黄昏流星群

黄昏流星群の2話のあらすじ(ネタバレ)。完治は銀行をやめて荻野倉庫へ?

黄昏流星群

(引用:番組公式サイト

ドラマ「黄昏流星群」の2話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ「黄昏流星群」の2話のあらすじ

瀧沢完治(佐々木蔵之介)はスイスで出会った女性、目黒 栞(黒木 瞳)のことが忘れられずにいました。そんな時、出向先になるはずの荻野倉庫の食堂で働く栞と偶然再会しました。完治を見つけた途端に逃げ出す栞を引き止め、「会いたかったです」と思わず口にしてしまいました。既婚者である完治の言動に戸惑いを隠せない栞でしたが、スイスで飛ばされた傘の代わりを買ったから送りたいと言われ、母が入居している施設の住所を書いたメモを渡しました。

真璃子(中山美穂)が出会ったのは、娘の美咲(石川恵)の恋人、日野春輝(藤井流星)でした。春輝は、美咲と完治に会う約束で自宅を訪れたんです。娘の恋人だと知りながらも、冷静で心優しい春輝に惹かれてしまう自分に真璃子は呆れてしまいました。

その後、完治が帰ってくるのをずっと春輝と美咲の3人でまっていましたが、完治は仕事を理由に帰宅せず、春輝はまた出直すと瀧沢家をあとにしました。その日の夜遅く帰ってきた完治に、弁護士だけど優しそうでいい人だったと真璃子は報告しました。そして、知り合ったのが合コンだったと聞いて完治はびっくりしました。完治は下調べをしっかりした方がいいと真璃子に言いました。

真璃子は指の絆創膏を感じの目の前に持っていきましたが、完治は何も気づきませんでした。「やっぱり」と真璃子はため息交じりにつぶやきました。

翌日、栞が母親の施設に行くと、完治から荷物が届いていました。認知症の母親に見せるとキレイだと喜びました。

完治は出向を受け入れることを上司に話に行きました。会社に戻って荷物を整理してると、篠田薫(本仮屋ユイカ)が手伝いに来てくれました。ふたりで送別会をしようと誘われましたが、新支店長と仲良くした方がいいと言ってことわりました。そこに栞から電話がきました。そして、直接会ってお礼を言いたいと言われて有頂天になりました。

その頃、水原聡美(八木亜希子)が真璃子に会いに来て、大学時代に好きだった先輩が新しお店を出すことを聴きました。翌朝、そのことを完治に話して一緒にパーティ―に行こうと言いましたが、忙しいと断られました。そして、パーティーのあとで良いから話したいことがあると言って完治は会社にでていきました。

その日の昼間、娘が結婚したら自分に何が残るのかな?と考えてると荷物が届きました。完治が整理した荷物でした。受け取って部屋に運ぶと、そこが抜けてばらまいてしまいました。その中に、「お世話になりました。篠田薫」というメッセージカードと小さなプレゼントの箱が入っていました。おもわず見ないふりをしてしまいました。

そのころ完治は栞と会って美術館に行ってました。そのあと、この間の居酒屋に行って二人で飲みました。栞は、ドイツ語が話せるとか、夫がいるとか、全部ウソだと白状しました。そして、何十年も世話をしてきた認知症の母親を施設に預けたので、何もすることがなくなってスイスに行っちゃったと話しました。

真璃子は夕方になってやっと勇気をだして、篠田薫のプレゼントを開けてみました。中身はネクタイピンでした。この間のネクタイのことを思い出しました。

完治と栞が居酒屋を出ると、きれいな夕焼けが出ていました。栞は、夕焼けを見てるとさびしくなる、いつもじゃなくて時々でいいから隣に誰かいてもらいたいとつぶやきました。完治は手をあげて、「はい、僕で良かったら居させてください。時々で良いですから」というと、栞は笑いだしました。

完治が家に帰る途中、真璃子からパーティーに行ってくるとメッセージが来ました。

真璃子がパーティーに行くと、聡美がいました。すぐに憧れの先輩だった須藤が飛んできてあいさつをしてくれました。そのあと話す相手もいなくて、帰ろうかなと思ってると、感じが現れました。須藤もすぐに完治を見つけてやってきました。ふたりはお互いをほめて笑顔で話しました。

