小さな巨人

ドラマ「小さな巨人」の2話のあらすじと感想!長谷川博己が香川照之に宣戦布告!

小さな巨人
LINEで送る
Pocket

ドラマ「小さな巨人」の2話のあらすじや感想などをまとめました。香坂(長谷川博己)の捜査によって誘拐事件は解決することになりましたが、警視庁の仕組みに疑問を持った香坂は小野田(香川照之)に宣戦布告しました!誘拐事件の裏を巡って渡部(安田顕)と共に捜査を開始します。


スポンサーリンク


2話以外のあらすじ

ドラマ「小さな巨人」のキャスト

  • 香坂真一郎 長谷川博己、元捜査一課係長、芝署刑事課課長代理
  • 山田春彦 岡田将生、捜査一課長付運転手
  • 小野田義信 香川照之、警視庁捜査一課長
  • 片山昭三 神尾佑。特殊犯捜査担当管理官
  • 藤倉良一 駿河太郎、捜査一課2係係長
  • 三島祐里 芳根京子、警視庁人事課職員
  • 柳沢肇 手塚とおる、警務部監察官
  • 三笠洋平 春風亭昇太、芝署署長、前捜査一課長
  • 杉本学 池田鉄洋、芝署副署長
  • 渡部久志 安田顕、芝署刑事
  • 中村俊哉 流星涼、芝署刑事
  • 東山智之 加治将樹、芝署刑事
  • 石倉慎之介 丸一太、芝署刑事
  • 神岡梢 夏緒、芝署刑事
  • 香坂敦史 木場勝己、香坂真一郎の父親
  • 香坂真由美 三田佳子、香坂真一郎の母親
  • 香坂美沙 市川実日子、香坂真一郎の妻
  • 中田和正 桂文枝、ゴーンバンク社の社長
  • 中田隆一 加藤晴彦、中田和正の息子、中田エレクトロニクス社長
  • 五十嵐仁 堀尾正明、ゴーンバンク社顧問弁護士、
  • 謎の女 佐々木希

ドラマ「小さな巨人」のストーリー

警視庁捜査一課1係係長の香坂真一郎(長谷川博己)は、5年前に捜査一課に配属された後、警視総監賞に値する難事件を数々解決して、異例のスピードで出世を重ねてきました。父親も警視庁捜査一課の刑事でしたが、捜査一課長になるという夢はかないませんでした。真一郎は、父の夢でもある捜査一課長になることをめざしていました。香坂を捜査一課に引き上げたのは、前捜査一課長、現在芝署署長の三笠洋平(春風亭昇太)です。現捜査一課長の小野田(香川照之)は、父親の部下で現場からたたき上げの、三笠とは考え方も性格も正反対でした。親子二代にわたって小野田と関わっていました。

あるとき、三笠と小野田といっしょの会食の帰り、飲酒運転の疑いがあった中田隆一(加藤晴彦)に職務質問をします。翌日、飲酒の上の職務質問と言うことがネットで炎上して、小野田も香坂を援護することもせずに所轄の芝署の刑事課に飛ばされてしまいます。そんな時、経済界のトップ、中田和正(桂文枝)の誘拐事件が起きます。芝署の刑事の渡部(安田顕)は、風見京子という女性が自ら命を絶った事件を追っていました。彼女の恋人が中田隆一で、その父親が中田和正でした。しかも、彼女は、あるシステムを開発していました。そのシステムを中田隆一が盗んで、父親の中田和正の会社で新事業を起こそうとしているのではないかと、風見京子の父親が疑いました。その事業を中止させるために父親が中田和正を誘拐したんです。

香坂は、小野田の命じた試験を受けることせずに、風見京子の父親を渡部に説得させようとしましたが、単純な誘拐事件にしたい小野田捜査一課長は、警察官を突入させて強制逮捕させました。風見京子の父親や毒を飲んで意識不明になりました。小野田捜査一課長や警察組織に疑問を感じた香坂は、この事件はまだ終わらせないと、小野田捜査一課長に対して宣戦布告しました。

