西郷どん

「西郷どん」の31話「龍馬との約束」のあらすじ(ネタバレ)。

NHK大河「西郷どん」の31話「龍馬との約束」のあらすじ(ネタバレ)などを紹介します。

スポンサーリンク

「西郷どん」31話の再放送は、8/25の午後1時5分からです。

31話「龍馬との約束」のあらすじ

吉之助(鈴木亮平)は、倒幕するために長州と手を組むことを考えていました。そこに、幕府の使いとして勝海舟(遠藤憲一)がやってきたと知らせが入りました。吉之助が行ってみると、勝ではなくて坂本龍馬(小栗旬)でした。龍馬の海軍操練所はとり潰されて、脱藩した土佐には帰れないからと言って、「こうてくれんかよ、このわしを」と吉之助にいいました。

吉之助は龍馬を自分の家に連れてきました。。龍馬は雨漏りする西郷家に驚きますが、清貧を貫く吉之助にほれ直しました。そして、ふたりで雨漏りを直し始めました。吉之助は「日本の雨漏りを直したか」とつぶやきました。雨漏りは外国のことでした。それを聞いた龍馬は、笑いながら外国と商売を早くしたいといいました。そのためにも力を貸してくれと吉之助がたのみました。

その頃、一橋慶喜((松田翔太))は、上様が上洛することになったといいました。その理由は、長州征伐の詔をもらうためでした。

その話は薩摩にも届きました。吉之助は島津久光(青木崇高)に幕府の命令には従わないようにした方がいいと言うと、久光は「幕府を見限るすることにした」といいました。大久保一蔵(瑛太)が、すでに説得していたんです。薩摩が幕府に代わることで、斉彬(渡辺謙)以上になれるとおだてていたんです。それを聞いた吉之助は、もう一つお願いがあるといって龍馬を紹介しました。

龍馬は、薩摩でも土佐でもない自分は大砲でも鉄砲でも何でも買ってこれるので、自分を買ってくれとお願いしました。久光は了承しました。

別室に下がった一蔵は吉之助に長州征伐がおわったらつぎは薩摩だとこぼすと、吉之助は長州と手を組目ばいいといいました。一蔵がそれはムリだというと、それまで寝ていた龍馬がおきて、「打つ手はあるぜよ」といいました。そして、操練所にはいろいろな藩のやつがいるし、長州には昔からの知り合いがいるから、自分がまとめてやると言いました。吉之助は「おねがいしもす」と頭を下げました。

翌朝、龍馬は旅立ちました。

 

1か月後、一蔵は京にのぼって、長州征伐を止めようと画策をはじめました。岩倉具視(笑福亭鶴瓶)のところにいくと、公家たちへの書状を預かりました。帰り際、岩倉具視は中川宮には気をつけろといわれました。

中川宮にいくと、できるかぎり力添えをするという答えをもらいました。中川宮は、誇りがあるといってお金も受け取りませんでした。一蔵は岩倉具視に言われていたことと全く違うと毒づきました。

下関の白石邸で、龍馬は桂小五郎(玉山鉄二)とあいました。そのころには、許されて長州藩に戻っていたんです。龍馬は、銃や大砲、軍艦入らないかと持ちかけました。幕府は長州には売ってはいけないとお触れをだしていたので、のどから手が出るほど欲しいものでした。

龍馬は、今は薩摩にいて薩摩から船を借りて武器を長崎で積んで長州に売るというと、「薩摩だけは許せん」と桂は怒りました。龍馬はそんなことを言ってたら幕府につぶされるし、薩摩は憎んでも吉之助は憎まない方がいいと説得しました。

 

ある日の夜。吉之助の家に、土佐の中岡慎太郎(山口翔悟)がやってきました。龍馬からの書状で、すぐに長州に来てくれれば桂に合わせるということでした。翌朝、すぐに長州に旅立とうとすると、一蔵からの書状がとどきました。上様がやってきたのですぐにでも軍議が始まって長州征伐になるので、京に来て力を貸してほしいということでした。

吉之助は鶴丸城に行って、有村俊斎(高橋光臣)と大山格之助(北村有起哉)にあいました。自分の代わりに下関に行って桂と会って話をしてきてくれと言いました。大山は反対しますが、有村は代わりに行くことを了承しました。

吉之助が京につくと、長州征伐は寸前のところでくいとどめることができました。会議が終わって一蔵たちが廊下をあるいてると、慶喜がやってきました。慶喜は一蔵の前に立って、中川宮にわたした書状を見せました。中川宮が岩倉具視がいってたように情報を慶喜に売っていたんです。慶喜は幕府に泥を塗るなと言い残して歩いていきました。

吉之助が宿に帰ると、龍馬がいました。龍馬は、吉之助のことを見誤ったとおこっていました。俊斎は吉之助を騙していて、下関にはいかなかったんです。龍馬は、桂と二人でずっと待っていたといって怒りました。吉之助が書状をもたせたというと、どんな思いで吉之助に会うことを決めたのか、もっと桂の気持ちをかんがえろといいました。そして、義理も人情も信頼も失ったと言って帰っていきました。

龍馬が帰った後、吉之助は自分を責め始めますが、一蔵は、どうせ桂と会って長州とて組むんだろ、天が味方しない時には自分が味方してやると元気づけました。

(⇒32話のあらすじ

「西郷どん」は有料ですが、いままでの大河や「プロフェッショナル」もこちらから見ることができます。

U-NEXT公式サイトへ!

