西郷どん

「西郷どん」の12話「運の強き姫君」のあらすじ(ネタバレ)。

NHK大河「西郷どん」の12話「運の強き姫君」のあらすじ(ネタバレ)などを紹介します。


スポンサーリンク


12話「運の強き姫君」のあらすじ

一命をとりとめた斉彬(渡辺謙)が全快すると、「お由羅騒動」で罰せられた人たちにご赦免を出しました。大久保正助(瑛太)の父親の大久保次右衛門(平田満)も遠島から許されて家にもどって来ました。

一方、江戸では、篤姫(北川景子)は江戸に来て2年たちましたが、未だ将軍家への輿入れが決まりませんでした。すでに薩摩弁もぬけて、お琴などの教育もしっかり終わっていました。西郷吉之助(鈴木亮平)と幾島(南野陽子)は気をもんでいました。

幾島がそのことを斉彬に聞くと、井伊直弼(佐野史郎)が邪魔をしてるらしいといいました。すると、幾島は大奥の力を借りてはどうか?といいます。まずは、公方様の母親の本寿院(泉ピン子)に近づくことをはなすと、斉彬はお金も人間も思う存分使っても良いと生島にめいじました。

山田為久(徳井優)は、吉之助に書状と賄賂の金子を渡しました。すると、篤姫(北川景子)がやってきて、輿入れがいまだないことが心配だといいました。すると、吉之助は本当に輿入れをしたいのかと聞くと、「そのために江戸に来てる、あたりまえではないか、そなたも力を貸してくれ」といわれました。

そのときから吉之助と幾島は品川宿にいって工作をはじめました。幾島はお酒をつぎながらうまい具合に他の藩のことを聞き出していました。それを見ながら勉強した西郷は山田といっしょに品川宿にいって、輿入れの役人に賄賂やおべっかを使って働きかけました。

薩摩では、正助がなんとか久光(青木崇高)にとりいろうと必死にもがいていました。

 

幾島は、吉之助たちの品川宿の働きで、やっと本寿院と家定の乳母の歌橋(猫背椿)と会うことが出来ました。幾島は、篤姫の輿入れの後押ししてくれとお願いすると、本寿院は、嫁として望むことがあるといいます。それは、家定をひとりにしないでもらいたいということでした。幾島は、篤姫は体が強くて運が良いので、家定よりはやく亡くなってしまうことはないと言い切りました。本寿院は「その運にのってみよう」と行ってくれました。

本寿院は、家定の前に10人の姫の似顔絵をならべて、この中から選んでくれといいました。その場所には、井伊直弼と阿部正弘(藤木直人)がいました。すると、家定は、いきなり池におりていって、しんでるカモをてにとりました。そして、「しなない御台所がほしい」といいました。すると、本寿院は篤姫の似顔絵をさしてして、この姫が亡くならない姫です。というと、家定が「この姫にする」と答えました。井伊直弼は異を唱えますが、本寿院は一喝して輿入れさせることを決めました。実は、家定には今までに二人の正室がいて、二人とも輿入れしてから病気などで亡くなっていたんです。

斉彬のところにその知らせも届きました。篤姫を呼んでそれを伝えると喜びました。斉彬はどういう人か心配ではないかと聞くと、天下の公方さまなのでどのような人でも大丈夫だといいました。篤姫がさがるときに、吉之助にも礼をいいました。

吉之助が険しい顔をしてると、斉彬が近くに呼んでなんでそんなかおをしているのかと、話を聞きました。吉之助は、家定が体と頭が弱くて子供も出来ないかもしれないとおもうと、篤姫が不憫でならないと涙ながらに言いました。斉彬は「わしからいう」といってさがらせました。それをは離れたところで幾島が聞いていました。

翌日、幾島はなぎなたの稽古を篤姫につけました。その稽古は熾烈を極めました。幾島は、これから一人で戦っていかないといけない篤姫を精神的に鍛えなければいけないと思って、心を鬼にしてやっていたんです。吉之助が止めると、大奥に入ることが出来ないのにこれからも守ることが出来るのか?といいました。吉之助は何もいえませんでした。

斉彬は、篤姫を呼んで家定が病弱で子供をなすことが出来ないだろうといいました。そして、篤姫の本当の役目は、次の将軍を一橋慶喜(松田翔太)にしてもらうように家定の心を動かすことだといいました。

それを聞いた篤姫は、斉彬のためになるなら覚悟ができてるし、斉彬の娘になれたことだけでも幸せだったと涙ながらに言いました。幾島と吉之助もそれを聞いていました。

 

その日の夜、吉之助が外を見てると地震が起きました。安政の大地震です。吉之助は、斉彬の元に行って安全を確認した後に篤姫のところにいくと無事でした。顔をみてよろこんでると、天井から大きなはりが落ちてきました。吉之助はそのはりを体で支えて篤姫をまもりました。吉之助の顔を見た篤姫は、つい本心を出してしまいました。

