櫻子さんの足下には

ドラマ「櫻子さんの足下には」の7話のあらすじと感想!

サクラ
LINEで送る
Pocket

今夜のドラマあらすじは?
アシガール
先に生まれただけの僕
さくらの親子丼

ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まってる」の7話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。山路刑事の弟の事件と、一重の事件は一応解決したみたいに見えましたが、櫻子は、蝶形骨をとったのは別人だと推理しました。


スポンサードリンク


7話以外のあらすじ

ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まってる」のキャスト

  • 九条櫻子 観月ありさ、標本士
  • 館脇正太郎 藤ヶ谷太輔、博物館の技術補佐員
  • 志倉愛理 新川優愛、博物館のスタッフ
  • 山路輝彦 髙嶋政宏、八峰署刑事課の刑事
  • 近藤卓也 細田善彦、八峰署刑事課の山路の部下
  • 谷上和裕 近藤公園、自然の森博物館の地質学専門の学芸員
  • 杉森重男 渡辺憲吉、自然の森博物館の館長
  • 沢梅   鷲尾真知子、櫻子の家で働いているおてつだいさん
  • 磯崎齋  上川隆也、学芸員
  • 圓一重  中村ゆりか、磯崎齋の元教え子
  • 西沢二葉 三浦透子、磯崎齋の元教え子、5年前に失踪
  • 津々見三奈美 山谷花純、磯崎齋の元教え子

原作との違い

太田紫織さんの原作とは、だいぶ違ったものになっています。原作では、

  • 櫻子は20代半ばで、北海道旭川市在住
  • 館脇正太郎は、高校生
  • 正太郎は櫻子といると事件に巻き込まれてしまう
  • 櫻子には在原直江という婚約者がいる
  • 登場人物がかなり違う

などです。ドラマと原作は全くの別物だと思ってください。なので、原作を読んでからドラマを見るとがっかりします。原作はとても面白いですので、一度読んでみてください。一番下にリンクを載せておきました。

ドラマ「櫻子さんの足下には」7話のあらすじ

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まってる」は、有料ですがFODで見ることができます。⇒  フジテレビオンデマンド

 

事件の犯人、花房が遺体で発見されたことで、山路刑事(髙嶋政宏)たちは事件から撤退を命じられました。近藤刑事(細田善彦)は、他の事件で外にいる時に、同級生で気鋭の作曲家・藤岡毅(裵ジョンミョン)と、20年ぶりに会いましたが、具合が悪そうな咳をしていました。

その晩、九条櫻子(観月ありさ)の邸宅で、正太郎(藤ヶ谷太輔)、磯崎(上川隆也)、愛理(新川優愛)、谷上(近藤公園)、山路刑事、近藤刑事が食卓を囲んでいました。正太郎たちは、夏休み特別展示の企画の相談、山路刑事たちは、事件の報告書の確認で電話すると、ばあやの沢梅(鷲尾真知子)に夕飯で誘われたのでした。

夕食が始まってお酒も進んでくると、近藤刑事が藤岡毅と同級生だったことで盛り上がりました。ただ、会っていきなり、

「おれはもうすぐしぬから。呪いのせいで」

と言われたと話すと、みんな驚きました。藤岡家は代々、男性が短命で、翌日様子を見に行ってみると話しました。近藤刑事は櫻子につきあってもらいたいようでした。夕食会が終わって正太郎の帰りみち、近藤刑事が待っていて、翌日、藤岡家に櫻子と一緒に付き合ってくれと言われました。正太郎は骨を見に行くとだまして稲盛市にある藤岡家につれて行きました。

藤岡家の門の前につくと、山路と近藤もちょうどやってきました。中に入って藤岡に話を聞きました。「発端は半年前に亡くなったおじでした」と話し始めました。そのおじさんから、先祖が呪いをかけられて短命だったんじゃないかといわれたんです。そのおじさんは、その話をした後に急性の心不全でなくなって、藤岡の父親も30歳で同じような病気で亡くなったと言いました。そして、身の回りの整理をしてたら、近藤と写ってる小学生のときの写真が出てきたと言いました。

