西郷どん

「西郷どん」の21話「別れの唄」のあらすじ(ネタバレ)。

NHK大河「西郷どん」の21話「別れの唄」のあらすじ(ネタバレ)などを紹介します。

スポンサーリンク

「西郷どん」21話の再放送は、6/9の午後1時5分からです。

21話「別れの唄」のあらすじ

奄美大島に来て2年。吉之助(鈴木亮平)と愛加那(二階堂ふみ)の間に男子が生まれました。吉之助は菊太郎と名づけようとしますが、龍佐民(柄本明)は、いつか薩摩に戻る吉之助の子供は菊次郎とすべきと説得しました。じつは、島でめとった女性は、お上の法で薩摩にはつれて帰ることが出来ず、いずれ、薩摩に帰って妻をもらうからだと説明しました。

吉之助は帰らないといいますが、愛加那はそれでいいと納得しました。

 

その頃、薩摩では、小松帯刀をはじめ優れた若者達を取り立てていました。島津久光(青木崇高)は、桜田門の変以降も幕府の態度は改まらず、諸国の藩が倒幕を騒ぎ始めて軍を動かそうとしてるといいました。

藩主は、久光に薩摩も群を上げろと命じました。久光は、堀に江戸に行くことを命じ、小松帯刀には国許にのこれといいました。正助(瑛太)は、大久保一蔵と名を改めて側近になって、京都に行くことを命じられました。

大久保は、精忠組にいって軍を挙げることを告げて、さらに、吉之助の召還命令がでたと話しました。

大島では、さつまきびをしぼる機械が届きました。いっしょに大久保一蔵も船に乗ってやってきました。

夕食を食べる前に、大久保一蔵が、

「殿の命にごわす。すぐ、さつまにかえってきてくいやい」

「あいがとさげもす。じゃっどん、そいはできん。おいはこん島にのこる」

と吉之助は断わりました。一蔵は、今の薩摩は変わって、斉彬の望んだ体制になってるし、吉之助がいないとだめだと説明しました。

吉之助は、この島に来て初めて薩摩藩の金が奄美大島からのものだとわかったといいました。そして、生きる力や人の愛をここで教えてもらったといいました。

翌日、サトウキビをしぼってると、愛加那が吉之助は帰らないと大久保一蔵にいうと、「吉之助は薩摩の宝だ。かえしてくれ」と一蔵が頭を下げてたのみました。

一蔵は、薩摩に帰ってきてくれと何度も言い残して薩摩に帰っていきました。

その日から、吉之助の頭の中から、薩摩のことはなれませんでした。

 

数日後、愛加那は、一蔵から預かったと言って箱を出してきました。吉之助があけてみると、それは斉彬からもらった小刀でした。「一蔵らしい」と笑顔で言って席をたちました。

愛加那が海辺で考えてると、ユタもうひとりおなかの中に新しい命が宿ってるから、強く生きていけといわれました。

家に帰った愛加那は、ここにいる吉之助は薩摩の西郷吉之助だから、もう薩摩に帰れと涙を流して訴えました。そして家をでていきました。吉之助が追いかけると、愛加那の兄が、「もう難儀なおもいはさせないでくれ」と抱いてとめました。

ある日、龍佐民がきて、迷ってるんじゃないかと図星をつきました。そして、菊池源吾は三年間でいろいろな夢を見せてくれた、西郷吉之助がいる場所はここではないといいました。

吉之助は、海でまってる愛加那のところにいってはなしをしました。

「うん、わかりよった。ずっとまえからわかってた、薩摩にかえるんだね」

「じゃっどん、かならずもどってくる。役目が終わったら、おはんと菊次郎とこの子にあうためにもどってくる」

愛加那は、「幸せなことがありますように」の唄をうたいはじめました。吉之助は愛加那を海の中で抱きしめました。

吉之助は、島を離れました。

22話に続く

「西郷どん」は有料ですが、いままでの大河や「プロフェッショナル」もこちらで見ることができます。

U-NEXT公式サイトへ!