そのあと、完治は話があると言って真璃子を連れ出しました。真璃子は「ネクタイのこと?」と言って勝手に怒りだしました。完治はカン違いだ、帰って話をしようというと、真璃子は「今日は聡美の家に泊まる」といってパーティーに戻っていってしまいました。完治は仕方なく帰りました。聡美の家に行った真璃子は、うわきをしてるはずだから真璃子もしちゃえとハッパをかけられました。

翌朝、完治はいつものように背広を着て出かけました。

 

荻野倉庫につくと、みんなに紹介されましたが、やることは何もないようでした。お昼のときも厄介もののように完全に無視されました。所在なくぶらぶらしてると、栞がやってきました。

真璃子は家に帰ってきて家事をしてると、完治が携帯を忘れていったことに気が付きました。真璃子は銀行に携帯を届けに行くと、篠田薫が出てきました。そして、荻野倉庫に出向になったと言われました。真璃子は話してる相手がメッセージカードをくれた篠田薫だと行員証で気が付きました。

(⇒3話のあらすじ

ドラマ「黄昏流星群」を見逃してしまったら、こちらのFODプレミアムで見ることができます。1ヵ月間無料キャンペーンをしていますので、完全に無料で「黄昏流星群」を見ることができます。こちらをクリックしてFODプレミアムの無料登録方法を確かめてみてください。

≫FODプレミアム公式サイトへ!

ドラマ「黄昏流星群」の原作

原作の弘兼憲史先生は、1947年生まれの漫画家です。松下電器に3年間つとめられてから漫画家になりました。代表作は、「課長島耕作」シリーズです。サラリーマンだった経験を生かして、団塊世代のサラリーマンを応援するような漫画を多く書かれています。奥さんは、元アシスタントで漫画家の柴門ふみ先生です。漫画以外に小説も出されています。

ドラマ「黄昏流星群」のキャスト

  • 瀧沢真璃子 中山美穂
  • 瀧沢完治 佐々木蔵之介、若葉銀行支店長、真璃子の夫
  • 瀧沢美咲 石川恵、瀧沢家の一人娘
  • 日野春輝 藤井流星、美咲の婚約者
  • 日野冴 麻生祐未、春輝の母
  • 目黒栞 黒木瞳、社員食堂の調理師、完治の運命の恋の相手
  • 目黒悦子 岩本多代、栞の母親、老人ホーム
  • 小俣房江 山口美也子、栞の同僚
  • 川本保 中川家礼二、栞の上司
  • 須藤武史 岡田浩、完治の同級生、パティシエ
  • 水原聡美 八木亜希子、真璃子の同級生、翻訳家
  • 篠田薫 本仮屋ユイカ、完治の秘書
  • 森口克彦 春海四方、若葉銀行専務
  • 井上英樹 平山祐介、若葉銀行八王子支店長、完治の友人
  • 金田真之 伊藤正之、若葉銀行常務
  • 徳田和夫 小野武彦、完治の相談相手

各話のあらすじ

以上、ドラマ「黄昏流星群」の2話のあらすじ(ネタバレ)、スタッフの情報でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 人生の転機
  2. プロ野球
  3. 耳をすませば




疲れたときにおススメ

  1. さくら心中
  2. ハートに火をつけて!
  3. 続・最後から二番目の恋
  4. アンフェア
  5. 探偵物語
  6. 恋ノチカラ
  7. 僕のいた時間
  8. 贖罪
  9. 愛してたって、秘密はある。
  10. コード・ブルー

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 空港に行く道
  2. 君の声が聞こえる
  3. サム、マイウェイ
  4. ヒーラー
  5. 輝け、ウンス!
  6. おひとりさま
  7. 恋する泥棒
  8. テバク
  9. サークル
  10. 結婚契約
スポンサーリンク

最新情報

  1. 黄昏流星群
  2. NBA2017-2018
  3. 獣になれない私たち
  4. Bリーグ
  5. 中学聖日記
シグナル
  1. シンイ~信義~
  2. おんな城主直虎
  3. ブラックリベンジ
  4. BG~身辺警護人~
  5. あなたには帰る家がある
  6. コック警部
  7. マチ工場のオンナ
  8. 城

多くの人に読まれている情報

  1. みょうが
  2. 西郷どん
  3. 残念な夫
  4. 隣の家族は青く見える
  5. 婚活
  6. コーヒープリンス1号店
  7. ボディビルダー
  8. ベトナムの少年
  9. ジャグラス
  10. ぼくは麻理のなか
エステ・タイム
PAGE TOP