高嶺の花

高嶺の花の4話のあらすじ(ネタバレ)ついにももの正体が…キャバクラ嬢は天才華道家!?

見逃した「高嶺の花」をもう一度無料で見るには⇒Hulu公式サイトへ!

高嶺の花

(引用:番組HP

ドラマ「高嶺の花」の4話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

4話のあらすじ

直人(峯田和伸)が図書館で本を探してる頃、もも(石原さとみ)は吉池拓真(三浦貴大)と会っていました。拓真の妻の真由美(西原亜希)を誰かがあやつっていたのかもしれないという拓真に、そんなことはありえないとももはうそをつきました。そして、現実に戻ろう、好きな人ができたからようやく抜け出せそうだといいました。

拓真がどんな人なのか聞くと、

「まだよくわかんない、でもいい人。自転車直してくれた。わたしのことも直してくれる気がする。バラバラになった私のパーツをひとつずつ、ていねいに。そういうの恋って呼んでいいのかな」

と答えました。

ももがいつのカフェに行くと、実は幸平(袴田吉彦)と佳代子(笛木優子)が元夫婦だったと聞きました。みんなで復縁の話をしてると、直人はひとこともはなさず、もものことは一度も見ずに本を読んでいました。

みんながそのことをつっこむと、いきなりももは

「わたしとキスしたから?」

とサラッと言ってしまいました。みんなからさらに突っ込まれました。そのあと、ももは直人の家にいって一緒にすいかを食べました。直人が借りてきたモネの本からお互いの芸術論を戦わせました。意見がくいちがって言いあいになりますが、直人が借りてきた恋愛の本を見て、ももは呆れて帰っていきました。

そのころ、家元の市松(小日向文世)の家では、なな(芳根京子)が家元をももと競い合わせてくれとお願いしました。市松は了承して、あとで鏡の間に来いといいました。

 

ももが帰った後に、直人が太郎の娘の秋保(髙橋ひかる)と話をすると、秋保もももからキスをしたことを知ってるとききました。直人がなぜみんなに話すのかと聞くと、ネタにして受け狙いをしてるだけだと言われました。さらに、元カレのこ戸が忘れられなかったのに、いきなり好きにはならないと言いました。

ななの母親のルリ子(戸田奈穂)は、宇都宮龍一(千葉雄大)の所に行って、ななをその気にさせてくれてありがとうと言いました。龍一は、家元は神様だからなってからがとてもたいへだけど・・・と言いましたが、それでも家元にしたいとルリ子がいいました。

その日の夜、ななはももの家にいっていっしょに料理を作りながら、家元にチャレンジすることになったといいました。さらに、今までずっとももと比べられていて、いつももものうしろにいて大変だったと泣き叫んで帰っていきました。

数日後、ももはキャバクラにいってました。そこに直人や太郎たちがやってきて飲んでると、二度目のキスをしろとみんなに言われました。直人は怒って帰っていきました。キャバクラが終わった後、ももは直人の家に行って二度目のキスをして帰っていきました。

拓真は、妻の真由美に月島流の免状を見せて本当のことを教えてくれと言いました。真由美は泣きながら家元から頼まれたと話しました。

 

ななの修業が鏡の間で始まりました。ももは市松にあって、ななにはムリだと言いました。そして、いまのキレイな心のままのななを家元にしてくれとお願いしました。ももは引退すると言いましたが、色恋に振り回されるようなものは家元になれないと言い切りました。

すると、ももは

「もう一度信じてみることにする。家元、いえ、お父さん。もう一度だけ」

と言いました。

加代子のカフェでは、直人がももが載った雑誌を見ていました。そこには、月島流の家元長女と紹介されていました。直人は顔をおおって深いため息をつきながら「高嶺の花」とつぶやきました。

 

ななは龍一の部屋にひとりで行きました。中に入ると、家元からももを憎めと言われたことをはなしてそうしないと家元になれないの?とききました。龍一は、自分のネクタイで目隠しして、生け花をしてみろといいました。

