが、相手はアトランティスでした。金額は買っていたのですが使用例がないということで負けてしまいました。さらに、開発当初から一緒にやってきた銀行マンの坂本が支店長に逆らって転勤になってしまいました。

その坂本が、転勤の間際に宮沢に渡したものはシルクレイというインソールの素材でした。

シルクレイの特許を持ってるのは飯山という人物で、すでに会社は倒産していました。何とか探し出しますが、アメリカの企業がすでに契約しようとして今いた。それでもあきらめずに宮沢は飯山をこはぜ屋に見に来てもらって昔のことを思い出させました。ところが、契約寸前だったアメリカの会社が撤退したため、シルクレイをつかうことができるようになりました。その条件として飯山が言い出したのは、自分も陸王の開発チームに加えるということでした。

やりたいことがないまま就活をしていた大地もシルクレイのソール開発に加わり、飯山と二人で朝からソールの生地の開発に取り組み始めました。ところが、カンタンにはいかずになかなか良い固さのものができず、宮沢は銀行の定期預金を切り崩しながら、陸王の開発を続けていました。

ある日、宮沢が飯山にコーヒーを届けたことがヒントとなって、やっと求めてる固さのシルクレイが出来上がりました。

アトランティスでは、シューフィッターの村野が会社の方針や上司の言動についていけずに退社してしまいました。その村野をスポーツショップの有村が宮沢と引き合わせて、陸王の開発チームに村野が加わりました。

村野は、まずは茂木にはいてもらうのがイチバンだと話して、持っていた茂木の足形をもとに茂木専用の陸王を試作しました。それを持った宮沢と村野は茂木の所に行って、ダイワ食品陸上部のトライアルに履いてくれと渡します。それを履いて走った茂木は、途中で足がつってしまい倒れてしまいますが、「走っていてこんなに気持ちの良いシューズは初めてです」と言ってくれました。さらに、茂木からサポートしてくれと宮沢が依頼され、二人は熱い握手を交わしました。

茂木は、そのトライアルのときに、アッパー(靴の上の部分)が不安定だと感じました。それを聞いた宮沢と村野はアッパーの生地を探すことになりました。ただ、簡単には見つかりませんでした。

開発費が足袋の売上を圧迫してると専務から口酸っぱく言われてると、宮沢の頭に、ひとつのことがひらめきました。それは、開発した軽くて丈夫なシルクレイのソールを足袋に使うということでした。そのソールをつかった新しい旅「足軽大将」は大ヒットして、再び開発に取り組むことができました。そのことを銀行に伝えるて融資を頼みこむと、課長の大橋が会社に来て仕事ぶりを見にきました。イキイキと働いてる社員に感動した大橋は、満額の融資はムリだといって、代わりにアッパーに向いてる生地の会社「タチバナラッセル」を紹介してくれて、陸王にぴったりの生地を手に入れることができました。

新しいアッパーをつけた陸王を、宮沢と村野、大地が茂木の所に持っていきました。早速履いて走ってみると、その完成度や走りやすさに感動しますが、再びスポンサーになると言ってきたアトランティスのどちらと契約するか考えがまとまっていないといわれてしまいます。宮沢と大地は、スポンサーになる以前に、茂木のためにシューズを作りたい、もう自分たちの仲間だと思ってると言って、その場を去りました。

ニューイヤー駅伝のとき、バスから降りた茂木はアトランティスの靴を履いていましたが、レースの前になると、陸王に履き替えました。それを見て感動した宮沢は、「わたし達こはぜ屋は、あなたをみすてることはしない。思いは、いっしょに走ってるから」と茂木に伝え、こはぜ屋の社員たちも笑顔で手を振っていました。

足袋型ランニングシューズ

陸王のモデルになったのは、きねや足袋さんのMUTEKIです。

他のメーカーでも同じようなものがありました。

世界的には、5本指のランニングシューズのビブラムが有名です。

ドラマ『陸王』の原作

原作の池井戸潤さんは、1963年生まれの54歳の小説家です。1988年、三菱銀行に入行されて32歳のときに退行されて、コンサルをしながらビジネス書などを書かれていました。同時に子供のころからの夢だった江戸川乱歩賞を目指して、小説を書き始めて、1998年に江戸川乱歩賞を受賞されました。2011年には「下町ロケット」で江戸川乱歩賞を受賞されています。多くの著作がドラマ化されています。

また、小説の「陸王」は、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

ドラマ『陸王』のキャスト

  • 宮沢紘一 役所広司、こはぜ屋の4代目社長
  • 宮沢大地 山﨑賢人、紘一の息子
  • 宮沢茜 上白石萌音、紘一の娘
  • 宮沢美枝子 壇ふみ、紘一の妻
  • 安田利充 内村遥、こはぜ屋の係長
  • 仲下美咲 吉谷彩子、こはぜ屋の縫製課従業員
  • 水原米子 春やすこ、こはぜ屋の縫製課従業員
  • 西井冨久子 正司照枝、こはぜ屋の縫製課従業員
  • 富島玄三 志賀廣太郎、こはぜ屋専務取締役
  • 有村融 光石研、スポーツショップ経営者
  • 江幡晃平 天野義久、椋鳩運輸セールスドライバー
  • 飯山晴之 寺尾聰、シルクレイの特許所持者
  • 飯山素子 キムラ緑子、晴之の妻
  • 茂木裕人 竹内涼真、ダイワ食品陸上部部員
  • 平瀬孝夫 和田正人、ダイワ食品陸上部部員
  • 小原賢治 ピエール瀧、アトランティス日本支社営業部長
  • 佐山淳司 小藪千豊、アトランティス日本支社営業
  • 村野尊彦 市川右團次、シューフィッター
  • 坂本太郎 風間俊介、さいたま中央銀行行田支店銀行マン
  • 家長亨 桂雀々、さいたま中央銀行行田支店支店長

6話以外のあらすじ

以上、ドラマ『陸王』のキャストと6話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。

他にも、あなたに見てもらいたい面白いドラマがFODプレミアムにあります。今なら、31日間無料で見ることができます。  

おすすめの記事

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

本日のおすすめ情報

  1. ぜいたくレッドスムージーの口コミ!道端アンジェリカを目指す飲み方とは? ぜいたくレッドスムージー
  2. プレミアムスリムビオは痩せない?効果的な飲み方と最安値で通販で買うには?
  3. リッチマンプアウーマンの動画(1話~最終話)を今すぐ無料視聴する方法。
  4. HuluやFODを無料で映画やドラマを見る方法。安室奈美恵さんの動画やチケットも! 映画
  5. コストコの店舗の一覧と予定は?時給の高さと出店計画の土地条件が凄い
スポンサーリンク

最新情報

  1. NBA2018プレーオフ
  2. ヘッドハンター
  3. コンフィデンスマンJP
  4. 散歩する侵略者
コミュニケーションスキル
  1. ウルヴァリンサムライ
  2. 人は見た目が100%
  3. スローダンス
  4. コピーフェイス
  5. 結婚式
  6. 火花
  7. 東京喰種~トーキョーグール
  8. 4号警備
  9. おんな城主直虎

多くの人に読まれている情報

  1. 世界で一番君が好き!
  2. 画伯
  3. 屋根裏の恋人
  4. 重要参考人探偵
  5. 嫌われる勇気
  6. 警視庁いきもの係
  7. こえ恋
  8. ジャパネットたかた
  9. マチ工場のオンナ
電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結
PAGE TOP