小さな巨人

ドラマ「小さな巨人」のキャストや相関図、1話のあらすじ!長谷川博己X岡田将生

小さな巨人
LINEで送る
Pocket

今夜のドラマあらすじは?
アシガール
先に生まれただけの僕
さくらの親子丼

4月16日から始まるTBSの新ドラマ「小さな巨人」のキャストや相関図、1話のあらすじ、スタッフなどをまとめました。原作はないようですが、「半沢直樹」的なドラマみたいで面白くなりそうです。長谷川博己さんと岡田将さんや香川照之さんの対決が面白そうです。


スポンサードリンク


各話のあらすじと視聴率

(視聴率は、ビデオリサーチ関東調べです)

「小さな巨人」は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。⇒ U-NEXT

ドラマ「小さな巨人」のキャスト

香坂真一郎 長谷川博己

芝署の刑事課課長代理です。元警視庁捜査一課第一係長でした。警視庁史上最年少で警部に昇任して、警視総監賞と同じくらいの難事件を数々解決してきた優秀な刑事です。あるとき、大企業の社長中田隆一(加藤晴彦)の飲酒運転を取り調べたことがきっかけで、大きく人生が変わって芝署に異動を命じられます。いつかは警視庁に戻って捜査一課長になることを狙っています。ゴーンバンク社の事件で、小野田捜査一課長に逆らった事から、再び豊洲署に横滑り異動になりました。

長谷川博己さんは、1977年生まれの40歳の俳優です。中央大学文学部卒業後、アルバイトなどをした後に、文学座付属演劇研究所にはいられました。2002年に初舞台、2008年に初ドラマに出られて、2010年の「セカンドバージン」で注目を浴びられます。最近では、「獄門島」「夏目漱石の妻」映画「シン・ゴジラ」「二重生活」「散歩する侵略者」に出られています。

山田春彦 岡田将生

警視庁捜査一課で捜査一課長付運転担当です。この職務は、将来を有望視されるものが抜擢される役職です。東京大学法学部卒業のあと、ある目的のためにノンキャリアの刑事として警視庁へ入庁しました。父親は内閣官房副長官。香坂は、事件解決が出世の近道と考えていますが、山田は警察内部の力関係が一番大事だと考えています。芝署編のあと、豊洲署に1年間、飛ばされてしまいます。

岡田将生さんは、1989年生まれの27歳の俳優です。中2のときに原宿でスカウトされて、高校のときに芸能界入りをされました。2006年、ドラマ「東京少女」でデビューされます。最近では、「絆~走れ奇跡の子馬」「ゆとりですがなにか」映画「何者」「銀魂」「ジョジョの奇妙な冒険」などに出られています。

小野田義信 香川照之

第74代警視庁捜査一課長です。高卒のノンキャリで、平の刑事からたたき上げで昇りつめたうらには、上司だった香坂の父の香坂敦史(木場勝己)の引き上げがありました。

香川照之さんは、1965年生まれの51歳の俳優、歌舞伎役者、ボクシング解説者です。歌舞伎では、九代目市川中車を名乗っています。父は歌舞伎役者の二代目市川猿翁、母は元宝塚歌劇団雪組主演娘役で女優の浜木綿子さんです。小さいときに離婚されて、浜木綿子さんの手で育てられました。東京大学文学部を卒業された後、1989年、NHK大河ドラマ「春日局」で俳優デビューされます。2011年、長男が生まれたことなどから、父親と和解して九代目市川中車を襲名されました。最近のドラマでは、「モンタージュ」「スニッファー」「君に捧げるエンブレム」などに出られています。

片山昭三 神尾佑

警視庁捜査一課特殊犯捜査担当管理官で、所轄にたつ特別捜査本部の指揮をとります。

神尾佑(かみおゆう)さんは、1970年生まれの47歳の俳優です。福島県いわき市出身。横浜国立大学工学部を卒業された後、北区つかこうへい劇団にはいられて、芸能界に入られました。最近では、「レンタル救世主」「安堂ロイド」「一の悲劇」「就活家族」などに出られています。お父さんが福島県警の警察学校長でした。関係ないですが、警察官の役柄が多いです。

