陸王

ドラマ『陸王』の9話のあらすじ(ネタバレ)と感想!フェリックスに買収?

ドラマ『陸王』の9話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。

スポンサーリンク

ドラマ『陸王』9話のあらすじ

フェリックスからの買収の話がどこからか社員に伝わって、宮沢は社員全員からどういうことだと責められました。まだ正式に決まったわけじゃないといいますが、こはぜ屋や陸王を続けていくためには、買収しかないといいます。一部の社員は、買収のどこが悪いのかときいてると、銀行の大橋がやってきて、「そんな話は信用しないほうがいい」といいました。

大橋が言うには、いったん子会社になってしまえば、泣こうが騒ごうが何をされても文句は言えないといいます。あけみ(阿川佐和子)は、涙を流しながらそんなこはぜ屋はいやだといいますが、宮沢は遅かれ早かれこはぜ屋はなくなってしまうといいます。あけみは、会社を売ることに賛成することは絶対にないといって、部屋を出ていきました。ほかの社員も席を立って出て行きました。

茂木のところに、村野がいろいろなシューズをもってきました。茂木は「すみません」といいながら、RⅡを取り出して見せました。監督は、好きなものを履けと怒りますが、村野はRⅡをみて、今の茂木に一番最適なのはそのRⅡだと言いました。RⅡを履いて練習してると、アトランティスの小原(ピエール瀧)と佐山(小藪千豊)がやってきて、RⅡをはくことがみんなのためになるといいました。

こはぜ屋では、宮沢の考えを変えない限り残業をしないといって、定時に帰っていきました。困り果てた宮沢は、飯山に相談すると、フェリックスの御園社長はみんなに信頼できる社長だといえるのかといいました。

家に帰って御園社長を調べてると、その御園社長から電話がきました。もう一度話を聞きたいといいました。

翌日、社員の中から、給料があがるんだったら会社を売るのは賛成だという人が出てきました。

 

茂木は、豊橋国際に出たいからと言って、その前のチャンピオンズカップに出ると監督に言いました。ロッカールームに帰って来ると、アトランティスの佐山が来ていました。ライバルの毛塚のタイムを持ってきてくれました。

その頃宮沢は、御園社長とルアーフィッシングに川口湖に来ていました。御園社長は、挫折を繰り返してきた人間だといいました。はじめは、大手アパレル企業で働いていましたが、買収されてスーパーマーケットに出向になったといいます。そして、どうしてもアパレルをしたいので、ジャニスという会社を作ったといいました。ジャニスは奥さんの名前で奥さんがデザインしたバッグを売っていたんです。ある日、デザイン変更したいという奥さんの言葉に従って方向転換すると、大赤字になってしまったといいます。あたらしいデザインを求めて各地を訪れてた奥さんは災害に巻き込まれて亡くなってしまったと話しました。そして、日本に帰ろうと思ったときに、友人が声をかけてくれて、もう一度試したのがフェリックスだと話してくれました。

そして、「すべてをうしなった経験がある、絶望を知ってることが最大の強みです」といって、フェリックスは、奥さんの命を奪ったハリケーンの名前だといいました。そして、

「決して忘れない、忘れてはいけないわたしの原点です。壁にぶつかったとき、フェリックスという名前は運命に挑戦し勝ち抜くための、何か怒りのようなものを掻き立ててくれる、それがわたしの原動力です」

「あなたは、すごい人ですね」

その頃、茂木は、チャンピオンズカップで優勝していました。

 

会社に帰った宮沢は、あけみを呼んで御園社長のことを話しました。ですが、納得はしませんでした。宮沢は、「こはぜ屋はみんなのことだ。たとえ経営者が変わったとしてもこはぜ屋は生き続けるよ」と説得しました。

その日の夜、宮沢は、ジョギングをしてこはぜ屋の工場の前に来ました。そして今までのことを思い出しながら、坂本に電話をしました。坂本に、フェリックスに会社を売る話を正式にお願いしました。

そのころ、アトランティスの小原と御園社長が料亭で会食をしていました。小原は、買収した後、シルクレイをRⅡに使わせてくれとお願いしました。御園社長は、「悪い話ではなさそうですね」と乗り気になりました。

