スミカスミレ

スミカスミレのドラマのネタバレのあらすじと2話の感想!大学生になった澄は?

スミカスミレ
LINEで送る
Pocket

 今夜のドラマは?
明日の約束
監獄のお姫さま

金曜ナイトドラマ『スミカスミレ 45歳若返った女』の2話のあらすじのネタバレです。

『スミカスミレ』1話では、45歳若返った澄が、如月すみれとして青春を楽しみ始めました。最後で元の65歳に戻ってしまいましたが、どうなるのでしょうか?1話の感想は、「心を変える」ことが大切!でしたが、2話のあらすじと感想を書いていきます。他の話のリンクはこの下に。


スポンサードリンク


『スミカスミレ』の2話以外の詳しいあらすじは?

こちらの動画配信サイトで見れます。

⇒ ドラマ観るなら<U-NEXT>

『スミカスミレ』の2話までのあらすじ

65歳の如月澄(松坂慶子)は、母親の介護と家の家事などで、大切な青春を楽しむこともせず、結婚もせず暮らしてきました。

 

母親が亡くなって一人きりになった澄は、今までの人生を悔やむことに。

 

そこに、澄のおかげで封印を解かれた化け猫の黎(及川光博)が現れます。

 

黎は、澄に問いただします。

「お前の望みはなんだ?」

 

澄は、涙ながらにつぶやきます。

「人生をやりなおしたい」

 

黎は、ある方法を使って、澄を45歳若返らせます。

 

20歳になった澄は、如月すみれ(桐谷美玲)と名乗って大学に行き始めると、65歳の時に会った親切な青年、真白勇征(町田啓太)や、真白の事が好きな寺坂亜梨紗(水沢エリナ)たちと同級生となります。

 

真白とはいい感じになるんですが、その分、寺坂とバトルが・・・

 

そして、家に帰ってきてお風呂に入ろうとすると、光の球がすみれの体から出て行って元の65歳の体に。

 

ここで、1話は終了です。

 

2話のあらすじ

ここからは、2話のあらすじです。

まだ見ていない人は、『スミカスミレ』2話の感想まで飛ばしてください。

 

 

 

では、2話のあらすじです。

 

すみれの体から飛び出してきた光は、外へ飛んで行ってしまいます。

 

驚いて戻ってきた澄は、

「あきらめがつきました」

と言って、再びお風呂場へ。

 

黎が、「そろそろか」とつぶやいたあとに、外から光に球が戻ってきて、再び澄の体の中に。

同時に、20歳のすみれに戻ります。

 

驚いているすみれに黎が説明をします。

「あれは、猫玉。生体エネルギーなんです。まだ、術が不安定なので体に定着していないんです。」

「これからずっと・・・?」

「そうです、午後11時から夜中の1時まで。」

 

澄の願いが成就して、黎の封印が完全に解ければ、猫玉(生体エネルギー)は安定して澄の体の中に居てくれるようです。

澄の願いは、青春をやり直すこと、つまり、恋愛を成就させることです。

 

そのために、バレンタインデーにチョコを渡す相手をみつけて、早く恋愛をするように黎に言われてしまいます。

 

翌日、大学に行くと案の定バレンタインデーの話で盛り上がっています。

 

ただ、すみれが気になったのは、すみれの隣の席。ずっと欠席の様です。

由ノ郷千明(秋元才加)という女子学生なんですが、このままいくと留年になってしまうらしいんです。

実は、寺坂たちと一悶着あって、出てこなくなってしまったようなんです。

 

気になったすみれは、由ノ郷(よしのごう)のことを聞き出して自宅に行ってしまいます。

 

半分引きこもりだった由ノ郷を、大学に戻るように説得しても無視されてしまいます。

 

それでも、説得しようと思って由ノ郷についていくと、クラブに。

そこで、不良にからまれますが、由ノ郷と黎に助けてもらいました。

しかし、由ノ郷は「私に関わらないで」と言い放って、去って行ってしまいます。

 

その夜、黎とバレンタインデーの話をしていると、真白から電話が。

由ノ郷からメールが来た真白は、すみれがあっていたことを知って電話をかけてきたんです。

真白とすみれは、翌日一緒に由ノ郷に会いに行く事を約束しました。

 

公園で話し合う3人。

 

