トドメの接吻(キス)

「トドメの接吻(キス)」の5話のあらすじ(ネタバレ)。7日間では運命は変えられない?

ドラマ「トドメの接吻(キス)」の5話は、2月4日(日)22:30から放送されます。主役は山崎賢人さん。ヒロインは新木優子さんで、新田真剣佑さん、志尊淳さん、菅田将暉さん、宮沢氷魚さん、門脇麦さん、堀田茜さん、唐田エリカさん、山本亜依さんなどイケメン、美女たちが大勢でられています。宰子(門脇麦)からのキスで想定外のタイムリープをしてしまった世界で、旺太郎(山﨑賢人)は自分に惹かれていたはずの美尊(新木優子)の態度が突然冷たくなったことに戸惑います。さらに、病床で目を覚ますはずだった美尊の父・尊(山田明郷)が亡くなり、尊氏(新田真剣佑)が美尊にプロポーズして会社を継ぐ宣言をするシナリオに変わっていて…。

スポンサーリンク

5話のあらすじ

旺太郎(山﨑賢人)が、小さいときに乗っていた豪華客船を沈めた犯人だと尊氏(新田真剣佑)は、戸惑いながらも尊氏の言うとおりに暮らしていました。

尊氏が、長谷部(佐野勇斗)からなぜ美尊(新木優子)と結婚するのか?ときかれてると、いきなりあらわれた旺太郎が「社長になりたいため」と言われました。尊氏は「ばかばかしい」と一笑に付しました。そこに美尊がやってきました。旺太郎がはなしかけると、「あなたのことはもう信じない。さよなら」と言って歩いていきました。そこに郡次(小市慢太郎)があらわれると、婚約発表のことを相談してくるといって美尊のところにいきました。旺太郎は、「挽回してやる」と言ってあるいていきました。

向かった先は、宰子のところでした。そして、もう一度キスをさせろとせまりました。宰子は嫌がりますが、「これは契約だから」と言って無理やりキスをしました。旺太郎は笑いながら倒れました。

 

戻った先は、1月20日でした。宰子はおばあちゃんのベッドの横で目覚めました。旺太郎はすぐに病院に、尊の容体が急変したと電話をしました。すぐに尊のところに医者が駆けつけて一命を取りとめました。なぜ医者が来たのかわからない尊氏は唖然として病室を出ました。そこに旺太郎がやってきて、尊氏と話をしてると、病室から心電計が止まる音が聞こえました。病室に入ってみると、尊は息を引き取ったところでした。

そのあと、美尊たちがやってきました。尊氏はその場で美尊にプロポーズしました。さらに、旺太郎がクルーズ船を沈めた船長の息子だといって、美尊の同情を引くためについたうそだとばらしました。美尊は、「あなたのいうことなんて信じられない」と言ってその場を離れました。

自分の家に戻った旺太郎は、7日戻したくらいじゃ変えられないと悩んでると、長谷部のことを思い出しました。

乗馬クラブでは、長谷部が本当に結婚をするのかと旺太郎の代わりに聞いていました。尊氏は一刻も早く並木グループのために結婚することが大事だと言って歩いていきました。影で聞いていた旺太郎は長谷部に話しかけますが、逃げられてしまいました。

旺太郎が家に帰ると、母親の光代(奥貫薫)が来ていて料理を作っていました。旺太郎は金を出して、「光太を探す金をせびりに来たんだろ、手切れ金だ」と言って渡そうとしました。光代はその金を突っ返して、まだ光太は生きてるといいました。旺太郎は、人生を変えようとしてるんだからこれ以上引っ掻き回さないで帰ってくれと追い返しました。

旺太郎は、再び長谷部に近づいて尊氏の秘密を教えろといいました。長谷部は嫌がりますが、知っていて何もしなくて、美尊が不幸な結婚をしたら全部長谷部のせいだというと、教えてくれました。秘書の郡次がビデオテープで尊氏を脅していたところを見たということでした。旺太郎はそのテープを奪って尊氏に返してやろうと長谷部に言いました。

 

1月27日。尊氏と美尊の婚約披露パーティーがホテルで行われていました。宰子が配達に行く予定ですが、すでに代わりの人が行ってるといわれました。会場では、多くの取材陣があつまり、多くの業界人たちが集まっていました。

