ユニバーサル広告社

「ユニバーサル広告社」の6話のあらすじ(ネタバレ)。商店街活性化のコンサルタント契約!

ドラマ『ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~』の6話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。さくら(和久井映見)が働く喫茶「ジュルビアン」で商店街の総会が開かれていました。杉山(沢村一樹)は危機を察知し避けて通りますが、暇で会社を追い出された石井社長(三宅裕司)が足を踏み入れ、商店街活性化のコンサルタント契約を結んできてしまいます。

スポンサーリンク

『ユニバーサル広告社』の6話のあらすじ

これから先はネタバレがふくまれます。今までのストーリーはコチラ⇒ストーリー

 

ある日、杉山(沢村一樹)がさくら通り商店街を歩いていると、商店街マップがおいてありました。かなり反響が今日が多くてお客さんがじょじょにふえていきました。そのことを考えてると、どのお店にも

「ジュルビアンにいます」

という張り紙が張ってありました。みんなで集まって何かを話し合ってるようでした。

 

ジュルビアンでは、宏(でんでん)が、集まったみんなにまず忘年会をしないで新年会をすると言いましたが、本題は、さくら通り商店街を改革使用という話でした。そこに、杉山が顔を出すと、まずいことが起きてると察知してすぐに顔をひっこめました。

ユニバーサル広告社では、エリカ(片瀬那奈)だけが仕事をしていて村崎(要潤)と石井社長(三宅裕司)は現実逃避して遊んでいました。そのことに腹を立てて怒ってると、一の瀬始(入江甚儀)がは行ってきました。

「事務局長としてきてるんだけど、杉山さんいないのか~」

と言いました。はじめは仕方なく社長をジュルビアンに連れて行きました。

そこに、杉山が帰ってきました。ジュルビアンを除いたらいやな予感がして逃げてきたというと、たぶんその件で社長が呼ばれたと聞きます。悪い予感があたったと感じた杉山は急いでジュルビアンに戻りました。中に入ると、社長が中心でみんなと握手をして拍手されていました。さくらは、やってきた杉山に、

「いま、さくら通り商店街として正式に広告のお願いしたの。あの、コンサルタント契約でしたっけ?ね、お父ちゃん、あ、会長代理!」

宏が寝たきりの会長に代わって代理になったようでした。商店街を何とかしてくださいとお願いされました。ですが、杉山は困った顔をして

「そんな簡単には、賞賛がないことには・・・」

「わかってる、前に杉山さんが行ったことはわかってる。広告は魔法じゃない。わたし達が小さくても良いから輝いていないと、それを大きく輝かせることはできない。それはわかっています。マップ作ったでしょ、それ見ておみせきてくれるひとがいて、ちょっぴりね。でも、それ、うれしくて。だから、がんばりたいと思ったんだよね、だから、わたし達もどんなことでもがんばります。だから助けてください。力になってください。お願いします」

全員で、頭を下げました。みんなの目が輝いていました。最後はみんなで笑いあって、杉山はその話を受けました。ただ、所産はまったくありませんでした。

その日から、4人でさくら通り商店街PRプランを考えはじめましたが、やはりなかなか言いアイデアは出てきませんでした。まずは今あるさくら通り商店街のHPを見始めました。作ってる一の瀬始を読んで話を聞きました。マスコットをデザインした人を聞くと、空中を見て思い出を思い出し始めました。

そのデザインをした人は、ミカという女性で、むかし始が好きだった女性ですが、「いくじなし」と言われてほっぺたをたたかれて、船でこの町を出て行った人でした。その思いであるので、HPを見るのがイヤだったと話してくれました。

そして、まずはHPの見直し殻始めるというと、杉山とエリカ、村崎は仕事を始めました。その姿を見て、感動した始は立ち上がって

「あの、ぼくにもなにかできることあれば」

といいますが、みんなから何もないとことわられました。

始はジュルビアンに行って夕食を5人前頼みました。始は、料理を作らせてくれと言って、にんじんを切りながら涙を流し始めました。そして、

「変わりたいな、おれ。変わりたいな。城田さん思わないですか?変わりたいって」

「いや、おれはいま、すっごく幸せだけど」

「そうですか」

 