直人が部屋で寝てると、ももから電話が来ました。ももに言われた通りに通りに出ると、車が待っていました。ももの家の車でした。乗り込むと、運転手の高井(升毅)が、雑誌を置いてきたのは自分だと言いました。ついた先はももの家でした。恐る恐る昇って行ってチャイムを押してドアを開けると、和服に着替えたももが三つ指をついて待ち構えていました。

「月島ももにございます」

と言ってももは笑顔になりました。直人とももは笑いあいました。

家元の家に戻った高井は、直人がももの亡くなった母親が好きだったモネの画集を見ていたことを話しました。すると市松は、

「高井、つらいか?すぐそばにいる娘に、父親だと名乗れぬことが」

「私の罰ですから」

「ああ、その通りだ」

そのころ、直人はもものベッドに座っていました。やってきたももは着物を脱ぎ始めました。

「男は最初の男になりたがり、女は最後の女になりたいと思うって。でも、わたしはよくばりだからあなたの最初で最後の女になる。もしも裏切ったら、ちょん切るから。な~んて」

「あの、部屋暗くしてもいいですか?」

「女子か!」

ももは直人のうえに覆いかぶさりました。

(⇒5話のあらすじ

ドラマ[高嶺の花」は、動画配信サイトHulu で見ることができます。2週間無料キャンペーンをしていますので、無料でドラマ「高嶺の花」を見ることができますHulu は無料期間が終わっても月額1,009円(税込)だけで見れますので、とてもお得です。

≫Huluに無料登録!

キャスト

  • 月島もも 石原さとみ、月島流天才華道家
  • 月島市松 小日向文世、ももの父おや、家元
  • 月島ルリ子 戸田奈穂、市松の妻でももの継母
  • 月島なな 芳根京子、ももの異母妹
  • 高井雄一 升毅、月島家の運転手
  • 金 正司照枝、月島家使用人
  • 銀 正司花江、月島家使用人
  • 風間直人 峯田和伸、自転車店主
  • 風間節子 十朱幸代、直人の病気の母親
  • 田村幸平 袴田吉彦、タクシー運転手
  • 今村佳代子 笛木優子、スナック喫茶のママ
  • 宇都宮龍一 千葉雄大、新興流派の華道家
  • 吉池拓真 三浦貴大、ももの元婚約者
  • 吉池真由美 西原亜希、吉池の妊娠中の妻

各話のあらすじ

以上、ドラマ「高嶺の花」の4話のあらすじ(ネタバレ)でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. ジョジョ
  2. 旅
  3. 人生は楽しい!
  4. 耳をすませば




疲れたときにおススメ

  1. あぶない刑事
  2. 民衆の敵
  3. 僕のいた時間
  4. OURHOUSE
  5. セレブと貧乏太郎-1
  6. 恋仲
  7. ミスデビル
  8. ビター・ブラッド
  9. 続・最後から二番目の恋
  10. 君といた夏

40代におススメの韓流ドラマ

  1. アンダンテ~恋する速度~
  2. 彼女はキレイだった
  3. 明日、キミと
  4. 雪の女王
  5. 恋のゴールドメダル
  6. 青い海の伝説
  7. 魔女の法廷
  8. アイム・ソーリー・カン・ナムグ
  9. コーヒープリンス1号店
  10. 七日の王妃
スポンサーリンク

最新情報

  1. NBA2017-2018
  2. 大恋愛
  3. oil
  4. 黄昏流星群
  5. 獣になれない私たち
スーパーサラリーマン左江内氏
  1. 君の膵臓をたべたい
  2. ロシアワールドカップ2018
  3. 屋根裏の恋人
  4. ユニバーサル広告社
  5. ヘッドハンター
  6. 未解決の女
  7. コンフィデンスマンJP
  8. ボク、運命の人です

多くの人に読まれている情報

  1. ピノキオ
  2. ネイル
  3. ケツメイシ
  4. いつ恋
  5. 男子バレーボール
  6. 吹けよ、ミプン
  7. 内省的なボス
  8. ハロー張りネズミ
  9. キャリア
エステ・タイム
PAGE TOP