こはぜ屋では、茂木がRⅡを履いて優勝したことで、もう陸王をつくる意味がないんじゃないかといいました。社員達はあけみ以外は残業してくれるようになっていました。

茂木が豊橋国際に何で出させてくれないのかと監督に文句を言ってると、小原たちがやってきて、予測だと大幅に遅くなるのでRⅡを履いて出ることは許されないと説明しました。そこに、毛塚が茂木の記録を破ったという連絡が入りました。そのことはこはぜ屋にも伝わって、新しい陸王を届けてやりたいと宮沢と大地は話し合いましたが、ソールは残り一枚でアッパー素材はありませんでした。

翌日、大地がタテヤマ織物という会社に行って小林という営業マンと話をしようと1日かけて待っていましたが、結局小林は帰って来ませんでした。仕方なく帰ろうとすると、その姿を1日中ずっと見ていた小林の上司の檜山という人物が声をかけてくれました。大地は檜山に情熱をこめて話をすると、「お手伝いさせていただきます」といきなり答えてくれました。大地が目を白黒させてると、「名乗るタイミングをうしなってしまいまして」と、檜山が名刺をだしてきました。すると檜山はタテヤマ織物の社長でした。

会社にその素材を持って帰って話をすると、宮沢や飯山みんなが喜んでくれました。ところが専務が探さないほうが良かったんじゃないかというと、飯山と専務がけんかになってしまいました。大騒ぎしてると、「もうやめてくださいよ」と大地が大声を出しました。

「おれに、みんなの力をかしてほしいんです。陸王を作りたい。タテヤマ織物さんに頼んで、少し多めにサンプルをもらってきた。これで、新しい陸王を作って茂木に届けたいんだ」

たった一足でもいいから届けたいと大地が言うと、宮沢はOKを出しました。すると、あけみが戻ってきてくれました。

 

その頃、茂木は止めるのも聞かずに長時間の練習をしていました。監督は、いまのままじゃ毛塚に勝てないといいます。毛塚ばかり見ていて何のために走ってるのか自分を見失ってるといいました。その姿を村野はみていました。

その日の夜、村野は、飯山からあと1足だけ陸王を作るから、茂木のために調整してくれとお願いしました。しかし、村野はもう茂木を迷わせたくないので手伝わないといいました。帰ろうとする村野に、茂木も待ってるんじゃないのかと飯山がボソリといいました。

こはぜ屋では、新しい陸王ができました。重さを図ってみると、今までの最高でした。そこに村野がやってきました。驚いてると、新しい陸王をみて、もう1ミリ甘いといってやり直しを命じました。作り直した陸王を村野が見ると、「完璧だ」といいました。そして、あした、茂木に届けてやってくれと村野が言うと、宮沢は明日は、だいじな用事があるからいけない言いました。

宮沢は、大事な用事とは、フェリックスとの契約だといいました。そして、納得してない人もいるだろうけど、こはぜ屋を売ることにしたと頭を下げました。そして、陸王はこはぜ屋の心だ、失うことは出来ないんだとみんなにいいました。大地は、宮沢に従うといって、専務も泣きながら従うといってくれました。あけみも、フェリックスに力を貸すつもりで傘下に入ってやろうよと言いました。その中で、ひとり飯山が浮かない顔をしていました。

しばらくして、飯山はひとりでいる宮沢のところに行きました。そして、

「ここにきて、惑わすつもりじゃねえけど、ほかに手はねえのか。なにか、ほかの可能性があるんじゃねえ勝った思ったんだよ」

といいだしました。そして、「もっと悪あがきしてもいいんじゃねえのか?」といいました。飯山はシルクレイの特許をこはぜ屋だけに許したので、今の段階でシルクレイのソールを作れるのはこはぜ屋しかいないんじゃないのかと教えました。

 

翌日、宮沢がフェリックスの御園社長に坂本といっしょに会いにいきました。そして、「もうしわけない」と言って、買収の話は断りました。そして、

「業務提携しませんか?」

といいます。シルクレイのソールを独占的に提供するということを伝えました。坂本は、買収となるとかなりの時間がかかるので、それよりも業務提携のほうがお互いに利益が上がると御園社長に説明しました。

宮沢がこはぜ屋を支援してもらえないかというと、御園社長は、買収するほうが簡単だといいます。宮沢は、こはぜ屋の暖簾はそんなに簡単じゃないといって、坂本に調べてもらった買収会社リストを出しました。その中には、買収後に企業内容がかわってしまったり、役目を終えて清算されてしまった会社がたくさんあるといいました。そして、小さな会社ではあるけども、足袋作りを辞めるつもりもないし生き続けていかなくては行けないといいます。

御園社長は経営に関するかんがえ方が違うときっぱり言います。宮沢は、それだからこそ買収しないほうがいいといいます。それを聞いた御園は「それではつまらない」といって、自分達で作り出すといいました。宮沢は、

