ユニバーサル広告社

「ユニバーサル広告社」の最終話のあらすじ(ネタバレ)。さくら通り商店街が映画に?

ユニバーサル広告社
LINEで送る
Pocket

今夜のドラマあらすじは?
アシガール最終回
先に生まれただけの僕最終回
オーファンブラック

ドラマ『ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~』の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。杉山(沢村一樹)らユニバーサル広告社はコンサルタント契約の第一弾として、商店街のホームページを完成させました。ですが、その先のアイデアは中々浮かびませんでした。


スポンサードリンク


『ユニバーサル広告社』の最終話のあらすじ

これから先はネタバレがふくまれます。今までのストーリーはコチラ⇒ストーリー

 

杉山(沢村一樹)らユニバーサル広告社はコンサルタント契約の第一弾として、商店街のホームページを完成させました。ホームページオープン記念で、「ジュルビアン」で宴会が開かれていました。酔っ払ったさくらの父親、宏(でんでん)は、杉山やエリカ(片瀬那奈)に抱きついてうれしがっていました。そのあと、「もうこれで大丈夫だ!」とみんなで万歳していました。

とこが、その先のアイデアは中々浮かびませんでした。

事務所では、石井社長(三宅裕司)がある電話を受けていました。

 

事務所に帰った二人は、社長と村崎もいれて「さくら通り商店街再生広告対策会議」を開きました。

まず、エリカは、

「どうなりたいか、が、まずたいせつだとおもいます。商店街の人たちは、漠然と人が来て栄えるのを夢見てるんだと思うんです。それが間違いじゃないんですが、現実的ではない。大きくいって二つあると思うんです」

そういって、今までと違う町にリニューアルする方法と、このままでありのままを生かす方法の二つがあるといいます。村崎は、ドラマやアニメの聖地になればいいんじゃないかといいますが、難しいといいます。それ以上、杉山たちは、なかなかいい案が出ないので煮詰まってると、社長がさっき電話があったといいます。その電話は、さくら通り商店街のHPを見て、映画のロケ地につかいたいということでした。

3人は、「はやくいってくれよー!」といって、詳しく話を聞きました。

監督の名前は佐伯春彦で、今度の月曜日に見に来たいといわれたということでした。そして、街の人にはぬか喜びさせてはいけないから黙っておこうといってると、いつの間にか、玄関に一の瀬(入江甚儀)が立っていて、全部聞かれていました。差し入れをもって来たと言って渡すと、「大変だー!」と叫んで街中に言いふらしにいきました。一の瀬はジュルビアンにも行って、大げさにみんなに話してしまいました。

ユニバーサル広告社では、かなり捻じ曲がった情報が伝わってしまって、みんな出る気になってるんじゃないかと心配していました。

実際、そのとおりになって盛り上がっていました。

 

その日の夜、杉山の家にさくらがやってきました。横浜に行って洋服を買ってきたといいました。さくらは、まだきまってもないことに舞い上がってることは知ってるけど、はしゃいでいるといいました。杉山にも「はしゃいで!」というと、仕事だからと答えました。さくらは、仕事はわかるけど、こうなるといいな~って思うのも仕事なんじゃないと話しました。杉山は、そのとおりだからこそ、客観的で冷静でいないといけない、そうじゃないと失敗すると自分にも言い聞かせました。ただ、心の中では、おなじようにはしゃいでるとさくらにいいました。

そして、さくらは、恋もいっしょじゃないかといいました。

「つまり、どうせうまくいかないだろうなってそういうのあると思うけど、うまく言ったらたのしいだろうな、しあわせだろうなとか言うのがだいじだし、それがたのしいとおもうの。だから、恋ははしゃいでいいと思うんだ。思います。なので、恋は、仕事じゃないんだよ、杉山さん。冷静になっちゃだめ」

「は、あ・・・なるほど、うん」

「・・鈍感・・・」

「え?」

「なんでもありません、おやすみなさい」

そういって、さくらはかえって行きました。帰り道、「鈍感だね・・やんなっちゃう。でも、敏感な男は好きじゃないんだよね」と独り言を言いながら歩いていきました。

 

月曜日。

朝から、映画をとる佐伯春彦監督がやってくると、町内放送で大々的にながしていました。

じつは、その放送をあるきながら佐伯監督は聞いていました。

ユニバーサル広告社の前には人だかりができていて、旗やのぼり、合唱団が準備していました。そこに、佐伯監督がやってきて、全員が見つめて合唱も始まりました。

微妙な顔をしてる佐伯監督にさくらが花束を渡そうとすると、佐伯監督は逃げていきました。

 