藤倉良一 駿河太郎

警視庁捜査一課第2係係長。香坂の同期で、相談相手、良きライバルになっています。「自分は香坂の勝ち馬に乗る」と公言していて、香坂の味方です。芝署編のあと、第1係係長になりました。捜査一課のトップの捜査員です。

駿河太郎さんは、1978年生まれの38歳の俳優、ニュージシャンです。お父さんは、笑福亭鶴瓶さん。大阪芸術大学短期大学部卒業されて、イギリスへの音楽留学から帰国後、歌手としてデビューされました。30歳のときに、俳優に転向されています。最近では、「おかしな刑事」「せいせいするほど、愛してる」映画「真田十勇士」などに出られています。

三島祐里 芳根京子

警視庁警務部人事課職員です。子供の頃のTVドラマで見た警察犬のブリーダーになりたくて警視庁に入りました。警察犬訓練士に志望をだしましたが、却下されて人事課に回されました。研修のときに、香坂に優しい言葉や、夢を応援してくれた香坂にあこがれています。芝署編のあと、刑事になって豊洲署に配属になりました。

芳根京子さんは、1997年生まれの20歳の女優です。高1のときに、遊助のライブに行ったときにスカウトされて芸能界に入られました。2013年の「ラストシンデレラ」でデビューされて、2015年の「表参道高校合唱部!」でドラマ初主演、2016年の「べっぴんさん」でヒロインとして出演されています。これから、ドンドン伸びていかれる若手女優さんのひとりです。

渡部久志 安田顕

芝署の刑事です。現場たたき上げの刑事で、出世に興味がなく、単独行動をとることが多いです。所轄の刑事として、誇りを持っています。芝署編のあと、捜査一課に異動になって、捜査一課長付運転手になりました。

安田顕さんは、1973年生まれの43歳の俳優です。北海道出身。大泉洋さんが出演する「水曜どうでしょう」に準レギュラーとして出るようになって、徐々に東京に進出していかれました。今では、書かせない名わき役になっています。最近では、「嘘の戦争」「銭型警部」映画「銀魂」などに出られています。

柳沢肇 手塚とおる

警視庁警務部監察官です。監察官とは、警察の内部の不正、違反などを厳しく取り締まる、言ってみれば警察の中の警察と言う役割です。柳沢は、融通が利かない男として有名です。小野田捜査一課長の裏を探っています。

手塚とおるさんは、1962年生まれの54歳の俳優です。北海道出身。数多くのドラマ、映画に出られている名脇役です。やはり警察官の役が多いです。最近では、映画「天空の蜂」「図書館戦争」「シン・ゴジラ」などに出られています。

三笠洋平 春風亭昇太

芝署署長です。小野田義信捜査一課長(香川照之)の前任者で、エリート中のエリートです。香坂真一郎(長谷川博己)をかわいがっていて、捜査一課に引き上げた人物です。

春風亭昇太さんは、1959年生まれの59歳の落語家です。東海大学文学部に入学した時に、ラテンアメリカ研究会に入ろうとしたら、人がいなかったので、隣の落語研究会で待っていたら面白くなって入ってしまったそうです。在学中にテレビ東京の「大学対抗落語選手権」で優勝、「ザ・テレビ演芸」で初代グランドチャンピオンになったのをきっかけに中退して、春風亭柳昇に入門されたそうです。ドラマでも、「タイガー&ドラゴン」「軍師官兵衛」「おんな城主直虎」「下町ロケット」などに出られています。

杉本学 池田鉄洋

芝署副署長です。署長の顔色をうかがい、部下に厳しい典型的な副署長です。一番の望みは出世です。

池田鉄洋さんは、1970年生まれの46歳の俳優、演出家、脚本家です。初めは舞台俳優として活動されていましたが、「TRICK」「医龍」などで全国的な知名度が上がりました。最近では、「視覚探偵日暮旅人」「99.9」などに出られています。

中村俊哉 流星涼

芝署の若手刑事です。いつか捜査一課で働くことを夢見ています。

流星涼さんは、1993年生まれの24歳の俳優です。2009年に、原宿の竹下通りで、美容院に行く途中にスカウトされ芸能界にはいられました。2010年「素直になれなく」でデビューされて、最近では、「こえ恋」「ラストコップ」「ひよっこ」などに出られています。