「たしかにそれができれば、御社にとってそれがベストでしょう。ですが、出来るんですか?」

「もう結構、この話はなかったことにしましょう。大変なチャンスを逃したことになりますよ。後悔してもそのときは遅い。失礼する」

「馬鹿にしないでくれ。確かにうちにはお金はない。ですが、シルクレイを供給してくれというニーズはほかにもあるはずです。あなたがここまでほしがったというのが、その何よりの証明だ。それを、われわれは必ず探し出します。そのとき後悔するのは、あなたのほうだ」

 

そのころ、茂木は監督から豊橋国債に出ろといわれていました。世界陸上に出る選手が怪我のために出られなくなって、その代わりを豊橋国際の優勝者が有力になるということが決まったからでした。

(⇒最終話のあらすじ

ドラマ『陸王』9話の感想

おもしろかったですね。たしかに買収よりも業務提携の方がお互いに利益がありそうです。が、御園社長はすべてを自分のものにしないと気がすまないという感情だけで白紙にしてしまったような気がします。シューズメーカーは他にもあるので、ソールを提供するという業務提携を持ちかけると、バッティングしないメーカーを3社から5社くらい見つけるとシルクレイの生産は可能になるような気がします。そのおかげで陸王は作れるし、相手先も利益を手にすることができると感じました。

そう考えると、このドラマの中の一番大切な部分はシルクレイを作った飯山なんじゃないかと思います。飯山を動かした宮沢の熱意が二人を結びつけて、こはぜ屋自体をステージアップさせたんだとおもました。

それは、人生を幸せにするための方法と似ています。ひとにまねできないスキルを身につけることで、お金も時間も夢も手にはいってしまいます。もしかしたたら、しあわせになるための一番の近道かもしれません。

ただ、それはカンタンではないです。飯山や御園、宮沢のように挫折や失敗などを繰り替えしながら自分をあきらめずに高めていくことがたいせつになってきます。そこには、熱意とか理想とか強い決意などが必要です。その中でも決意とか決断です。飯山はシルクレイをつくる、宮沢は陸王をつくる、御園はフェリックスをつくる、その決意がどれだけ強く深いのかによってやることが変わってくると思います。

わたしも、なかなかうまくいかない、どうしていいのかわからない、もうやめようなかな・・なんておもうことがよくあります。悩んだり、迷ってるときには、どうしていいのかわからなくなってお酒に逃げたりゲームで気を紛らわせたりしていましたが、このドラマを見て、足りないのは努力や経験などではなくて、決意や決断だと気づかされました。もっと心の深いところから決断することができていなかったので、迷ってしまっていたんだとかんじました。

決断ができたら、はじめは、ひとを真似するところからしか始められません。学校の勉強と同じで、まずは1+1とか九九から始めます。そのくりかえしをしながら、挫折や失敗が来ても、迷うことなく前を向いて歩くことができると私は考えています。

来週は、最終回です。陸王の生産は、可能になると思いますが、どんな手を使って宮沢がお金をねん出して陸王をつくる環境を手に入れるのか、とても楽しみです。

スポンサーリンク

 

ドラマ『陸王』のストーリー

宮沢紘一は、埼玉県行田市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長として日々奮闘していたが、年々先細る足袋の需要から、資金繰りに悩む月日を過ごしていました。そんな折、銀行担当者の坂本とのやり取りを通じて、新規事業への参入を考え始める。スポーツショップで見かけた5本指のシューズから、“裸足感覚”を追求したランニングシューズの開発を思いつきました。
従業員20名余りの地方零細企業にとって、それは苦難の道のりでした。新製品の開発には5000万円は最低かかるし、大手のブランドは1億円以上投資して、新しいモデルを作っています。ただ、宮沢は、マラソンで見た茂木選手の痛々しい姿、普通のランニングシューズでは、膝への負担が大きくてけがが多いので、それを改善したいという想いだけで突っ走り始めました。

やっと試作品の第2号ができて茂木選手に届けるも、シューズブランドのアトランティスがスポンサーとしてしっかりついてるので、見てももらえずにゴミ箱に行ってしまいました。

そんな折、協力してくれたスポーツショップのオーナーから学校で履くための1800足のシューズのコンペがあると聞きました。勇んでコンペに向かいますが、相手はアトランティスでした。金額は買っていたのですが使用例がないということで負けてしまいました。さらに、開発当初から一緒にやってきた銀行マンの坂本が支店長に逆らって転勤になってしまいました。

