就活家族

ドラマ「就活家族」の6話のあらすじ(ネタバレ)や感想!4人とも無職?

ドラマ「就活家族~きっと、うまくいく~」の6話のあらすじ、スタッフなどをまとめました。ついに、洋輔が会社を辞めてしまったことがばれてしまいました。同時に、栞が退社、水希が教師をクビに、光のアルバイトが上手く行かなくなったことがわかって、全員無職になってしまいました。


スポンサーリンク


6話以外のあらすじ

「就活家族~きっと、うまくいく~」のキャスト

  • 富川洋輔 三浦友和
  • 富川水希 黒木瞳、洋輔の妻
  • 富川栞  前田敦子、長女
  • 富川光  工藤阿須加、長男
  • 川村優子 木村多江、洋輔の会社の社員
  • 真壁雄斗 渡辺大、栞の会社の社員
  • 中原綾子 山本未來、栞の会社の課長
  • 国原耕太 新井浩文、国原就活塾の塾長
  • 戸川加奈 中川知香、国原就活塾に通ってる学生
  • 原口亨  矢島健一、水希の中学校の校長
  • 天谷五郎 段田安則、リストラされた会社員
  • 夏野久美 キムラ緑子、洋介の高校の同級生、洋菓子店経営者

「就活家族~きっと、うまくいく~」の今までのストーリー

富川家は、父の洋輔(三浦友和)、母の水希(黒木瞳)、姉の栞(前田敦子)弟の光(工藤阿須加)の4人家族です。それまでは何事もなく幸せに暮らしていた普通の家族ですが、ある時をさかいに、それぞれの人生が坂を転がるようにうまく行かなくなっていきま。

父親の洋輔は、大手鉄鋼メーカーの日本鉄鋼金属で人事部長です。部下からも上司からも頼られていて、信頼も厚く、責任感があって筋が通らない仕事は一切しない人でした。人事部長として、リストラと新卒採用の両方を手掛けていましたが、ある日、信念を曲げた仕事をしてしまった事から、歯車が狂い始めます。

母親の水希は、中学校の国語の教師です。花が好きでおっとりした笑顔の優しい先生でしたが、ある日、ある問題を校長から責任転嫁されたり、ホストクラブから出てくるところを息子の光に見られてしまいます。

姉の栞は、ジュエルDと言う会社で働いていましたが、セクハラに悩んでいます。異動を願い出て認められますが、行った先はさらに過酷な職場でした。

弟の光は、就活中の三流大学生です。中々内定がもらえず、焦っている時に、国原就活塾という悪徳塾に引っ掛かってしまいます。どうにもならないいらだちを家族に吐き出してしまい、家族の内部が崩れ始めてしまいます。

洋輔は、リストラ勧告をしていた女性、川村優子に罠にかけられてセクハラで訴えられてしまい、同僚の綿引の仕掛けで日本鉄鋼を退社しました。しかし、就職が決まらない洋輔は、川村優子のおじさんの会社に入れてくれと頭を下げます。妻の水希は、数年前に起きた学生取り違えの問題で責任を取られそうです。栞は、どうやっても売ることができずに、戦力外通告を受けそうになっています。

洋輔は、川村陽子のおかげで就職できそうでしたが、国原塾の塾長に大切な書類を見られてしまい、ミスを犯してしまいました。光は、塾長の事を心から信じ切っていて洋輔の話は一切聞きませんでした。栞は、真壁の部屋にいる所を中原に見られてしまい、責任を取られそうです。水希は、内申書を取り違えた生徒の件で精神的にがけっぷちに来ていましたが、以前行ったことのあるホストクラブに行ってみると、優しい声を掛けられて癒されました。

光は念願だった出版関連の会社にアルバイトながら入ることができて、もしかしたら正社員での雇用もみえてきました。その一方で、栞は中原のパワハラにキレて会社をやめます。水希も、学校からにらまれてやめさせられそうになっています。そんななか、未だに会社をクビになったことが言いだせないでいる洋輔は、バイトをしながら就職先を見つけていました。

5話では、洋輔が栞の会社に清掃の仕事できたことがきっかけで、洋輔が無職で、水希が学校を退職、光の才能の無さがばれてしまいます。まだ、言ってないことがそれぞれありますが、この先どうなっていくのでしょうか。


スポンサーリンク

「就活家族~きっと、うまくいく~」6話のあらすじ

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

「就活家族~きっと、うまくいく」は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。他の番組もかなり見ることができます。⇒ U-NEXT 

 

退職したことがばれてしまった洋輔は、家にいました。水希は、「いちいち言わなきゃいけない事なの?あなたと違って家族をダマしませんから」と言いながら急きょ決まった友達との温泉に行ってしまいました。光も栞も重い空気に耐えかねて家から出て行ってしまいました。洋輔はしかたなく、家のことをしていました。そこに夏野久美(キムラ緑子)から電話がって、社長の話は断られてしまいました。「洋輔くんの言った通りだって。きっとふさわしい仕事があるよ」と言ってコンサルタント料を置いていきました。そのことを公園仲間の天谷五郎にいうと、コンサルタントに向いてるんじゃないですか?と言われてその気になりました。そして、天谷を雇ってくれた不動産会社の社長を紹介してくれました。

一方、水希はともだちと温泉で羽根を伸ばして、3日後に帰ってきました。洋輔は、個人経営の企業コンサルタントになると水希に言うと、「そんなのより、就職先探してよ。老後の心配しないと」といわれてしまいます。洋輔はホストのことを持ち出してケンカをしてしまいます。光も栞も就職先探しはうまく行っていませんでした。

