西郷どん

「西郷どん」の8話「不吉な嫁」のあらすじ(ネタバレ)。ペリー来航!

NHK大河「西郷どん」の8話「不吉な嫁」のあらすじ(ネタバレ)などを紹介します。

スポンサーリンク

8話「不吉な嫁」のあらすじ

須賀(橋本愛)を嫁としてもらった吉之助(鈴木亮平)は、半年もたたないうちに、祖父、父親、母親をなくしてしまいました。

あたらしい1年が始まると、全員でいい年になろうとお願いしてると、須賀は近所から「不吉な嫁」と呼ばれてるとつぶやきました。吉之助はそんなことはない、きっといい1年になると元気付けました。

その年の5月。相変わらず西郷家はまずしくて吉之助はうなぎを取りに行かないとならないような生活でした。そこに正助(瑛太)がやってきて、謹慎がとけて元の職場に戻れるとおおよろこびでやってきました。

その一月後、嘉永6年6月3日、ペリー率いるアメリカ艦隊が浦賀にあらわれて開国を迫りました。安部(藤木正人)のところには、白い布が送りつけられて、降伏しないとすぐに砲撃を始めるという脅迫がきていました。そのころ、斉彬(渡辺謙)は参勤交代の途中で尾道にいました。そこに山田がペリーがやってきたと報告をしました。すぐに薩摩にもどった斉彬は工場と防備に指令をだしました。斉彬は、アメリカはすぐには攻撃してこないから、いまのうちに国力をあげて対等に話し合いをすべきだといいました。そして、一番初めに軍隊を出すことで日本の中枢に躍り出るつもりだとぶかたちにいいました。

そして、桂久武(井戸田潤)に命じて、於一(北川景子)を篤姫となのらせて江戸の徳川家に輿入れするようにめいじました。

桂久武は、吉之助を呼びつけて、斉彬が年明けに江戸に行くのでいっしょに行ってくれと頼みました。吉之助が家に帰って家族や父親、母親の位牌にほうこくするとみんなが喜びました。その中で須賀だけは、困った顔をしていて「支度金がいくらかかるか知ってますか?」と怒って吉之助にいいました。吉之助が須賀に聞くと、30両だといわれてみんなびっくりしました。さらに、いまでも借金がたくさんあるのにこれ以上借りられないし、借金まみれの家で江戸から帰ってくる吉之助を待ちたくないとはっきり言いました。

その日の夜、吉之助がいつもの木の上で悩んでると、正助がやってきました。正助にうれしいけど金がないというと、正助は怒り出して木下に降りて二人で言い会いになって大喧嘩になりました。すると、家族のみんなが起きてきて大騒ぎになりました。

 

翌日、再び桂久武に呼び出されました。すると、篤姫のお供で指宿にいっしょにいって警護してもらいたいといわれました。斉彬と篤姫のたってのお願いでした。

吉二郎(渡部豪太)と琴(桜庭ななみ)と熊吉(塚地武雅)はそろって正助に吉之助を江戸に行くように説得してくれといいましたが、「おいには関係なか」とことわられてしまいました。その日から、吉二郎や琴たちが全員で働いて何とかしようとしますが、須賀は、こんなことをしても何にもならないといって里に帰ってしまいました。

その頃、篤姫の警護をしながら吉之助は指宿から鶴丸城にむかっていました。そこに、ひとりの武士がやってきて、吉之助を呼んで「この先じゃ、行け」といわれました。吉之助がいわれたまま海岸に行くと、篤姫が一人で立っていました。

篤姫は礼を言いたかったといいました。それは吉之助が相撲を勝ってくれたおかげで賭けに勝って、斉彬のために江戸に行って徳川家に輿入れすることができるということでした。篤姫は吉之助に近づいて、

「西郷、次は江戸で会おう。お殿様を思いっきり投げ飛ばしたそなたをほうっておくはずなか。そげなおとこはこん薩摩に西郷一人だけじゃ。西郷、ともに、お殿様のために尽くそうぞ」

西郷はひれ伏しました。

 

正助は、友達に声をかけて吉之助のためにお金をかき集めようと駆けずり回っていました。商人の板垣のところにもいきますが、まずは100両返すのが筋だといわれてしまいました。正助は地面にひれふして吉之助じゃなくて正助に課してくれといいまいた。すると、板垣は選別だと言って5両だしてくれました。

西郷家に行くと、みんなで集めたお金をかぞえていました。そこに正助がやってきて懐から出すと、全部で20両になりました。

しばらくして吉之助が帰ってくると、誰もいませんでした。奥から正助が出てきてはなしがあるのですわってくれといいました。そして、吉之助の前に20両を出して江戸に行ってくれとお願いしました。はじめは受け取れないといいますが、正助は吉之助のためにみんなが集めたお金だといいました。そして、ラテン語で鹿児島とかかれてあるハンカチを出して、「斉彬様といっしょに江戸へ行け」とはなしました。

吉之助はそのハンカチをにぎりしめてから、「ありがとうございもうす」とあたまをさげました。すると、となりから熊吉の泣き声がきこえました。あわててとびらをあけると、家族のみんなが泣きながら喜んでいました。