由ノ郷  「もうやめるって決めたから。なに必死になってんの?」

すみれ  「たくさんあるんです。思い残して来た事が。これまでの65年間の人生の中で。

だけど、どれだけ思い残しても、時間は戻せない。

今の自分をなげいていても仕方ないとあきらめて、自分の気持ちにふたをして生きてきたんです。

だから、奇跡が起きて時間をもどせるなら、後悔しないように、自分の思うように生きてみようと思ったんです。

由ノ郷さんの目の前にあるものは、ゼッタイに取り戻すことのできない青春です。

面倒くさいなんて、もったいないです。」

 

最後に「大学に来てください」と言い残して、その場を立ち去ります。

 

真白  「変わってるだろ。如月さんって」

由ノ郷 「うざい」

 

 

 

翌日、授業の前は由ノ郷は姿を現さなかったんですが、なんと、授業が始まると教室にはいってきました。

 

「気まぐれで来てみようと思って」

 

後ろの席では、寺坂が面白くない顔でにらみつけていました。

 

授業が終わると、寺坂に呼び出されて、由ノ郷と関わるのをやめろと言われます。

すみれは、「大学生にもなって、そんないじわるをするなんて、めっ!」と言って、反論します。

 

そこへ、由ノ郷が現れて、

「亜梨紗、ごめん」

と謝ります。

 

寺坂も、「私もほんのちょっとくらいなら悪かったかもしれないし」と謝り、気まずそうに立ち去って行きます。

 

由ノ郷はすみれに言われた言葉で、いろいろ目が覚めたんですね。

そして、ふたりは仲良く友達になってチョコレート作りをします。

 

バレンタインデー当日、寺坂が真白に渡している所を目撃して、すみれは渡せずにそのまま持って帰ることに。

 

落ち込みながら帰宅していると、雨が降ってきます。

 

黎は、

「こんな雨の中、来客なんてあったらそのまま帰せませんな」

と、意味深な言葉を。

 

すると、チャイムがなって真白が現れます。

 

すみれが落とした財布を持ってきてくれたんです。

 

実は、黎が小細工をして真白に拾わせるようにしたんです。

 

そして、黎の計画通り家の中へ。

 

お風呂に入って、ご飯をたべてると、黎がすみれのバレンタインデーチョコを持ってきます。

「デザートに」

 

うれしがる真白。

 

食後は、二人で勉強をしています。

 

ふと、真白が

「あのさ、俺、落し物拾ったからって、誰にでも直接届けるわけじゃないから」

とまじめな顔ですみれを見つめます。

 

「たださ、おれ、最初にあった日から、如月さんのこと・・・」

 

すみれが、ふと時計を見上げると、なんと11時!

あせって立ち上がったすみれは、こたつのコードに引っ掛かって真白の上に倒れこみます。

 

同時に、11時に!

そうです、すみれが澄に戻ってしまいました。

人生最大のピーーンチ!!

 

(3話につづく)

 

 


スポンサーリンク

 

『スミカスミレ』2話の感想

 

桐谷さんの話しかた、演技も落ち着いてきて、イイ感じのドラマになってきていますね。

松坂慶子さんの話しかたに似せるように、かなり苦労していそうです。

 

1話では、体だけ若返っても心が変わらないと、人生は変わらないっていうのがテーマだったと思うんです。

 

では、2話のテーマは?っていうと、

 

時間は戻せない

 

だと思います。

 

 

ドラマの中で、由ノ郷さんは人生の岐路に立っていました。

大学をやめるのと、再び行き始めるかのどちらかです。

 

どちらに進んでも、時間は戻せません。

1秒だって戻すことはできないんですよね。

 

だけれども、由ノ郷はわかっていません。

それを実感できるのは、すみれ(澄)です。65歳になってるから。

 

でも、もっとわかっていなかった事があるんです。

 

それは、由ノ郷さんは、あの時、

人生の岐路

に立っていたことを、本人がわかっていなかったんです。

 

だれでも、時間は戻せないってことは知っていますが、人生の岐路がいつなのかわかりません。

神様が教えてくれたり、標識が出ていることはないんです。

これは、誰でも同じです。

 

じゃあ、あの公園で話している時に、由ノ郷自身が、人生の岐路に立っていると実感できたら、どうだったでしょうか?

