トドメの接吻(キス)

「トドメの接吻(キス)」の8話のあらすじ(ネタバレ)尊氏がタイムリープの秘密を?

ドラマ「トドメの接吻(キス)」の8話は、2月25日(日)22:30から放送されます。旺太郎(山﨑賢人)の幸せのために道具として生きる決意をした宰子(門脇麦)のいじらしさに心を打たれ思わず抱きしめた旺太郎でしたが、美尊(新木優子)に見られたことに気づき咄嗟に宰子のことを面倒を見ている遠い親戚だと紹介する。タイムリープを夢の出来事だったと思う美尊は、夢の中で自分にキスをした宰子が実在することに驚きながらも、旺太郎に結婚を前提に付き合って欲しいと告白します。


スポンサーリンク


8話のあらすじ

尊氏(新田真剣佑)は、春海(菅田将暉)のところにあらわれて宰子(門脇麦)のことをしつこく聞いていました。春海は、「きのうのおれに競馬の勝ち馬をおしえてあげてくれ」「このおんなとキスしてー」と暗に教えてあげますが、尊氏は何も気づかずに「またくる」と言って帰っていきました。

一方、旺太郎(山﨑賢人)の幸せのために道具として生きると話してくれた宰子を、そのいじらしさから旺太郎は心を打たれて思わず抱きしめてしまいました。ところが、だきあってる二人の姿を、美尊(新木優子)に見られてしまいました。旺太郎と宰子は、宰子のいえに美尊をつれていって、旺太郎の親戚だと説明しました。貧血気味でたおれそうになってたから助けてあげてたといいました。そして、デリバリーサービスで乗馬クラブに行っていたので、会ったような気になったんじゃないかというと、美尊はなっとくしました。

すると、結婚を前提で付き合ってくださいと美尊は言って、旺太郎の両親に合わせてくれといいました。でも、事故を起こしたんだから、まずは美尊の母親に正式に紹介してくれと頼みました。

家に帰った美尊は、旺太郎と結婚を前提に付き合うことにしたと母親に言いました。母親は資産目当てだといいました。旺太郎はホストを辞めて親戚の宰子という女性を助毛ながら暮らしてるというと、それを聞いていた尊氏が、ぜひ宰子という女性もいっしょに食事に呼びたいと言い出しました。

長谷部のお見舞いに来ていた美尊はそのことを話していると、病室の外では旺太郎の父親の旺(光石研)がきていました。その後姿を郡次が送り込んだスパイが見ていて、郡次に連絡をして尊氏にも連絡をしました。

食事にさそわれた旺太郎は、ドレスを持って宰子のところにいきました。宰子にドレスを着せるとあまりの可愛さにどきどきしてしまいました。旺太郎は長谷部を紹介してやるといいますが、「いい」とことわりました。

旺太郎と宰子は美尊の家に行きました。尊氏が満面の笑顔で出てきました。

食事が始まると、尊氏は宰子にずっと質問をしますが旺太郎がこたえていました。食事の途中、尊氏は宰子を廊下で待ち伏せして、正体はなんなのかとといつめました。そこに旺太郎が現れて宰子をかばいますが、宰子は「帰る」といってかえってしまいました。

 

翌日、旺太郎のところに、長谷部が亡くなったと病院から知らせがありました。駆けつけると、すでに美尊や尊氏たちがきていました。尊氏は、長谷部の命を奪ったのは、旺太郎の父親の旺だとつかみかかってきました。郡次もやってきて、旺は長谷部の父親に雇われていて事故を起こして、その逆恨みで命を奪ったんだと大声でさけびました。旺はその病院の看護師に取り押さえられて警察に連行されたということでした。

実は、その看護士の仕業で、旺につみをなすりつけて、旺太郎と美尊のなかを裂こうという尊氏の計画でした。旺太郎が父親に会いに走り去ると、美尊の友達達は、みんな、「もう旺太郎はやめたほうがいいよ」と口々にいいました。

