さくらの親子丼

「さくらの親子丼」最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想!あざみが母親に会いに

ドラマ「さくらの親子丼」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。被害届が取り下げられ、さくら(真矢ミキ)の逮捕騒動は収まりました。ラーメン屋でさくらがあざみ(吉本実憂)の育ての親について聞くと、あざみは自身のつらい思い出を語りします。

スポンサーリンク

「さくらの親子丼」最終話のあらすじ

さくらは、屋台のラーメン屋でラーメンを食べながらあざみから今までの事を聞きました。母親が刑務所に入ったあと、親戚に養子として引き取られたのですが、いつのまにか母親のことが知られてしまい、近所からいやがらせをうけていました。その育ての親からも、「あんたなんかうちのこにするんじゃなかった」とののしられていたときくと、さくらは

「もういい、そんなとこ帰らなくて良いよ」

とやさしく話しました。

九十九堂では、恭子がネットでさくらのことを調べてると、あざみの母親が小田原でスナックをしてるという書き込みを見つけました。それをみて、さくらにそのことを告げると、あざみのことを自分の子供のように思い始めてるから今はいっしょにいたいと言いました。さくらは、そのときから、ずっとそのことが頭から離れませんでした。

次の日の夜、さくらと恭子はあざみを呼んで、母親がどこにいるのかわかったといって、その書き込みを見せました。結婚して苗字が変わっていて西村花菜子になっていました。さくらが「どうする、あってみる?」と聞きましたが何も答えないので良く考えなさいといいました。さくらは、あざみのなかにはずっと母親がすんでいて、さくらのわがままでそれを取り上げちゃいけないと恭子にいいました。

あざみは今まで会ってきた母親のことや、さくらのことをおもいだして、ずっとかんがえていました。

しばらくして、あざみは母親にあってみるとこたえました。

「あって確かめたいんだ。わたしの母親はいつもずっと私のことを忘れずにいたのか、わたしとはなれてくるしかったのか、わたしのことずっと心配していたのか、会って聞いてみたい」

さくらは、「あっておいで」と笑顔で答えました。恭子がいっしょについていってくれることになりました。そのあと、さくらは大穴屋でのんでいると、恭子がやってきて本当に良いのかと聞くと、いままで母親を探してたから生きてこれたし、しあわせになってもらいたいとつぶやきました。

 

翌日、あざみは恭子と二人で小田原に行きました。恭子は駅で待ってるといってあざみがひとりで歩いていきました。

スナックに着いたあざみがドアをノックすると、若い男が出てきました。花菜子二用事があるというと、奥から花菜子(遠藤久美子)が出てきました。あざみが何も言わなくても、「もしかして、あざみ?」と言って、あざみを抱きしめました。

スナックの中に入ると、あざみの名前は、自分の名前の中に花という感じがあるのであざみにしたと話してくれました。そして、おすしを食べたいといって夫に買いに行ってもらいました。ビールを飲みながら、「うれしいね、あいにきてくれて」と話すと、あざみが

「聞きたいことがあるんだ」

というと、それには答えずにあざみが美人だからいっしょにここに住んでスナックで働いてくれないかと言います。それを聞いたあざみは、

「何の話してんだよ。わたしに言うこと、それかよ?あんたわたしをころそうとしたんだろ。言うことあんだろ、もっと」

「いうことね~。ごめん、とか、すいませんとか、そういえば気が済むの?5万回言ってきたって。警察、裁判所。保護観察。どいつもいっしょだよ。 子供に謝れ。反省しろ。一生分謝ったよ。あんたこそさ、わたしにいうことあるんじゃない?生んでくれてありがとうとかさ」

「は?」

「わたしが産んでやったからさ、こうして生きてんでしょ。しかもさ、こんな可愛い顔に産んでやったんだよ。感謝しなよ、親なんだから」

「何が親だよ。親っていうのはさ、どんなことがあっても子供を守るんだよ、てめえなんか母親じゃねえよ」

「かわいくないね、。やっぱりさ、あんときころしておけばよかったよ。それを沙あのバイトの兄ちゃん余計なことするからさ。なんていったっけ?変な名前の古本屋の息子。マジで、あいつ余計なことしてくれたな」

それを聞いたあざみは花菜子をソファに押し倒して

「あやまれ、さくらさんにあやまれ」

と叫びながら首を絞め続けました。

 

恭子が喫茶店で待ってると、あざみが走って帰ってきました。あざみの前に立つと、何も言わずにあざみが抱きつきました。

花菜子の夫がおすしを買って帰ってくると、ソファのうえに倒れてる花菜子を見つけました。大声で名前を叫ぶと、「ごめん、おすしいらないわ」と涙を流しながら目を開けました。

 

あざみは九十九堂に帰ってきましたが、何も言わずに部屋に上がってしまいました。さくらは恭子に何があったのかを聞きますがわからないといわれました。さくらは、それいじょうあざみには何も聞きませんでした。前と同じような生活が戻りました。

恭子は、知り合いに、花菜子のことを調べてもらいました。

数日後、食事を食べてるとあざみは、

「あのさ、ここにずっといて良いの?」

とききました。さくらはもちろんといいながら母親のことを聞くと、「あんなやつ、もう会わないから」といいました。それを聞いていた恭子は、調べた花菜子のことを話し出しました。