その話をした瞬間、そばにいた九官鳥が「呪いだ」としゃべりました。藤岡の具合が悪くなってきたら、その言葉を言いだしたと言います。病院に行っても何も悪いところはなく、「呪い以外、何があるって言うんだよ」と言いながら部屋に行ってしまいました。さいきんでは、外にも出ずに部屋の中で外国の画家の絵を眺めているばかりでした。共同経営者の新谷(隅部洋平)が気になって家系を調べると、たしかに、50歳前に亡くなってるひとばかりでした。

家に帰ってきた櫻子は、人間の思い込みは恐ろしいと言います。得体が知れないから恐怖を感じるので、原因が分かれば対処できると正太郎に話しました。正太郎は、一人で調べてみると言って出て行きました。警察署では、近藤も「向き合ってやれよ。ココで見捨てたら終わりかもしれないぞ」と山路から言われます。

正太郎は、自然の森博物館のPCで調べ始めると、愛理たちも手伝ってくれました。稲盛市の気候などを調べて櫻子に意見を聞きに行くと、櫻子は藤岡のHPに移っていた絵に目を止めました。何かひらめいた櫻子は、翌日、正太郎と近藤を連れて、再び藤岡家に行きました。

櫻子が家につくと、藤岡の手を見ました。ミーズ線が爪に出ていました。そして、その絵を見に書斎に入っていくと、櫻子は絵を見て

「まちがいない。これこそ、しをまねく絵だ」

そして、窓を全開にして説明を始めました。その絵は1800年ごろに描かれたもので、絵の具の中にヒ素が含まれています。絵の裏地にカビが生えたことで、そのカビがヒ素をとりこんで有機ヒ素化合物を放出したのが、藤岡賀具合が悪くなった原因でした。ミーズ線は、ヒ素中毒の特徴でした。櫻子は、風通しのいい所に置いて、カビを除去してから鑑賞すればいいと言います。

藤岡が、「なら、うちの家系が短命だっていうことはどう説明するんですか?」と聞くと、不整脈が遺伝的に受け継がれることがあると言います。その遺伝的な要因と強いストレスが重なって、心臓病になったのでは?と推測しました。豪快そうに見えたオジサンも、一人になると「呪いだ」とおびえていたに違いないと言います。その証拠は、九官鳥が覚えていたことだと言い切ります。

自分で恐怖をつくって自分で増大させていったんだと言います。そういうと、藤岡が残念そうにつぶやきます。櫻子はそれを聞いて、

「お前は外国で賞をとって有名になり、周囲の期待は高まる。お前はそのプレッシャーに押しつぶされそうになり、逃げ出そうとした。違うか?」

 

「そうだよ。その通りだよ。俺は昔のような曲は書けない。才能が枯渇したんだ。体が調子悪くなってホッとした部分もあった。俺は弱い人間だ」

「ばかやろー!おまえはよわくなんかない。お前の強さは俺が知ってる。あんときのお前みたいになりたくて俺は刑事になったんだ」

と近藤や奥さんが元気づけました。

 

藤岡家から帰宅途中の近藤に、山路から電話がかかってきました。藤岡の会社が投資詐欺にあって倒産寸前だと言うことでした。それを聞いた瞬間、櫻子は車を止めてUターンさせました。急いで戻って、藤岡の部屋に入ると、お酒と大量の睡眠薬を飲んで意識を失ってる藤岡がいました。救急車が呼ばれて、運ばれて行きました。櫻子が家に戻ると、共同経営者の新谷が書類を持って帰ろうとしていました。

新谷の前に立ちはだかった櫻子は、藤岡は自ら命を絶ったのではなくて、この新谷に睡眠薬とお酒を飲まされたんだと言います。新谷が投資詐欺に引っ掛かって借金をこさえてしまい、ちょうど「呪い」と言いだした藤岡の財産を乗っ取る手はずをしていたと言います。ただ、今の睡眠薬は、どんなに飲んでも命はなくならないと言うと、新谷は立ち上がって逃げようとします。そこを近藤がつかまえて、警察に連行しました。

(⇒ 8話のあらすじ

 


