西郷どん

「西郷どん」の40話「波乱の新政府」のあらすじ(ネタバレ)。

NHK大河「西郷どん」の40話「波乱の新政府」のあらすじ(ネタバレ)などを紹介します。

スポンサーリンク

「西郷どん」40話の再放送は、11/3の午後1時5分からです。

40話「波乱の新政府」のあらすじ

明治2年、大久保(瑛太)と岩倉(笑福亭鶴瓶)は勅書を携えて薩摩にやってきました。そこには、薩摩の島津久光(青木崇高)に東京に来て力を貸してもらいたいと書かれていました。ところが、久光は身体の具合が悪いと理由をつけて断わりました。それを聞いた岩倉具視は怒りますが、隆盛(鈴木亮平)は政府は何を考えてるのかと聞きました。大久保は日本中の藩を取り潰すつもりだと答えました。

実は新政府は資金不足に陥っていました。そのころ、全国に藩は300ほどあって、税金の徴収権を藩が握っていたので、藩を取り潰して税金の徴収を新政府が一手に収めようとしていたんです。世に言う廃藩置県でした。

それを聞いた隆盛は、不満をもった士族達を黙らせるために強い軍隊が必要だといって、各藩から兵隊を集めて天子の軍、御親兵にするのはどうかと提案しました。それを自分がまとめるといいました。大久保と岩倉はいい案だと認めました。

信吾(錦戸亮)と隆盛は仲間のところに行って、警察と天子の軍隊を作ると発表しました。

大久保はもう一度久光のところに行って、自分は島津家ではなくて天子に仕えてる、このままだとひとり取り残されるだけだと説得しました。

 

明治4年2月。隆盛は熊吉をつれて東京にやってきました。

大久保利通に連れられた隆盛は、大隈重信、板垣退助、後藤象二郎、伊藤博文、木戸孝允、江藤新平、三条実美らが集まった大久保邸につきました。食事をしながら、隆盛の提案した御親兵の話になりました。伊藤博文や木戸孝允は賛成しましたが、大隈重信や江籐新平、後藤象二郎らは、お金がかかるからほかの事をはじめにしたほうがいいと異を唱えました。大久保利通はそのためにも御親兵を作って判を取り潰せば言いといいますが、木戸孝允は長州でも反対派を押さえ込むのは難しいといいました。

みなが帰った後、利通は、見てもらったとおり、政府内でも意見は統一できていないと隆盛にこぼしました。隆盛は時間をかけても説得すべきだと言うと、今は時間がないと利通は答えました。

利通はすぐに薩摩の藩士をメインに御親兵を組織して8000人を抱える軍隊が成立しました。

ところが、政府内では金がかかると言って廃藩置県はなかなか進みませんでした。一方で、岩倉具視や三条実美たちは質素倹約どころか毎日遊び暮らしていました。隆盛だけは貧しい暮らしを続けていました。利通は贅沢な暮らしをするのは、世界の列強と渡り合うためだと隆盛を説得しました。

ある晩、利通は木戸孝允を自宅に招きました。利通は、このままだと藩のとりつぶしが出来なくなる、土佐と肥前が三条に近づいていて、そのうち政府を握ってしまうだろうから、自分に力を貸してくれといいました。

数日後、廃藩置県の勅書がでました。反対派の江籐新平や大隈重信たちが文句を言いにきますが、利通はやめてもらって結構だといいました。そこに隆盛が遅れてやってきました。出て行こうとしてる江藤たちに、政府がばらばらになったらいかんと一喝しました。そして、もう一度話し合って政府一丸になろうとお願いしました。出て行こうとしてる人たちはもう一度席につきました。

会議が終わった後、利通は「これでよかったのか?なにかまちがってたんじゃないか」と弱音を隆盛に漏らしました。隆盛は、「これでよか。何年後、何十年後、これでよかったとみんなが思える日本にする、それがしようとしてる政だろう、だったら、思う存分やればいい。抱えきれないものは、俺は抱えるから」といって、いっしょに握り飯を食べました。利通は食べながら笑顔で涙をこぼしました。

明治4年、7月。諸藩の知藩事、留守居役などが集められて、藩の解体と藩主の解任が発表されました。

(⇒41話のあらすじ

「西郷どん」は有料ですが、いままでの大河や「プロフェッショナル」もこちらから見ることができます。

U-NEXT公式サイトへ!