旺太郎が旺においついてつかみかかると、「やってない」とくりかえしました。

旺太郎が美尊たちのところに戻ろうとすると、尊氏が素直に思いを告げていれば悲しい思いはさせなった、美尊が幸せになってくれればそれだけで言いとやさしく慰めていました。それを立ち聞きした後、旺太郎はその場をはなれました。

家に帰ると、宰子がいました。「人をころすような人じゃなかった。心配していた」といいました。旺太郎はあんなくずに心配されたくはない、絶対に許さないといいました。旺太郎と母親を置いて逃げ出したことが今でも許せないようでした。宰子はキスして止めてあげれるといいますが、刑務所の中でずっと生きていけばいいといいました。それを聞いた宰子は、旺太郎が幸せならそれでいいといいました。旺太郎は「しなくていい」と言って宰子をおいかえしました。

宰子が家に帰ると尊氏が待っていました。逃げようとすると、

「逃げるってことは、やっぱり何か秘密があるってことだろ。だまってないでこたえろ」

「しつこい男は嫌われるよ。この間いえによんでくれたのは、宰子がめあてだんたんですね、じゃ、秘密を教えてあげるよ。ペアリングを渡した後に戻れたらラッキーなんだけどな。おれたちは、こういう関係だよ」

そういって、尊氏の前できすをしました。旺太郎はたおれました。宰子も尊氏を見てにやりとわらってたおれました。

 

戻った先は美尊の家の食事中に、尊氏が宰子に詰め寄ってるときでした。すぐに二人で病院に行くと、通報したかんごしとぶつかりました。するとナイフが落ちていて宰子がひろいました。そのナイフを見た旺太郎はその看護士が長谷部の命を奪ったことに気がつきました。追いかけましたがにげられてしまい、病室に戻ってくると、宰子がびょうしつのまえにたっていました。そっと中を覗くと、旺が長谷部にテープをわたさないでくれといってました。自分の無実が証明されても仕方ない、旺太郎がよからぬことをしないほうがいいといってお願いしました。

そこに旺太郎が入っていって、助けるためにきたんじゃなくて、もう二度と顔を見せるなといって追い出しました。

旺太郎は、長谷部に襲ったのは布袋だといって、他の病院にうつしました。

 

翌朝、尊氏が病室にやってきました。旺太郎は、12年前と同じように、父親に罪を着せるつもりだったんだろうというと、尊氏はしらばっくれました。警察は信じないけど美尊は長谷部の言うことは信じると言って、並樹家から出て行けば美尊には黙ってておいてあげるといいました。

尊氏は刑務所の布袋に会いに言って、

「ぼくはどこでまちがえた?事故の真相をいわなかったときか?美尊を愛してるから間違えてるのか?美尊を守りたいだけなんだ。」

と泣きながらきいていました。

布袋は

「間違ってないです。おれは味方でいます。おれにはそれしかないから」

「僕だって壮だよ。美尊を守るためだったら何だってやる」

 

旺太郎は宰子の家にいって、荷物をまとめていました。尊氏が襲ってくるといけないから、旺太郎の家にしばらく住むことにしたんです。宰子は、弟の光太のくつと旺の連絡先をわたしました。もういいよというと、宰子は、

「あなたもにげてる。あなたならのりこえられると思う。光太くんのために、わたしはあなたを信じてる。あなたがわたしを信じてるって言ってくれたから」

そういって電話番号をわたしました。旺太郎はカギを渡して「先に行ってろ」といって、電話をして旺に会いに行きました。

 

