サービス残業は当たり前ではない!

サービス残業は当たり前ではない!強要されたら原因と実態を見てこの3つの対策を!

こんにちは。今まで3回転職を経験してる角田勲です。

  • 正社員だからサービス残業は当たり前
  • サービス残業は仕方ない
  • サービス残業を強要されたけど黙認した

なんてこと、何度も経験してきました。

あなたもサービス残業を強要されたことありますか?当たり前、仕方ないと思っていませんか?

サービス残業は当たり前ではありません。

厚生労働省の調査では、約46%の企業でサービス残業などの違法残業が行われていたそうです。

わたしも会社員のときには平均して1日4時間くらいはサービスで仕事をしていました。どれだけ社長がもうかったのかって思うと今では腹が立ちます。

中にはブラック企業と言われていない企業もあると思うんですが、サービス残業を強要された場合、どうすればいいのでしょうか?その原因と実態をしっかり見て、対策をたてましょう!

ちなみに、国家公務員には残業代はありません。約370時間も残業した人が話題になりましたがお金は出ていません。サービス残業のようなものですが、この記事は一般的な民間企業についてです。

▶▶中高年のためのプログラミング教室


サービス残業とは?

求人詐欺?

サービス残業とは、賃金がでない残業です。残業とは、就業時間以外の仕事。つまり、仕事をしていても、賃金が発生しない事をサービス残業と言います。

まあ、これはあなたもよく知っていますよね。そもそも働いている人は労働基準法という法律で守られています。労働基準法では、労働時間について、次の様に書かれています。

第32条(労働時間)

  1. 使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間について40時間(※)を超えて、労働させてはならない。
  2. 使用者は、1週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き1日について8時間を超えて、労働させてはならない。

※特例措置対象事業においては40時間ではなく、44時間。特例措置対象事業とは、次の事業を営み、且つ、常時使用する労働者(パート・アルバイトを含む)が10名未満のものを指します。
商業(卸・小売業)、理・美容業、倉庫業、映画・演劇業、病院、診療所等の保健衛生業、社会福祉施設、接客・娯楽業、飲食店など。

(労働基準法より抜粋)

なので、大ざっぱに言ってしまうと、法律で決められている仕事の時間は、

  • 1日 8時間以内
  • 1週間 40時間以内

ということになっています。この時間を超えた分に関しては、賃金を払わなければ法律違反です。しかも、法廷8時間を超えた仕事に対して、時間給はアップします。原則として、

  • 時間外労働(法定8時間労働を超える分)   25%アップ
  • 深夜労働(午後10時~午前5時)       25%アップ
  • 休日労働(法定4周4日の休日の労働)     35%アップ

そして、全てダブってもOKです。例えば、9時~18時の勤務として、

  • 18時~22時は、通常の時間給X1.25
  • 22時~05時は、通常の時間給X1.5
  • 休日は、通所の時間給X1.35
  • 休日の22時から05時は、通常の時間給X1.6

となります。これは、えらいことですよね。雇われる側も雇う側も。さらに、多くの人が誤解していることもあります。

サービス残業って当たり前?

40代

私が以前に勤めていた会社の例を書いてみます。

30人前後の卸問屋でしたが、その社長が口がうまいというか、頭がイイというか、とにかくずるい人で何かにつけて給料をへらすようなひとだったんです。まあ、そんなところにいた私も私ですが・・・^^;

その社長が言っていたことをまとめてみます。

  • 朝の掃除は、社員の義務だから朝礼前にきてしっかりやる事。
  • 朝の掃除に遅れてきた社員には、朝礼の時にかならず一言チクリと言っていました。
  • 就業時間が終わった30分後からじゃないと、残業はつけれないと法律で決まっている。
  • 30分以下は切捨て。
  • 営業は、ほかの会社でも残業はつけない。その分、ボーナスをプラスしている
  • 係長以上は役職者だから、残業はつけないと決まってる