杉山はなんとか、佐伯監督を追いかけていって、杉山の家に連れて行きました。町の人も集まってる中で、どうだったのか聞くと、

「違いました。思っていたのと」

と言われてしまいました。話を聞くともう、終わった商店街が良かったということでした。ストーリーも、余命宣告された人が生まれ育った街に帰ってきたら、町も寂れてて、そのままなくなっていくというものでした。ロマンスもアクションも笑いも何もない映画だということでした。

それを聞いた宏は、「それじゃ意味ないんだよ、がっかりだよ」とみんなにいいました。一の瀬も調子に乗って話して回ってすみませんと謝りました。

そして、佐伯監督はそのまま帰ろうとしました。すると、杉山は追いかけていって、

「ちょっとまって、やってください。もう一度見てください。監督が行ってるイメージとほんとはそんなにかわらないんです。しにかけています。この商店街。余命3年ってかんじです。ほんとは。今日はがんばって着飾ってますが、ほんとはこんなんじゃないんです。」

そういうと、まちのひとは「やってらんね」と言って帰りはじめました。杉山はその人たちも止めて、やってもらおうとなだめました。ここは何もないし、失うものはないからやってもらおうといって、可能性がゼロじゃないからと必死に頼みますが、反応がありませんでした。杉山は、

「だったら、やってみようよ。なにもしないよりいいだろ?そうだろ?うごいてさえいればさ、一歩は前に進んでんだからさ」

すると、さくらが

「たのしいよね、そう思うと。前に進んでいれば夢をみれるもんね。夢見てれば、大丈夫だよね」

と笑顔で言いました。社長も見てもらいましょといって、監督にやってくださいといいます。そして町の人に、「信じてもらいたいと思います」とおねがいしました。宏は、

「いいセリフ、言っていいか?ジュルビアンってのはな、香水の名前でな、しんだかみさんがすきだったやつでよ。再会、またあえる。きっと帰ってくるって言う意味なんだ。兵士がな・・・。そういう意味をこめて送ったりしたそうだ。つまり、しなないぞっていう意味だ。つまり、しんでたまるか!ってことだ。やってやろうじゃないか、おー!」

見んな、盛り上がりました。

杉山は、監督に失礼なことをいいましたとあやまると、監督は、

「ころすの、やめようかな。ここにもどってきて、しなずにかえってくっていうはなしにしようかな・・と」

「それ、最高です」

拍手がおきました。

 

その後、杉山とさくらはふたりで海沿いをあるいていました。さくらは、さっきの叫んだ杉山にびっくりしたというと、今までのいろんな思いがこみ上げてきてツイ叫んでしまったといます。さくらは、ありがとうっていって、

「幸せになりたい、幸せにしたい・・か。それってもしかして、プロポーズ?」

「はい?」

「だったらおうけします」

「え、あ。」

さくらは、てれて「やだー!」と言って押すと海に落ちそうになりました。あせった杉山はさくらにしがみつきました。ふたりは、じゃれました。

 

次の日から、商店街を寂れた感じにして、監督がロケハンをはじめました。その寂れた商店街を見て、あらためてそうならないようにがんばろうといってると、監督が、ホームレスで、「わっ、腐ってるなこいつ」って言うような人がいないかと聞いてきました。

そこに、城田(やついいちろう)がやってきました。監督は一目ぼれしました。

 

しばらくして、映画撮影が始まりました。はじめのカットは、にぎわっていた頃のさくら通り商店街でした。

 

(おわり)

『ユニバーサル広告社』のストーリー

杉山利史(沢村一樹)は元“売れっ子広告マン”でした。自信過剰で大手代理店を飛び出すも、職に就けず、弱小代理店「ユニバーサル広告社」社長・石井健一郎(三宅裕司)に拾われました。会社は移転を繰り返し、遂に港町の寂れた商店街へ。

移転した当日、昼食を買いに言ったのが純喫茶「ジュルビアン」そこの看板娘のさくら(和久井映見)のおかげで、急な仕事の鶴亀会館のポスターを仕上げることができました。

翌朝、鶴亀会館の社長がユニバーサル広告社にやって来ました。杉山たちが出したA案とB案のどちらにすればいいのかと、悩んでいました。その日、何時になってもいいから、ユニバーサル広告社で悩ませてもらいたいということでした。