「西郷、いっしょに逃げておくれ。できるだけ、遠くに。公方様も父上もいない遠い国へ、このままつれて逃げておくれ」

「わかりもした、にげもうそ。どこまででん、篤姫さまをおまもりして、どげなとおかとこでもいきもうそ」

「そんことばがききたかった」

西郷が手をとっていこうとすると、

「もう、よかとじゃ」

といいました。そこに、幾島がやってきました。篤姫は、きりっと立ち上がって

「御台所となるこのからだ、きずひとつつけず、よう守ってくれた。礼を言う」

篤姫は幾島を従えて歩いていきました。

(⇒13話のあらすじ

「西郷どん」は有料ですが、いままでの大河や「プロフェッショナル」もこちらで見ることができます。⇒U-NEXT公式サイトへ

キャスト

西郷家

  • 西郷吉之助 鈴木亮平、後の隆盛
  • 西郷琴 桜庭ななみ、吉之助の妹
  • 西郷吉二郎 渡部豪太、吉之助の弟
  • 熊吉 塚地武雅。使用人

大久保家

  • 大久保正助 瑛太、後の利通
  • 大久保次右衛門 平田満、正助の父親
  • 大久保福 藤真利子、正助の母親

島津家

  • 島津斉彬 渡辺謙、薩摩藩次期当主
  • 山田為久 徳井優、斉彬の側近
  • 篤姫 北川景子
  • 幾島 南野陽子、篤姫の教育係

徳川幕府

  • 阿部正弘 藤木直人、老中筆頭
  • 徳川斉昭 伊武雅刀、元水戸藩藩主
  • 一橋慶喜 松田翔太、一橋藩藩主、徳川斉昭の息子
  • 井伊直弼  佐野史郎、彦根藩藩主
  • 徳川家定 又吉直樹、十三代将軍

郷中の仲間たち

郷中とは、町内会の中の青年団みたいなものです。

  • 有村俊斎 高橋光臣
  • 大山格之助 北村有起哉
  • 村田新八 堀井新太
  • 有馬新七 増田修一朗

その他

  • 岩山糸 黒木華、西郷吉之助を片想いしてた
  • ナレーション 西田敏行(市原悦子さんのピンチヒッター)

各話のあらすじ

西郷どん1話「薩摩のやっせんぼ」のあらすじ西郷どん2話「立派なお侍」のあらすじ西郷どん3話「子どもは国の宝」のあらすじ西郷どん4話「新しき藩主」のあらすじ西郷どん5話「相撲じゃ!相撲じゃ!」のあらすじ西郷どん6話「なぞの漂流者」のあらすじ西郷どん7話「背中の母」のあらすじ西郷どん8話「不吉な嫁」のあらすじ西郷どん9話「江戸のヒー様」のあらすじ西郷どん10話「篤姫はどこへ」のあらすじ西郷どん11話「斉彬暗殺」のあらすじ西郷どん13話「変わらない友」のあらすじ西郷どん14話「慶喜の本気」のあらすじ西郷どん15話「殿の死」のあらすじ西郷どん16話「斉彬の遺言」のあらすじ西郷どん17話「西郷入水」のあらすじ

以上、NHK大河「西郷どん」の12話のあらすじ(ネタバレ)でした。

あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

40歳で人生を見直す

  1. 人生の扉
  2. communication
  3. コック警部
  4. お見合い

疲れたときにおススメ

  1. スローダンス
  2. 非婚家族
  3. ボク、運命の人です。
  4. ラストシンデレラ-1
  5. 君といた夏
  6. アフリカの夜
  7. GTO
  8. 世界で一番君が好き!
  9. 北の国から
  10. 名前をなくした女神

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 黄金のポケット
  2. 恋はドロップキック
  3. 恋はチーズ・イン・ザ・トラップ
  4. シンデレラと4人の騎士
  5. グッドワイフ
  6. 輝け、ウンス!
  7. 六龍が飛ぶ
  8. 愛の迷宮~トンネル~
  9. ショッピング王ルイ
  10. オーマイビーナス
スポンサーリンク

最新情報

  1. 限界団地
  2. ロシアワールドカップ2018
  3. J2リーグ2017
  4. ジョジョの奇妙な冒険
ラブリラン
  1. ラブリラン
  2. 最高の離婚
  3. 釣りバカ日誌2
  4. プリズンブレイク
  5. ブランケットキャッツ
  6. アシガール
  7. 耳をすませば

多くの人に読まれている情報

  1. 品位のある彼女
  2. 西郷どん
  3. こえ恋
  4. オーファンブラック
  5. 女子レスリング
  6. おから
  7. 屋根裏の恋人
  8. 脳科学
  9. 警視庁いきもの係
ビットフライヤー
PAGE TOP