東山智之 加治将樹

芝署刑事です。出世することをあきらめて、家族を大事にしています。が、心の底では、燃えています。

加治将樹さんは、1988年生まれの29歳の俳優です。D-BOYSの元メンバー。最近では、「お義父さんと呼ばせて」「早子先生、結婚するって本当ですか?」などに出られています、

石倉慎之介 丸一太

芝署刑事です。高卒で、出世を望まずに現状維持が理想で、大規模所轄への配属は望んでいません。やる気に満ちた香坂のことを言い迷惑だと思っています。

丸一太さんは、1975年生まれの41歳の俳優です。「鬼平犯科帳 THE FINAL」「田七捕り物帳」などに出られています。

神岡梢 夏緒

芝署刑事です。配属されたばかりで、何もわかっていません。空手が得意で、全国大会上位の腕前です。生まれて初めて、中村俊哉(流星涼)を好きになってしまいますが、どうしていいのかわからないでいます。

夏緒さんは、1995年生まれの21歳の女優です。2007年の映画「龍が如く 劇場版」で、ヒロインの少女、澤村遥役でデビューされました。ドラマでは、「GTO」「ホリック」「恋文日和」などに出られています。

香坂敦史 木場勝己

香坂真一郎(長谷川博己)の父親で、小野田義信(香川照之)の上司だったこともあります。夢は捜査一課長になることでした。

木場勝己さんは、1949年生まれの67歳の俳優です。殆ど舞台で活動されてきましたが、「3年B組金八先生」の千田善朗校長役でブレイクして日本中の人が知りました。最近では、「天皇の料理番」「水族館ガール」などに出られています。

香坂美沙 市川実日子

香坂真一郎(長谷川博己)の妻です。

市川実日子(みかこ)さんは、1978年生まれの38歳の女優です。1994年、「How to 柔道」で女優としてデビューされます。2003年の初主演映画「blue」でモスクワ国際映画祭最優秀女優賞を、2016年「シン・ゴジラ」で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞されています。最近では、映画「リライフ」「羊の木」などに出られています。

中田和正 桂文枝

日本最大手のIT企業、ゴーンバンク社社長で、日本経済界のトップ。何者かにさらわれます。

桂文枝さんは、1943年生まれの73歳の日本を代表する落語家、タレント、司会者です。西川きよし、笑福亭仁鶴と並んで、吉本興業の三巨頭と言われています。2015年7月2日、『新婚さんいらっしゃい!』が「同一司会者によるトーク番組の最長放送」としてギネス世界記録に認定されました。

中田隆一 加藤晴彦

中田和正(桂文枝)の息子で、ナカタエレクトロニクス社の社長です。

加藤晴彦さんは、1975年生まれの41歳の俳優、タレントです。1993年の「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で審査員特別賞を受賞されて芸能界にはいられました。最近では、「アイアングランマ」「相棒」などに出られています。

五十嵐仁 堀尾正明

ゴーンバクンク社の悪徳顧問弁護士です。

堀尾正明さんは、1955年生まれのフリーアナウンサーです。早稲田大学文学部在学中に文学座付属研究所に入って、ドラマにも出られたことがあります。退団後、1961年にNHKにアナウンサーとして入局されて、1995年から全国放送を任されるようになりました。2008年にNHKを退職されて、フリーになられました。ちゃんとした役のドラマは初めてのようです。

謎の女 佐々木希

中田隆一にインサイダー取引を持ちかけた女性。

佐々木希さんは、1988年生まれの女優、歌手、モデルです。2005年、ファッションビルの秋田フォーラスに出店していた「流行屋」の店員として勤務していたところ、「週間ヤングジャンプ」のスタッフが偶然見かけて、「ギャルコンJAPAN」の初代グランプリになったことが芸能界入りのきっかけです。その後、多くのドラマ、映画にも出られるようになりました。最近では、「ON」「ヤッさん」「バイプレイヤーズ」映画「一茶」などに出られています。先日の4月11日にお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部健さんと結婚されました。

ドラマ「小さな巨人」の相関図

ドラマ「小さな巨人」の相関図です。

ドラマ「小さな巨人」の相関図

ドラマ「小さな巨人」1話のあらすじ

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒スタッフまでジャンプ!