 


スポンサーリンク

ドラマ「小さな巨人」2話のあらすじ

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

「小さな巨人」は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。⇒ U-NEXT

 

中田和正(桂文枝)と中田隆一(加藤晴彦)は、誘拐犯から無事釈放されたことを記者会見を行い発表しました。さらに、中田和正社長は、新事業の防犯カメラシステムの発表を行い、誘拐犯に屈しなかった英雄として、その勇気を多くの人からたたえられました。

芝署では、渡部久志(安田顕)が香坂真一郎(長谷川博己)に向かって叫んでいました。

「あの男は、最後に言ったんです。わかった、自首すると。我々を信じて。あの男が毒を飲んだのは、罪の意識なんかじゃない。失望ですよ。我々に対する、だまされたことに対する怒りです。罪があるのはむしろ、我々の方なんだ!」

そう言って、渡部は辞表を出しました。

香坂は、三笠署長(春風亭昇太)と、杉本学副署長(池田鉄洋)に呼ばれて、捜査一課の捜査を妨害したことを謝罪させられました。捜査を混乱させた責任の処分は香坂警部に対する注意だけでした。三笠署長が小野田捜査一課長に裏で頭を下げておとがめなしになったんです。それはつまり、もう逆らってはいけないという暗黙の指示でした。

香坂は刑事部屋に戻り、捜査員たちに指示をだしました。風見京子に関する件は終りでした。捜査一課長付運転手の山田春彦(岡田将生)からも、捜査一課長には逆らってはいけないと念を押されました。

家に帰ると、妻の美沙(市川実日子)と母親の真由美(三田佳子)が来ていました。元気がない香坂に向かって美沙は、

「食べたければ食べれば良いし、やりたいことがあれば、やればいいじゃない」

と言われて、少し元気を取り戻しました。

翌日、三笠署長が幹部の懇親会に行くときに、手土産を用意して渡しました。ついでに、風見京子(富永沙織)の件も捜査2課管理官への手土産にならないかと話しました。捜査一課は、強盗などの凶悪犯罪が担当ですが、捜査2課は詐欺、脱税などの企業犯罪が担当です。風見京子が開発した新システムの特許を中田和正社長のゴーンバンク社が盗んだかもしれないという情報が美味しいのではないかと耳打ちしたんです。ですが、捜査1課と2課は水と油で、そんな話を2課に流せば小野田捜査一課長が黙っていないと怒られました。その姿を山田が見ていて小野田捜査一課長に報告すると、「この件はお前に任せた」と山田に指示しました。

渡部は、相棒の中村俊哉刑事(流星涼)と別れた後、中田隆一の会社、「ナカタエレクトロニクス」を張り込みました。ビルの防犯管理担当の池沢菜穂(吉田羊)が、その様子を監視していました。渡部は、ある社員を尾行しようとすると、香坂が現れて、戦い方をもっと考えろ、所轄には所轄なりの戦い方があると言います。そこに、山田が現れました。そして、防犯管理担当の池沢菜穂を呼び出して、話をしました。

ナカタエレクトロニクスは、新型の防犯カメラを設置していました。風見京子が飛び降りた日の映像を見てもあやしいところはなく、その映像と出退勤記録を持ち帰りました。風見京子が亡くなった時に残ってた社員は1名、風見京子だけでした。何かひっかるところがありました。そして、山田に捜査2課を動かしてくれと、頭を下げておねがいしましたが、断られました。その晩は、徹夜で調べましたが、何も出てきませんでした。

仮眠をとろうとしたときに、「ほんとに誰もいなかったのでしょうか」と香坂がつぶやきました。池沢菜穂の卓上カレンダーに、システムデータの保存時間を24時間表記で書かれていたことと、机の下に枕や毛布が置いてあったことに気が付きました。風見京子が亡くなった日は、「30」と書かれていました。

