トレース

トレース~科捜研の男~の最終話のあらすじ。

トレース

(引用:番組HP

新月9ドラマ「トレース~科捜研の男~」の最終話のあらすじを紹介します。錦戸亮さんと新木優子さんが科捜研の法医研究員を演じて、船越英一郎さんが犯人を逮捕することに情熱を注いでいるベテラン刑事を演じられます。どんなお話になるのかとても楽しみです。

スポンサーリンク

ドラマ「トレース~科捜研の男~」の最終話のあらすじ

ドラマ「トレース」の最終話を3/25の22:24まで無料で見ることができます。⇒TVer

『武蔵野一家事件』の真相を追う真野(錦戸 亮)は、早川(萩原聖人)とともに食品会社社長の佐保(袴田吉彦)に会いに行きました。ところが佐保は、ボイラー室のガス爆発に巻き込まれて亡くなってしまいました。ただ、真野は第一発見者だったので操作はできなくなりました。

佐保は、亡くなったホームレスの新妻(伊藤高史)と同じく早川の教え子のひとりであり、真野の兄・義一(倉悠貴)をいじめていた主犯格でもありました。

爆発の原因はガス漏れと漏電だということでした。

科捜研に戻った真野は、虎丸(船越英一郎)を交え、ノンナ(新木優子)と海塚(小雪)にこれまでの経緯を話しました。

真野は、『武蔵野一家事件』の証拠品だった軍手に残されていた身元不明のDNA型と、妊娠していた姉・仁美(夏子)の胎児の絨毛のDNA型を鑑定し、その2つに親子関係が認められることを突き止めたとはなしました。つまり、仁美を妊娠させた相手が、真野の家族の命を奪った犯人である可能性が高いと説明しました。さらに、武蔵野一家事件、新妻、佐保の件で警察上層部の介入があると説明しました。

ただ、亡くなった佐保の心臓の血液のDNA型を調べましたが、親子鑑定の結果は不一致でした。

佐保が亡くなったボイラー室に臨場した真野は、ガスの元栓部分に付着した手袋の皮革を発見しました。その持ち主と思われる人物の皮膚片から採取したDNA型は、『武蔵野一家事件』の軍手のDNA型と一致していました。

新妻の事件同様、佐保の事件にも捜査の打ち切り命令が出た中、真野たちは仁美の交際関係をもう一度洗い直しました。そこで得た証言を基にさらに調べていくと衝撃の名前が浮かび上がりました。それは、刑事部長の壇(千原ジュニア)でした。25年前、壇の父親が警視総監でした。虎丸は、事件をもみ消すために警視総監が捜査中止を決めたんだと気づいて、それがほんとうだったらもうどうしようもないとつぶやきました。

そんな折、科捜研に壇刑事部長が突然視察に訪れました。壇は自らDNA採取を一度やってみたかったと言って、キットを口に含んで「源礼二くんだね」といいながら真野に渡して帰っていきました。

すぐに鑑定をすると、親子鑑定は認められませんでした。早川に喫茶店で会ってそのことをはなすと、「3ヵ月っていうと9月か~」ともらしました。真野は早川が父親だと直感しました。すぐにストローを持ち帰って鑑定すると、親子関係が認められました。虎丸を呼び出してそのことをつげました。ただ、早川とは連絡が取れなくなっていました。真野は、今までちょうどいいタイミングで早川が現れたことと、もしかしたら壇と早川が繋がってるかもしれないといいました。

すぐに早川が勤めていた塾に行くと、2ヵ月前にやめていました。早川の自宅にいくと、遺書がおかれていました。その遺書は本人が書いたものと鑑定されました。真野は、インクを解析すると、先日壇が持ち帰ったペンと同じものでした。

真野は壇に会いに行ってナイフを突きつけてペンのことを話をしました。

翌日、真野は姿をあらわしませんでした。虎丸が科捜研に行ってどういうことかと聞くと、壇が持ち帰ったペンで遺書をかかせたことがわかりました。すぐに、虎丸とノンナは車でおいかけました。壇と真野は軽井沢に向かっていました。ついた先は壇の別荘でした。ただ、虎丸が中に入ると、ふたりともいませんでした。虎丸はすぐに捜査一課長に連絡してNシステムで行方を追ってくれとお願いしました。すぐに科捜研にデータを送ってしらべはじめました。

壇は真野を途中で下して軽井沢にいく途中にある上田市の閉ざされた映画館につれていきました。壇は、真野が今までの事件をどう考えてるのか話させました。壇は「きみを真実にたどりつかせるためだ」といいました。