「小さな巨人」は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。⇒ U-NEXT

 

3週間前。

「敵は味方のふりをする。その真実に気付いたんです」

と、警視庁捜査一課強行班1係長の香坂(長谷川博己)は、捜査一課長付運転担当の山田(岡田将生)と一緒に、捜査一課長の小野田(香川照之)に報告していました。

「証拠はある。私のカンだ」

小野田は逮捕を命じました。

香坂たちが現場に向かうと、所轄である芝署の刑事、渡部久志(安田顕)と中村俊哉(流星涼)が今しも動こうとしていました。香坂は二人を押しとどめて容疑者を逮捕しました。「捜査は理論です」と言って、香坂は帰っていきました。

その夜、香坂は、前捜査一課長で芝署署長の三笠洋平と料理屋で飲んでいました。香坂を捜査一課に引き上げてくれた恩人です。

「与えられた仕事をこなし、定時になったら帰る。それでいいんだやつらは。その兵隊を動かす優秀な参謀がいれば。我々の様な警務畑の人間がな」

と香坂に諭しました。警務畑と言うのは、本庁総務、本庁人事、本庁広報などの人達のことです。なので、現場畑から上がってきた小野田は、異例中の異例でした。

「捜査一課長は、警視庁の顔なんだよ。大組織を束ねる能力が必要なんだ。本来、あんな高卒ごときに勤まるもんじゃない」

といってると、そこに小野田がやってきました。二人に呼ばれたわけでなく、なぜかやってきたんです。「警視庁の顔として、自らの信じる道をまっとうする所存でございます。香坂君もぜひ、私を助けてくれたまえ」と言ってご機嫌でお酌をしていました。仲の悪いこの二人の間に入って、かなり神経を使いました。料亭を出ると、捜査一課長付運転手の山田が待っていました。後から出てきた三笠が、

「きをつけろ、香坂。敵は味方のふりをするからな」

と言って帰っていきました。

三笠を送って香坂も帰ろうとすると、ひとりの男が出てきました。その男は昼間逮捕した時に見かけた男で、中田隆一(加藤晴彦)でした。調べさせると、彼女の風見京子が飛び降りて自らの命を絶っていました。その葬儀が今日ありましたが、別な女と来ていました。不審に思った香坂は、車で出て行こうとした中田隆一を止めて、警察手帳を見せます。「お酒飲まれていますよね」と言って外に出して、連れの女性のことを聞こうとすると、「しつこいんだよ」と言って腕を払いました。そのときに、車に傷ができました。中田はそのまま車で行ってしまいました。

翌日、香坂がやった行動がニュースで炎上していました。

「酒に酔った刑事が横暴な職務質問をして車に傷を負わせた」

というニュースでした。警視庁に行くと、さっそく、監察官の柳沢肇(手塚とおる)に尋問されます。争点は、日本酒を飲んだかどうかでした。そして、小野田が呼ばれます。小野田は香坂が日本酒を口にしたと答えて、謝罪しました。香坂は芝署の刑事課課長代理に飛ばされました。

香坂が芝署やってくると、いびきの音以外、誰もいませんでした。いびきの主は渡部でした。ふと窓から外を見ると、捜査一課長の車がありました。捜査本部が設置されたと気づいて急いで会議室に行くと、誘拐事件の特別捜査本部でした。誘拐されたのは、ゴーンバンク社社長の中田和正氏(桂文枝)で、通勤途中で誘拐されて身代金5億円を要求されていました。香坂も捜査しようと無線を手にすると、山田に取り上げられます。「所轄はただの後方支援です。まかせていればいいんです」と言われました。

すると、誘拐犯から連絡が来ます。身代金を1時間以内に、4つのトランクに分けて東京駅に運ぶことと、「運ぶ人間は中田隆一だ」と指名してきました。警察が動いていることはまだ知らない様でした。捜査本部に東京駅の映像が映りました。犯人からの連絡でトランクを別々な場所に分けておいていきました。最後の一つは中田が持ってそのまま地下鉄に乗りました。

捜査員の行動を見て、警察は息子の中田隆一の自作自演と疑ってるのでは?と感づきます。そして、その根拠は、中田隆一の借金のようでした。が、横にいた渡部は、隆一の犯行ではないと断言します。彼女の風見京子の事件を追っていて、この1ヵ月、隆一に張り付いていたんです。それを聞いた香坂は、小野田の前に行って、中田隆一はこの誘拐とは無関係だと報告します。そのとき、メールの送信元が割れました。犯人は今も東京駅構内にいることが分かりました。

