サバイバルウェディング

サバイバルウェディングのキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)。波瑠が結婚?

サバイバルウェディング

(引用:番組HP

7月14日(土)の夜10時から始まる新ドラマ「サバイバルウェディング」のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。毒舌ナルシストの長編人の上司から半年以内に結婚して、その婚活記録を雑誌で連載しろといわれた女性の物語です。結婚しろと言われる女性を波瑠さん、超変人を伊勢谷友介さんが演じます。


スポンサーリンク


キャスト

  • 黒木さやか 波瑠
  • 黒木美恵子 財前直美
  • 柏木祐一 吉沢亮
  • 柏木惣一 生瀬勝久
  • 三浦多香子 高橋メアリージュン
  • 奥園智恵理梨 ブルゾンちえみ
  • 中島鉄男 前野朋哉
  • 石橋和也 風間俊介
  • 杉優子 須藤理彩
  • 長瀬義徳 野間口徹
  • マスター 荒川良々
  • 宇佐美博人 伊勢谷友介

1話のあらすじ

ドラマ「サバイバルウェディング」の1話を、7/21の21:59まで無料で見れます。⇒TVer

2018年3月。

出版社で男性週刊誌「エッジ」の編集部に勤務するさやか(波瑠)は、現在29歳。3か月後の30歳の誕生日に結婚式を挙げることになり、満面の笑顔で社員たちのまえで寿退社のあいさつをしていました。

ところが、その日の夜、和也の家で寝てると、ベッドの中で赤い下着をみつけました。隣で寝てる婚約者の和也(風間俊介)を起こして聴くと、サプライズのプレゼントだとしらを切りました。

さらに問い詰めると、和也は

「結婚できない。ほんとうにごめん」

とあやまりました。さやかが来週結婚式のうちあわせだよと怒りだすと、和也は逆切れして「いつも勝手に決めるんだ。おもいんだよ。さやかといっしょにいるとつらいんだよ」と怒り始めました。さやかは退社祝いにもらった花束を持って、真夜中の雨が降ってる中に飛び出しました。

翌朝、自分の家で目が覚めると、結婚式にかかる費用が今月引き落とされることに気が付きました。財布の中にも800円しかないと見てると、原田編集長から電話がきました。編集部に行って破談になったことを伝えて復職させてくれとお願いすると、すでに後任の女子が来てるといいました。

さやかは何の仕事でも良いからとお願いすると、しばらくして原田編集長から、今までとは畑がまったく違う女性向けライフスタイル誌「riz」の編集部が引き取ってくれると言われました。

さっそく、編集長といっしょに「riz」のカリスマ編集長・宇佐美(伊勢谷友介)に会いに行きました。ちょうど、さやかのような女性がほしかったということでした。

原田編集長が帰ると、「おい、お前」と言われて編集長室によばれました。そして、復職する条件として

「半年以内に結婚すること。結婚できなければクビ」

と言われました。

来月から婚活をテーマにした連載をするので、本当の婚活とは何かを全力でレポートをしろと言われました。仕事で結婚はいやだというと、宇佐美はしょうがないといってドアを開けました。

さやかが無色だと言うことを思い出して、今までやってきたグルメ関係の記事を書かせてくれというと、宇佐美はなぜ男に捨てられたのか教えてやると言って、

「お前が安い女だからだ。市場価値が低いからだ」

と言いました。男は無意識に女の価値を計算してるといって、和也は沙也加と結婚することに価値がないと判断したんだと説明しました。そして、逆にさやかの価値を高めればいくらでも結婚できると言いました。

さやかがすぐには価値は上がらないと言うと、バーキンのバッグを例にとって、女としての価値なんて売り方次第でいくらでも上がると断言しました。それでもさやかがむりだというと、

「おれのいうとおりにやれば、復縁もできる。日本でいチン版恋愛に詳しいのは俺だからだ」

と宇佐美はいいました。そして、2週間、和也からの電話もメールも無視をしておけと命じました。さやかが恋愛本のマニュアルみたいで絶対嫌だとおもってると、言うとおりにしないとクビだからな!と言われました。