ユニバーサル広告社では、村崎が、「最近残業多いな」とエリカに聞いていました。エリカは、きっちりした生活をしようと思ってたけど、家から会社が遠いのでなんだかどうでもよくなってきたと言います。村崎が「それだけか?」

「少し、好きになったみたいで。苦手だったんですけど・・・この町が。思い切って引っ越してこようかな~と思ってます」

村崎は、自分のことだと思ってどきどきしてたというと、もしも壮だったらどうするのと突っ込まれていました。

そこに、杉山が出来上がったキャッチフレーズをみせました。

「みんなを咲かせる、木でありたい。」

エリカも村崎も賛成して、その線で行くことになりました。

 

ジュルビアンでは、始がサンドイッチを作り終えました。うれしそうな顔をして袋につめて出かけていきました。その後姿を見て「続くといいけどね~あのテンションが」とさめたことを城田がいうと、さくらに起こられました。宏は行かなくても良いのかというと、さくらは、杉山にお任せしたんだから、行きたいのを我慢して出来上がるのを待ってると言いました。

そんなさくらをみて、宏は「おまえ、ほれてんじゃないのか?杉山に」と聞くと、さくらは、

「好きだよ、杉山さん。だって素敵じゃん!でも、わたしのことなんかなんとも思ってないよ。杉山さん・・・なんで、そんなことないよって言わないの!」

「(寅さんのまねで)そんなこたあねえぞ、さくら」

「もういい。似てないから!いい顔してたね、一の瀬君」

 

翌朝、HPが完成しました。杉山が、はやいほうがいいから、町の人に集まってもらおうといってると、始の町内放送が始まりました。

「おはようございます。地元の人を愛し愛され続けるさくら通り商店街からのお知らせです。お知らせすることはとくにありません。でも、皆さん、あすを信じて明日を夢見て、今日も一日がんばりましょう。繰り返します。明日を信じて明日を夢見て、今日も一日がんばりましょう・・・いや、いいな・・・ほんとうにいいな僕・・」

スイッチがあがったまま始が話してるのをみんなに聞かれてしまいました。それを聞いてたさくらのところにHPができたと連絡が入りました。

 

ジュルビアンに集まった人に、杉山たちが出来上がったさくら通り商店街のHPを見てもらいました。そこには、マップに載せた写真や、町の歴史が動画になって載っていました。最初は笑ってみていた人たちも、その動画を見て涙ぐんできて、最後は拍手になりました。

「もう勝ったも同然だ」

と歓声を上げて、HPをアップしました。その日は、宴会になりました。ただ、村崎はかえって今日締め切りの仕事をすることになりました。

会社に一人残った社長のところに、電話がかかってきました。

(⇒最終のあらすじ

『ユニバーサル広告社』のストーリー

杉山利史(沢村一樹)は元“売れっ子広告マン”でした。自信過剰で大手代理店を飛び出すも、職に就けず、弱小代理店「ユニバーサル広告社」社長・石井健一郎(三宅裕司)に拾われました。会社は移転を繰り返し、遂に港町の寂れた商店街へ。

移転した当日、昼食を買いに言ったのが純喫茶「ジュルビアン」そこの看板娘のさくら(和久井映見)のおかげで、急な仕事の鶴亀会館のポスターを仕上げることができました。

翌朝、鶴亀会館の社長がユニバーサル広告社にやって来ました。杉山たちが出したA案とB案のどちらにすればいいのかと、悩んでいました。その日、何時になってもいいから、ユニバーサル広告社で悩ませてもらいたいということでした。

夕方、さくらが町の全員が集まるお通夜にいっしょに来てくれとユニバーサル広告社を尋ねます。4人を連れて行って、町の人に紹介しますが、さくらの父親の宏がだんだん機嫌が悪くなってきて、広告の仕事を馬鹿にし始めました。杉山たちが反論しようとすると、さくらが昔広告会社の男にだまされたと話してくれました。結婚サギのような感じでさくらと宏のお金を取って逃げてしまったので、広告と聞いただけで胡散臭いと決め付けてるといいました。

