東京タラレバ娘

「東京タラレバ娘」の2話のあらすじや感想!倫子が婚活開始?

東京タラレバ娘
LINEで送る
Pocket

 今夜のドラマは?
ドクターX 2017
刑事ゆがみ
ブラックリベンジ

ドラマ「東京タラレバ娘」の2話のあらすじや感想などをまとめました。「東京タラレバ娘」は、東村アキコさん原作の漫画のドラマ化で、主演は吉高由里子さん。榮倉奈々さんや大島優子さんも出演します。タラレバ女と言われた倫子は、何を始めるのでしょうか?


スポンサードリンク


2話以外のあらすじ

「東京タラレバ娘」の2話は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。他の番組もかなり見ることができます。⇒ U-NEXT 

ドラマ「東京タラレバ娘」のキャスト

ドラマ「東京タラレバ娘」のキャストは、

  • 鎌田倫子 吉高由里子、売れない脚本家
  • 山川香  榮倉奈々、ネイリスト
  • 鳥居小雪 大島優子、居酒屋「呑んべえ」の看板娘
  • KEY(鍵谷春樹) 坂口健太郎、モデル
  • 早坂哲朗 鈴木亮平、プロデューサー、8年前、倫子に振られる
  • 芝田マミ 石川恋、AD
  • 鮫島涼  平岡祐太、人気バンドBUMKEY’Sのギタリスト、香の元恋人
  • 鳥居安男 金田明夫、居酒屋「呑んべえ」の店主
  • 丸井良男 田中圭、サラリーマン
  • タラ(声)加藤諒
  • レバ(声)あ~ちゃん(Perfume)   

ドラマ「東京タラレバ娘」の相関図

鎌田倫子(吉高由里子)は、30歳の売れない脚本家です。独身で彼氏もいません。親友のネイリストの山川香(榮倉奈々)と居酒屋「呑んべえ」の看板娘の鳥居小雪(大島優子)の3人で、居酒屋「呑んべえ」で女子会をする毎日でした。女子会での話題は、もっぱら、

  • 「きれいになったら、もっといい男が現れる」
  • 「好きになれれば、結婚できる」

などの、「たら、れば」のオンパレードでした。

ある日、いつものようにタラレバ言いながら女子会をしていると、隣に座っていたイケメン金髪男子に、

「何の根拠もないタラレバ話で良く盛り上がれるな。俺に言わせりゃあんたらのそれは、ただの行き遅れおんなの井戸端会議だろ!そうやって、一生女同士でタラレバつまみに酒飲んでろよ!このタラレバ女!」

と言われてしまいました。言われた倫子は烈火のごとく怒りましたが、冷静になって考えてみると、そのとおりだと気づいて、時すでに遅しでした。かなりカッコ良くなって、倫子が告白しようと思っていた早坂は、部下のマミと付き合うことになってしまいました。マミはちょうど彼氏がいなくなったところで、早坂のことは何とも思っていない様ですが、とりあえず付き合っちゃおう!っていうノリでOKしたようです。自分が「タラレバ」ばっかり言ってきて、ツケが回ってきたと気づいた倫子でした。

さて、この後どうなるのでしょうか?

 


スポンサーリンク

ドラマ「東京タラレバ娘」2話のあらすじ

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

 

2話「急展開のキス!次の一手がわからない!!」

倫子たち3人は、回転ずしでランチをしていました。話す内容は、あいかわらず「胸をこがす恋愛がしたい!」でした。ただ、相変わらず、「お寿司みたいにいい男が回ってきたら、良いのに」「売れてたら」「あの時つき合っていたら」とタラレバいいながら、KEYの話をしていました。そして、倫子がKEYがモデルだと伝えました。

倫子がジャパンテレビエンターテイメントで、脚本を見てもらった後、早坂とマミから食事に誘われました。倫子は3人だと気まずいと思って「呑んべえ」にしてもらいました。案の定、早坂はマミの話ばかりでした。そして、3人とも早坂から、いま人気のバンドBUMKEY’Sのライブに誘われました。ライブの日、始まると同時に、10年前に付き合ってた元カレの鮫島涼のバンドだと香が気が付きました。香は経済力がない夢追い人に愛想がついて同棲している部屋から出ていったんです。ライブのあと、早坂に連れられて楽屋に挨拶に行きました。香が遅れて入っていくと、「よかった。香にまた会えた香のおかげだよ。全部」と言って抱きつきました。香はラッキー!と思ってると、鮫島のカノジョがやってきました。鮫島は彼女に、元カノと紹介されて、香は大ショックを受けました。

倫子たちは「呑んべえ」で飲んで愚痴を言ってると、となりに立っていたKEYに「甘いんじゃない」と冷たく言われてしまいました。回転寿司ならもう一度回ってくるけど、取り残した男は他のひとにとられてしまったと気が付いて、「時間を巻き戻したい」と倫子がつぶやきました。若いころには平気で捨ててたものが、今では絶対に手に入らないと気が付きました。

小雪は、街中で一輪の花を持ってるKEYを見つけて後をつけていくと、あるお墓に供えていました。ヨウコという名前のお墓でした。

倫子が早坂から呼び出されて、ドラマが他の脚本家になったと言われてしまいます。その帰り道、ベンチに座って落ち込んでると、マミから電話がかかってきました。脚本を撮られた相手は、監督に枕営業をかけて仕事をモノにしたようです。倫子が会社に行くと、監督とその脚本家が出てきて車に乗ってどこかに行きました。急いでタクシーに乗って後をつけます。着いた先はホテルでした。そこには、早坂とTV日本のひととの打ち合わせでした。枕営業などではなくて、能力が足りなかったと気づかされました。気がつけば、世界には手に入らないものであふれていたと気づきます。