さやかを先輩編集者の優子(須藤理彩)がみんなに紹介しましたが、全員無言でした。そこに同期の多香子(高橋メアリージュン)が帰ってきました。多香子に聞くと、さやかのことはすべて宇佐美が発表してるようでした。

そこに、皆が次から次にやってきてさやかに仕事をたのみました。多香子に言われてメールを見ると、宇佐美からのメールで、さやかに仕事を振ってくれと書かれていました。

頼まれた仕事をこなしてると、和也からの1週間ぶりのメールがきました。すぐに返信しようとすると、編集長室から宇佐美が怖い目でにらんでいました。さやかはごまかして、すぐに携帯を机の上に置きました。

さやかは「riz」のイベントで弁当発注のミスをしてしまいます。落ち込んでると、ふたたび和也からメールがきました。ふと横を見ると宇佐美が遠くから睨んでいました。宇佐美が外に行くと、ぬいぐるみのシロクマが現れて、そのお弁当をくれと身振り手振りで言って一つもらって歩いていきました。

「riz」のメンバーはイベントが終わると、会場がから姿を消しました。クレームが入って記事を代えなければいけなくなって全員編集室に戻っていたんです。その日は徹夜でした。翌朝、できあがったゲラをクライアントに見せてから印刷所に行こうとすると、和也から電話がきましたが、宇佐美の言葉を思い出して出ませんでした。

その日の夜、校了の打ち上げがおこなわれました。バーのマスター(荒川良々)もさやかの事情は知っていました。さやかは、編集部のみんなに、宇佐美から言われた数蚊帳からの連絡を無視すると言う指令を2週間続けたけれども、このまま続けていけばうまく行くのかどうか不安だとグチりました。

すると、和也からラインで「会って話したいことがある」と連絡が入りました。

翌日、宇佐美にそのことを言って、そろそろ自分の思い通りにさせてくれというと、一生独身決定だと言われました。文句を言うと、今の顧客は男だからもっと男の意見を聴けといいました。

さやかは、和也のいうことはすべてかなえてきたと言うと、顧客のニーズを満たしてるんじゃなくて言いなりになってるだけだと言いました。そして、男が喜ぶことをするんじゃなくて、男の脳が喜ぶことをするんだと難しいことを言いました。

宇佐美は、吊り橋理論を持ち出してドキドキさせることがたいせつだと言いました。そして、さやかの値段はいくらだと聞きました。さやかが分からない顔をしてると、物差しの当て方で価値が決まってくると言いました。つまり、どんな魅力的な男に狙われてるのかをしれば、さやかの価値が高いと思われると説明しました。

宇佐美はケリーバッグやナイキの話をして、だれが持ってるかが価値を高める秘訣だと言いました。そして、和也と会うのは30分以内にして、そのあと約束していた男と会ってる姿を和也に見せろと指示しました。

さやかは他の男といる所を見られたくないと言うと、売り先を探してる状態だったらさやかの価値は上がると言いました。宇佐美はモデルのケイタを相手に設定してやるといいました。

さやかが待ち合わせ場所で待ってると和也がやってきました。和也は喫茶店につれていきました。和也の質問に、宇佐美に言われた通りにはなしました。宇佐美の指示は、今が幸せだと言う感じで、すこし盛って話せということでした。

和也は初めてデートしたときのはなしをして、そのときにいったトムヤムクンの店に行こうと言ってきました。そのとき5分前のアラームが鳴って席をはずして電話するふりをしました。宇佐美の「絶対に遅刻するな」という言葉が頭の中をぐるぐるまわりました。

席に戻って、タイムリミットの30分になると、さやかは「今日はいけない。予定がある」といってことわりました。待ち合わせ場所まで一緒に歩いてくると、和也はそのまま後ろを振り返らずに帰っていきました。その後ろ姿を見ていたさやかは、