その坂本が、転勤の間際に宮沢に渡したものはシルクレイというインソールの素材でした。

シルクレイの特許を持ってるのは飯山という人物で、すでに会社は倒産していました。何とか探し出しますが、アメリカの企業がすでに契約しようとして今いた。それでもあきらめずに宮沢は飯山をこはぜ屋に見に来てもらって昔のことを思い出させました。ところが、契約寸前だったアメリカの会社が撤退したため、シルクレイをつかうことができるようになりました。その条件として飯山が言い出したのは、自分も陸王の開発チームに加えるということでした。

やりたいことがないまま就活をしていた大地もシルクレイのソール開発に加わり、飯山と二人で朝からソールの生地の開発に取り組み始めました。ところが、カンタンにはいかずになかなか良い固さのものができず、宮沢は銀行の定期預金を切り崩しながら、陸王の開発を続けていました。

ある日、宮沢が飯山にコーヒーを届けたことがヒントとなって、やっと求めてる固さのシルクレイが出来上がりました。

アトランティスでは、シューフィッターの村野が会社の方針や上司の言動についていけずに退社してしまいました。その村野をスポーツショップの有村が宮沢と引き合わせて、陸王の開発チームに村野が加わりました。

村野は、まずは茂木にはいてもらうのがイチバンだと話して、持っていた茂木の足形をもとに茂木専用の陸王を試作しました。それを持った宮沢と村野は茂木の所に行って、ダイワ食品陸上部のトライアルに履いてくれと渡します。それを履いて走った茂木は、途中で足がつってしまい倒れてしまいますが、「走っていてこんなに気持ちの良いシューズは初めてです」と言ってくれました。さらに、茂木からサポートしてくれと宮沢が依頼され、二人は熱い握手を交わしました。

茂木は、そのトライアルのときに、アッパー(靴の上の部分)が不安定だと感じました。それを聞いた宮沢と村野はアッパーの生地を探すことになりました。ただ、簡単には見つかりませんでした。

開発費が足袋の売上を圧迫してると専務から口酸っぱく言われてると、宮沢の頭に、ひとつのことがひらめきました。それは、開発した軽くて丈夫なシルクレイのソールを足袋に使うということでした。そのソールをつかった新しい旅「足軽大将」は大ヒットして、再び開発に取り組むことができました。そのことを銀行に伝えるて融資を頼みこむと、課長の大橋が会社に来て仕事ぶりを見にきました。イキイキと働いてる社員に感動した大橋は、満額の融資はムリだといって、代わりにアッパーに向いてる生地の会社「タチバナラッセル」を紹介してくれて、陸王にぴったりの生地を手に入れることができました。

新しいアッパーをつけた陸王を、宮沢と村野、大地が茂木の所に持っていきました。早速履いて走ってみると、その完成度や走りやすさに感動しますが、再びスポンサーになると言ってきたアトランティスのどちらと契約するか考えがまとまっていないといわれてしまいます。宮沢と大地は、スポンサーになる以前に、茂木のためにシューズを作りたい、もう自分たちの仲間だと思ってると言って、その場を去りました。

ニューイヤー駅伝のとき、バスから降りた茂木はアトランティスの靴を履いていましたが、レースの前になると、陸王に履き替えました。それを見て感動した宮沢は、「わたし達こはぜ屋は、あなたをみすてることはしない。思いは、いっしょに走ってるから」と茂木に伝え、こはぜ屋の社員たちも笑顔で手を振っていました。

茂木は、8位でたすきを受け取って、ライバルの毛塚も抜いて、2位でアンカーに渡すことができました。区間賞もとりますが、新聞には毛塚のことしか乗っていませんでした。1ヶ月後、陸王が市販されますが、認知度場まだないので、売り上げは上がってきませんでした。

すると、アトランティスの小原は、陸王のアッパーに使ってるタチバナラッセルと契約を取り付けて、こはぜ屋は窮地に立たされました。

大地は、アッパー素材をさがそうと、日本全国の織物会社をリストアップして1軒ずつ電話をかけ始めました。ところが、シルクレイの機械が爆発してしまい、シルクレイが作れなくなってしまいました。修理は不可能で、新しく作るには1億円が必要だということでした。

宮沢は、銀行に融資を頼みに行きますが断られてしまいました。そこに、坂本がやってきて銀行をやめて投資会社に転職したと聞きました。弱気になってた宮沢に、本当はどうしたいのかを良く考えてくださいと坂本から言われた宮沢は、坂本の会社に投資を頼みに行きました。

