スーパーサラリーマン左江内氏

スーパーサラリーマン左江内氏9話のあらすじと感想!

ドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」の9話のあらすじやスタッフなどをまとめました。堤真一さん主演でスーパーマンになる物語です。「勇者ヨシヒコ」とかなり似ている、コントのようなドラマですので、何も考えずに見て楽しむことができます。


スポンサーリンク


9話以外のあらすじ

「スーパーサラリーマン左江内氏」のキャスト

「スーパーサラリーマン左江内氏」のキャストは、

  • 左江内 堤真一
  • 円子  小泉今日子、左江内の鬼嫁
  • はね子 島崎遙香、左江内の娘
  • もや夫 横山歩、左江内の息子
  • 老人  笹野高史、怪しい男たち、スーパーヒーローを依頼
  • 米倉  佐藤二朗
  • 簑島  高橋克実、左江内の会社の社員
  • 池杉  賀来賢人、左江内の会社の社員
  • 蒲田  早見あかり、左江内の会社の社員
  • 下山  富山えり子、左江内の会社の社員
  • 小池  ムロツヨシ、警察官
  • 刈野  中村倫也、警察官
  • さやか 金澤美穂、はね子の友達
  • サブロー犬飼貴丈、はね子の友達
  • 木手  福島マリコ、円子のママ友

「スーパーサラリーマン左江内氏」9話のあらすじ

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

「スーパーサラリーマン左江内氏」は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。他の番組もかなり見ることができます。⇒ U-NEXT 

 

簑島課長(高橋克実)が部長に昇進することになりました。空いた課長の席には、係長の左江内氏(堤真一)が課長に昇進するのではないかと、池杉(賀来賢人)達に言われて妄想が膨らみますが、元営業2課の島係長(宅麻 伸)が3課の課長になると言われて、一瞬で落ち込んでしまいました。

家に帰ると、円子が簑島課長が部長になることを知っていて、円子にも課長になるんじゃないのと期待をかけられますが、島課長が来たことを話せませんでした。翌日の会社でも落ち込んでいたり、スーパーマンで助けに行った時も順番を守らない青年に八つ当たりしてしまいます。家に帰ると、ママ友たちが集まって昇進祝いのパーティーをしていました。左江内氏は勇気をだして昇進していないことを告げて、パーティーを終わらせました。

その夜、寝てると左江内氏の耳にSOSが聞こえました。寝ぼけ真奈このまま飛んでいくと、ある家に強盗(やべきょうすけ)が入って拳銃で金をだせと脅されていました。寝ていて窓を突き破ってしまった左江内氏が飛び込んだ先は、左江内氏の勤める会社、藤子建設の社長(風間杜夫)でした。お礼をしたいと言う社長に向かって振り向いて、一瞬忘却光線をオフにして飛んでいきました。警察が来ると、すーぱーまんのはなしをしましたが、あいてにしてもらえませんでした。社長は左江内氏がスーパーマンだと言うことを夢か何かだと思い始めました。

翌日、左江内氏は社長に呼ばれました。夕べの件でだいぶ感謝されて、部長になることを命じられました。家に帰って円子たちに報告していると簑島から電話がかかってきました。屋台のおでん屋で飲み始めると、簑島の部長昇進の話しがなくなったと聞かされて、少し心が痛みました。

翌日、左江内氏は社長に会いに行って部長の話を断りに行きましたが、頑固だから変えないと断られます。簑島は会社に出てきますが、かなり存在が薄くて、ボーっとしていて何も手につかない様です。左江内氏は池杉にあることを頼みました。それは、社長を誘拐してきて、簑島が社長を助けるという芝居を打つことでした。手筈通りに左江内氏が社長を脅していると、簑島が現れますが。待機中にお酒を飲んでしまい酔っ払ってしまいます。そして、社長に近づくと、社長を助けるどころか、逆に「なんで取り下げたんだ、このバカ社長」と社長が入ってるドラム缶をドンドンと足でけって詰め寄りました。止めようとしていると、簑島が左江内氏のサングラスをとってしまい、ばれてしまいます。怒った社長は、3人をクビだと叫びます。

翌日、社長が営業3課にやってきます。奥さんから事情を聴いて、素晴らしい仲間思いの課だからクビで、今までどおり、簑島課長、左江内係長のままでいくと、3人に告げました。

(⇒ 最終回のあらすじ


スポンサーリンク

「スーパーサラリーマン左江内氏」の秘密

左江内氏(堤真一)は藤子建設につとめる普通のサラリーマンです。責任をどうしても取りたくない性格でした。妻の円子(小泉今日子)は、家事ができない事とバイオレンスチックなことと恐ろしいほどワガママなことを除けば、かわいくてパーフェクトな主婦で、完璧に尻にひかれていました。子供のはね子(島崎遙香)、もや夫(横山歩)からも、あまり信頼されていない様子です。

そんな左江内氏ですが、あることをきっかけにサラリーマンのスーパーマンになってしまいました。ただ、本物のスーパーマンのように、強大な悪や敵と戦うのではなくて、日常の些細なことやありふれた事件の解決でした。左江内氏がスーパーサラリーマンになるには、スーパー服を着ればいいのですが、このスーパー服の特徴は、

