先に生まれただけの僕

「先に生まれただけの僕」の5話のあらすじ(ネタバレ)と感想。ペップトークでオープンキャンパス!

ドラマ「先に生まれただけの僕」の5話のあらすじと感想、キャストです。受験生(中学3年生)に向けた、学校を知ってもらう為のイベント『オープンキャンパス』の開催を知った鳴海(櫻井翔)は、生徒たちにもイベントに協力してもらい、京明館高校の魅力をアピールしたいと教師たちに提案しました。ちひろ先生は、ペップトークをつかって3年生たちにやる気を出させます。

スポンサーリンク

ドラマの中でちひろ先生が読んだ本はコチラ⇒心に響くコミュニケーション ペップトーク

「先に生まれただけの僕」5話のあらすじ

「先に生まれただけの僕」は、有料ですがhuluで見ることができます。⇒Hulu

ここから先はネタバレがふくまれます。これまでのストーリーはコチラ⇒ストーリー

 

鳴海(櫻井翔)は校長室の中で、加賀谷専務(高嶋政伸)に反旗を翻したので、何か先手を打たなければいけないと考えていました。そこに事務長(風間杜夫)がやってきて、学校説明会が再来週から始まるけども、このままだと来年も定員割れだといわれます。9月に行ったオープンキャンパスの参加者も少なかった事を聞いて、学校説明会の前にもう一度オープンキャンパスをすることを考えました。職員室で、その話をして、生徒達に京明館高校の魅力をアピールできるようなイベントを考えさせてくれないかといいました。

ちひろは、生徒達に何かイベントができないかというと、生徒達はやる気になりました。ちひろは、「みんなが考えた企画で人気校になったらうれしいでしょ」とか、「みんなならできる」とかペップトークをつかっていました。

鳴海は、オープンキャンパスの資料をまとめて、加賀谷専務を通さずに直接社長に渡しにいきました。自分の頭越しに企画を持っていった鳴海に腹を立ててしまいます。

校長室に戻ってきた鳴海は、

「これで先手は打ったぞ」

とつぶやきました。

ちひろ先生は、市村薫(木南晴夏)と喫茶店でペップトークのことを話していました。

その頃、加賀谷専務は保健室の綾野沙織先生(井川遥)と喫茶店で話をしていました。加賀谷専務は、鳴海に敵対している先生の名前を聞き出そうとしていました。

2年3組ではオープンキャンパスで何をやるのか議論をしていました。ちひろ先生は、ペップトークの本を買ってそれを利用して生徒達をさらにやる気を引き出すことができました。

鳴海は教師達にオープンキャンパスに社長が来ることを言って、社長は怖い人だから気を引き締めろと告げました。敵対してる教師の3人に脅しをかけたんです。

その3人が一部屋に集まって相談してると、ちひろ先生が本を返しに来ました。その中にはペップトークの本が混じっていました。すると、郷原先生(荒川良々)の携帯がなりました。加賀谷専務からの呼び出しでした。

郷原先生は、加賀谷専務の部屋に行くと、オープンキャンパスのときに、鳴海がやってるようなイベントではなくて、ありのままの高校の授業を見せてもらいたいとお願いしました。そして、ほかの先生にも話してくれといいました。

 

校長室に、保険の綾野沙織先生がきて紅茶を入れてあげてました。綾野先生は加賀谷専務と会って話したことを教えます。そして、学校にビジネスを持ち込まずに、正しいことをやれば良いといわれました。

鳴海と事務長は各地の中学校をまわってオープンキャンパスに来てくれる用に頼んでいると、京明館高校の生徒達もチラシを配ってるところを見つけました。生徒達は、いやなことも言われますが、めげずに配り続けていました。

学校の中でも、2年3組の生徒達は駆けずり回ってイベントを企画していました。

 

オープンキャンパス当日。多くの中学生、保護者がやってきていました。そこに、加賀谷専務と社長がやってきました。さらに、恋人の聡子もやってきました。

島津先生(瀬戸康史)のクラスでは、アクティブラーニングをつかった授業が行われていて、それを見ていた社長は大喜びでした。社長と加賀谷専務と鳴海は次々と教室を見て回ります。杉山先生(秋山菜津子)や河原崎先生(池田鉄洋)もペップトークを使った授業をしていて、郷原先生だけが今までとおなじ授業をしていました。

