先に生まれただけの僕

「先に生まれただけの僕」の9話のあらすじ(ネタバレ)と感想。

ドラマ「先に生まれただけの僕」の9話のあらすじと感想、キャストです。鳴海(櫻井翔)は、バスケ部に所属する生徒の保護者たちが怒っていると顧問である河原崎(池田鉄洋)から聞かされました。

スポンサーリンク

「先に生まれただけの僕」9話のあらすじ

「先に生まれただけの僕」は、有料ですがhuluで見ることができます。⇒Hulu

ここから先はネタバレがふくまれます。これまでのストーリーはコチラ⇒ストーリー

 

校長室で事務長と鳴海が話してると、河原崎先生(池田鉄洋)が怒鳴り込んできました。バスケ部の熱川コーチ(松田悟志)に保護者達が怒ってるということでした。熱川コーチは遠征試合の費用だと言って、河原崎にはなにも言わずに子供たちから5万4千円を集めようとしていました。京明館高校のバスケ部は弱すぎて、勝てる相手が居ないので、長野、石川、三重にいる仲間がコーチしてる高校と試合をしたいといいました。

河原崎が、黙ってやったといって怒ると、熱川コーチも、練習には来ないし自分を無視するからだとけんか腰でした。

事務長は、マニュアルを持ってきて、遠征にかんしての取り決めを読み始めました。そして、河原崎と熱川コーチのコミュニケーション不足が原因だといいました。すると、熱川コーチは、校長に言われたからやったんだと鳴海に責任を押し付けました。

職員会議では、島津先生が、入試の件を発表していました。そして、入学者150名を確保するためには、1000人くらい個別相談にきてもらいたいといいました。そして、そのためには、部活を強くするのが一番良いけどほかのアピールも考えないといけないといいます。島津先生が、そのアピールするアイデアを月曜日までにかんがえてきてくれといいました。

河原崎と、郷原先生(荒川良々)、杉山(秋山菜津子)は、3人で集まって、初心に戻らないといけないといって、鳴海に反抗していく気持ちを確かめ合いました。

 

ちひろ先生と市村薫先生(木南晴夏)は二人でレストランで食事をしていました。島津先生のことを言われたちひろ先生は、つい鳴海のことを思い出していました。

そのころ、鳴海の家では、聡子がきていて食事を作っていました。デートしてくれといいますが、鳴海は忙しいから無理と断りました。聡子は、料理を作るとすぐに帰っていきました。玄関を出ると悲しい顔になりましたが、数歩歩くと、後藤田から連絡がはいって、今日の失敗は引きずるなよとやさしく言われました。

 

月曜日の職員会議のとき、個別相談を増やすアイデアを島津先生が求めました。鳴海はちらしを配ることを提案しました。島津先生は、ナイト個別相談をしようといいました。矢部日菜子先生(森川葵)は、ブログを作ったらどうかといいました。担当は綾野先生になりました。

そのあと、バスケ部の保護者達がやってきました。お金は高いけれども、バスケは面白くなったし、遠征をぜひやってくれといいました。問題はお金のことでした。学校から補助してくれといいました。鳴海は検討させてもらうと答えました。

校長室で事務長と話し合ってると、ほかの部のコーチたちもやってきて遠征させてくれと言ってきました。

鳴海は、ちひろ先生を呼んで、弓道部の遠征のことを聞きましたが、なにも聞いてませんでした。鳴海はぜひやってくれといいました。すると、ちひろ先生は、聡子に婚約指輪を渡したのかと聞きました。まだだといいうと、サプライズ的に、踊りながら渡せばいいとアドバイスしました。

その日の夜、鳴海は左遷された柳沢課長代理と会いました。結果を出せば本社に戻れるというと、校長の仕事は楽しいので戻りたくないといいました。

 

翌日、鳴海は、バスケ部に集まってもらって、遠征の話をしました。遠征には60万円かかるといって、それをバスケ部の借金にするといいました。そして、1勝するごとに、1万円ずつ返したことにするといって、60勝すればゼロになるといいました。一人の生徒が、本当に借金があるのはどうするのかと気づきました。お金のことは大人がやるので、バスケ部は、がんばって試合で結果を出せばいいんだといいました。生徒達はやる気になりました。

その日の夕方から、チラシ配りやナイト個別相談が始まりました。綾野先生のブログもはじまって、あちこちで話題になっていました。

鳴海は、加賀谷専務に呼ばれました。そして、校長を続けたければ京明館高校に転籍しろといいました。それがいやだったら、校長を辞めて会社に戻れといいました。

鳴海は、加賀谷専務の娘が来たいといってるからですか?というと、そのとおりだとずばり言われました。

その頃、聡子は一人カラオケをしてゲームで銃を乱射していました。

 

翌日、校長室で加賀谷専務に言われたことを考えてると、ちひろ先生と島津先生が入ってきて、個別相談が500名超えたと報告されました。そこに、聡子から電話がかかってきました。鳴海が出ると、