すると、所轄の中村が見張ってるトランクが置いてある奥のトイレから煙が出始めました。無線を持っていない中村は、トランクをそのままにして奥のトイレに入って行ってしまいました。中村がトイレに入ると、一番奥の個室に発煙筒がたかれていました。それをみてひっかえしますが、その隙にトランクは消えていました。防犯カメラにも、人が気が出ていて盗まれた瞬間は映っていませんでした。

中村は、トランクをひきづってる人間を見つけて追いかけて行って階段でつかまえました。が、それはただの置き引きの常習犯でした。そのとき、中田隆一から犯人からメールが入ったと連絡が入りました。「警察がいたな。取引は終わりだ」というものでした。その後、犯人からの連絡はなくなりました。

香坂は、署長室に呼ばれて所長の三笠から現実を知れと言われます。捜査一課と違って、使える部下もいないし、小野田を見返そうと思うなと言われました。

翌日、捜査会議が行われます。小野田捜査一課長は山田に香坂に貼り付けと指示を受けました。山田はいっしょに聞き込みに行くと告げました。ですが、渡部だけは別行動をしていました。渡部は中田良一の亡くなった彼女、風見京子のお墓に来ていました。フラれて飛び降りることなどしない人だったと信じているようでした。が、1ヵ月調べても、中田隆一とは関係ないと分かったと気落ちしながら言いました。芝署にもどると、所轄は会議に出なくても良い、支持があるまで待機してろと言うことで刑事部屋に全員いました。その姿を見て、香坂は、いいました。

「指示の意味が分かってますか?そもそも所轄には何もできない、指示をするだけ無駄だ、そう言われているんですよ。たしかに、この事件は捜査一課の事件だ。だがその前に、所轄で起きた我々の事件のはずだ。なのに、その指示をありがたく受け入れている自分たちを情けないとは思わないのか。悪いが私は君たちとは違います。できることがあれば、それを徹底してやるべきだと思います。我々にはこの足しかないんだ。だったら、この足を使って、とことん前に進むしかないんだ」

と、カツを入れられます。渡部は香坂について聞き込みを再開しました。幼稚園の聞き込みに一緒についてきた山田に、香坂は、「本当の狙いは何だ?」と尋ねます。本来の誘拐とは別な何かがあると感じていました。山田は黙秘を続けました。すると、渡部が、ある一人の園児が連れ去られる現場を見たらしいと知らせてきます。その場所に行って、3人でその状況を再現すると、犯人の身長が190cm位だと想像できました。その場所に、中田社長のネクタイピンが落ちていました。渡部には、190cmの慎重でピンとくる人物がいました。亡くなった風見京子の父親でした。そこで風見の会社に行くと、捜査一課がガサ入れを行っていました。そばで聞いていた山田がすぐに小野田捜査一課長に報告をしていたんです。

香坂が小野田捜査一課長から呼び出されます。風見の情報を良く得たとほめられました。そして、5億円とは別の要求があったと教えます。ゴーンバンク社の新事業を中止しろと言うことでした。娘が亡くなった原因は、フラれたからではなくて、新事業を起こすための新システムを中田隆一が盗んだためだと風見京子の父親が分かったからでした。ですが、小野田は、ゴーンバンク、中田隆一の犯罪は隠ぺいするために、犯人の要求は5億円だけだったということにすると告げました。そして、香坂に管理職昇任試験を受けろ、名前さえ書けばあとは何とかすると断言します。そうすると、再び捜査一課に戻れると告げます。

芝署にかえると、渡部から、風見の交渉役を任せてもらいたいと言われます。が、「あとは、捜査一課にまかせましょう」と香坂は言って帰っていこうとします。渡部は、

「敵は味方のふりをする。やっぱりあんたは、向こうの人間だったってことだ。だったら、我々警察官は何を守っているというんだ」

と叫びました。

翌日、香坂が試験会場に向かってると、中田社長を監禁していると思われている場所が特定されます。気が付いた渡部は香坂に連絡しますが、「待機です」と言って電話を切りました。香坂は、今までのことが思い浮かんできて、試験会場ではなくて、芝署に行きました。出かけようとしている渡部を止めて、「風見に自首を促すために私はここに来た」と叫びます。そして、渡部に「おねがいします」と頭を下げました。