花菜子は出所した後、さらに2回刑務所に入っていました。1回目は覚せい剤、2回目は用事誘拐でした。もしかしたら、ずっとあざみのことを思っていたんじゃないかと恭子は言いました。

 

花菜子も、ずっとアザミのことを思い出していました。そこに、恭子がやってきました。

そして、花菜子を九十九堂につれてきました。さくらは顔を見て花菜子だと気がついて「帰って」と言って外に押し出して店を閉めました。さくらは、「何を考えてるの?」と恭子を怒りますが、「謝りたい」というからつれてきたと言います。あざみから「謝れ」といわれたからでした。

恭子は謝ることも許さないのに、なんであざみを住まわせたのかと言います。そして、さくらがいつも言ってる「人は悲しみの中では生きられるけど、苦しみの中では生きられない」という言葉を言って、見んな苦しみの中で生きてるので、もうこれ以上生きていけないからけじめをつけようと言いました。

そとに、あざみが帰ってきました。

さくらは花菜子を家の中に入れました。花菜子は土下座をして「ごめんなさい」と繰り返しました。さくらは、もう良いと言って座らせると、

「こうして、あなたと会うのは今日が最後。このさき、二度とないわ。わたしはあなたを絶対に許さない。一生、許すことはないわ。でも、憎むことはやめる。苦しみの中で生きていくのはつらすぎるから。その代わり、言っておく。人生、無駄にするな。しっかり生きろ。あんたが奪った命の分、しっかり生きろ。あざみのためにもきちんと生きろ。この子は、悠平が命を欠けて守った子なんだから。約束しろ。もし、それができないんなら、今、この場であざみの母親やめろ。わたしがあざみの母親になるから」

それを聞いて花菜子派立ち上がりました。

「あざみ、ごめんね、わたしもう一度やり直すから、許されるならやり直すから。ごめんね。わたし、これからは、このこのためにしっかり生きます。生きます。許してください」

花菜子は泣きながら再び土下座をしました。さくらは悠平の写真を泣きながら胸に抱きしめました。

 

あざみが出て行く日、さくらは親子丼を作ってくれました。あざみは泣きながら食べ始めました。

「流した涙が種になって、幸せの花を咲かせるの。あんたはこれから目いっぱい幸せになるんだからね。さくらさん。ずっと、アザミのことを思ってるからね、がんばるんだよ」

あざみは

<初めて食べたときとは違って、一口食べるたびに、「だいじょうぶだよ。ひとりじゃないよ。いつもそばにいるよ。みんなとつながってるからね」そんなさくらさんの声がきこえる>

と思って、泣きながら食べていました。

しばらくすると、いつもと同じ一日が始まりました。

(おわり)

「さくらの親子丼」最終話の感想

良かったですね。見た後に、心がほっこりしてきました。それほど、説教くさいことも言わないし、正しいことばかり言ったり、どしんと構えてはいなくて、右往左往するさくらでしたが、根元にずっとあるやさしさみたいなものが周りにつたわっていって、とても良いドラマでした。

今回もテーマはかなり重かったのですが、避けては通れないものなので、真正面から立ち向かっていったことで、誰もが良い方向に向かったんじゃないかなと思いました。

スポンサーリンク

 

「さくらの親子丼」のキャスト

  • 九十九さくら 真矢ミキ、古本屋店主
  • 九十九恭子 本仮屋ユイカ、さくらの娘
  • 九十九悠平 大地伸永、17歳で亡くなったさくらの息子
  • 二宮あざみ 吉本実憂、1歳のときに母親から捨てられた
  • 正木リエ 柳美稀、あざみの友人
  • 中西俊太 塚田僚一(A.B.C-Z)亡くなった息子の親友
  • 玉置玄 矢野浩二、九十九堂にたまってる、絵が得意
  • 佐伯風花 浅川梨奈、九十九堂にたまってた

最終話以外のあらすじ

以上、「さくらの親子丼」の最終話のあらすじと感想でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 結婚
  2. 結婚
  3. 幸せ
  4. 人生の転機
  5. 未来を変える




疲れたときにおススメ

  1. FOD
  2. 君といた夏
  3. パパ活
  4. スローダンス
  5. ラストシンデレラ-1
  6. いつもふたりで
  7. 地味にスゴイ!
  8. 愛という名のもとに
  9. お義父さんと呼ばせて
  10. メイちゃんの執事

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 青い海の伝説
  2. あなたが眠ってる間に
  3. アイム・ソーリー・カン・ナムグ
  4. ヴァンパイア探偵
  5. 大王の夢~王たちの戦争
  6. 雪の女王
  7. 麗
  8. いつも春の日
  9. キスして幽霊
スポンサーリンク

最新情報

  1. NBA2017-2018
  2. FIBAワールドカップ2019
  3. メゾンドポリス
  4. スキャンダル専門弁護士QUEEN
トドメの接吻(キス)
  1. 婚活
  2. スーパーサラリーマン左江内氏
  3. アイスブリュードコーヒー
  4. おんな城主直虎
  5. oil
  6. 私はチャン・ボリ!
  7. おんな城主直虎
  8. 旅行

多くの人に読まれている情報

  1. 流星群
  2. ブラックペアン
  3. candle
  4. 人は見た目が100%
  5. 花
  6. この声をきみに
  7. 嘘の戦争
  8. トドメの接吻(キス)
auひかりバナー
PAGE TOP