「婚約解消しよう。涼くん、だって、もうわたしたちばらばらだもん。さよなら」

その電話をちひろ先生がきいていました。

(⇒最終話のあらすじ

「先に生まれただけの僕」9話の感想

来週が最終回の様ですが、9話でこれだけ広がってしまったものをまとめることができるのか、不安になってしまいました。結局、鳴海は校長になって、学校を運営していくんだとは思いますが、もしも、学校を放り出してしまったら本当に自己中の無責任な人になってしまうと思います。

加賀谷専務がドンドン小物タイプになってしまったことや、先生たちやコーチがマンガみたいになってきたことなど、残念な点はいろいろありますが、いちばん残念なのは、鳴海です。もう少し学校経営に真剣に取り組む姿を映してもらいたいと感じました。というのも、鳴海が来てからどんどん借金は増えています。このままいくと、学校閉鎖です。今いる何百人の生徒たちの気持ちを考えると悲しいのですが、そのあたりをあまり考えてない気がしました。

とは言え、学校経営というのはお金の面で本当に大変なんだと感じました。

今回の島津先生の話では、新入生に150人は欲しいということでした。ということは、全体で450人は欲しいということです。それが達成した場合の収入と支出をくらべてみると、厳しいということが分かります。

収入は、私立の授業料は大体70万円ですので、450人分は3.15億円になります。

支出は、教員の給料で、大体600万円として、30人ほどいましたので、1.8億円になります。さらに、固定資産税、管理費などを入れると、とんとんくらいになるような感じです。

それが、現在の京明館高校は、3クラスずつですので、300人もいない計算になりますから、かなり赤字になると感じました。加賀谷専務も自分の娘がどうとかいう前に、このことをしっかり見ていった方が良いような気がします。

来週は、鳴海が校長にとどまるのか、それとも会社に戻って営業の仕事に復帰するのかの選択をします。ただ、女心を全く分かっていない鳴海は、どちらをとっても聡子とは結ばれることはないような気がします。とても楽しみです。

スポンサーリンク

 

「先に生まれただけの僕」のストーリー

総合商社の樫松物産に勤める鳴海涼介(櫻井翔)は、抜群の営業力で青森にある子会社の赤字経営を立て直しました。ある日、鳴海は、東京に戻ってくるようにと上司に命じられます。鳴海が喜んで戻ってくると、次の出向先は京明館高校の校長でした。

会社が経営する私立京明館高校が毎年赤字で、鳴海はその京明館高校の経営再建を任されたのでした。鳴海はショックをうけますが、退職するわけにもいかず、会社の命令通り、京明館高校に向かいました。

校長に就任した鳴海は副校長の柏木文夫(風間杜夫)といっしょに、教員たちと面談しますが、彼らは経営が赤字だということはしっていましたが、誰ひとり、危機感を持っていない様子にあきれてしまいます。

一方、真柴ちひろ(蒼井優)をはじめとした教員たちは、教育の現場を全く知らない、ただのサラリーマンの鳴海に不信感を抱いて反発をします。鳴海はこれまで経験してきたビジネスの論理で学校改革を目指すものの、さまざまな壁が立ちはだかってしまいます。

赤字の解消のためには十学者を増やすことだと聞いた鳴海は、塾や中学校を回りますが、レベルを上げて人気にならないと難しいといわれてしまいます。そんなときに、一人の生徒の親が倒れたことがきっかけで奨学金の話が出てきます。鳴海は職員会議で奨学金の話を取り上げますが、だれもが何を言ってるのかわかりませんでした。姉妹には、学校をビジネスにたとえて、一人ひとりが変わらないといけないといってしまいます。

さらに、会議の後で、一人の生徒、加瀬に奨学金は借金で、後までかなり苦労するのでよく考えたほうがいいというと、泣いて出て行ってしまいました。あきれた真柴ちひろ生は、「だからいったのに」と言い捨てて出て行きました。

鳴海が保健室にいると、一人の生徒が腹痛を訴えてやってきました。話を聞いてみると、付き合ってる彼女がいじめをしてるようでそれがいやでおなかが痛くなってしまうということでした。担任の及川先生が何もしないので、ちひろ先生と鳴海が女生徒に話をすると、すでに、振られていたようでいじめは解消されました。さらに、加瀬は、ちひろ先生が家庭訪問したことで立ち直って再び学校に出てきました。

鳴海は、生徒には関心がなく、授業をすることだけが仕事だと思ってると発言した及川先生を学校から追い出しました。その代わりの授業は自分でやると教師たちの前で発表しました。

鳴海は、数学が難しくて困ってしまい本屋に行くと、アクティブラーニングというコトバが目に留まります。鳴海のアクティブラーニングの授業は失敗して、さらに何のために勉強するのかと聞かれて何も答えられませんでした。それが学校中に広がって多くの先生に迷惑をかけてしまいました。そこに、島津先生がアクティブラーニングができるといって鳴海とちひろの前でやってみます。生徒に大好評で鳴海は気をよくしました。