10時半になると、見に来た人を体育館に集めてイベントが始まりました。書道と弓道、音楽、応援団などをミックスさせたものすごいイベントで、拍手喝采されました。

イベントが終わって社長達を送っていくと、社長は、鳴海に向かって理念を変えたいのかと言って。

「まずは結果を出しなさい。理念を変えるのはそれからだよ」

と言って帰っていきました。

鳴海と事務長が校長室に帰ろうとすると、聡子に会いました。そこで話をしてるところを、遠くからちひろ先生がみていました。

(⇒6話のあらすじ

「先に生まれただけの僕」5話の感想

面白かったですね。生徒だけであれだけのイベントができるというのはスゴイと感動しました。さすが特進コースということはあるなと感じました。

ただ、なんとなくうまくいきすぎの気がしたのと、鳴海は今回はほとんど何もやっていなかったような気がします。ほとんどちひろ先生と生徒たちがやったことなのですが、なんとなく鳴海の手柄になってる感じでした。もしかしたらいままでの鳴海の手柄もそうだったのかもしれないという気がしました。

やはり、学校でも会社でも、上司受けのするひとはいます。部下が一生懸命やったことを自分の手柄のようにしてしまうのは、ある種の才能のような感じで、わたしとしてはあまり好きではないですね。

学校というプロの教師たちが集まってる中に、教育には素人の人間がはいって行って、ぐちゃぐちゃにかき回して、結果的になんとなく上手くいってしまうのは、「民衆の敵」とまるっきり似ています。既存の考え方を壊してから新しいものを作っていくのはとても素晴らしいのですが、あまりにも簡単にヒーローになってしまうのはどうかなと感じます。実際にはあり得ないのがドラマなので楽しめますが、もうすこしまわりの教師にも光を当ててもらいたいと感じます。なんとなく、今までの古い授業をやってるひとをバカにしてる描き方に見えてしまいました。

とはいえ、ステップアップしていくには、破壊と創造がたいせつです。今までのやり方を破壊しない限りステップアップすることは難しいです。そのためには、全くかけ離れた分野を取り込んでいくことではないでしょうか。今回のペップトークのような形で、他の分野にも多くのテクニック、方法がいろいろあります。それをアレンジして使っていくことで、自分を破壊しながら先に進んでいけるような気がします。

来週からは、なぜか恋愛が絡んできます。もしかしたら荒川良々さん演じる郷原先生も鳴海に賛成して、学校の中身はもう変わったと言うことになってるかもしれません。どんな展開になるのか楽しみです。

スポンサーリンク

 

「先に生まれただけの僕」のストーリー

総合商社の樫松物産に勤める鳴海涼介(櫻井翔)は、抜群の営業力で青森にある子会社の赤字経営を立て直しました。ある日、鳴海は、東京に戻ってくるようにと上司に命じられます。鳴海が喜んで戻ってくると、次の出向先は京明館高校の校長でした。

会社が経営する私立京明館高校が毎年赤字で、鳴海はその京明館高校の経営再建を任されたのでした。鳴海はショックをうけますが、退職するわけにもいかず、会社の命令通り、京明館高校に向かいました。

校長に就任した鳴海は副校長の柏木文夫(風間杜夫)といっしょに、教員たちと面談しますが、彼らは経営が赤字だということはしっていましたが、誰ひとり、危機感を持っていない様子にあきれてしまいます。

一方、真柴ちひろ(蒼井優)をはじめとした教員たちは、教育の現場を全く知らない、ただのサラリーマンの鳴海に不信感を抱いて反発をします。鳴海はこれまで経験してきたビジネスの論理で学校改革を目指すものの、さまざまな壁が立ちはだかってしまいます。

赤字の解消のためには十学者を増やすことだと聞いた鳴海は、塾や中学校を回りますが、レベルを上げて人気にならないと難しいといわれてしまいます。そんなときに、一人の生徒の親が倒れたことがきっかけで奨学金の話が出てきます。鳴海は職員会議で奨学金の話を取り上げますが、だれもが何を言ってるのかわかりませんでした。姉妹には、学校をビジネスにたとえて、一人ひとりが変わらないといけないといってしまいます。