さくらは意を決して町を広告して暮れと頼みましたが、みずからやる気のない町は広告を出すことができないと杉山は断りました。

さくらからの紹介で、魚屋の節子から広告依頼が来ます。いったんは、娘からキャンセルを言われますが、節子の働いてるところをみて杉山は広告することを決めました。それは節子の料理教室でした。ポスターやチラシなどではなくて、実際においしい料理を作ったり、触ってもらうことで節子の魚屋をアピールすることができました。同時進行をしていた冷凍食品のプレゼンには敗れましたが、4人とも仕事の達成感を味わうことができました。

通称「坂の上の姫・サキ様」と呼ばれる永山サキがユニバーサル広告社にやってきて、元気でやってるということを世界中に知らせたいと言われました。じつは、いままででいちばん愛した男性が夢に出てきたので、その人に元気でやってることを伝えたかったんです。広告は完成しますが、残念ながらその男性は広告を見る前に亡くなってしまいました。それでも、サキは笑顔で帰っていきました。

スポンサーリンク

 

『ユニバーサル広告社』の原作

原作の荻原浩さんは、1956年生まれの61歳の小説家です。成城大学経済学部卒業されて、広告代理店に入られたあと、フリーのコビーライターとなりました。39歳のときに小説を書き始めて、1997年、初めての長編諸説「オロロ畑でつかまえて」が小説すばる新人賞を受賞されて小説家デビューされました。2003年に専業になりました。「明日の記憶」「僕たちの戦争」「神様からひと言」など、多くの小説がドラマ化、映画化されています。荻原浩さんの代表作は、

また、小説の「花のさくら通り」は、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

『ユニバーサル広告社』のキャスト

  • 杉山利史 沢村一樹、ユニバーサル広告社のクリエイティブディレクター
  • 藤沢さくら 和久井映見、純喫茶「ジュルビアン」の看板娘
  • 猪熊エリカ 片瀬那奈、ユニバーサル広告社の事務
  • 村崎六郎 要潤、ユニバーサル広告社のデザイナー
  • 石井健一郎 三宅裕司、ユニバーサル広告社社長
  • 一の瀬始 入江甚儀、カフェかもめ店主、町内放送担当
  • 城田光 やついいちろう、ひきこもり
  • 藤沢宏 でんでん、純喫茶ジュルビアンの店主でさくらの父

6話以外のあらすじ

以上、「ユニバーサル広告社」の6話のあらすじ(ネタバレ)でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 待機児童問題




疲れたときにおススメ

  1. 最高の離婚
  2. ナオミとカナコ
  3. ヘヴン~ご苦楽レストラン~
  4. 非婚家族
  5. SPEC
  6. 山田くんと7人の魔女
  7. 花にけだもの
  8. アフリカの夜
  9. 昼顔
  10. すてきな片想い

40代におススメの韓流ドラマ

  1. じれったいロマンス
  2. ラブトライアングル
  3. 月桂樹洋服店の紳士たち
  4. 七日の王妃
  5. おひとりさま
  6. トンイ
  7. 魔女宝鑑~ホジュンの若き日の恋~
  8. 空港に行く道
  9. サム、マイウェイ
  10. 輝け、ウンス!
スポンサーリンク

最新情報

  1. ルパンの娘
  2. ショムニ(FODプレミアム)
  3. 結婚できない男(FOD)
  4. 振り返れば奴がいる(FODプレミアム)
  5. みんなのいえ(U-NEXT)
ハリーポッター
  1. 民衆の敵
  2. スキャンダル専門弁護士QUEEN
  3. 未解決の女
  4. 楽天テレビ
  5. 私はチャン・ボリ!
  6. BG~身辺警護人~
  7. スニッファー嗅覚捜査官
  8. 美術館

多くの人に読まれている情報

  1. 中学聖日記
  2. アイスブリュードコーヒー
  3. サバイバルウェディング
  4. U-NEXT
  5. トレース
  6. 東京タラレバ娘
  7. コード・ブルー3
  8. この声をきみに
  9. バドミントン
  10. サーモン
電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結
PAGE TOP