こんな感じで、ほとんど残業がつかなかったんですよね。

わたしは一応役職者でしたが、本来の就業時間は朝の8時半から夕方の5時25分でした。

実際には、朝7時くらいの出勤で、夜の9時くらいまで働いていましたが、1ヵ月の残業手当は、6時間分くらいでした。1万円にも満たない金額でした。

しかも、法律で決まっているとか、正社員は当たり前、仕方ないというようなことを社長が言ってたんで、みんな信じていたんです。

スポンサーリンク

あとからわかりましたが、実は、これはすべて法律違反です。

就業時間を1分でも過ぎたら残業代を出さないといけないし、営業、役職者にも残業代を出さないといけないんです。

ただ、1ヶ月トータルで、30分未満は切捨てというのはOKのようです。法律で決められている役職者とは、社長と同レベルの決裁権を持った人なんです。言ってみれば、取締役クラスの人ですね。

また、掃除も、制服に着替えるのも、すべては仕事に関連しているので、タイムカードを押してからするべきです。

社長も知っていても、人件費の削減のために、法律だとわざとうそを言ってごまかしていたんですね。では、そういう社長に対して、どうすればいいのか考えてみました。

サービス残業の強要に対するには?

サービス残業を強要してくる会社や、上司、社長への対抗策は、

  1. 今のまま仕事をする
  2. 転職する
  3. 出世する

この3つです。

今のまま仕事をする

サービス残業について書かれてるサイトでは、すぐに転職しろ、すぐにやめろ、と書かれていますが、いくら社長が嘘つきでもすぐに辞めるのには反対です。

多くの40代の方は、

  • 今の転職は難しい
  • 今の仕事が好き
  • 生活費のため

などの理由があるからです。辞めたらお金が入ってきません。

あなたが20代の若者なら別です。家族がいなければ、ニートになろうが、フリーターになろうが、どうなっても暮らしていけます。最悪、実家に帰ったり、菅総理が言ったように生活保護を受ければいいだけです。

ですが、40代の方とか家族がいる方は別です。そう簡単に辞めることはできません。

ではどうすればいいのかというと、

  1. 文句を言う
  2. 仕事を見直す

です。

初めに上司や社長、コンプライアンス窓口などの関係部署にクレームを上げましょう。会社の規模にもよりますが、なんとかサービス残業を減らしてくれとお願いすることです。

何度もお願いしてきたけれども無理だった、話にも乗ってくれなかった・・・ということでしたら、お近くの労働基準監督署に連絡することです。最終的に未払い賃金をもらえることもありえます。

労働基準監督署というと敷居が高いイメージがありますが、まずは相談ということで電話できます。コチラに各県の電話番号が載っています。

厚労省-総合労働相談コーナー

ただ、話が大ごとになったり、面倒くさいことになる可能性もあります。訴えるのはどうしようもなくなって切羽詰まったときの方策だと考えておくことです。

その前にやることは、仕事の見直しです。なるべく残業の時間を減らすことです。会社が求めているのは成果です。成果さえしっかり出しておけば仕事時間は関係ないです。

やり方は、「残業 減らすコツ」で検索すると色々出てきますので、あなたにあった施策を試していくことです。

ネットでも多くのサイトで書かれていますが、私が心がけていたことは、

  • 仕事の重要度や優先度を見極める
  • 仕事のやり方を工夫する
  • コミュニケーションは最低に

などです。

あなたは大切な仕事や軽い仕事など、色々な仕事を持たれてると思います。それを一度見直しして、大切な仕事に時間と労力をなるべく集中する方向にもっていきましょう。

はっきり言って大切じゃない仕事はその場限りのやっつけ仕事で大丈夫です。大切な仕事だけをきっちりこなそうと常日頃から考えることです。

また、トヨタのカイゼンではないですが、仕事のやり方もチェックしましょう。無駄をなくして成果を上げることです。

さらに、無駄なコミュニケーションは取らないことです。

私の前の職場では、朝礼の後に皆で集まって一服してから仕事・・・なんてことを普通にしていました。初めは仕方なく加わっていたのですが、サービス残業が増えた時から無視してすぐに仕事に取り掛かりました。