そして、尊氏がプレゼンしたというバラの花びらがステージに舞い踊りました。尊氏は美尊はバラアレルギーなので自分はやっていないから片付けろといいました。控え室に美尊がいくと、旺太郎がいました。嘘をついて申し訳なかったといいます。じつはもっと悲惨だったとこくはくしました。12年前に同じ船に乗っていて、弟がなくなったと本当のことを美尊にはなしました。そして、あの事故のせいで家庭がめちゃくちゃになったから過去もすべて捨てたといいました。

美尊歯ずっと尊氏に守ってもらっていたというと、それが本当の愛なのか、といいました。そして、美尊のことも関係なく婚約パーティーをしたのには、尊氏に秘密があるからだとささやきました。

そのあと、光太の母親の光代が階段から落ちて頭を打って重態だと病院からでんわがきました。そして、緊急手術をするので付き添ってくれといわれました。ステージでは、尊氏と美尊が真っ白な衣装でとうじょうしていました。旺太郎は、今はいけないと断って電話を切ると、ワインを持って暗くなった会場に入っていきました。そして、つまずいたフリをして郡次にワインをかけてにげました。旺太郎のあとを布袋(宮沢氷魚)が追いかけました。郡次にはウェイトレスが近づいて、服を着替えてくれと言って上着を預かりました。そのウェイトレスはにやりと笑いました。

外に出た旺太郎は、ウェイトレスに化けたレイナから郡次の大切にしていたテープを抜き取りました。

 

その日の夜、旺太郎は慰安室にいました。宰子がホストクラブに行って旺太郎の事を聞いてやってきました。旺太郎が来る20分前に息を引き取ったと聞くと、宰子は時間を戻せばやり直せるといいますが、肩の荷がほっとなったし、前に進めば幸せになれるといってキスをするのを拒否しました。

ホテルの式場では、郡次と尊氏が旺太郎のことを話していました。尊氏は、あのテープを見てもわけがわからないし、テープがなくなったから、もう郡次は副社長にはしないと言って歩き去りました。

 

旺太郎がテープを見ると、ひとりの子供が何かを投げつけて配電盤から日が出ていました。旺太郎は、「このドコがスキャンダルなんだよ」と言って投げようとしましたが、思いとどまりました。

そのころ宰子は、春海(菅田将暉)のところに行っていました。そして旺太郎が母親のことで悲しくないのかな?と早口で聞きました。春海は、

「きみはどうしたいのさ、エイトに何かしてあげたいの?迷ってるくらいならしてあげなよ」

と帰っていく宰子のうしろからいいました。

 

家にいた旺太郎は、母親の光代が作ってくれた料理を暖めて食べていました。そして、「光太のことを思い出すのもいやなの?」という光代の言葉を思い出していました。そこに非通知の電話がかかってきました。出てみると、郡次でした。テープを200万円で買い取ると言うことでした。20分後に会うことを約束して外に行くと、宰子がいました。光代がなくなって7日目だから、元に戻れる最後のチャンスだといいました。そして、過去から逃げてるだけだと宰子がいうと、キスじゃ変えられない過去があるんだよと言って歩き去りました。宰子は、「キスしてほしくなったら言って」と歩き去る旺太郎に叫びました。

それを聞いた旺太郎は、走って戻ってきて、ホテルでウェイトレスをしてるレイナという人といっしょに、必ずこのテープを手に入れろといいました。そして、「ありがとう」と言って、キスをしました。

 

戻った先は、1月27日の尊氏と美尊の婚約発表パーティーの控え室でした。美尊が尊氏の秘密を聞くと、あとで教えるといってそノバを離れて光代が落ちた場所に行って光代を助けました。旺太郎は涙を流していました。そして、嫌いなわけじゃなくて、つらいから思い出したくなかっただけだと涙を流しました。光代は「よかった」と笑顔で答えました。

旺太郎は、光太をみつけるまえに父親の旺を見つけるべきだといいました。すると、光代は

「お父さんのせいじゃなくて、原因は船の故障で、事故のあとに機関室の映像だけなくなっていたってお父さん言ってたの」

と旺太郎に教えました。それを聞いた旺太郎は、郡次から奪ったテープがその機関室のテープだと気がつきました。すぐに婚約発表パーティーの会場に行きましたが、宰子は尊氏たちに捕まっていました。旺太郎がそのテープは機関室で、子供は尊氏じゃないのかと聞くと、尊氏は、そのテープを火の中に放り込みました。尊氏は