旺にあった旺太郎は、なんで家に帰ってこなかったんだ、なんで逃げたんだと聞くと、

「見たんだ、母さんが光太を探してるのを見たんだ。必死に探し続けていた。つらかった。つらくて母さんに声をかけられなかった。わたしが弱かったせいだ。本当にすまない」

そういって旺はあたまをさげました。旺太郎は光太の靴を差し出しました。

「光太がおれたちを合わせてくれたのかも。行ってやれよ。おふくろにもっていってやれよ。お袋も逃げてるんだよ。あのときから」

旺は、光代(奥貫薫)がちらしを巻いてるところに行って、

「いなくなってすまなかった、本当にすまなかった」

といってあやまって光太のくつを差し出して

「光太はいないんだよ。旺太郎が言ってくれたんだよ。もっていってやれって。あいつが一番つらいのに」

光代は靴を抱きしめながらなきくずれました。旺は光代を抱きしめました。そんなふたりを旺太郎は見ていました。

その場を離れた旺太郎は、宰子に電話をしました。

「ありがとう、靴をわたした。それとさ、道具なんていうなよ。俺は道具だ何て思ってない。おまえさ、料理とか作れるの?何でもいいから作ってくれ、今から帰る」

「わかった。待ってる」

電話をきった旺太郎は笑顔になりました。数歩歩いた旺太郎はたちどまって走り出しました。

宰子が電話を切ると、尊氏がやってきて連れ去られました。尊氏は、いすに縛った宰子に、

「どうしていつも彼に邪魔をされるのか、君が力を貸してるんじゃないのか?たとえば、過去に戻れるとか、どうなんだ?佐藤宰子」

(9話に続く)

今までの「トドメの接吻(キス)」とスピンオフの「トドメのパラレル」はHuluで見ることができます。Huluは月額933円ですが、個別課金は全くなしで色々なドラマや映画をみることができます。たったの1000円で見放題ができますので、ドラマ好き、映画好きのあなたにおすすめです。今なら、入会してから2週間、無料で試せるキャンペーンをしています!≫huluの無料お試し登録はコチラ!

キャスト

  • 堂島旺太郎 源氏名エイト、ホスト
  • 小山内和馬 志尊淳、旺太郎の後輩で旺太郎のことが好き
  • 辻 弓削智久、ホストクラブ店長
  • 堂島旺 光石研、旺太郎の父親
  • 堂島光代 奥貫薫、旺太郎の母親
  • 根津功一 岡田義徳、母親が雇った探偵
  • 春海一徳 菅田将暉、謎のストリートミュージシャン
  • キス女(佐藤宰子) 門脇麦
  • 並樹美尊 新木優子、並樹グループのご令嬢
  • 並樹尊氏 新田真剣佑、並樹グループの長男
  • 並樹尊 山田明郷、並樹グループ社長
  • 並樹京子 高橋ひとみ、尊の妻
  • 新井郡次 小市慢太郎、尊の秘書
  • 長谷部寛之 佐野勇斗、尊氏の友人
  • 布袋道成 宮沢氷魚、尊氏の友人
  • 森菜緒 堀田茜、美尊の友人
  • 青田真凛 唐田エリカ、美尊の友人
  • 小柳奈々子 山本亜依、美尊の友人

各話のあらすじ

以上、ドラマ「トドメの接吻(キス)」の8話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。

あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

40歳で人生を見直す

  1. 未来を変える
  2. ケツメイシ
  3. 結婚

疲れたときにおススメ

  1. ファイティングガール
  2. ディナー
  3. バイプレイヤーズ
  4. 好きな人がいること
  5. おっさんずラブ
  6. GOLD
  7. 刑事ゆがみ
  8. 家政夫のミタゾノ2
  9. 君といた夏

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 推理の女王
  2. 恋はドロップキック
  3. 恋はチーズ・イン・ザ・トラップ
  4. 恋のゴールドメダル
  5. コーヒープリンス1号店
  6. ああ、私の幽霊さま
  7. 雲が描いた月明り
  8. じれったいロマンス
  9. 太陽の末裔
  10. 花より男子
スポンサーリンク

最新情報

  1. ロシアワールドカップ2018
  2. 花のち晴れ
  3. 西郷どん
  4. ブラックペアン
  5. J2リーグ2017
oil
  1. トドメの接吻(キス)
  2. モンテクリスト伯
  3. 脳科学
  4. 眠れぬ真珠
  5. 過保護のカホコ
  6. 口内フローラ
  7. 正義のセ
  8. 貴族探偵

多くの人に読まれている情報

  1. ラブリラン
  2. ユニバーサル広告社
  3. すし
  4. グッドワイフ
  5. anone
  6. 民衆の敵
  7. 陸王
  8. グルメ
  9. office
auひかりバナー
PAGE TOP