初めはいろいろ言われましたが、適当に相槌しているうちに他の人もそうなっていきました。お昼時間も一人でできる仕事をして、なるべく早く帰れる努力をしました。

一番大切なのは、「絶対できる」「俺なら定時で帰れる」と心に刻むことです。

「仕方がない」「俺だけ頑張っても」「どうせ」なんて思っていたら、社長の思うつぼです。あなたの大切な時間とお金をむしり取られるだけです。

今の会社で続けていく選択をしたら、「絶対に定時で帰る」と決断して仕事に取り組んでみてください。

転職する

上司たちの説得も無理、労働基準監督署に連絡してもダメ、仕事の見直しもダメ・・・今の仕事に未練もないときには、辞めて転職することです。

ただ、やめる際にも知っておいたほうがいいことがあります。やめる場合、自分から退職を申し出ると、自己都合の退職となって、失業保険がすぐには出ません。

1週間の待機期間と3ヶ月の支給制限期間があるので、やめた日から3ヶ月以上たたないとお金はもらえないんです。

また、簡単に次の職場が見つかるとも限りません。

そこで、やめる前に、厚労省の相談コーナーやハローワーク、弁護士などに相談したほうがいいです。

ハローワークインターネットサービスは、あなたが就職したい地域にどんな会社の求人が出ているのかをネットで登録なしの無料で見ることができます。

辞める前にやっておいた方がいいこと、転職先の状態、今転職できるか?など細かいことを一度聞いておくことで、そのあとを有利に進めることができます。

また、転職エージェントを利用するのも手です。弁護士にしてもハローワークにしても大ごとになってしまいますし、見た目があります。

その点、転職エージェントは、スマホからでも登録できますし、登録から入社まで一切無料で転職の支援をしてくれますのでとてもお得です。相談にも無料で載ってくれます。

ただ、転職すると決めてから登録してください。

わたしのおすすめは、マイナビエージェントです。大体年収600万円以下で、ベテランと言うよりは第二新卒の人に向いてると言われています。こちらから登録できます。

マイナビエージェント ≫

マイナビエージェントは、相談も受け付けてくれます。転職のときの困ったことや、なやんでることもすべて無料で相談できます。無料なのは、あなたが転職した会社からバックがあるからです。

なので、それだけ一所懸命にあなたにあった会社を勧めてくれますので、安心です。いくらもらいたいと言ったことも相談できますので、転職を決めた時点で登録しておきましょう。

ちなみに、なぜ無料なのかというと、あなたが就職した会社からバックがあるからです。その分、あなたにピッタリ合った会社を探してくれます。というのも、紹介したけれどもすぐやめてしまったりしたらマイナスポイントになるから、一生けんめいしてくれるからです。

出世する

やめるのもできない、言われるままもいやだ、定時にもちょっと帰れない・・・という人は、出世するしかありません。

そうです。サービス残業をさせる側になってしまうんです。

そして、サービス残業をなくしていけばいいんですよね。社長のニーズは、売上、利益を安定的に伸ばしていくことのできる企業をつくることです。その中で、サービス残業をさせている会社は、人件費でしかその答えを出すことができていないんです。

ということは、あなたが出世して、サービス残業をなくしながら、売上、利益を伸ばしていけるシステムをつくれば、社内の多くの人に感謝されるのではないでしょうか。

そのためには、自分の意見を通すことのできるポジションにつくことが必要です。つまり出世していくと言うことですね。出世する方法は、こちらの記事です。

関連記事

こんにちは。3回転職して、やっと起業できたアラカンのとしです。あなたも出世したいな~って思っていませんか?でも、なかなかできない、もう無理じゃないか?何がいけないんだろう?っていろいろ考えてると思います。わたしも、前の会社に[…]

時間はかかります。3年、5年と長期計画で改革していく必要があります。

でも、何も考えずに会社に従っていくよりも、しっかりした計画を立てて遂行していくことで少しでも早く望みの地位を得られることができます。

徳川家康も織田信長も、豊臣秀吉もしっかりした計画を立てて地道に努力していくことで、わずかの年月であれだけのことを達成することができたんです。

あなたの会社に豊臣秀吉が新入社員として入ってきたら、どうすると思いますか?それを考えれば、5年後、10年後にはきっと今の状況が逆転してるはずです。

あなたの人生を頑張って切り開いていきましょう。

ばかばかしいサービス残業をやめるには?