すみれに言われなくても大学に戻ったかもしれません。もしくは、とっととやめていい会社に就職していたかもしれません。

 

時間は戻せないことは知ってるんだけど、人生の岐路がいつなのかわからない。

これが、イチバンの問題だと思います。

 

 

じゃあ、どうすればいいのかっていうと、

今、人生の岐路に立ってるんだ

と思って生活をしていくことですね。

 

自分で思うのは勝手だし、タダだから、いつも思う方がいい様な気がします。

後になって、しまった~って言っても、かなり遅いですから。

 

じつは、これって、こういうドラマの永遠のテーマのような気がします。

時間は戻せない。人生の岐路もわからない。その中で、良い選択をして生きていかないと成功はできない。

そういうことだと思います。

 

 

あなたのとなりにすみれがいれば良いのですが、いなければ、この言葉を胸に刻んでください。

 

今、俺は人生の岐路に立ってるんだ!

 

いつでも、今が一番大事な時だって思っていたら、必ず成功すると思いませんか?

一分一秒を大切にすると思いませんか?

 

 

では、人生の岐路に立ってる時にどう考えればいいのかっていうと、先の事を考えれば良いんです。

先の事を考えて、いちばん幸せになるように行動すれば、上手く行きます。

こちらの記事にも書いてありますので、よかったら。

人生の岐路に考えるたった一つのこと

 

 

だいたい、人生の岐路っていうのは、後になってから「そう言えば・・・」って思うしかないです。

順調に進んでいるように見えるのは、岐路をうまく通り抜けたって事か、岐路じゃなかったって事です。

 

もう一度言いますが、が大事なんです。

 

そういう意味でも、今回の『スミカスミレ』っていうドラマは、教えてもらうことが沢山あって、良いドラマだと思います。

特に40代くらいの人にとっては。まだまだやり直しができる年齢ですから、頑張っていきましょう。

 

 

ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

米山 慎吾

米山 慎吾

投稿者の記事一覧

いつもコメントありがとうございます。ご感想や、お気づきの点ありましたら、下のコメント欄に書いていただけると、うれしいです。
【長野県出身。静岡大学理学部生物学を卒業。その後、出版社に勤務も、諸事情で帰郷。現在は、ジョギングと筋トレでモテマッチョを!】

コメント

本日のおすすめ情報

  1. ドラマ『アシガール』のキャストや1話のあらすじと感想!黒島結菜と健太郎が戦国時代に! アシガール
  2. 『監獄のお姫さま』のキャストと1話のあらすじと感想。小泉今日子が宮藤官九郎の脚本で! 監獄のお姫さま
  3. 「刑事ゆがみ」のキャストと1話のあらすじと感想!浅野忠信と神木隆之介が! 刑事ゆがみ
  4. 『奥様は、取り扱い注意』のキャストや1話のあらすじと感想!綾瀬はるかと西島秀俊が夫婦? 奥様は、取り扱い注意
  5. 「先に生まれただけの僕」のキャストと1話のあらすじと感想!櫻井翔が校長先生? 先に生まれただけの僕
  6. 『コウノドリ2』のキャストと1話のあらすじと感想。綾野剛と星野源が再び! コウノドリ2
  7. 「ドクターX 2017」のキャストや1話のあらすじと相関図。大地真央が新院長! ドクターX
  8. 「さくらの親子丼」のキャストや1話のあらすじと感想。真矢ミキさんと吉本実憂さん! さくらの親子丼
  9. ドラマ『ぼくは麻理のなか』のキャストとあらすじと感想!池田エライザの中に吉沢亮が! ぼくは麻理のなか
  10. ドラマ『陸王』のキャストと1話のあらすじと原作。★モデル企業は「きねや足袋」 陸王
スポンサーリンク

最新情報

  1. NBA2017-2018
  2. ユニバーサル広告社
  3. プロ野球
  4. 明日の約束
  5. 今からあなたを脅迫します
火花
  1. 演歌歌手
  2. 黒革の手帖
  3. リバース
  4. キャリア
  5. IQ246~華麗なる事件簿~
  6. カラージェルラン
  7. アシガール
  8. ハロー張りネズミ
  9. 旅

多くの人に読まれている情報

  1. 逃げるは恥だが役に立つ
  2. 悦ちゃん
  3. 血管年齢?
  4. 恋がヘタでも生きてます
  5. アドラー心理学
  6. クロスフィットトレーニング
  7. リバース
  8. 焼き鳥
  9. スーパーサラリーマン左江内氏
PAGE TOP