ある日、川村優子がやってきて再就職先のリストの書類を置いてきます。見かけた水希が声を掛けました。部屋にあげてお茶を入れて、ホストクラブのことや洋輔のコンサルタントの事を言って、何とか就職しろと言ってくれと頼みました。

その夜、洋輔の所に国原がやってきて、知り合いの議員を紹介してくれと、川村優子と一緒に写ってる写真を見せて脅してきました。家に帰ると、川村優子のリストを水希から渡されました。もうコンサルタントは始まってしまったというと、「家族のことを考えるより、自分の夢を追いたいんだ」と言われてしまいました。翌日、水希が面接に回ると、現実の厳しさに打ちのめされて再びホストクラブに行きましたが、お目当てのホスト真崎からも「調理師なんて嘘ですよ。もうここは先生のくるところではないですよ」と厳しい現実を見せられました。光が飛び込んできて水希を連れて帰りました。落ち込んで帰ってきた水希は、「再就職って大変なのね。」とこぼします。洋輔は「立派な先生だよ。おれたちも、年を取っていく。今ある時間を大切にしたいんだ」と慰めました。そして、水希に来月までに形にできるかどうかと、期限を決められてしまいました。「一応聞くけど、もう秘密はないよね」と最後に聞かれましたが、何も言いませんでした。

翌日、洋輔が新居に行くと、栞と真壁が半裸で抱き合っていました。怒って追い出しました。翌朝、もう子供じゃないんだからと水希に言われて許しました。その日、水希は花屋さんでアルバイトすることを決めました。洋輔は、国原の所に行って断りましたが、川村優子との写真をネタに脅されて後輩の議員に電話をしてしまいました。その夜、川村優子が新居に訪ねてきて、コンサル契約をとれそうな顧客リストを渡して、「私の方が幸せにできるんです」と言いながら抱きつきました。が、洋輔は「これ以上、甘えるわけにはいかない」と言って帰しました。そこに、水希がやってきます。川村優子は自分が原因で洋輔が会社を辞めたことを言います。水希が問い詰めると、「安心してください。私より、ご家族を選びましたので」と言って帰っていきました。腹を立てた水希は、もらってきたバラを地面にたたきつけました。

洋輔が家に帰ると、水希がアルバムにはってあった家族の写真をはがしていました。そして、「新居で彼女と何をしていたの?彼女はあなたの何なの?彼女が原因で会社を辞めたってどういうこと?」と問い詰めます。そこに光が玄関に川村優子との写真とセクハラで退社させられたという手紙があったと言って帰ってきました。

「あなたは、自分を陥れた女とこそこそあって、再就職のはなしをしていたってこと?情けない。家族で乗り越えようと言いながら、まだ秘密が合ったんじゃない。」とあきれ返りました。

(⇒ 7話のあらすじ

「就活家族~きっと、うまくいく~」6話の感想

おもしろくなってきたですね。どうして早く退社の理由を言っておかなかったのでしょうか?男としては、大体の想像がつきますが、恥ずかしい、なさけないという思いが強かったのではなかったのでしょうか。洋輔にとっての最後のプライドだったんだと思います。特に、子どもの前で、セクハラとか、他に女がいるとか、そういった事に関係していると思われることで、自ら作った立派な父親像を壊したくないという思いが強かったんじゃないでしょうか。弱味を見せたくなかったって言うことだと思います。男性って、特にそういう思いをする人の割合が多いんじゃないでしょうか。

やはり、そういう時には、子どもには言わなくてもいいから、奥さんには言っておいた方が、後々いいような気がします。このドラマのようになるのは当たり前なので、なるべく女性がらみの嘘はなくしておくことをお勧めします。その時の話し方は、相手の女性を悪者にすることです。洋輔のように情けを掛けて、どっちつかずの言葉を話したり態度をしていると、女性に限らず頭にきますから、完全に相手を悪者にして、「俺たち、どうしようか?」と言うスタンスで話をしていくと、意外にうまく行きそうです。

とりあえず、水希と洋輔は離婚の一歩手前くらいまで行ってしまったのではないかと思いますので、来週から後半戦が楽しみです。

以上、ドラマ「就活家族~きっと、うまくいく~」の6話のあらすじなどの情報でした。

あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

40歳で人生を見直す

  1. communication
  2. プロ野球
  3. 椅子
  4. ジョジョ

疲れたときにおススメ

  1. プリズンブレイク
  2. Age35恋しくて
  3. 彼氏をローンで買いました
  4. ウォーターボーイズ
  5. 家族の旅路
  6. サキ
  7. すべてがFになる
  8. 非婚家族
  9. セレブと貧乏太郎-1
  10. いつ恋

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 僕は彼女に絶対服従
  2. 吹けよ、ミプン
  3. 輝け、ウンス!
  4. メロホリック
  5. ミッシングナイン-1
  6. 愛の迷宮~トンネル~
  7. キャリアを引く女
  8. ああ、私の幽霊さま
  9. デュエル~愛しき者たち~
スポンサーリンク

最新情報

  1. FIBAワールドカップ2019
  2. ゼロ~一獲千金ゲーム
  3. この世界の片隅に
  4. この世界の片隅に
  5. 西郷どん
マグロ
  1. エンジェルハート
  2. 楽天テレビ
  3. ナサケの女
  4. ゴールデンカムイ
  5. 蚊
  6. ビター・ブラッド
  7. 婚活
  8. ホリデイラブ

多くの人に読まれている情報

  1. 大奥
  2. 今からあなたを脅迫します
  3. 限界団地
  4. 四川料理
  5. カインとアベル
  6. 恋がヘタでも生きてます
  7. 黒革の手帖
  8. スミカスミレ
ビットフライヤー
PAGE TOP