やった!

ばかばかしいサービス残業をやめる方法ですが、

  • 仕事を見直す
  • 転職する
  • 出世する

この3つです。

まずは仕事を見直しして、サービス残業をせずとも帰れる環境を作ることと、上司にサービス残業はやめてくれとお願いすることです。そのうえで出世していきましょう。

どうしようもできない場合は、労働基準監督署です。

ただ、「こんなことはおかしい!訴えてやる」と思って、労働基準監督署に話を持っていっても、サービス残業のしっかりした証拠がないと、あまり動いてくれないと聞きますし、万が一会社側にばれたら、まちがいなく白い目で見られます。同僚にも。

その結果、首になったりニートになってしてマイナスになってしまいます。

しかも、いろいろな面で大変だと聞いていますので、そういう無駄なことはせずに、現実的にメリットがある方法で対処していかれることをお勧めします。

サービス残業は違法ですし、実際問題として、年間100万円くらいのただ働きですから、もったいないです。自分の将来と、現在の会社をみくらべて考えたほうがいいです。

ちなみに私は、課長だったんですが、上でも書きましたが、とっとと定時で帰っていました。自分で仕事を回せたので、部下にも帰るように指示していましたが、やっぱり、社長や社長の息子からは、いろいろ文句を言われました。

そして、結局やめてしまったんですが・・・もう少し早く気付けばよかったと、今では思っています。

上司にクレームも無理、仕事改善も無理、出世も難しい・・・そのうえで今の仕事に未練がなければ転職です。とっととやめて新しい会社に入った方が、精神的にも体力的にも、金銭的にもメリットがあります。

とはいえ、いきなり「もう会社辞めたいです」と上司に話をもっていってもうまくいきません。最悪喧嘩別れになって解雇になってしまいます。

そうならないために、私の経験から円満退社をする方法をこちらの記事に書いています。参考にして無事に会社を辞めてください。

関連記事

もう会社に行きたくない 仕事なんてしたくない 自由になりたいわたしも4回転職してます。あなたのその気持ちよくわかります。でも、ちょっと待って下さい。何もかんがえずに転職すると、あなたが損をします。[…]

もう一度言います。サービス残業は違法です。

あなたの大切な時間や大切なお金が、社長のためになくなってしまっています。社長の懐にお金として全部入ってしまいます。

社長本人は、会社の為、社員の為と言ってると思いますが、嘘です。

1日30分のサービス残業をしていると、単純計算で、1週間で150分、1ヵ月で600分(10時間)、1年で120時間です。時給800円として約10万円、1週間以上の時間を会社に貢いでいます。

1日1時間なら倍の20万円、2時間なら4倍の40万円の搾取です。それを10年続けたら・・・もったいないと思いませんか?

ぜひ、もう一度、考え直してみてください。

以上、サービス残業を強要された時の対処についてでした。他にもあなたに読んでもらいたい記事があります。

関連記事

もう会社に行きたくない 仕事なんてしたくない 自由になりたいわたしも4回転職してます。あなたのその気持ちよくわかります。でも、ちょっと待って下さい。何もかんがえずに転職すると、あなたが損をします。[…]

関連記事

こんにちは、3回転職した後に起業したとしです。給料も上がらないし、年金もわからないし、将来のことが不安ですよね。副業をやりたいと思っていても、リスクは取りたくないし、失敗もしたくない・・・よくわかります。その気持ち。わたしも[…]

仕事や会社について

会社をやめたい、仕事がつらい、転職したい・・・会社や仕事で悩んでる方は本当に多いです。

そんなときに、少しでもあなたのお役に立てればと思って、仕事や会社について、よく読まれてる記事をまとめました。

気になったタイトルをクリックしてください。