渡部は、風見に説得のメールを打ちました。そして、小野田の前に行って「突入をやめてください」と土下座して訴えました。が、小野田は突入を指示しました。風見は確保されましたが、毒物を服用して意識不明になりました。

小野田が芝署を出る時に、香坂に告げます。

「お前は行くべきだったんだ。疑問を持たず、上の指示に従う。それが、組織で生きるということだ」

「あなたに従うことで組織で生きることができても、警察官としての自分はしぬことになります。それはぜったいできません。それともうひとつ、この事件はおわってません。まだうらがあるはずです。わたしのカンです」

それを聞いた小野田は微笑みます。

「そのカンに、覚悟はあるのか。覚悟なきものに、なにも言う資格はない!」

「覚悟なら、あります!私は所轄刑事として、捜査一課のあなたと闘ってみせる」

(⇒ 2話のあらすじ

 


スポンサーリンク

ドラマ「小さな巨人」のスタッフ

ドラマ「小さな巨人」のスタッフは、

  • 脚本 丑尾健太郎
  • 演出 田中健太

脚本の丑尾健太郎さんは、1976年生まれの40歳の脚本家です。大学卒業されて印刷会社に入られて校正をされたそうです。そして、徐々に創作活動をされたそうです。「無痛」「HEAT」「ショムニ2013」映画「陽気なギャングが地球を回す」などの脚本を書かれています。

演出の田中健太さんは、最近では、「コック警部の晩餐会」「下町ロケット「流星ワゴン」「ルーズヴェルトゲーム」「半沢直樹」などのプロデューサー、演出などをされています。

原作は、残念ながらありません。なので、おもしろいかどうかは脚本家の丑尾さんにかかっています。俳優陣は素晴らしい人ばかりなので、どれだけ面白いドラマにしてくれるのか、とても楽しみです。

以上、ドラマ「小さな巨人」のキャスト、相関図、1話のあらすじ、スタッフでした。

他にも面白いドラマがあります。

コウノドリ2
奥様は、取り扱い禁止

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

    • 2017年 5月 20日

    誤字脱字が多すぎる

    • 米山 慎吾
      • 米山 慎吾
      • 2017年 5月 20日

      スミマセン。
      すぐに直します。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. ドラマ『陸王』のキャストと1話のあらすじと原作。★モデル企業は「きねや足袋」 陸王
  2. 「さくらの親子丼」のキャストや1話のあらすじと感想。真矢ミキさんと吉本実憂さん! さくらの親子丼
  3. J2リーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は?松本山雅は? J2リーグ2017
  4. ドラマ『アシガール』のキャストや1話のあらすじと感想!黒島結菜と健太郎が戦国時代に! アシガール
  5. 『ブラックリベンジ』のキャストと1話のあらすじと感想★木村多江が復讐の鬼に! ブラックリベンジ
  6. 『この声をきみに』のキャストやあらすじ!見どころは【人生を変えられるか?】 この声をきみに
  7. 「ユニバーサル広告社」のキャストや1話のあらすじ★和久井映見がヒロイン! ユニバーサル広告社
  8. 「先に生まれただけの僕」のキャストと1話のあらすじと感想!櫻井翔が校長先生? 先に生まれただけの僕
  9. Jリーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は? 2017Jリーグ順位
  10. 『監獄のお姫さま』のキャストと1話のあらすじと視聴率。小泉今日子が宮藤官九郎の脚本で! 監獄のお姫さま
スポンサーリンク

最新情報

  1. 先に生まれただけの僕
  2. 先に生まれただけの僕
  3. Bリーグ
  4. マラソン
  5. アシガール
わにとかげぎす
  1. ロシアワールドカップ2018
  2. ドクターX
  3. 刑事ゆがみ
  4. 花
  5. 東京タラレバ娘
  6. リオ五輪女子バスケ
  7. 先に生まれただけの僕
  8. 確定申告

多くの人に読まれている情報

  1. IQ246~華麗なる事件簿~
  2. MUSIC
  3. みをつくし料理帖
  4. ドクターY 外科医・加地秀樹
  5. アシガール
  6. 夏のひんやりグッズ
  7. ツバキ文具店
  8. 脳にスマホが埋められた!
PAGE TOP