夕方、さくらが町の全員が集まるお通夜にいっしょに来てくれとユニバーサル広告社を尋ねます。4人を連れて行って、町の人に紹介しますが、さくらの父親の宏がだんだん機嫌が悪くなってきて、広告の仕事を馬鹿にし始めました。杉山たちが反論しようとすると、さくらが昔広告会社の男にだまされたと話してくれました。結婚サギのような感じでさくらと宏のお金を取って逃げてしまったので、広告と聞いただけで胡散臭いと決め付けてるといいました。

さくらは意を決して町を広告して暮れと頼みましたが、みずからやる気のない町は広告を出すことができないと杉山は断りました。

さくらからの紹介で、魚屋の節子から広告依頼が来ます。いったんは、娘からキャンセルを言われますが、節子の働いてるところをみて杉山は広告することを決めました。それは節子の料理教室でした。ポスターやチラシなどではなくて、実際においしい料理を作ったり、触ってもらうことで節子の魚屋をアピールすることができました。同時進行をしていた冷凍食品のプレゼンには敗れましたが、4人とも仕事の達成感を味わうことができました。

通称「坂の上の姫・サキ様」と呼ばれる永山サキがユニバーサル広告社にやってきて、元気でやってるということを世界中に知らせたいと言われました。じつは、いままででいちばん愛した男性が夢に出てきたので、その人に元気でやってることを伝えたかったんです。広告は完成しますが、残念ながらその男性は広告を見る前に亡くなってしまいました。それでも、サキは笑顔で帰っていきました。

 


スポンサーリンク

『ユニバーサル広告社』の原作

原作の荻原浩さんは、1956年生まれの61歳の小説家です。成城大学経済学部卒業されて、広告代理店に入られたあと、フリーのコビーライターとなりました。39歳のときに小説を書き始めて、1997年、初めての長編諸説「オロロ畑でつかまえて」が小説すばる新人賞を受賞されて小説家デビューされました。2003年に専業になりました。「明日の記憶」「僕たちの戦争」「神様からひと言」など、多くの小説がドラマ化、映画化されています。荻原浩さんの代表作は、

また、小説の「花のさくら通り」は、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

『ユニバーサル広告社』のキャスト

  • 杉山利史 沢村一樹、ユニバーサル広告社のクリエイティブディレクター
  • 藤沢さくら 和久井映見、純喫茶「ジュルビアン」の看板娘
  • 猪熊エリカ 片瀬那奈、ユニバーサル広告社の事務
  • 村崎六郎 要潤、ユニバーサル広告社のデザイナー
  • 石井健一郎 三宅裕司、ユニバーサル広告社社長
  • 一の瀬始 入江甚儀、カフェかもめ店主、町内放送担当
  • 城田光 やついいちろう、ひきこもり
  • 藤沢s、純喫茶ジュルビアンの店主でさくらの父

最終話以外のあらすじ

以上、「ユニバーサル広告社」の最終話のあらすじ(ネタバレ)でした。

他にも面白いドラマがあります。

陸王
刑事ゆがみ

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. 日本レコード大賞2017を観覧するには?出演者とタイムテーブル! MUSIC
  2. 「刑事ゆがみ」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想!弓神が犯人? 刑事ゆがみ
  3. ぜいたくレッドスムージーの口コミ!道端アンジェリカを目指す飲み方とは? ぜいたくレッドスムージー
  4. ふたご座流星群は2017年12月14日!見頃の時間や方角と上手に見る方法は? 流星群
  5. プレミアムスリムビオは痩せない?効果的な飲み方と最安値で通販で買うには?
  6. 「ドクターX 2017」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想。 ドクターX
  7. CDTVクリスマス音楽祭2017の観覧方法と出演者のタイムスケジュール。アンケートでリクエスト! CDTVスペシャル!クリスマス音楽祭2017
スポンサーリンク

最新情報

  1. オーファンブラック
  2. マチ工場のオンナ
  3. マチ工場のオンナ
  4. NBA2017-2018
  5. 眠れぬ真珠
夢
  1. ヒトスジシマカ
  2. わにとかげぎす
  3. IQ246~華麗なる事件簿~
  4. 恋がヘタでも生きてます
  5. ドクターX
  6. ロンドン

多くの人に読まれている情報

  1. 釣り
  2. gym
  3. バイオハザード
  4. ドクターX
  5. アンチエイジング
  6. スーパームーン
  7. スリル!赤の章・黒の章
  8. あなたのことはそれほど
PAGE TOP