香が仕事していると、鮫島から電話がかかってきました。「会いたい。思い出の場所で待ってるから」と言われました。行くわけないじゃんと言いながら、仕事に戻りました。

倫子は、「呑んべえ」でだめだ~と荒れながら飲んでると、タラレバが出てきました。「倫子はなにをがんばってきたの?仕事だけ?仕事を言い訳にして女を休んでいたの?女として終わってる人にキュンキュンする物語は書けっこない!お前はもう終わってる!」と言われてしまいます。そこに、KEYがやってきました。KEYは「何かあったの?」と話しかけました。倫子は「おろされたの。仕事とられたの。実力で負けてたの。どうせ、恋愛の脚本なんてかけないっておもってるでしょ。こんな30女にだれがした!って私だよ。あ~あ、やりなおしたい!20歳くらいから」と自虐的にグチりました。

香は、仕事が終わった後、真っ暗のなか思い出の場所に行ってみました。以内と思って帰ろうとすると、「香、やっぱり来てくれた~」と言って鮫島が歩いてきて、香を抱きしめました。香も思わず鮫島を抱きしめてしまいました。鮫島は見せたいものがあると言って、香を部屋に連れて行きました。魅せられたものは、約束していた東京タワーでした。「やっと約束守れた。」と言ってキスをしました。翌朝、鮫島が笑いながら同棲してることを話しました。「どうすればいいの?」って頭のなか、ぐるぐるでした。

倫子は、愚痴を言いながら酔いつぶれて寝てしまいました。KEYが倫子の家まで背負って送っていくことになりました。家に着いてソファに寝かせると、目が覚めます。倫子は「笑っていいわよ。あんたなんなのよ。ホントむかつく。これでも一生懸命生きてきたの。どうすればいいの。あんたに言ってもわからないわよね」というと、「分かるよ、アンタに正確良く似た女知ってる。だから、イラッとくる。ちゃんとしろよ。」と言われてしまいます。

「女終わってるの?」

「こっから挽回できる気がしない」

というと、

「じゃ、ためしてみる?」

と言ってキスをしました。

翌朝、すでにKEYはいませんでした。「どうすればいいの~!」って、頭をかきむしりました。

(⇒ 3話のあらすじ

ドラマ「東京タラレバ娘」2話の感想

おもしろかったですね。どうしても、タラレバ言う癖がついてしまってる感じで、なかなか抜け出せませんね。これは、男性でも同じだと思います。ちょっと前に「まだ本気を出していないだけ」っていうような映画がありましたし、俺が本気だしたら何でもできるとか、ぜんぜんだいじょうぶ!って思ってる人も多いと思います。

そういう人たちは、このドラマと同じに、頑張ってきたつもり、一生懸命やってきたつもりの人がおおいと思います。言うのはカンタンでやるのは難しいのですが、やっぱり、その時々を100%、120%で生きていかないと、後でしっぺ返しが来るような気がします。「タラレバ」と、言い訳をしないってことが大事ですね。まずは、自分の生活から見てみたいと思います。

原作の「東京タラレバ娘」は、今話題の、麻生久美子さんがCMをやってる「Renta!」でも読むことができます。しかも、第1巻が登録も何もなしで、全部無料で読めます。今のうちに読んでみてください。

⇒  Renta!

原作者の東村アキコさんもチラッと話されてるようですが、原作とドラマはだいぶ違っています。原作の方が何倍も面白いというひともいますので、確かめてみてはどうでしょうか。ただ、大人の人じゃないと面白さは分からないかもしれません。

以上、ドラマ「東京タラレバ娘」の2話のあらすじや感想などをまとめました。

他にも面白いドラマがあります。

コウノドリ2
奥様は、取り扱い禁止

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. ドラマ『アシガール』のキャストや1話のあらすじと感想!黒島結菜と健太郎が戦国時代に! アシガール
  2. ドラマ「今からあなたを脅迫します」のキャストや1話のあらすじと感想!ディーン・フジオカと武井咲のW主演! 今からあなたを脅迫します
  3. Jリーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は? 2017Jリーグ順位
  4. 『コウノドリ2』のキャストと1話のあらすじと感想。綾野剛と星野源が再び! コウノドリ2
  5. ドラマ『陸王』のキャストと1話のあらすじと原作。★モデル企業は「きねや足袋」 陸王
  6. 『ブラックリベンジ』のキャストと1話のあらすじと感想★木村多江が復讐の鬼に! ブラックリベンジ
  7. 「刑事ゆがみ」のキャストと1話のあらすじと感想!浅野忠信と神木隆之介が! 刑事ゆがみ
  8. 「さくらの親子丼」のキャストや1話のあらすじと感想。真矢ミキさんと吉本実憂さん! さくらの親子丼
  9. 『奥様は、取り扱い注意』のキャストや1話のあらすじと感想!綾瀬はるかと西島秀俊が夫婦? 奥様は、取り扱い注意
  10. ドラマ『ぼくは麻理のなか』のキャストと1話のあらすじ!池田エライザの中に吉沢亮が! ぼくは麻理のなか
スポンサーリンク

最新情報

  1. 台風21号(2017年)
  2. 奥様は、取り扱い注意
  3. 奥様は、取り扱い注意
  4. ACL(AFCチャンピオンズリーグ)
  5. プロ野球
  1. カンナさーん!
  2. 宣言
  3. 小さな巨人
  4. 僕たちがやりました
  5. 本屋大賞2017
  6. 旅
  7. 夏のひんやりグッズ

多くの人に読まれている情報

  1. あずき
  2. コード・ブルー3
  3. 僕たちがやりました
  4. ドクターX
  5. パン
  6. レンタル救世主
  7. ハロー張りネズミ
  8. スニッファー嗅覚捜査官
  9. スミカスミレ
  10. パン
PAGE TOP