U-NEXT

キャスト

西郷家

  • 西郷吉之助 鈴木亮平、後の隆盛
  • 西郷琴 桜庭ななみ、吉之助の妹
  • 西郷吉二郎 渡部豪太、吉之助の弟
  • 西郷信吾 錦戸亮、後の従道
  • 熊吉 塚地武雅。使用人

大久保家

  • 大久保一蔵 瑛太、後の利通
  • 大久保満寿 美村里江、一蔵の妻

島津家

  • 島津斉彬 渡辺謙、薩摩藩当主
  • 島津久光 青木崇高
  • 天璋院 北川景子、篤姫
  • 幾島 南野陽子、篤姫の教育係
  • 小松帯刀 町田啓太、薩摩藩家老

徳川幕府

  • 徳川斉昭 伊武雅刀、元水戸藩藩主
  • 一橋慶喜 松田翔太、一橋藩藩主、徳川斉昭の息子

郷中の仲間たち

郷中とは、町内会の中の青年団みたいなものです。

  • 有村俊斎 高橋光臣
  • 大山格之助 北村有起哉
  • 村田新八 堀井新太
  • 有馬新七 増田修一朗

その他

  • 岩山糸 黒木華、西郷吉之助を片想いしてた
  • ナレーション 西田敏行(市原悦子さんのピンチヒッター)
  • 坂本龍馬 小栗旬
  • 岩倉具視 笑福亭鶴瓶
  • 勝海舟 遠藤憲一
  • 桂小五郎 玉山鉄二

各話のあらすじ

西郷どん1話「薩摩のやっせんぼ」のあらすじ西郷どん2話「立派なお侍」のあらすじ西郷どん3話「子どもは国の宝」のあらすじ西郷どん4話「新しき藩主」のあらすじ西郷どん5話「相撲じゃ!相撲じゃ!」のあらすじ西郷どん6話「なぞの漂流者」のあらすじ西郷どん7話「背中の母」のあらすじ西郷どん8話「不吉な嫁」のあらすじ西郷どん9話「江戸のヒー様」のあらすじ西郷どん10話「篤姫はどこへ」のあらすじ西郷どん11話「斉彬暗殺」のあらすじ西郷どん12話「運の強き姫君」のあらすじ西郷どん13話「変わらない友」のあらすじ西郷どん14話「慶喜の本気」のあらすじ西郷どん15話「殿の死」のあらすじ西郷どん16話「斉彬の遺言」西郷どん17話「西郷入水」西郷どん18話「流人 菊池源吾」西郷どん19話「愛加那」西郷どん20話「正助の黒い石」西郷どん21話「別れのうた」西郷どん22話「偉大な兄 地ごろな弟」西郷どん23話「寺田屋騒動」西郷どん24話「地の果てにて」西郷どん25話「行かされた命」西郷どん26話「西郷、京へ」西郷どん27話「禁門の変」西郷どん28話「勝と龍馬」西郷どん29話「三度目の結婚」西郷どん30話「怪人 岩倉具視

以上、NHK大河「西郷どん」の31話のあらすじ(ネタバレ)でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 人生は楽しい!




疲れたときにおススメ

  1. BOSS
  2. パパ活
  3. FOD
  4. 神様、もう少しだけ
  5. 正義のセ
  6. 残念な夫
  7. コード・ブルー
  8. 空飛ぶタイヤ
  9. メイちゃんの執事
  10. 民衆の敵

40代におススメの韓流ドラマ

  1. モンスター
  2. 上流社会
  3. THE K2~キミだけを守りたい~
  4. あなたは贈りもの
  5. トンイ
  6. メロホリック
  7. オーマイゴッド
  8. タイプライター
  9. バリでの出来事
スポンサーリンク

最新情報

  1. あまちゃN
  2. 結婚相手は抽選で
  3. ドロ刑
  4. 結婚相手は抽選で
  5. ドロ刑
今からあなたを脅迫します
  1. 下町ロケット2
  2. 母になる
  3. 弁護士
  4. 花
  5. リバース
  6. コード・ブルー3
  7. ゆとり世代
  8. ツバキ文具店
  9. キャリアを引く女

多くの人に読まれている情報

  1. チアダン
  2. dele
  3. アンフェア
  4. チェーン
  5. 火花
  6. 嫌われる勇気
  7. 西郷どん
  8. 家政夫のミタゾノ2
  9. ただ愛する仲
auひかりバナー
PAGE TOP