  • 空を飛べ、弾よりも早く走り、高いビルも超えられる
  • 水中でも呼吸ができる
  • パンチ1発で岩やバイクを砕き、家や木も引き抜ける
  • 弾丸を跳ね返せる
  • 数段階で透視ができる
  • どんな体系でもフィットできる
  • 裏表を間違えると、能力は逆に減ってしまう
  • 服の生地から忘却光線が出ていて、見ている人はわすれてしまう
  • 事件をいやでも察知できる

つまり、映画のスーパーマンと同じレベルの能力を発揮することができます。そして、スーパー服を持ってると、困ってる人からの助ける声が自然に聞こえてきてしまいます。生真面目な左江内氏は、仕事中でも何とか抜け出して助けに行ってしまいます。しかし、だれからも覚えてもらえず、助けた手柄はすべて警察官の小池(ムロツヨシ)のモノになってしまうようです。

「スーパーサラリーマン左江内氏」9話の感想

おもしろかったですね。今回のゲストは風間杜夫さん、宅麻伸さん、石野真子さんとかなり豪華でした。とくに宅麻伸さんにはビビりました。どっからどう見ても、社長じゃないの?って感じでしたね。

今回はそのことを書いてみたいと思いますが、宅麻伸さんから多くの人が受けた印象は、私と同じ島課長とか、部長、社長だと思います。あなたもそう思ったのではないでしょうか。これは役のイメージもあると思いますが、演技とかのレベルではなくて、アイデンティティのなせる業のように感じました。

アイデンティティとは、「自己同一性」「身分保障」「個性」「自分が何者か認識すること」とよく言われていますが、もっと簡単に言うと、

「私は、〇〇である」

ということになります。例えば、「私は大金持ちである」「私は天才的な腕を持つ医者である」などです。このアイデンティティが宅麻伸賛の場合、島課長になってるので、だれからも課長、部長だとみられると私は考えます。おそらく、演技の一番元になるのがこのアイデンティティではないでしょうか。自らが、課長だと思い込むことで、動作や言葉使い、話し方が自らが思い描く課長になるので、違和感なく見ることができます。堤真一さんも、「大好きな嫁の尻に敷かれている気弱なサラリーマン」というアイデンティティを作ってから演技をしているので、ピッタリはまってると思います。今さら、何を言ってるの?と言われそうですが、それが凄くできる人が名俳優、名女優と呼ばれていると思います。そして、そのバリエーションをいろいろ持ってるかどうかが、大切な資質だと考えることができます。例えば、島崎遙香さんは、何をやっても島崎遙香さんにしかなっていないと感じますが、そのあたりが問題なのではないかなとチラッと思いました。このことは、小泉今日子さんや他のドラマですが木村拓哉さんにもいえるかもしれません。

このことを実生活に応用してみてはどうでしょうか。つまり、なりたい自分になりきって行動してみると言うことです。たとえば、部長になりたければ、部長のアイデンティティを持つということです。つまり、自分のことを課長だと思ってる人は、部長にはなかなかなれないのですが、自分のことを、「日本でも5本の指に入る部長」と思うことで、普段の仕事のやり方、取組みかた、人との接し方も違ってくると思います。ねずみ男が自分のことを鬼太郎だと思えば、もっと勇敢に戦うことができるのと同じ考えです。左江内氏が、スーパースーツを着ていなくとも、じぶんのことを「何でもできるスーパーマン」だと思うことで、着ていなくても人を助けることができました。

アイデンティティは大事です。プライベートでも、「世界で一番自分の子供をかわいがる人」というアイデンティティを持つことで、少しずつ虐待は減るのではないでしょうか。騙されていないと思って、試しにあなたのアイデンティティを考えてみませんか?

「スーパーサラリーマン左江内氏」は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。他の番組もかなり見ることができます。⇒ U-NEXT 

原作の漫画は、電子書籍のレンタルサイトRenta!でも、有料ですが読むことができます。ちなみに無料登録で来て、第1話は無料で読めます。⇒  Renta!

以上、ドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」の9話のあらすじと感想でした。

あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

40歳で人生を見直す

  1. 人生の転機
  2. 人生の転機は40代
  3. 旅

疲れたときにおススメ

  1. 民衆の敵
  2. 医龍
  3. 花にけだもの
  4. 刑事ゆがみ
  5. お義父さんと呼ばせて
  6. アフリカの夜
  7. 残念な夫
  8. プリズンブレイク
  9. 崖っぷちホテル

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 内省的なボス
  2. オクニョ
  3. ミッシングナイン-1
  4. 町の弁護士 チョ・ドゥルホ
  5. シンデレラと4人の騎士
  6. マスター・ククスの神
  7. ヒーラー
  8. いつも春の日
  9. 愛の迷宮~トンネル~
  10. トンイ
スポンサーリンク

最新情報

  1. チアダン
  2. エターナル
  3. ブラックパンサー
  4. チアダン
リバース
  1. 花のち晴れ
  2. いつまでも白い羽根
  3. ニトリ
  4. コウノドリ2
  5. 猫
  6. 嘘の戦争
  7. カインとアベル
  8. 砂の塔
  9. おんな城主直虎

多くの人に読まれている情報

  1. コウノドリ2
  2. 家政夫のミタゾノ2
  3. 西郷どん
  4. ボク、運命の人です
  5. お風呂
  6. 五十肩
  7. コピーフェイス
  8. リバース
  9. 逃げるは恥だが役に立つ
ビットフライヤー
PAGE TOP