ナカタエレクトロニクスでは、池沢菜穂が中田隆一社長とゴーンバンク社顧問弁護士の五十嵐仁(堀尾正明)に呼ばれて、警察に何を聞かれたのかを質問されていました。会社の不利になるようなことは何一つしゃべるなと、念を押されました。

警視庁では、小野田捜査一課長の所に社会部の記者が張り付いていました。その記者から、ナカタエレクトロニクスに捜査2課が動いたという情報をもらって小野田捜査一課長は、顔色を変えました。三笠署長にもその情報が入り、香坂への監視を強化しろと副賞帳に命令しました。ただ、香坂と渡部が池沢菜穂に会いに行きましたが、担当を変えられてしまいました。署に帰ってくると、中村が労働基準局関係の担当になってると聞来ます。ナカタエレクトロニクスは、以前、行政指導が入ったと聞いて、出退勤記録をもらうように中村に指示しました。

中村が出退勤記録をもらってきて見てみると、風見京子が亡くなった日の残っていた社員は2名になっていました。何かを隠して、改ざんしていたことが分かり、これが事件だと確認しました。残っていたのは、風見京子と池沢菜穂の二人でした。中村に映像のデータを科捜研に調べてもらうように指示しました。しかし、しばらく捜査しても何も出てきませんでした。

香坂と渡部が夜遅くまで残ってるところに、三笠署長と副署長がやってきて捜査を打ち切りにしろと迫りました。その時、山田が入ってきて、捜査2課からもらってきた書類を見せて、捜査を続行しろという命令をだしました。実は、ナカタエレクトロニクスがインサイダー取引をしている疑いが出てきたんです。ゴーンバンク社が防犯システムに参入すると言う発表の前に、株を大量に購入して利益を大幅に出している人がいたんです。その中に、池沢菜穂の名前もあり、利益は1億円でした。

香坂たちは子供が入院している病院に行って、池沢菜穂に会いました。そして、会社に戻って話を聞きました。

実は、池沢菜穂も、風見京子と同じ風見エレックの社員でした。そして、入院していた子供は、心臓移植が必要な病気で1億円が必要でした。香坂の推理は、ナカタエレクトロニクスの中田隆一はどうしても風見エレックのシステムが欲しくて風見京子に近づいて恋人になりました。ただ、システムデータは探しても見つからなかったので、同じ社員の池沢菜穂に、1億円のお金をちらつかせてデータを盗ませたんです。怒った風見京子は池沢菜穂の所に来て、もみ合ってるうちに屋上から突き落としたと、推理しました。

それを聞いた池沢菜穂は、そんなわけはないと、もう一度映像を見せようとしました。香坂は、途中で映像を止めて、最上階に行くにはIDカードが必要なんだけども、風見京子はIDカードをだしていないと指摘します。そして、その映像には何らかの手が加えられているという科捜研の結果を伝えました。つまり、風見京子は池沢菜穂が操作したIDカードで一緒に最上階に上がっていったのですが、後から、自分の姿を映像から消去したんだと指摘しました。

香坂は、息子のことを持ち出して池沢菜穂を追いつめて行きました。そして、「返してくれと言ってきたけど、突き落としたのはわたしじゃない」と告白しました。すると、ゴーンバンク社の顧問弁護士の五十嵐仁と中田隆一社長がやってきて、池沢菜穂を連れて行きましした。署に戻って、三笠署長に逮捕令状を出してもいいかと聞くと、

「おそかった、すでに逮捕令状でている」

香坂たちがナカタエレクトロニクスにいくと、すでに捜査2課が到着していて、池沢菜穂が連行されるところでした。最後に山田が出てきました。すべて山田の指示でした。

池沢菜穂は、取り調べで、香坂に話した証言を変えました。「すべてひとりでやりました」と答えました。その裏には、ゴーンバンク社からの5億円と子供の手術費用、ドナーの提供者の確保、これからの生活費がありました。警視庁で、山田と香坂は話し合いました。山田の父親は内閣副官房長官で、今回の件は山田が父親に頭を下げて動かせました。山田には何としてでも捜査一課長になる理由があって、そのためには、小野田捜査一課長のイヌにでもなんにでもなると香坂に言いました。香坂は、所轄なりの方法で捜査一課長になって、警察組織を変えてやるとすごみました。

