40代からの健康を維持するちょっとしたヒント

40代からの健康を維持するちょっとしたヒント

40代になると、途端に体が言うことをきかなくなります。

それはアスリートでも、ニートでも、サラリーマンでも、主婦でも同じです。誰にもおきる自然現象です。

ただ、そこで大切なのはそのままにしておくのか、それとも体に応じた方法、食事、運動などを取り入れていくのか?です。

そのことによって50歳、60歳、70歳になった時にどれだけ動くことができるか、変わってきます。

私は何も考えていなかったので、50歳になり、60歳が近くなった時には体のあちこちから悲鳴が・・・健康診断で引っ掛かるところが急激に増えたんです。いろいろな薬も飲み始めました。そうなってからでは遅いです。

もちろん、過激に、過敏に、過剰に気を使う必要はないです。ちょっとしたときに、ちょっとしたことに気を付けるだけで、あなたが年を取った時にだいぶ変わってきます。

実は、人生を幸せに過すために一番大切なことは、いつまでも体が快適に動くのか、病気などせずに毎日暮らせるかどうか、30代、40代の元気な体をいつまで維持できるのか、に尽きるんじゃないかなと最近思い始めました。

当サイトでは、40代のために、年をとっても少しでも長く動いていられるように、ちょっとしたヒントを記事にしています。このページでは、そんな体に関する記事をまとめています。

気になるタイトルをクリックして詳しいことをご覧ください。

食生活

運動

体重を減らす

その他

タイトルをクリックしてもらえれば、詳しいことを読めます。参考にしてもらえれば、うれしいです。