U-NEXT

キャスト

西郷家

  • 西郷吉之助 鈴木亮平、後の隆盛
  • 西郷琴 桜庭ななみ、吉之助の妹
  • 西郷吉二郎 渡部豪太、吉之助の弟
  • 西郷信吾 錦戸亮、後の従道
  • 熊吉 塚地武雅。使用人

大久保家

  • 大久保一蔵 瑛太、後の利通
  • 大久保満寿 美村里江、一蔵の妻

島津家

  • 島津斉彬 渡辺謙、薩摩藩当主
  • 島津久光 青木崇高
  • 天璋院 北川景子、篤姫
  • 幾島 南野陽子、篤姫の教育係
  • 小松帯刀 町田啓太、薩摩藩家老

徳川幕府

  • 徳川斉昭 伊武雅刀、元水戸藩藩主
  • 一橋慶喜 松田翔太、一橋藩藩主、徳川斉昭の息子

郷中の仲間たち

郷中とは、町内会の中の青年団みたいなものです。

  • 有村俊斎 高橋光臣
  • 大山格之助 北村有起哉
  • 村田新八 堀井新太
  • 有馬新七 増田修一朗

その他

  • 岩山糸 黒木華、西郷吉之助を片想いしてた
  • ナレーション 西田敏行(市原悦子さんのピンチヒッター)
  • 坂本龍馬 小栗旬
  • 岩倉具視 笑福亭鶴瓶
  • 勝海舟 遠藤憲一
  • 桂小五郎 玉山鉄二

各話のあらすじ

西郷どん1話「薩摩のやっせんぼ」のあらすじ西郷どん2話「立派なお侍」のあらすじ西郷どん3話「子どもは国の宝」のあらすじ西郷どん4話「新しき藩主」のあらすじ西郷どん5話「相撲じゃ!相撲じゃ!」のあらすじ西郷どん6話「なぞの漂流者」のあらすじ西郷どん7話「背中の母」のあらすじ西郷どん8話「不吉な嫁」のあらすじ西郷どん9話「江戸のヒー様」のあらすじ西郷どん10話「篤姫はどこへ」のあらすじ西郷どん11話「斉彬暗殺」のあらすじ西郷どん12話「運の強き姫君」のあらすじ西郷どん13話「変わらない友」のあらすじ西郷どん14話「慶喜の本気」のあらすじ西郷どん15話「殿の死」のあらすじ西郷どん16話「斉彬の遺言」西郷どん17話「西郷入水」西郷どん18話「流人 菊池源吾」西郷どん19話「愛加那」西郷どん20話「正助の黒い石」西郷どん21話「別れのうた」西郷どん22話「偉大な兄 地ごろな弟」西郷どん23話「寺田屋騒動」西郷どん24話「地の果てにて」西郷どん25話「行かされた命」西郷どん26話「西郷、京へ」西郷どん27話「禁門の変」西郷どん28話「勝と龍馬」西郷どん29話「三度目の結婚」西郷どん30話「怪人 岩倉具視」西郷どん31話「龍馬との約束」西郷どん32話「薩長同盟」33話西郷どん「糸の誓い」西郷どん34話「徳川慶喜」西郷どん35話「戦の鬼」西郷どん36話「慶喜の首」西郷どん37話「江戸無血開城」西郷どん38話「傷だらけの維新」西郷どん39話「父、西郷隆盛」

以上、NHK大河「西郷どん」の40話のあらすじ(ネタバレ)でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 未来を変える
  2. 待機児童問題
  3. ジョジョ




疲れたときにおススメ

  1. メイちゃんの執事
  2. まんぷく
  3. WITH LOVE
  4. 僕たちがやりました
  5. とげ
  6. スイッチガール
  7. カエルの王女さま
  8. グッドモーニングコール
  9. 孤独のグルメ-5

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 記憶~愛するひとへ~
  2. おひとりさま
  3. 韓国ドラマ
  4. 恋する泥棒
  5. ラブトライアングル
  6. 恋のゴールドメダル
  7. ウチに住むオトコ
  8. 江南ロマンストリート
  9. キム課長とソ理事
  10. テバク
スポンサーリンク

最新情報

  1. 西郷どん
  2. 下町ロケット2
  3. 今日から俺は!
  4. 今日から俺は!
  5. 下町ロケット2
  1. コック警部
  2. 家政夫のミタゾノ2
  3. 今日から俺は!
  4. 重要参考人探偵
  5. 花
  6. 細菌
  7. 映画

多くの人に読まれている情報

  1. 主君の太陽
  2. 僕らは奇跡でできている
  3. anone
  4. 探偵物語
  5. 花のち晴れ
  6. おんな城主直虎
  7. キャリア
  8. 花
電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結
PAGE TOP