U-NEXT

キャスト

西郷家

  • 西郷吉之助 鈴木亮平、後の隆盛
  • 西郷琴 桜庭ななみ、吉之助の妹
  • 西郷吉二郎 渡部豪太、吉之助の弟
  • 熊吉 塚地武雅。使用人

大久保家

  • 大久保正助 瑛太、後の利通
  • 大久保次右衛門 平田満、正助の父親
  • 大久保福 藤真利子、正助の母親

島津家

  • 島津斉彬 渡辺謙、薩摩藩当主
  • 島津久光 青木崇高
  •  
  • 山田為久 徳井優、斉彬の側近
  • 篤姫 北川景子
  • 幾島 南野陽子、篤姫の教育係

徳川幕府

  • 阿部正弘 藤木直人、老中筆頭
  • 徳川斉昭 伊武雅刀、元水戸藩藩主
  • 一橋慶喜 松田翔太、一橋藩藩主、徳川斉昭の息子
  • 井伊直弼  佐野史郎、彦根藩藩主
  • 徳川家定 又吉直樹、十三代将軍

郷中の仲間たち

郷中とは、町内会の中の青年団みたいなものです。

  • 有村俊斎 高橋光臣
  • 大山格之助 北村有起哉
  • 村田新八 堀井新太
  • 有馬新七 増田修一朗

その他

  • 岩山糸 黒木華、西郷吉之助を片想いしてた
  • ナレーション 西田敏行(市原悦子さんのピンチヒッター)

各話のあらすじ

西郷どん1話「薩摩のやっせんぼ」のあらすじ西郷どん2話「立派なお侍」のあらすじ西郷どん3話「子どもは国の宝」のあらすじ西郷どん4話「新しき藩主」のあらすじ西郷どん5話「相撲じゃ!相撲じゃ!」のあらすじ西郷どん6話「なぞの漂流者」のあらすじ西郷どん7話「背中の母」のあらすじ西郷どん8話「不吉な嫁」のあらすじ西郷どん9話「江戸のヒー様」のあらすじ西郷どん10話「篤姫はどこへ」のあらすじ西郷どん11話「斉彬暗殺」のあらすじ西郷どん12話「運の強き姫君」のあらすじ西郷どん13話「変わらない友」のあらすじ西郷どん14話「慶喜の本気」のあらすじ西郷どん15話「殿の死」のあらすじ西郷どん16話「斉彬の遺言」西郷どん17話「西郷入水」西郷どん18話「流人 菊池源吾」西郷どん19話「愛加那」西郷どん20話「正助の黒い石」西郷どん22話「別れの唄」

以上、NHK大河「西郷どん」の21話のあらすじ(ネタバレ)でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 耳をすませば
  2. communication
  3. 未来を変える




疲れたときにおススメ

  1. お義父さんと呼ばせて
  2. コンフィデンスマンJP
  3. 残念な夫
  4. カエルの王女さま
  5. ハートに火をつけて!
  6. パパ活
  7. 極悪がんぼ
  8. オーファンブラック

40代におススメの韓流ドラマ

  1. ヒーラー
  2. 空港に行く道
  3. 魔女宝鑑~ホジュンの若き日の恋~
  4. 黄金のポケット
  5. いつも春の日
  6. 推理の女王
  7. THE K2~キミだけを守りたい~
  8. オー・マイ・クムビ
  9. 上流社会
スポンサーリンク

最新情報

  1. スーツ
  2. スーツ
  3. NBA2017-2018
  4. 今日から俺は!
  5. 下町ロケット2
民衆の敵
  1. 西郷どん
  2. 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。
  3. 屋根裏の恋人
  4. あなたのことはそれほど
  5. ベトナムの少年
  6. ウチの夫は仕事ができない
  7. トドメの接吻(キス)

多くの人に読まれている情報

  1. コック警部
  2. 焼成冷凍パン
  3. おんな城主直虎
  4. 視覚探偵日暮旅人
  5. トドメの接吻(キス)
  6. フランケンシュタインの恋
  7. 民衆の敵
  8. おんな城主直虎
  9. BG~身辺警護人~
  10. 内臓脂肪の減らし方
auひかりバナー
PAGE TOP