「間違ってもおまえから絶対にひきとめたりするなよ」

という宇佐美の言葉を無視して、和也に向かって叫んで走っていきました。

和也の前に立つと、「結婚を急ぎ過ぎていたかもしれない」と言って謝りました。和也もさやかに謝ると、小細工しないで好きな気持ちを思いっきりぶつけた方がいいとおもって、「わたしたちさ・・」とさやかが話し始めると、爆音を響かせて外車がやってきました。

さやかたちの隣で止まると、運転席には宇佐美が座っていました。宇佐美が「すぐにのれ」と叫ぶと、さやかはすぐに助手席に飛び乗って外車が発車しました。

そのあと二人で居酒屋に行きました。さやかは、飲みながら今までの自分の仕事や叶わなかった夢を語りだしました。

宇佐美は、次の戦略は安売りしないことだと言いました。和也は必ず身体をもとめてくるから受け入れないことだと言いました。ライセンス契約を例にだして、目の前の利益にとらわれて大切なものを安売りしてしまったら価値は必ずさがる、すべてはさやか次第だと説明しました。

翌日、さやかは婚活コラムの企画書を宇佐美に提出しました。宇佐美は安売りするなよと念をおしました。

さやかが会社を出ていくときに、柏木祐一(吉沢亮)とすれ違いました。祐一はお弁当代を返そうとしましたが、さやかは気づかずに出ていってしまいました。白クマのぬいぐるみを着てたのは、祐一だったんです。

その日の夜、さやかが家に帰る途中、和也が待ち伏せしていました。和也はあの外車の男は誰だといって、強引にさやかにきすをしました。さやかははじめは拒否していましたが、受け入れてしまいました。

(⇒2話のあらすじ

スタッフ

ドラマ「サバイバルウェディング」のスタッフは、

  • 脚本 衛藤凜
  • 演出 佐藤東弥
  • 原作 大橋弘祐

脚本の衛藤凜さんは、1978年生まれの脚本家です。作風が宮藤官九郎さんに似てるので、女クドカンと呼ばれています。主な作品は、

  • スローダンス
  • のだめカンタービレ
  • プロポーズ兄弟

などです。

演出の佐藤東弥さんは、1959年生まれの映画監督です。早稲田大学卒業後、日テレに入社されて演出を担当されました。主な作品は

  • 金田一少年の事件簿
  • ごくせん
  • 14才の母
  • ハケンの品格
  • 家政婦のミタ
  • ウチの夫は仕事ができない

などです。

原作を書かれてる大橋弘祐さんは、立教大学を卒業されて大手通信会社の広報、マーケティングを経て作家になられました。師匠は水野敬也さんです。アマゾンで購入できます。

以上、ドラマ「サバイバルウェディング」のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)でした。

あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

40歳で人生を見直す

  1. 旅
  2. 耳をすませば
  3. お見合い

疲れたときにおススメ

  1. 101回目のプロポーズ
  2. FOD
  3. 海月姫
  4. ホタルノヒカリ
  5. 顔
  6. リップスティック
  7. 贖罪

40代におススメの韓流ドラマ

  1. サークル
  2. オー・マイ・クムビ
  3. サム、マイウェイ
  4. 青い海の伝説
  5. 内省的なボス
  6. スパイ
  7. タイプライター
  8. Wー君と僕の世界ー
  9. 月桂樹洋服店の紳士たち
  10. 1%の奇跡
スポンサーリンク

最新情報

  1. 義母と娘のブルース
  2. 健康で文化的な最低限度の生活
  3. 健康で文化的な最低限度の生活
  4. 限界団地
  5. 月桂樹洋服店の紳士たち
逃げるは恥だが役に立つ
  1. 花
  2. フランケンシュタインの恋
  3. 家政夫のミタゾノ2
  4. シグナル
  5. 未解決の女
  6. グッドドクター
  7. ロンドン
  8. ごめん、愛してる

多くの人に読まれている情報

  1. 陸王
  2. もみ消して冬
  3. 角砂糖
  4. ブラックペアン
  5. 西郷どん
  6. 家売るオンナ
  7. 先に生まれただけの僕
  8. 明日の約束
  9. ドクターX
ビットフライヤー
PAGE TOP