一方、ゴーンバンクの山田和正社長と小野田捜査一課長は、料亭で会食をしていました。

「おかげさまで・・・」

(⇒ 3話のあらすじ

ドラマ「小さな巨人」の感想

おもしろかったですね。作り手側は、半沢直樹をかなり意識しているように感じられましたが、ちょっとからまわりをしているようにもおもいました。とは言え、長谷川博己さん、岡田将生さん、香川照之さん、安田顕さんの4人の演技がとてもすごくて、その部分で、プラスアルファされているので、とても面白いドラマとして見ていることができると思いました。

とくに、長谷川博己さんの立ち姿と滑舌の良さは良いですね。何を言ってるのかわかるっていうのが、やはりドラマの基本のような気がします。警察の中のエリートという役柄を体中で表現されていて、何も言わなくても伝わってきています。そして、岡田将生さんの悪役も新鮮で、スゴイです。もしかしたら、これから悪役として伸びていかれるのではないでしょうか。

ただ、香川照之さんが今回のラスボスだとはあまり思えない展開になってきてるのが不思議です。2話で悪役だっていうのがうすうすばれてしまって、次回からは対決が始まるのですが、もっと大きなラスボスが控えているような気がします。その相手は、もしかしたら、岡田将生さん演じる山田の父親なんじゃないかな?と思いました。内閣副官房長官名なので、かなりの強敵ですが、ラスボスだとしたら、誰が演じるのかとても楽しみです。

以上、ドラマ「小さな巨人」の2話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。

他にも、警察関連のドラマがあります。

⇒ ハロー張りネズミ
⇒ 警視庁いきもの係

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. ドラマ『わにとかげぎす』のキャストや相関図と1話のあらすじ!有田哲平と本田翼が! わにとかげぎす
  2. 台風3号(2017)の現在の最新予想進路!日本への接近の日時と上陸の可能性は? 台風3号(2017年)
  3. 「コード・ブルー3」のキャストと相関図と1話のあらすじ!山下智久X新垣結衣 コード・ブルー3
  4. 「ごめん、愛してる」のキャストと相関図と1話のあらすじ!長瀬智也と吉岡里帆が! ごめん、愛してる
  5. ドラマ『過保護のカホコ』のキャストや相関図と1話のあらすじ!高畑充希と竹内涼真が! 過保護のカホコ
  6. ドラマ『ウツボカズラの夢』のキャストと1話のあらすじ!原作は乃南アサ
  7. 『脳にスマホが埋められた!』のキャストと相関図と1話のあらすじ!伊藤淳史と新川優愛が! 脳にスマホが埋められた!
  8. ドラマ『悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語~』のキャストや相関図と1話のあらすじ! 悦ちゃん
  9. ドラマ『カンナさーん!』のキャストや相関図と1話のあらすじと視聴率!渡辺直美と要潤が夫婦? カンナさーん!
  10. 『ブランケットキャッツ』のキャストと相関図と1話のあらすじ!西島秀俊と吉瀬美智子! ブランケットキャッツ

最新情報

  1. カンナさーん!
  2. 僕たちがやりました
  3. プロ野球
  4. コード・ブルー3
  5. 台風18号
バスケ
  1. おんな城主直虎
  2. カインとアベル
  3. 2017Jリーグ順位
  4. 愛してたって、秘密はある
  5. ウチの夫は仕事ができない
  6. 第5回東アジアバスケットボール選手権
  7. 火花
  8. 宣言
  9. 天使と悪魔

多くの人に読まれている情報

  1. セシルのもくろみ
  2. イケア
  3. 脳にスマホが埋められた!
  4. カインとアベル
  5. フィギュアスケート
  6. ジョジョ
  7. iPS細胞
  8. ボク、運命の人です
  9. 砂の塔
PAGE TOP