そして、鳴海は全校集会で何のために勉強するのかを説明しました。

鳴海は、1,2年生はアクティブラーニングを導入することを決めて全校集会で発表してしまいました。すると、3年生からクレームが出てしまいました。3年生だけを呼んで説明すると、加賀谷専務が来て鳴海の話を聞いていました。

鳴海は、事務長から学校説明会が再来週に行われることを聞きました。このままでは来場者が少ないと聞いて、急遽オープンキャンパスを行うことにします。さらに、ちひろ先生に言って、生徒達にオープンキャンパスのイベントをまかせることにしました。ちひろ先生と生徒達のがんばりでオープンキャンバスは大成功に終わります。ただ、高校入試に直結してるかは疑問でした。

学校説明会の日、オープンキャンパスのおかげで前年よりも人は集まりました。そこで、鳴海は、私立ならではの進学校にするのと、部活動にもプロのコーチをつけて楽しい高校生活をおくれる高校にしていくとはなしました。生徒も親もそれを信じて入学する気になりました。

ひとり抵抗していた郷原先生も、絶対にリストラしないという鳴海のコトバで安心して、鳴海のいうことを信用し始めます。

ちひろ先生の特進クラスで一番できる生徒、ほのかの母親から相談をされました。ちひろ先生が話を聞くと、ほのかがバイト先の30歳の男性と結婚をしたいといってるということでした。鳴海にそうだんすると丸投げされてしまいます。それでも、ちひろせんせいは鳴海といっしょに話を聞くと、相手の男性はしっかりていて、経済的にも精神的にも、ほのかをしあわせにできると言いきれる立派な男性でした。

ほのかと母親、その男性を学校に呼んでちひろ先生や鳴海、事務長と話をしますが、平行線のままでした。

特進コースの男子学生が、将棋の棋士になりたいといって、勉強をやらなくなってしまったことがわかりました。親は鳴海とちひろ先生にどうしようと相談して、結局は、本人のやる気を重視して応援することになりました。

加賀谷専務の娘が、たまたま京明館航行のオープンキャンパスや学校説明会に来ていて、鳴海のことを気に入ってしまい、入りたいと言い出しました。加賀谷専務は、何とかしようと、考え始めます。

「先に生まれただけの僕」のキャスト

  • 鳴海涼介 櫻井翔、樫松物産の商社マンで校長
  • 加賀谷圭介 高嶋政伸、樫松物産専務、鳴海に学校立て直しを命じる
  • 松原聡子 多部未華子、樫松物産の社員で鳴海の恋人
  • 後藤田圭 平山浩行、樫松物産の社員
  • 香坂友梨子 松本まりか、樫松物産の秘書
  • 柏木文夫 風間杜夫、副校長
  • 綾野沙織 井川遥、保健室の先生
  • 河原崎孝太郎 池田鉄洋、3年1組の担任、生物
  • 郷原達輝 荒川良々、3年2組の担任、物理
  • 杉山文恵 秋山菜津子、3年3組の担任、古文
  • 島津智一 瀬戸康史、2年2組の担任、英語
  • 真柴ちひろ 蒼井優、2年3組の担任、現社
  • 矢部日菜子 森川葵、1年1組の担任、音楽
  • 市村薫 木南晴夏、1年3組の担任、日本史

9話以外のあらすじ

以上、「先に生まれただけの僕」のキャストと9話のあらすじと感想でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. お見合い
  2. 人生の時間
  3. コック警部
  4. 人生の転機は40代




疲れたときにおススメ

  1. 半分、青い。
  2. 名前をなくした女神
  3. ビター・ブラッド
  4. きみはペット
  5. 孤独のグルメ-5
  6. ゴーストライター
  7. 東京ラブストーリー
  8. 民王
  9. ハートに火をつけて!

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 恋のスケッチ~応答せよ1988~
  2. シングルワイフ
  3. 最強配達人
  4. いつも春の日
  5. 町の弁護士 チョ・ドゥルホ
  6. レディの品格
  7. 恋はチーズ・イン・ザ・トラップ
  8. マスター・ククスの神
  9. 月桂樹洋服店の紳士たち
  10. アイム・ソーリー・カン・ナムグ
スポンサーリンク

最新情報

  1. 中学聖日記
  2. 中学聖日記
  3. 僕らは奇跡でできている
  4. 僕らは奇跡でできている
  5. NBA2017-2018
マチ工場のオンナ
  1. 僕たちがやりました
  2. 奥様は、取り扱い注意
  3. アシガール
  4. ジョジョの奇妙な冒険
  5. ボク、運命の人です
  6. 待機児童問題
  7. 中学聖日記
  8. Missデビル

多くの人に読まれている情報

  1. NBA2018プレーオフ
  2. 突然ですが、明日結婚します
  3. ぶどう
  4. ゼロ~一獲千金ゲーム
  5. 今からあなたを脅迫します
  6. 崖っぷちホテル!
  7. 砂の塔
  8. 演歌歌手
  9. 獣になれない私たち
  10. オーファンブラック
電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結
PAGE TOP