「存在しないもののはなしをしてもしょうがないじゃないか。おたがい、これでお開きにしよう」

といって歩いていきました。宰子は布袋に連れ去られました。

 

会場では、ステージに上がった尊氏と美尊が挨拶をするところでした。美尊がステージの下にピアスをおとすと尊氏が拾いに行きました。そこに旺太郎がやってきてステージに駆け上がりました。美尊は、

「旺太郎?兄の秘密って何なの?」

「ごめん、手に入れられなかった。だから・・・」

そういって、旺太郎は美尊にキスをしました。美尊は旺太郎を跳ね除けました。旺太郎が

「前に進めば、未来を変えられる。君なら変えられる」

というと、美尊は尊氏を見た後、旺太郎にキスをしました。

(⇒6話のあらすじ

今までの「トドメの接吻(キス)」とスピンオフの「トドメのパラレル」はHuluで見ることができます。Huluは月額933円ですが、個別課金は全くなしで色々なドラマや映画をみることができます。たったの1000円で見放題ができますので、ドラマ好き、映画好きのあなたにおすすめです。入会してから2週間、無料で試せるキャンペーンをしています!

≫huluの無料お試し登録はコチラ!

キャスト

  • 堂島旺太郎 源氏名エイト、ホスト
  • 小山内和馬 志尊淳、旺太郎の後輩で旺太郎のことが好き
  • 辻 弓削智久、ホストクラブ店長
  • 堂島旺 光石研、旺太郎の父親
  • 堂島光代 奥貫薫、旺太郎の母親
  • 根津功一 岡田義徳、母親が雇った探偵
  • 春海一徳 菅田将暉、謎のストリートミュージシャン
  • キス女(佐藤宰子) 門脇麦
  • 並樹美尊 新木優子、並樹グループのご令嬢
  • 並樹尊氏 新田真剣佑、並樹グループの長男
  • 並樹尊 山田明郷、並樹グループ社長
  • 並樹京子 高橋ひとみ、尊の妻
  • 新井郡次 小市慢太郎、尊の秘書
  • 長谷部寛之 佐野勇斗、尊氏の友人
  • 布袋道成 宮沢氷魚、尊氏の友人
  • 森菜緒 堀田茜、美尊の友人
  • 青田真凛 唐田エリカ、美尊の友人
  • 小柳奈々子 山本亜依、美尊の友人

各話のあらすじ

以上、ドラマ「トドメの接吻(キス)」の5話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 未来を変える
  2. 幸せ




疲れたときにおススメ

  1. 神様、もう少しだけ
  2. スイッチガール
  3. 鹿男あをによし
  4. 僕たちがやりました
  5. カエルの王女さま
  6. ビーチボーイズ
  7. 5時から9時まで
  8. いつ恋
  9. 孤独のグルメ-5
  10. ブスと野獣

40代におススメの韓流ドラマ

  1. ヒーラー
  2. バリでの出来事
  3. 彼女はキレイだった
  4. 我が家のハニーポット
  5. キスして幽霊
  6. 町の弁護士 チョ・ドゥルホ
  7. 力の強い女ト・ボンスン
  8. ピノキオ
  9. 自己発光オフィス
スポンサーリンク

最新情報

  1. FIBAワールドカップ2019
  2. メゾンドポリス
  3. NBA2017-2018
  4. スキャンダル専門弁護士QUEEN
僕たちがやりました
  1. ユニバーサル広告社
  2. カインとアベル
  3. バージンロード
  4. 魔女宝鑑~ホジュンの若き日の恋~
  5. ステーキ
  6. 逃げるは恥だが役に立つ
  7. 恋がヘタでも生きてます

多くの人に読まれている情報

  1. 刑事ゆがみ
  2. パパ活
  3. とげ
  4. 40代のファッション
  5. NBAオールスター2019inシャーロット
  6. コウノドリ2
  7. ハケン占い師アタル
  8. 明日の君がもっと好き
  9. 愛という名のもとに
  10. リオ五輪女子バスケ
auひかりバナー
PAGE TOP