審査の結果、投資は断られますが、世界的な会社のフェリックスが買収したいという話を坂本が持ってきました。

資金繰りが悪化して赤字になった宮沢たちは、設備投資のお金もめどがつかないまま、市民駅伝に出ることにしました。その大会で、坂本から飯山がまだ陸王をあきらめていないことや、みんなで陸王をつくる意味を思い出した宮沢は、坂本に頼んでフェリックスの御園社長と会いました。熱い御園社長のコトバに心を動かされた宮沢は、御園社長と固い握手をしました。

足袋型ランニングシューズ

陸王のモデルになったのは、きねや足袋さんのMUTEKIです。

他のメーカーでも同じようなものがありました。

世界的には、5本指のランニングシューズのビブラムが有名です。

ドラマ『陸王』の原作

原作の池井戸潤さんは、1963年生まれの54歳の小説家です。1988年、三菱銀行に入行されて32歳のときに退行されて、コンサルをしながらビジネス書などを書かれていました。同時に子供のころからの夢だった江戸川乱歩賞を目指して、小説を書き始めて、1998年に江戸川乱歩賞を受賞されました。2011年には「下町ロケット」で江戸川乱歩賞を受賞されています。多くの著作がドラマ化されています。

また、小説の「陸王」は、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

ドラマ『陸王』のキャスト

  • 宮沢紘一 役所広司、こはぜ屋の4代目社長
  • 宮沢大地 山﨑賢人、紘一の息子
  • 宮沢茜 上白石萌音、紘一の娘
  • 宮沢美枝子 壇ふみ、紘一の妻
  • 安田利充 内村遥、こはぜ屋の係長
  • 仲下美咲 吉谷彩子、こはぜ屋の縫製課従業員
  • 水原米子 春やすこ、こはぜ屋の縫製課従業員
  • 西井冨久子 正司照枝、こはぜ屋の縫製課従業員
  • 富島玄三 志賀廣太郎、こはぜ屋専務取締役
  • 有村融 光石研、スポーツショップ経営者
  • 江幡晃平 天野義久、椋鳩運輸セールスドライバー
  • 飯山晴之 寺尾聰、シルクレイの特許所持者
  • 飯山素子 キムラ緑子、晴之の妻
  • 茂木裕人 竹内涼真、ダイワ食品陸上部部員
  • 平瀬孝夫 和田正人、ダイワ食品陸上部部員
  • 小原賢治 ピエール瀧、アトランティス日本支社営業部長
  • 佐山淳司 小藪千豊、アトランティス日本支社営業
  • 村野尊彦 市川右團次、シューフィッター
  • 坂本太郎 風間俊介、さいたま中央銀行行田支店銀行マン
  • 家長亨 桂雀々、さいたま中央銀行行田支店支店長

9話以外のあらすじ

以上、ドラマ『陸王』のキャストと9話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 結婚
  2. プロ野球
  3. 結婚
  4. 人生は楽しい!
  5. コック警部




疲れたときにおススメ

  1. 問題のあるレストラン
  2. 海月姫
  3. 古畑任三郎
  4. 絶対零度
  5. 愛してたって、秘密はある。
  6. ゆとりですがなにか
  7. 孤独のグルメ-5

40代におススメの韓流ドラマ

  1. オクニョ
  2. 逆賊ホンギルドン
  3. 輝くか、狂うか
  4. じれったいロマンス
  5. 1%の奇跡
  6. 六龍が飛ぶ
  7. また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~
  8. シンイ~信義~
  9. 麗
  10. ボイス~112の奇跡~
スポンサーリンク

最新情報

  1. スーツ
  2. スーツ
  3. NBA2017-2018
  4. 西郷どん
  5. 下町ロケット2
奥様は、取り扱い注意
  1. ハゲタカ
  2. 恋する泥棒
  3. グッドワイフ
  4. ウォーターボーイズ
  5. アイム・ソーリー・カン・ナムグ
  6. 椅子
  7. ブレンダー
  8. 恋のドキドキシェアハウス
  9. 家売るオンナ

多くの人に読まれている情報

  1. 逃げるは恥だが役に立つ
  2. さくらの親子丼
  3. フランケンシュタインの恋
  4. お母さん、娘やめていいですか?
  5. ハロー張りネズミ
  6. FINAL CUT
  7. ゼロ~一獲千金ゲーム
  8. インクルーシブ保育
  9. 恋がヘタでも生きてます
電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結
PAGE TOP