そこに、須賀が父親の直五郎に連れられてやってきました。直五郎は須賀を離縁してくれと頭を下げました。貧乏や子守はいやだから吉之助が江戸に行ったら離縁すると言い出したといいました。そして、餞別だと言ってお金を置きました。直五郎は申し訳なかったといって出て行きました。吉之助はそのお金をみて須賀の本心を知って追いかけましたが、「ありがとう」と胸のうちでつぶやいて見送りました。

かえりみち、吉之助はやさしすぎるのでいっしょにいたら離れられなくなるし、引き止めてしまうといいます。そのために、須賀のほうから離縁してお金を渡して江戸にやろうとしたのか?と直五郎はいいました。須賀は、

「日本一の婿殿をm、こっちから離縁してやりもした」

といって、泣きだしました。

 

年が明けて、安政元年1月21日。吉之助は江戸に旅立ちました。正助は、すぐに後を追いかけると吉之助に約束しました。

(⇒9話につづく

「西郷どん」は有料ですが、いままでの大河や「プロフェッショナル」もこちらで見ることができます。

U-NEXT公式サイトへ!

U-NEXT

キャスト

西郷家

  • 西郷吉之助 鈴木亮平、後の隆盛
  • 西郷吉兵衛 風間杜夫、吉之助の父親
  • 西郷満佐 松坂慶子、吉之助の母親
  • 西郷琴 桜庭ななみ、吉之助の妹
  • 西郷吉二郎 渡部豪太、吉之助の弟
  • 西郷従道 錦戸亮、吉之助の弟
  • 熊吉 塚地武雅。使用人

大久保家

  • 大久保正助 瑛太、後の利通
  • 大久保次右衛門 平田満、正助の父親
  • 大久保福 藤真利子、正助の母親

島津家

  • 島津斉彬 渡辺謙、薩摩藩次期当主
  • 島津斉興 鹿賀丈史、薩摩藩藩主
  • 由羅 小柳ルミ子、斉興の側室
  • 島津久光 青木崇高、由羅の息子、斉彬の異母弟
  • 調所広郷 竜雷太、薩摩藩家老
  • 山田為久 徳井優、斉彬の側近
  • 赤山靱負 沢村一樹、斉彬の家臣
  • 桂久武 井戸田潤、赤山靱負の弟
  • 於一 北川景子、のちの篤姫

郷中の仲間たち

郷中とは、町内会の中の青年団みたいなものです。

  • 有村俊斎 高橋光臣
  • 大山格之助 北村有起哉
  • 村田新八 堀井新太
  • 有馬新七 増田修一朗

その他

  • 岩山糸 黒木華、西郷吉之助を片想いしてる
  • 安部正弘 藤木直人、老中主席
  • ナレーション 西田敏行(市原悦子さんのピンチヒッター)

各話のあらすじ

西郷どん1話「薩摩のやっせんぼ」のあらすじ西郷どん2話「立派なお侍」のあらすじ西郷どん3話「子どもは国の宝」のあらすじ西郷どん4話「新しき藩主」のあらすじ西郷どん5話「相撲じゃ!相撲じゃ!」のあらすじ西郷どん6話「なぞの漂流者」のあらすじ西郷どん7話「背中の母」のあらすじ西郷どん9話「江戸のヒー様」のあらすじ西郷どん10話「篤姫はどこへ」のあらすじ西郷どん11話「斉彬暗殺」のあらすじ西郷どん12話「運の強き姫君」のあらすじ西郷どん13話「変わらない友」のあらすじ西郷どん14話「慶喜の本気」のあらすじ西郷どん15話「殿の死」のあらすじ西郷どん16話「斉彬の遺言」のあらすじ西郷どん17話「西郷入水」のあらすじ

以上、NHK大河「西郷どん」の8話のあらすじ(ネタバレ)でした。

あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 人生の転機
  2. お見合い

疲れたときにおススメ

  1. きみはペット
  2. ビーチボーイズ
  3. 感情8号線
  4. リップスティック
  5. 空飛ぶタイヤ
  6. ガリレオ
  7. 極悪がんぼ
  8. ナサケの女
  9. SPEC

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 逆賊ホンギルドン
  2. コーヒープリンス1号店
  3. ハベクの新婦
  4. 完璧な妻
  5. いつも春の日
  6. オーマイゴッド
  7. トッケビ
  8. 雪の女王
  9. マスター・ククスの神
スポンサーリンク

最新情報

  1. 娼年
  2. 曇天に笑う
  3. ランペイジ
  4. 人生の時間
  5. 未来を変える
結婚式
  1. この声をきみに
  2. コック警部
  3. 結婚式
  4. キャリア
  5. 砂の塔
  6. 重要参考人探偵
  7. 僕たちがやりました
  8. 恋がヘタでも生きてます

多くの人に読まれている情報

  1. 第5回東アジアバスケットボール選手権
  2. 火村英生の推理
  3. クモの糸QMONOS
  4. 演歌歌手
  5. 節電生活
  6. 子猫
  7. 探偵が早すぎる
  8. 信長協奏曲
  9. Missデビル
auひかりバナー
PAGE TOP