さらに、会議の後で、一人の生徒、加瀬に奨学金は借金で、後までかなり苦労するのでよく考えたほうがいいというと、泣いて出て行ってしまいました。あきれた真柴ちひろ生は、「だからいったのに」と言い捨てて出て行きました。

鳴海が保健室にいると、一人の生徒が腹痛を訴えてやってきました。話を聞いてみると、付き合ってる彼女がいじめをしてるようでそれがいやでおなかが痛くなってしまうということでした。担任の及川先生が何もしないので、ちひろ先生と鳴海が女生徒に話をすると、すでに、振られていたようでいじめは解消されました。さらに、加瀬は、ちひろ先生が家庭訪問したことで立ち直って再び学校に出てきました。

鳴海は、生徒には関心がなく、授業をすることだけが仕事だと思ってると発言した及川先生を学校から追い出しました。その代わりの授業は自分でやると教師たちの前で発表しました。

鳴海は、数学が難しくて困ってしまい本屋に行くと、アクティブラーニングというコトバが目に留まります。鳴海のアクティブラーニングの授業は失敗して、さらに何のために勉強するのかと聞かれて何も答えられませんでした。それが学校中に広がって多くの先生に迷惑をかけてしまいました。そこに、島津先生がアクティブラーニングができるといって鳴海とちひろの前でやってみます。生徒に大好評で鳴海は気をよくしました。

そして、鳴海は全校集会で何のために勉強するのかを説明しました。

鳴海は、1,2年生はアクティブラーニングを導入することを決めて全校集会で発表してしまいました。すると、3年生からクレームが出てしまいました。3年生だけを呼んで説明すると、加賀谷専務が来て鳴海の話を聞いていました。

「先に生まれただけの僕」のキャスト

  • 鳴海涼介 櫻井翔、樫松物産の商社マンで校長
  • 加賀谷圭介 高嶋政伸、樫松物産専務、鳴海に学校立て直しを命じる
  • 松原聡子 多部未華子、樫松物産の社員で鳴海の恋人
  • 後藤田圭 平山浩行、樫松物産の社員
  • 香坂友梨子 松本まりか、樫松物産の秘書
  • 柏木文夫 風間杜夫、副校長
  • 綾野沙織 井川遥、保健室の先生
  • 河原崎孝太郎 池田鉄洋、3年1組の担任、生物
  • 郷原達輝 荒川良々、3年2組の担任、物理
  • 杉山文恵 秋山菜津子、3年3組の担任、古文
  • 島津智一 瀬戸康史、2年2組の担任、英語
  • 真柴ちひろ 蒼井優、2年3組の担任、現社
  • 矢部日菜子 森川葵、1年1組の担任、音楽
  • 市村薫 木南晴夏、1年3組の担任、日本史

5話以外のあらすじ

以上、「先に生まれただけの僕」のキャストと5話のあらすじと感想でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. コミュニケーションスキル
  2. 人生の転機は40代
  3. 人生の転機




疲れたときにおススメ

  1. 君といた夏
  2. 海月姫
  3. スイッチガール
  4. 古畑任三郎
  5. 昼顔
  6. 抱きしめたい!
  7. 顔
  8. 北の国から
  9. 民衆の敵
  10. ひよっこ

40代におススメの韓流ドラマ

  1. その女の海
  2. 愛の迷宮~トンネル~
  3. また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~
  4. グッドワイフ
  5. スパイ
  6. 太陽を抱く月
  7. 七日の王妃
  8. ファンタスティック~君がくれた奇跡~
  9. 恋のドキドキシェアハウス
  10. よくおごってくれる綺麗なお姉さん
スポンサーリンク

最新情報

  1. Bリーグ
  2. B2リーグ
  3. まだ結婚できない男
  4. G線上のあなたと私
  5. G線上のあなたと私
  1. 旅
  2. ラジエーションハウス
  3. ラード
  4. 世にも奇妙な物語
  5. カインとアベル
  6. 悦ちゃん
  7. 三億円事件
  8. 結婚相手は抽選で

多くの人に読まれている情報

  1. カインとアベル
  2. 水鉄砲
  3. グッドワイフ
  4. バドミントン
  5. ラブリラン
  6. サニー/32
  7. anone
  8. インハンド
  9. フランケンシュタインの恋
  10. 未解決の女
エステ・タイム
PAGE TOP