スポンサーリンク

ドラマ「櫻子さんの足下には」7話の感想

おもしろかったですね。ツッコミどころは満載でしたが、観月ありささんのキャラに慣れてくると、水戸黄門的な話の展開でとても面白くなってきました。海外ドラマ「BONES」に似ているという人も多いので、一度見てみたいと思います。

今回のセリフの中で良かったものは、櫻子のセリフで、

「得体が知れないから恐怖を感じる。原因が分かれば対処できる」

というものです。原因と結果は必ず存在すると言うことだと思います。仕事の問題でも、原因と結果がかならずあるので、成功したら成功した理由、失敗したら失敗した理由をしっかりすることで同じことを繰り返さないで済むのではないでしょうか。人生も同じで、望む結果を手に入れられていないのなら、きっとどこかにその原因が転がっているはずです。仕事でうまくいかない場合は、成功している人と違うポイントが必ずあるはずです。モデリングしたり、PDCAサイクルを回して、うまくいかない原因を取り除いていけば、成功しない理由は亡くなるとわたしは考えています。

まずは、櫻子のように冷静沈着な目で、どこに原因があるのかを考えていくことから始めていくのが大切だと思います。この世の中、適当にやってればうまくいくのですが、人よりも成功したければ、色々な方法を試していかれることをお勧めします。

太田紫織さんの著書

原作の太田紫織さんは、1978年生まれの39歳の小説家、推理作家です。E★エブリスタにて、小説や写真、俳句など多数の作品を投稿されていました。2012年に同サイトにてEleanor.S名義で発表した『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』で『E★エブリスタ 電子書籍大賞ミステリー部門』(角川書店)優秀賞を受賞されて、2013年、角川書店から出版されました。

櫻子さんシリーズは、

他のものは、

どれも面白いですし、量も少なくかなり読みやすいので、スキマ時間に読むことができてお勧めです。しかも、ストーリーが抜群です。

以上、ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まってる」の7話のあらすじなどでした。

他にも面白いドラマがあります。

コウノドリ2
奥様は、取り扱い禁止

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. ドラマ「今からあなたを脅迫します」のキャストや1話のあらすじと感想!ディーン・フジオカと武井咲のW主演! 今からあなたを脅迫します
  2. 「ユニバーサル広告社」のキャストや1話のあらすじ★和久井映見がヒロイン! ユニバーサル広告社
  3. ドラマ『アシガール』のキャストや1話のあらすじと感想!黒島結菜と健太郎が戦国時代に! アシガール
  4. J2リーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は?松本山雅は? J2リーグ2017
  5. 『この声をきみに』のキャストやあらすじ!見どころは【人生を変えられるか?】 この声をきみに
  6. 『コウノドリ2』のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)。綾野剛と星野源が再び! コウノドリ2
  7. 『監獄のお姫さま』のキャストと1話のあらすじと視聴率。小泉今日子が宮藤官九郎の脚本で! 監獄のお姫さま
  8. ドラマ『ぼくは麻理のなか』のキャストと1話のあらすじ!池田エライザの中に吉沢亮が! ぼくは麻理のなか
  9. ドラマ『陸王』のキャストと1話のあらすじと原作。★モデル企業は「きねや足袋」 陸王
  10. 『奥様は、取り扱い注意』のキャストや1話のあらすじと感想と視聴率!綾瀬はるかと西島秀俊が夫婦? 奥様は、取り扱い注意
スポンサーリンク

最新情報

  1. 先に生まれただけの僕
  2. 先に生まれただけの僕
  3. Bリーグ
  4. マラソン
  5. アシガール
にきび
  1. waikiki-beach
  2. 黒革の手帖
  3. クラゲ
  4. スニッファー嗅覚捜査官
  5. ウチの夫は仕事ができない
  6. 血管年齢?
  7. 嫌われる勇気

多くの人に読まれている情報

  1. コック警部
  2. 坦々麺
  3. 流星群
  4. 下剋上受験
  5. おんな城主直虎
  6. 監獄のお姫さま
  7. ブレンダー
  8. 人は見た目が100%
  9. 伝統工芸品
PAGE TOP