じつは、壇とつながっていたのは真野の兄でした。壇は高校のときに真野の兄を上田市の映画館で見て強烈な嫉妬をおぼえて、新妻と佐保にいじめさせたんです。そのうちに兄が不登校になると、姉の仁美が壇に会いにきたといいました。不倫の末に捨てられた早川を兄と同じようにいじめてくれとお願いしに来たんです。

壇は言われたように佐保と新妻をつかって追いつめました。ただ、最後に仁美が壇にお願いしたときのビデオを見せて、子供を産むつもりだから命を奪った方がいいと早川にささやいたんです。壊れていた早川はいわれたように仁美の命を奪いました。さらに、帰ってきた両親の命を奪ったんです。そこに壇と新妻、佐保がやってきて、兄に無理やり遺書を書かせて命をうばったんです。

それを聞いた真野はナイフを出して壇につめよりましたが、壇も拳銃をとりだして真野の額につけました。

壇は兄とおなじような目を真野にさせたかったためだ、真実にたどりついても真野には何もできないといいました。そして、もっていた拳銃をわたして、「やれよ、今を逃したら二度とチャンスはない」とささやきました。

真野は何もできませんでした。壇は「ざまあみろ」と叫んで歩いていくと早川がナイフを持って壇のところにとびこんできて何度もさしました。そのあと、自らの首にナイフを刺そうとしたのを真野が止めました。真野は「おまえらとはちがうんだ、おなじにはならない」とさけびました。

そこに虎丸とノンナがとびこんできました。

早川は緊急逮捕され、壇は意識不明で入院しました。3日後、目を覚ましました。

(おわり)

ドラマ「トレース~科捜研の男~」を見逃してしまったら、こちらのFODプレミアムで見ることができます。1ヵ月間無料お試しをしていますので、完全に無料で「トレース~科捜研の男~」を見ることができます。こちらをクリックしてFODプレミアムの無料登録方法を確かめてみてください。

≫FODプレミアム公式サイトへ!

ドラマ「トレース~科捜研の男~」のキャスト

  • 真野礼二 錦戸亮、科捜研法医研究員
  • 沢口ノンナ 新木優子、科捜研法医研究員
  • 海塚律子 小雪、科捜研法医科長
  • 市原浩 遠山俊也、科捜研法医研究員
  • 相楽一臣 山崎樹範、科捜研法医研究員
  • 水沢英里 岡崎紗絵、科捜研法医研究員
  • 沢口カンナ 山谷花純、ノンナの妹
  • 虎丸良平 船越英一郎、警視庁捜査一課刑事
  • 猪瀬祐人 矢本悠馬、警視庁捜査一課刑事
  • 江波清志 篠井英介、警視庁捜査一課長
  • 壇浩輝 千原ジュニア、警視庁刑事部長
  • 沖田徹 加藤虎之介、警視庁鑑識課

各話のあらすじ

以上、新月9ドラマ「トレース~科捜研の男~」の最終話のあらすじでした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 人生の時間
  2. コミュニケーションスキル
  3. 人生の転機
  4. お見合い




疲れたときにおススメ

  1. ひよっこ
  2. 正義のセ
  3. きみはペット
  4. いつ恋
  5. 続・最後から二番目の恋
  6. イタズラなKiss
  7. OURHOUSE
  8. 101回目のプロポーズ

40代におススメの韓流ドラマ

  1. いつも春の日
  2. 冬鳥
  3. スパイ
  4. アイム・ソーリー・カン・ナムグ
  5. トンイ
  6. ハベクの新婦
  7. 総理と私
  8. 星から来たあなた
  9. 王は愛する
  10. 君を守りたい
スポンサーリンク

最新情報

  1. 凪のお暇
  2. ルパンの娘
  3. 旅行
モンテクリスト伯
  1. 獣になれない私たち
  2. カインとアベル
  3. 絵本
  4. dele
  5. おんな城主直虎
  6. 嘘の戦争
  7. 釣りバカ日誌2
  8. あなたには帰る家がある
  9. オーバードライブ

多くの人に読まれている情報

  1. ランニング
  2. yoga
  3. 小さな巨人
  4. おんな城主直虎
  5. 奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール
  6. ドロ刑
  7. スターウォーズ~最後のジェダイ~
  8. メンター
  9. ボク、運命の人です
電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結
PAGE TOP